2020年10月12日 (月)

哀しい作業となりました

Img_3399ピカピカの素晴らしい栗が売っていました。

これは良い品じゃ♬ と奮発して2㎏も大量買い! これで美味しい栗の渋皮煮を作るぞーヽ(^o^)丿

鬼皮を剥く前に 湯につけて一晩放置

Img_3400

渋皮煮が大好きなので毎年傷だらけになって剥いてましたが、数年前にくりくり坊主なる鬼皮剥きの道具を購入。

それ以後鬼皮を剥く作業が格段に楽チンになりました。

ただ肝心の栗の品質がその頃より良いものが手に入らなくなり、鬼皮剥いた段階で渋皮煮をあきらめざるを得ない年が続いていました。だから今年は喜び勇んで大量買い(←我が家では)

サクサクはかどります ↓

Img_3401でもね、鬼皮剥くまでは分からない虫食いや黒く変色したのが見つかるとテンションが下がります... なんだか段々テンション下降気味

更に、何度も茹でこぼししながら渋皮の周りについている筋や木屑みたいのを一粒一粒こすり取っていくと、ツルツルのピンク色の肌(渋皮)になるはず(←良い品なら)なのに画像見ても分かるように茶色いシミや黒っぽくなっているんです...。今回の灰汁抜きは、重層を使わずに6回の茹でこぼしで頑張ったのに栗の色が悪すぎる ↓

Img_3404

柔らかくなってから砂糖を3回に分けて投入し、最後に醤油をタラ~リで一応完成。

食べてみましたら、美味しいのもあるけれど半分以上がカッチカチに固いんです((+_+)) この大量の“渋皮煮もどき”をどうしましょう。この作業に使った時間と経費をどうしてくれる...と泣いております。

この私にリベンジする力が起きるでしょうか?

Img_3410いやその前に この大量の渋皮煮もどきを何とかせねば。煮汁と栗とを分け、栗を横割りにし、水煮1時間。あら柔らか~い(^^)/ もう1時間煮て柔らかくなった栗を煮詰めた煮汁(シロップ)に投入… 一晩おいたらきっと柔らかくて美味しい「栗の甘煮」になっているる事でしょう。

それにしても朝からの作業は何だったの( ゚Д゚) 良い栗が手に入ったら考えましょう。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

南瓜始末

手に余る 手に負えない 歯が立たない問題発生!

それがこれ →Img_3388

最近のスーパーでは4分の1カットやスライスしたものがパックに入れられ売られており、丸ごと1個では売られなくなりました。 スイカと同じように、丸ごとでは重くて切るのも面倒。保存場所や調理場所にも困る...。

Img_1637
でも文句は言ってられないのです。北の大地の収穫物(アスパラガス・トウモロコシ・タマネギ・ジャガイモ等)を毎年送り届けてくれるYちゃんの厚意は無駄には出来ない!
今迄もカボチャを送ってくれたことはあったが、1個だけだったので煮物や揚げ物にケーキに何とか調理してたが、今回は売り場では見たことないようなでっかいのが3個も(@_@) さて どうしましょう?

Img_3392_20201005231201一番大きいのは、お料理上手な田・・さんにプレゼント(^-^;  残り2個をどうするか... 「カボチャスープの素」にしよう!

先ず 切る! ←これが大きくて硬くて大変! 包丁の刃も私の力も「手に負えない」

何分かチンすると切り易くなると誰かに聞いたことがあるので、3分チン 2分チン... 半分に切れた!そしたら種子をくりぬいて、皮を剥き、あとは小さくカット&スライス

Img_3393_20201005231201

←南瓜2個分が径28㎝のボールに山盛りです。 

玉葱4個も適当にみじん切りしバターで炒める。玉葱4個分のみじん切りは一番大きい28cmのフライパンから溢れそう。透き通るまで炒めたら終わり。 ↓

 Img_3390

径33㎝のお鍋に、南瓜・玉葱・コンソメ10個・水ひたひたになるまで(3.5ℓ)入れ、火にかける。

Img_3395


 

 

Img_3396

 


まるで「給食のおばさん」になった気分で大鍋をかき回し、灰汁を
取りながら1時間ほど煮る。

私の灰汁取りは、「あくとり名人」のシートを2,3回乗せるだけ(^^)/ 手間かからず綺麗に取れます。

冷めたらミキサーにかけます。

保存用「パンプキンスープの」なので、味付け等は食べる時にやれば良いので柔らかめのペースト状3ℓ 完成です。

タッパ―に入れて冷蔵保存、ジプロック袋に入れて冷凍保存 
大量に出来ました。あちこち配ります♬

次は栗ですヽ(^o^)丿

| | コメント (2)

2020年9月 9日 (水)

重陽の節句に

9月9日は五節句の「重陽の節句」

五節句にはそれぞれ邪気を払う植物というものがあります。1月は七草、3月は桃、5月は菖蒲、7月は笹・竹、そして9月は菊です。 重陽の節句では、菊の花を飾ったり、菊酒を飲むことで邪気払いや長寿を祝いました。

また菊の花と共に雛人形を飾る風習があるのをご存知でしょうか。
3月3日の女の子の成長を願う雛祭りに対し、重陽の節句に飾るのは「後の雛」と呼ばれ、大人の女性(=婆?)の健康と長寿を祝う行事とか。φ(..)メモメモ

お雛様を飾ることは全然知りませんでしたが、それなら我等婆達の「女古の雛祭り」は9月にやってても良かったのかもね。

と、書きだしましたが、重陽の節句とは関係ない話 ↓ でございます。

 

Img_3162昨日は予定外の急遽開催の「葡萄を喰らう会」でした。

Img_3163

 

喰らう会は以前にも数度開催しており、今回は7品種!大きな10房!(注文・支払いは私ではなく娘 ゴチでした♬)

配送期日未定収穫次第発送で突然月曜日に届いた → この大量の葡萄をのんびり食べていては傷んでしまう →喰らう会開催だ! それも翌日開催にしないと開催できる日が週末((+_+)) 前夜に「翌日開催」でいつものメンバーにご案内メールを送ると「もっと早く知らせてよ!(-"-)」とお叱りメール 参加は3名。

という訳で今回は総勢4名でたらふく喰らいましたヽ(^o^)丿 残りはお持ち帰り♬

Img_3172集まるのも3月の花見以来のことですが、
←いつもと違うのは こんなのを用意。 何かあった場合(それはなんだ?)「安全対策はしてましたよ」の言い訳です(*_*)

Img_3175

 

 

 

何しろメンバーは感染リスクの高い基礎疾患持ちの高齢者ですからね。

   今回のメンバー →

 

そして今回の大粒7品種は

BKシードレス      クイーンニーナ      種なしピオーネ
Img_3168Img_3167Img_3165






 

 

    翆峰          甲斐路       シャインマスカット
Img_3169Img_3166Img_3170






 


もう一つ ロザリオビアンコは画像撮り忘れ ((+_+))

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

紫蘇ジュース

昨日 地場産のお店に寄ってみたら赤紫蘇がありました♬

Img_3142_20200909004701←葉をむしり取って洗う   230gでした

今年は作らなかった... の赤紫蘇ジュースが作れます(^^)/

午後なので売れ残りでしょうか? 2袋ありました。選びに選んで1袋を購入 170円也。

家で袋を開けてみてびっくり!10年近く(もっと?)作ってきましたが、今回ほど固い茎・固い葉の赤紫蘇はありませんでした。

Img_3144
茎は木の枝のように固いのですから、やはりシーズンの終わりだからだろうな? 次は旬の時期を逃さないようにしよう。

紫蘇ジュースは好みが別れると思いますが、私は好き。

          鍋に水 600mlと紫蘇を入れる→
 
↓ すぐに赤い色が出てきます
Img_3147
でも、嫌いな人の気持ちも分かります。何故って15年以上前に閉めた店で売っていたんです(←地元では大きな食品会社製造の瓶入りを) その試食の時に「...不味っ こんなの売れるのかな?...」と思ったのですが、結構売れてました(^-^;

Img_3148赤紫蘇の葉の色が全部水に溶け出たら濾します→

それなのに10年ほど前、ある農産物の調理講習会:農家の嫁さん達のサークルがブルーベリージャムと紫蘇ジュースを作る会に参加。 目的は紫蘇ジュースではなく、もちろんブルーベリージャム。(←この会では原材料も安く販売するのです)

濾した液を鍋に入れ 砂糖400g加えて点火。溶けたら消火し、クエン酸25gを加える
教えてもらったレシピでは砂糖800g(常温保存2年OK) !怖ろしいでしょ? 冷蔵庫に入れておくので半分に減らしてます。

Img_3153Img_3146
参加したので好きじゃないけど、仕方なく紫蘇ジュースも教わったのです。その会の終了時に、皆で作ったジャムやジュースを味わう試食会をしたとき 初めて紫蘇ジュースを美味しい~🎵と思ったんです。それで原材料のブルーベリーだけでなく赤紫蘇もたくさん買って帰宅してから作りまくりましたヽ(^o^)丿 それ以来嵌りました。


Img_3154_20200909004701クエン酸を加えると鮮やかな赤色になります→

その後も毎年のように嫁さん達のサークルが催す会(内容は同じ)があると原材料欲しさに参加して作っています。

さて今年の老成化(?)した紫蘇で作ったジュースの出来はどうかな?

保存のために焼酎(ホワイトリカー)50ml加え、煮沸した瓶に入れる

.

≪教えてもらったレシピ≫
*赤紫蘇の葉   300g
*水       600ml
*砂糖      800g → 400g
*クエン酸    25g
*ホワイトリカー 50ml

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

いちぢく 無花果 

Img_3115
シーズンになりましたね。

地場産のお店の棚に並ぶようになりました。

← これはもう茹で上がった姿です ↓

Img_3114_20200903145901
見たことないような種類もあり新品種なのか珍品種なのでしょうか?新しいものは一度は食べてみようと思っており、今回は親指と人差し指で作った丸ほどの小さないちぢくを購入。

品種名は記載がないけど「小さくても完熟で甘いです」「ジャムに最適」とあったのに「とっても美味しいヽ(^o^)丿」とは言えず、匂いもイチヂクではなくサツマイモのようなの... 生で食べるのは止めてジャムにしよう。

Img_3116

「砂糖もレモンも加えずイチヂクだけで作ってみて」と書いてあったので、素直だからやってみた。

←水は確かに不要です。 たっぷり水分が出ます。 

Img_3117でも甘味は足りないな... 丸ごと煮たのは可愛い形そのままにコンポートのようにしたかったのですが、ドーフィンの様に柔らかくはなりません。仕方ないのでカットし、お砂糖もレモンも入れます→

一番残念な点は、イチヂクのあのプチプチがあまり感じられないこと。

プチプチは種子じゃないんですよ。「花が無い果実」の「花」なのですって。 私はこのプチプチが大好きです。

二番目に残念な点は、色ですね。 ドーフィンで作ると薄ピンク色になるのに、これには色気が無い。なので生で食べるつもりで買ったドーフィンを2,3個足してみよう。

もう買いません。以上 お勉強になりました。

夏の恒例作業:紫蘇ジュースもブルーベリージャムも今年の夏は作る気力が無くて作りませんでした。気温も下がって来たのでぼちぼちとイチヂクのコンポートでも作りましょう!今 日も地場産のお店に行って来よう←作る気力が起きたかな?

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

対決

Img_2945ブログも1週間以上サボってます (*_*)

毎日グータラごろごろ だらけています(たぶん脳みそが溶けているのです)

やれば良いこと沢山あるのに何もやる気が起きず、出掛ける用もなく、散歩も熱風に煽られ身の危険を感じる暑さに一歩も出ません。

毎日生きるための必要最低限の事しかしておりませんのに食欲はあり、腹が減ります。

数日に一回 日が陰った頃、モゾモゾと動き出してスーパーへ行き腹を満たすものを買う... そんな侘しい暮らしをしております。

何を喰おうかな?... 大量に届いていたキウリがとんと届かなくなり、大量消費&保存食に作っていたQちゃん漬けが久しく食卓に乗ってない... そうなると食べたいのね。

Img_2957_20200816215501
←そんな時にスーパーの棚で目に入った本家のこれ

Qちゃん漬けは、キウリを届けてくれるY女史が作ったのが美味しくて作り方を教わったことが始まり。

その後クックパッドいろいろ見て参考にしたり、改良(手抜き)したりして今日にいたっているが、実は本家のQちゃんを知らずに作っていたので、この際だから買ってお味対決だー (^^)/

Img_2959

袋から小鉢に盛って ひと口・・・

ごめん 東〇漬物さん 全然相手になりませーん

私が作る方のが美味しいよ~ (^^)/

カリカリ コリコリ シャクシャク の歯ざわりは私の足元にも及びません! もちろんお味も添加物保存料など入ってない素朴な味の私の勝ち! 決定的なのは、保存食なのだけど「鮮度」が違う! ←個人の感想です

Img_2944
明日は2カ月に1度の年金支給月の大事なランチです。作り方を教えてくれたY女史にこの報告をしなくっちゃヽ(^o^)丿

でもね、『漬物嫌い』のY女史は本家Qちゃんを食べたことないだろうし、そもそも御自分が作るQちゃんもたぶん食べていないのよ (^-^; そんな「料理好き」もいるんですよぉ (◎_◎;)

 

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

ベトナムの勝ち

10年ほど前かな?N女史とベトナムに行くようになってから嵌ったのはスイカジュース🎵

日本の夏にはスイカがあるのにスイカジュースには縁がなく、N女史に「美味しいよ」と勧められた時には半信半疑(^-^; でも一口飲んで... 美味しい~ヽ(^o^)丿

それ以後 一緒にベトナムに行った時には食事の度に注文し、お店毎に味の違いをランク付けしたりして楽しんだことを思い出します。 あああぁー それなのに 今は『また行きたいね』等と言うことも出来ない世の中になってしまいました((+_+))

Img_2922

話を本題に軌道修正! 

私はスイカジュースを見つけると1回は飲んでみないと収まらなくなりまして、最近はタイ産のCHABAAがお気に入り♬

今回後ろに見えているベトナム産のジュースを見つけ飲み比べでーす。

Img_2923

口に含んだだけで勝負あり!ベトナムの勝ち!

お味だけでなく、ミキサーで作ったような果肉の繊維感もありフレッシュジュースのように美味しい(^^)/

でもね、美味しいのだけど... スイカジュースはこれで決まり♬ と言いにくい事情があるのです。

ほぼ年金生活者の私にはお値段高過ぎ (*_*) 

1000mlの2本組で売られていたが、4000円近くもする。成城石〇では1本でも売られており、250mlの小瓶もあるようだが、ガブガブ飲みたい私には手が届かないお品ですわ (/_;)  美味しいスイカジュースを見つけたことだけで我慢しよう。

| | コメント (3)

2020年6月 8日 (月)

季節の台所仕事

ほぼ書き上げたブログを下書き保存したのに 仕上げをしようと開いてみたら... 何ということでしょう!ほぼ消えているWWW ((+_+))
人間出来てきましたねぇ、こういうことだってあるさ また書きゃあいいのさ こんな事でめげてたらコロナ後の世の中を生きていく事は出来ませんよ (*_*;  と気を取り直して書きます。

.

これまた地味なお料理でございます。

Img_2378_20200607174701出掛ける先は、スーパーか産直のお店くらいの張りのない毎日です。(出掛ける時は、お財布とスマホとマスクを忘れてはいけません!)

産直のお店に山椒の実が出回り始めても、例年よりもお高いような... 気がしてたので、ここに来るたびに迷っていましたが、今 買っておかないと来年まで買えないぞ!と1パック(40g)324円 を1パックだけ買いました。

 ↑ パックの後ろに見える山蕗もたぶん今季最後のお買い上げ

山椒の実はちりめん山椒の他には、醤油漬け・実山椒の佃煮・程度のレパートリーの無さですが、この量では一番の目的のちりめん山椒が作れればOKです。

Img_2380《ちりめん山椒レシピ覚書》

A 実山椒の準備 実を枝から離す

画像右のように一粒ずつにしたいのですが、左のように小さな枝がついていても問題無しです。あく抜きの作業している間に結構きれいに枝もとれるし、2粒3粒くっついた実も柔らかくなってくると指でコロコロ摩るとばらけます。それでもくっついた実も枝もそのままでOK 問題無し。佃煮やちりめん山椒にしたときに全然気になりません。作り始めた最初の頃は一生懸命ムキになって、枝を取り実をばらしていたのですが、作り上げてみれば一生懸命にやってもやらなくても大した差はございませんでした。

 Img_2391灰汁抜きをします

水に酒を少し入れ(入れなくてもOK)10分ほど茹でます。茹でこぼしたら水に入れ一晩放置。時々水を入れ替え、朝一粒かじってみます。強すぎるピリリだったら再び茹でますが、次は味付けです。


お鍋に
 40gほどの実 出汁100cc   酒 大匙3 味醂 大匙2 醤油 大匙1 を全部入れ点火。←そんなきっちり計ってません。大体でございます。 

Img_2392煮汁がひたひたになったところで実山椒の準備が出来ました。
ちりめん山椒には3分の1くらいしか使いませんので、残りはまたちりめん山椒を作る時のため、煮魚のためにこのまま保存。例年100g~500gも作っていたので、醤油漬けや冷凍保存もしましたが、今回は100ccのグラス1杯ですから。

B ちりめん山椒を作る  お高くてもシラス干しよりもちりめんじゃこにしましょう。外国産よりもお高いけれど国内産にしましょう(静岡産も熊本産も外国産より5割高!)←シラスでもOKですが、身が柔らかいので崩れやすい。

Img_24013パック 約70gで作りました。

お鍋(私はフライパン)に
お酒 100cc
味醂 大匙3
醤油 大匙3
砂糖 大匙1~2
準備しておいた実山椒 大匙2(←入れすぎない方が良い)
全部フライパンに入れ点火、砂糖が溶けたら ちりめんじゃこ70g を入れ、弱火で煮る。Img_2403
Img_2407_20200607174801

焦がしたら台無しなので、煮詰まったところで火を消し、秘密兵器登場!
Img_2409

ドライヤーです。 便利な調理器具です(^^)/

水分を飛ばし、パラパラだけど ふっくら柔らかいちりめん山椒の出来上がりでーすヽ(^o^)丿

京都の老舗にも負けません♬ でも材料費を計算すると、この量で1,500円ほどですからお高いわけですね。でも老舗のよりも山椒の実の含有率は高く美味ですよ~。

.

Img_2387_20200607174701続いて今季何度目になるでしょう... キャラブキ作りに嵌りました。
最初の画像の、山椒の後ろに見える山蕗も並行作業してました。
もうこれが今年最後の蕗でしょう。

今回は3束の蕗を半分より上は皮を剥かずにそのまま、下半分は皮を剥いて2つのキャラブキを作りました。

Img_2390

でもね、私 蕗の皮むきが気に入ってます。生で剥くよりも、あく抜きに茹でてから剥く方が簡単で気持ち良く剥けます。

この美しい皮が何かに使えないかしら? と捨てるたびに思っています。

Img_2398Img_2399
今回は保存用に作りました。

皮剥きが好きですが、皮付きのキャラブキの方が歯ごたえがあって好き(^-^; 皮なしはあっさりと仕上げて上品な一品にしましょう。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

自粛生活 奇遇♬

Img_1238今日行く所も、今日用も無い毎日... で、ここ最近 曜日も日にちも感覚がマヒしてます。今日が何日かもわからず、曜日もゴミ出しの日で思い出したり... ボケ街道まっしぐら!になっちゃいそう(@_@) もうなってる?

.

さて、自粛生活になる前から、毎日のように南の島のダイビングショップのブログを覗いてます。

あちらは日本よりも早くロックダウンの自粛生活が始まり、世帯に1枚の外出カードや配給物資の配布など、あちらの様子をうかがい知ることが出来ます。

で、先日そのブログ主さんが、材料3つの簡単な牛乳餅なるものを作って食した記事をアップし、「私も作って食べたーい」の衝動にかられ やってみました。

参考YouTubeのリンクが貼ってあったので 見て作りました。

注)修正しました:最初に書いてた材料の量 間違っていました m(_ _)m

Img_2326 お鍋に 片栗粉 50g

Img_2327 お砂糖 30g

 牛乳 3 00㎖ 投入

Img_2328

 

混ぜまぜして点火  混ぜ混ぜ  混ぜ混ぜ

すぐに固まり始めるので焦げ付かさぬよう混ぜ混ぜ 火を弱め適当なところで(←適当です)完成です。

Img_2329Img_2331


下の右はトロトロで食べようと小鉢に、左は冷やして固めてみようとクッキングペーパーの上に半々に落としました。
Img_2332

 

左の冷やしたい方には餅の上にペーパーをかぶせて平らに伸ばし、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

Img_2335←手でペタペタ適当な厚さまで伸ばします。

すぐに食べたい熱々トロトロには黄な粉を振りかけ 黒蜜をたら~り
(我が家には黒蜜があったけど、無ければ 黄な粉にお砂糖入れて安部川餅のようにしてもOK みたらし餡もOK)

Img_2333Img_2334.

ここまでの所要時間 10分もかかりませ―ん(^^)/

牛乳臭くも無く、トロトロして優しいお味ですわ~♬

添加物などを気にされているお母さん お子さんのおやつ・赤ちゃんの離乳食にも良いですよー。 「ミルク餅」「牛乳餅」で検索すると沢山ありますね、クックパッドにも色々出ています。

餅でベタベタのお鍋も水に浸けていたら ツルリーンと剥がれて洗い物も簡単 1つ鍋クッキング(^^)/

Img_2336
さて、翌日のおやつに冷蔵庫から出してきました。

←良く冷えて少し硬くなって(←トロトロよりも)ます。上のペーパーをはがし、下のペーパーに乗ったまま賽の目に切ります(←これも適当に) 綺麗に剥がれます。

Img_2338

前日と同様 黄な粉と黒蜜掛けて食しました。

柔らかめの くず餅 みたいです。 どちらも美味!

クックパッド見ると作り方も食べ方もバリエーション豊かです。私は、シンプルなこれに、みたらし餡や餡子でも良いな♪ 次の集まりに作って出してみよう。(←いつやれるだろう?)

奇遇なのは、潜り仲間のM2さんのブログにも、南の島のブログ見て同じのを作っているのよ~ 彼女は、牛乳が無くて、水で作ってたけれど同じように作れます。

それで70年近くも昔の事を思い出した! お腹の具合が悪い時の食事やおやつに、薄甘くトロトロの「くず湯」というのを作ってくれたの。お餅になるほど濃いものではなかったけど、同じものですわ~ヽ(^o^)丿

まだまだ自粛生活続きますね。
今度は何を作ろうかな?
あ、着物帯の片付けは先週でストップしてます(^-^; 他にも片付けるところいっぱいあるので気分直しにそっちをやろうかな?

| | コメント (2)

2020年4月25日 (土)

手慰み料理

<毎日新聞>

国内感染の状況 4月25日18:00時点 (退院者数12:00時点)

感染者数 12681(前日比 + 441)退院者数 2645(前日比 + 126)
死亡者数 334(前日比 + 17)

何だか自粛生活も学校休校も5月6日より伸びそうですね((+_+))

 

Img_2182コロナのお陰でいつも友人に貰っていた甘夏がもらえなくなりました。
ランチもお出掛けも無く顔を合わせる機会が無くなっちゃったから(←これも コロナ被害?)

地場産のお店に行けばたくさん売られてますけど、わざわざ出かける気も起らず... 外出自粛だし(^-^; 
それで気になったのが廃棄処分されてしまいそうなご近所の甘夏。ご挨拶は欠かさないご近所さんですが、「
甘夏分けて~」などと声をかけたことはありません。

Img_2190
声かけて良かった ヽ(^o^)丿

でも5,6個のはずが21個も!(◎_◎;)

毎年作っている季節の恒例料理なんですが、今までいっぺんにこんなに沢山作ったことはなく、格闘ですわっ。

 

先ずは 夏ミカンピール

Img_2192私は、綺麗に洗っても不安だからピーラーで表皮を剥いて作っています。
が、いただいた甘夏は消毒などしていないのに、売られているのよりもずっと綺麗なのです。なので表皮を剥いたのと剥かないで2種作ってみます。

それぞれ5個 ←作業の限界(^-^;

Img_2207
普通のお鍋でも良いのですが、最後の煮詰める時は28cmのフライパンを使います。その時が5個分でかき混ぜるのが限界ですの。

かき混ぜると言っても、菜箸でグシャグシャかき混ぜたら割れたり千切れたりするので、里芋を煮る時のようにフライ返しで優しくざっくりかき混ぜます。

Img_2210Img_2208_20200424135501
私は煮汁が無くなり焦げる寸前まで煮詰めます。最後にとても艶がでて頑張った甲斐があるのですが... 干してグラニュー糖まぶすとせっかくのその艶は見えなくなります (*_*;

なので、干すのには時間がかかるかもしれないが、もっと短時間に仕上げても良いのではないかな?と思ったのでした。

Img_2213
←初めの皮を剥いた5個を干しました。

28㎝×46㎝のお盆にギリですね。

Img_2217

               奥のお盆の空白の一隅はお腹の中へ(^-^;→
次(翌日)は、皮つきの5個を煮詰めて干します。こちらは34㎝×52㎝のお盆
今は外に干しても虫が来ないけれど、嫌なので窓際の網戸越しに陽に当て、扇風機(左下)の風も当てます。夜は一晩中扇風機が活躍 (^^)/

裏表を返し2昼夜でOK

Img_2220_202004251828013分の2はグラニュー糖でまぶし、残りの3分の1はチョコレート(クーベルチュールチョコ)でコーティング。チョコが乾いたらチョコがかかっていない所にグラニュー糖を ←グラニュー糖を入れたカップに、チョコの部分を持ってピール部分をブスッと差し込むとグラニュー糖がつきまーす。

※素手で持つとチョコに指紋がつくので手術用手袋をはめて作業。

これでオレンジピールオレンジピールチョコの完成です♪

 

※肝心の皮なしと皮ありの比較は...皮ありのは、やはり苦みが強く茹でこぼしと水に浸ける作業に時間がかかりました。色は、皮ありの方が色は濃いが、皮なしの方が透明感もあり綺麗。でもそれは「比較すれば」であってどちらもオレンジです。お味は、皮ありの方がオレンジ感が強いですが、どちらもオレンジピールです(^-^;
結論:普通、今回のように綺麗な皮の甘夏は手に入りませんし、作業も増えるので表皮を剥いたピールを作りますわ。

 

10個分は消費できました。
美味しい甘夏だから生でそのままムシャムシャ食べてますけれど、まだまだあるのよぉ~。次はマーマレードかな?

| | コメント (2)

より以前の記事一覧