2016年9月25日 (日)

海の仲間たち⑤

Mvi_18361ヒカリキンメとホワイトダムゼルの画像を取り出してアップで来たので もう満足満足 (^^;

あとはどんな画像が残っているかしら?

.

Img_1388.

↓も右→もアオノメハタ 模様の違いはなんでしょう?

.Img_2218_2


.

左↑のは、タレクチベラ・・・ タレクチだって。ま、タラコ唇なのでその命名も分かるけどイザリウオは「放送禁止用語」「差別用語」が入っているので名称変更したのにタレクチは良いの?他にもハゲ○○○とか、お魚さんも「そんな名前を付けるな」って怒りますよね。

Img_1460.Img_1557

.


.

.

.

.Img_1463Img_1489

.

.

.

.

.

Img_1756Img_1770



.

.

.

毎回説明つけているけど魚には見えないものね。↓これも魚には見えないイバラタツ(タツノオトシゴともニシキフウライウオとも親戚です)

Img_2023.Img_1986_2Img_1984

.

.

.

.

.Img_2057Img_2038_2

.

.

.

.

.

.

.Img_2113Img_1973

.

.

.

.

.

.

.Img_2123Img_2213

.

.

.

右のは鰭が長い=若いって事かな?

口が尖がっているのはアカククリ、ナンヨウツバメウオ。丸い顔はミカヅキツバメウオ、お腹に黒い斑点がツバメウオと覚えたのだけど... (*_*)分かりませーん

.

珍しくもないのだけど3㎝ほどのミニサイズだったのでアップ。


Img_1787Img_2208

.

.

.

.

.

.

.

イナヅマヤッコの証拠画像(^^;

.Img_2176Img_2154


.

.

.

.

.

Img_2224↓はローランズドムワゼル これは?→
どちらも3cm無いミニサイズ

Img_2222
.

.

.

.

.

以上でお終い m(__)m

海の画像をダラダラまとめてたら 9月も終わりですわね。 次行けるのは何時かしら?ますます老いたTORAに目が離せなくなるかな...('Д') 

| | コメント (2)

2016年9月22日 (木)

海の仲間たち ④

今回のとっておきは動画でないと分かってもらえないのよね...   

Img_1852←真っ暗な状態で、ストロボやライトを嫌うので当てることもできないため写真ではこんな状態なんです。

何だか分からないでしょ? 

せめて動画から取り出せたら良いのですが... で、やってみました。

.

.

                   出来ました~♪ ↓

Mvi_18361
光っているものはお魚(ヒカリキンメ)の目の下にある発光器 

明るい部分にヒカリキンメのシルエットが写っていますでしょ? ものすごい数のヒカリキンメで、もう光がグッチャグッチャ!

このショップの凄いところは、ヒカリキンメのいる所に我等を連れて行ったのではなく、浅場で待っている我等の所へ深場の洞窟からヒカリキンメ達を連れてくること! 象使いならぬヒカリキンメ使いなんですよぉ !(^^)!

約1時間ほどヒカリキンメのショーを楽しんだら 最後にこれ↓

Mvi_18632

「遊び心」を忘れてません… いや、すべてが遊びかもしれませんわ (^^;

本当に動画だったらこの感動のお裾分けが出来たのですが、今度 動画編集とアップの仕方を覚えるまでお待ちくださいね。

次はこれ↓

Img_2135_3Img_2134_2地味な変わり映えしないホワイトダムゼル ですがその習性が面白い!

←サンゴの小枝をくわえてます.

.

別名 ファーマーフィッシュとも呼ばれ、農耕(?)をする魚です。自分が餌とする藻が生えるよう縄張りの畑(砂地)に邪魔な小石やゴミがあればせっせと取り除き捨てる習性があります。

ブルースリーを置いてみました・・・

Mvi_21941Mvi_21942_2

ああー

ブルースリーが拉致された!

.

.

Img_2189_2

哀れ ブルースリー ゴミ捨て場にポイっと捨てられました。

.

ゴジラも置いてみました(バカですね)

自分が持ち運べるか測っているようで、何度か接近しましたが咥えて行こうとはしませんでした。 賢いです。

これも動画で撮ってあるのですが、ご披露できないのが残念です。

| | コメント (2)

2016年9月21日 (水)

海の仲間たち③

今回 チョロチョロ動くのや大きな群れは動画で撮りました。カメラやPCで見ると「動画で撮って良かった♪」と見事(ウソ)なのですが、このままでは人には見せられない無駄な場面も多く、編集しないことにはどうしようもない。我が爺&クラブには水中映像を極め素晴らしい作品作りに励んでいるサークルもあるので初歩の初歩の編集技術の教えを請いに行こうかな?

動画で撮ったものから画像を取り出すこともできるらしいけど...(マニュアル読んでみるわ) まだそれが出来ないので、それが出来るようになったらアップしますね。

それでは まだ残っている画像から拾い出してみます。

海の宝石 ウミウシたち

Img_1610.Img_1609

ミゾレウミウシ

別個体です。


.

.

.Img_1615Img_1617_2

シライトウミウシ

同じ種類だと思うけど模様の違いが... 個体差?

「宝石」と言うには地味すぎるけど

アミメイボウミウシ                    タスジミドリガイ

.Img_1457Img_1428Img_1801

.

.

.

Img_1782後鰓が開ききっていないけど サフランウミウシ

黄色い体で黄色い海面の所にいるのは身を守る術なのでしょうね? という事は色の識別ができるのかしら?

それにしても見事なフリルの衣装!

.Img_1722

ムカデミノウミウシ

背中の模様はただの模様ではなく名前通り「ミノ」だったのね。

Img_1730
.

綺麗に畳んで何事もなかったようにあっちに行っちゃいました。
Img_1725_2

.

.

.

.

Img_1961
はてさて これはなんでしょう?

Img_1959_25㎝ほどのウミウシっぽいんだけど、「?」で指したようにナマコのような触手を何本も動かしている... ナマコの仲間?

.

| | コメント (2)

2016年9月20日 (火)

海の仲間たち②

Img_9082寝る 食べる 潜る 寝る ・・・ だけのシンプル生活 中でも「食べる」はショップやその時の客達と一緒に現地レストランを食べ歩くのが常でした。

現地の食べ物事情は特に名物があるわけでなく、ホテルレストランで食べるか、街に出て和食・中華・韓国・フランス・イタリアン等の高級?レストランで高カロリー食を食べて、家に戻ったら恐る恐る体重計に乗るようなことを繰り返しておりました。

Img_9085
.

それを今回はさる事情でもって激減!一石二鳥(?)のこのアイデア どなたにもお勧めできるようなものではございませんが、今後も使えそう (^^)/ (←後日詳細ね)

でも、そんな努力(?)しても基本“食っちゃ寝”生活ですので出掛ける前よりも減っていることはございませんでした... (゜o゜)

さてさて お魚画像ですわ。

Img_1399←ミズタマイソギンチャクの中にエビが... 老眼には無理。

.Img_1399a

.

.

.

このショップはマクロ好きで、ローカルガイドのTも小さいものばっかり探して「見ろ 撮れ うまく撮れたか?」と撮ったものにダメ出しもする親切さ (^^;

.Img_1401

体長3cmもない小さなベニハゼの仲間を一生懸命ガイドしてくれるTのためにも撮ってあげなくっちゃ

Img_1493_2リングアイゴビー
上…光を当てた
下…光を当ててない

.Img_2065

.

.

光が大事ですわ

Img_1517
イソハゼ? 背鰭に特徴あり

キャンディケインImg_1761
 ドワーフゴビー→

.

.Img_1904_3Img_1902

背中にライトを当てると金属的な光り方をするガラスハゼの仲間

良く撮れるように何度もチェックされ ダメ出しばかり... ↓(^^;

.Img_1900_3


.

.

.

.

.

確かに、背中の光り方をとらえてないのは、面白みのないただのガラスハゼですからTの熱意はありがたい...どうでもいいけど。

ニチリンも もういいよと言いたいくらい良く探してくれました。 お陰で背鰭全開画像ゲット(^^)/

.Img_1501Img_1497

.

.

.

.

.




小さいのばかりではなく大きなのも... 1m近いこんなのが横にニューっと現れたり、岩陰で出くわすとドキッとします。

.Img_1431Img_1418

.

.

.

群れにも遭遇  ギンガメアジ

.Img_1563
Img_1564Img_1567
.

.

.

.

でもね、私のカメラでは 私の腕では群れは撮れません... ボケボケだけど証拠画像 (^^;

.

Img_2077

グルクマの群れ? 口を開けて(捕食)ないとただのサカナ 

Img_2078


.

.

.

Img_2125a_2←チョウチョコショウダイ 
  ムスジコショウダイ↓


.Img_2126

.

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

海の仲間たち①

Img_9088南の島から戻って10日... 段々記憶が と言うより海に行ってきた実感が消滅してしまいましたわ (^^; 

前回 30mの深場になると25m防水のコンデジ:PowerShotD30 が作動不能に陥り焦ったので今回は「25m以上には行かないで待っているからね」と宣言して用心した。ところがね、25,27,28mになっても異常なく動くので気がついたら30m! 慌てて26~7mに戻ったりしながら楽しみましたが、前回ダメで今回30mでもOKだったのは何故? ま、健康上の理由からも深場には行かないように気を付けて使いましょ。 ハイ Decoを2回も出してしまいましたm(__)m

Img_1870
気を取り直して ろくでもない画像ですがアーップ♪

深場での1枚 M女史お気に入りのアーグスコメット またもや茶色に写ってしまう... ホントは黒地の身体なんですよ。

Img_1705.

.

.

28mの砂地で自力で見つけた10㎝ほどのコレ カサゴとかオニオコゼの仲間だとは思うけど...

Img_1704.

.

ヒメオニオコゼ らしいが、特徴ある胸鰭の模様が変。 まだ成長期の子供なのかしら?

指のような胸鰭の一部を使ってズリズリ歩く魚で、背びれに猛毒を持つ。

.Img_1700

.

Img_1701
.

砂をかぶっているのでなんだかわかりませんが、顔です→

砂だらけなので砂を払ってやりたいけど... 触るな危険!生物です。

危険生物は魚だけでなく クラゲ イソギンチャク … ウニも針が刺さったら大変!

.Img_1683

着底するときはオニカサゴなどがいないか、オニヒトデがいないか、注意を払いますが、ガンガゼがビッシリ((+_+)) こんな時は↓逃げましょう。

.Img_1951

ヒメオニオコゼと同様 泳がないサカナ↓(顔の方から背中を見てます)

.Img_1451

.

踏ん張っている手(胸鰭)が可愛いのだけれど、ちょうど岩に隠れてます (^^;.  お顔です↓

.Img_1445


.

.

泳がずに歩いたり、砂に潜ったり、ひっくり返って浮かんでたり... 『サカナ』の概念破壊されます。

泳ぎ回らずに じーっとしている魚も色々いますが、このサンゴの中↓にも沢山います。

.Img_2117

派手な模様のマンジュウイシモチです。

.Img_2116

.

.

.

ボケボケ画像ですが、親とは大違いのホシテンスの子 長く伸びているのは背鰭

.Img_1657

.

これも親とは大違いのかわいらしさ♪ スパインチークアネモネフィッシュの子 

.Img_1711

.

チョロチョロ動いて少しもじっとしていない落ち着きのない子=カメラに収まらないよ('Д')

クマノミの仲間は撮りにくいです。

.Img_1918


.

.

本日の最後は なんじゃこれ!のカニ。

サンゴについている藻を全身に張り付け、モジャモジャのカニです。 オランウータンクラブ も正式名称ではない(名無し?)クモガニの仲間です。

. Img_1916


Img_1915




 

| | コメント (2)

2016年9月10日 (土)

特別出演ゲスト

いやぁ 面白いダイビングでした\(^o^)/

でもね、真面目に(?)お魚ウオッチングされているダイバーには顰蹙買うかも知れませんが、海の中でこんなことして遊んでいるダイバーもいるんですってことで(^^;

ジンベエよりも “もっとスゴイもん” って何? と、お待ちの皆さま(いるかしら?)お待たせしました どうぞ! ジャジャジャーーーン!

Img_1883_2
水深30メートルの洞窟の中で ゴジラジャッキー・チェン ブルース・リー登場!
(M女史に違うよ!と指摘され修正m(__)m 自分ではブルース・リーと書いたつもりだったのに...)

Img_9063
←こちらは 船の上のゴジラとブルース・リーでございます。

ショップのブルースに M女史が持ち運んだシンゴジラとの対決! ま、それはどうでもいいんですけど、そんなフィギュアに対し、いい歳したオッサン&オバサンがこんなことやってるんですよぉ (^^;

写真家のM氏↓

.Img_9069

.

.

.

Img_9057こんなことしたり あんなことしたり...

.Img_9056


.

.

もちろん海の中でも...

Img_1417ここはN島の女神像(だいぶ原型が崩れてきてますが)のあるポイント。 その女神の像の所で何やらやってます。

あれ まぁ こんなことを (+_+)

.Img_1441



.

.

.

やっぱり「オッサンがやる事」だから? ブルースにそんなことさせて女神さまに怒られますよ。

そんな女神さまの裏側では…↓

.Img_1415

アオスジテンジクダイに囲まれたハロウィンのかぼちゃ人形←私が持ち込みましたの (^^;

.Img_1558

.

.

そんなこんなでお魚ウォッチングよりもフィギュアの撮影会楽しむダイビング♪

.Img_1562Img_1938

どんなストーリーなのか、ゴジラを助けたり、仲よくしたり...

.Img_1811_2


.

.

ゴジラの反撃に逢ったり...

.Img_9132


こんなきれいな海の中で こぉんなバカバカしい事やってたんですよ♪

.Img_9116


.

.

.


もちろんお魚ウォッチングもたっぷり... 何しろタンク1本70~80分も遊ばせてくれるショップですから。

問題はただ一つ ちゃんと撮れた画像があるか... です。

| | コメント (3)

2016年7月 2日 (土)

海の生き物たち ③

Img_1305
お魚画像の整理をもたもたしているうちに 2016年も半分終わってしまいました。 時間の過ぎる速さについていけませーん。

 ましてや“ほぼ年金生活者”になって時間に拘束されたり、現役時代のような仕事に追い立てられる生活から離れ『何もしない毎日』を楽しみ、間もなく『古希』を迎えるこの歳になって新しいことに手を出したから大変!まず仕事のペースに乗り損なってばかり ((+_+)) 大丈夫かなぁ?

お魚さん達もこの辺で切り上げねば... (^^;

Img_1019_2
今回初めて見たベニサシコバンハゼ、隠れてばかりでじっとしてない撮りにくい子です。緑の体にオレンジのラインは派手ですが、好きだな。 こんなお顔です↓

.Img_1012

.

.

.Img_1058

体はスケルトンで内臓、目玉がメタリック... 何と言いましたっけ? 多分水深30m辺りにいたはず。

今回のローカルガイドは、何度も何度も小さなハゼを「見ろ見ろ」とガイド(?)。仕方ないから義理で撮る (^^;

.Img_1373

.


そんな中にもピントが合ってるのもあり...

.

.Img_0943


.

.

.Img_1128

.


どれも 大きさも似たようなもので3cmくらい。でもそれぞれ模様が違うのね。

.

アカメハゼもスケルトンな体にオメメだけ赤いのですが老眼では見えにくい ('Д')

.Img_1238

.

拡大してみましょう ↓

.Img_1240

.

よく見かけるものでもお顔のアップをすると意外な模様があったり、意外にも可愛かったり... カメラのお陰です。

.

テンジクダイのお顔の青いラインは蛍光色。オメメの所Img_1266だってネオンのように輝いているんですから。

.Img_1267

.

.

.

.

Img_1365昔の「口裂け女」みたいに口の両端から赤い線が伸びている。

.Img_1367

.

.

.

.

.

Img_1343サラサゴンベ メガネゴンベ はカメラ構える気にもならないけど撮ってみた (^^)/

.Img_1342


.

.

.

.

Img_1247撮っても真っ黒けで面白みがないインドカエルウオ。カメラを構えるといっちょ前に逃げるんですよ。 

.Img_1250

.

.

.

.

.

Img_1002ありふれているんだけど忘れちゃったからメモ代わりにアップ ( ..)φメモメモ

.Img_1215

.

.

.

.

.Img_1114

.

ベラなんだけどあんまりお目にかからないので撮ろうと思っても素早い素早い

.Img_1098

.

ヤンセンニシキベラの証拠画像です。

.Img_1094

.

.

この黄色いのは何?

Img_1132.

.

.Img_1137

.

.

.

.

.

背びれに眼状斑のあるのは色々いるが、真っ黄色一色の体のが見当たらない...?

.

最後に なんじゃあ こりゃ?!級のカニさんをどうぞ♪

Img_1026←目があります。これが目↓

.Img_1033

.

.

.

.

これは地球外生物?

.Img_1028a

目の下の 何やら飾りのついた白と黒の縞々は(も)足。上の画像に写っているピンクのうろこ模様も足。

Img_1034


.

.

.

お腹側から撮ってみました→

上から撮ってみました↓

Img_1029分かってきました?

こんなカニがいるんです。(手のひらに乗るサイズ)

.Img_1027


.

.

.

敵に襲われないようカムフラージュしているのか、何かに擬態しているのか分かりませんが、変な生き物です。

やっと海の報告終わりです。

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

海の生き物たち ②

Img_7787このところすっきりしないお天気で雨が続いてます。 2週間前までは比律賓の海でノンビリ遊んでたなんて信じられないバタバタの毎日が続いてます... 秋には遊びに行くぞっ!

さて、海の中で出会ったお魚さん達をまとめなくっちゃ (^^)/    ニチリンは別に珍しくもないけど、背びれを開いた画像が珍しいので... あら、背びれが切れてる?

.Img_0931

.

.

全然珍しくもないクマノミの子 なのですが、なぜか腹びれが非常に大きい↓

同じイソギンチャクに住んでいる大人は普通サイズなんですよ... .

.Img_0985Img_0982

.



.

.


.

Img_1009Img_1023分かる人にしか分からない(?)チョウチョコショウダイの子の画像 まぁ 落ち着きのない子で ピロピロ クネクネ あっちへ こっちへ、 上を向いたり下を向いたり、2~3cmの全身を滅多矢鱈に動かしてカメラに収まってくれないんですよ。 

それが何とか分かる人には分かってもらえそうに撮れました。

.

分からない人には分からない(?)カワハギです。石ころではありません!お魚です。

Img_1017この↓赤いのは何? ガイドが手の中に収めていて、開いたら 3cmくらいの赤いのが飛び出てきた (*_*;

.Img_0977


.

.

.

Img_0940画像に張り付けた名前が修正できず、上に重ねた白いのが正しい 黄色い斑点のケサガケベラの子です。(スミツキベラの斑点は白) 大人は↓

.Img_0990

.

.

どこにでもいて 岩やサンゴの上に乗っていて、どちらも泳いでいるところは見たことがない。

Img_0978ゴンベの種類の背びれには、先端にサボテンのようなトゲトゲがあり、全部開いたところを撮ってみたい。

.Img_1342








「ゴンベ」なんて変な名前ですが、ちゃんと「ゴンベ科」があって多くの仲間がいます。

Img_1008有毒のシマキンチャクフグに似せたノコギリハギがいますが、これは何だろう?鼻に縞模様がなく、 模様の色が抜けたような、手抜きして描いたような変なフグです↓

.Img_1184

.

これは初めて見ました。レオパードトビー

.Img_1069

ひっくり返って泳いでいるので、分かり易く画像を反転させました↓

.Img_1070


.

.

初めて見た ヒレボシミノカサゴ これも頭を下にしています。

Img_1073
これは↓立ってます (^^;

Img_1143
岩にもたれているんですけど、尾びれで立っているんですよ ^m^

逆さまになったり、仰向けになったり、クネクネ クネクネしているのやじーっとしているのがいて 『サカナは泳ぐ』なんて嘘ですよ。『サカナの形は🐟』なんてのも嘘です。良い子は騙されないようにしましょう。



模様はどうであれ『普通』に泳ぐお魚さんで 本日はおしまい。

Img_0980_2Img_1144_2


| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

海の生き物たち ①

Img_7751
セブのお魚さん達の画像整理どころじゃなくバタバタしてます((+_+))
画像眺めても、相変わらずのボケボケ&色の悪い画像ばかりなので意欲も減退... なのね。
やっと『許可証』もゲットできたことでひと山越え、ここでセブの事を思い出しながらまとめなくってはまた忙しくなってしまいます。 さ、まとめるぞっ!

.Img_7717


海の中は濁ってます... 透明度10メートル程度かな?スコーンと抜けるような青い海は期待してないけど太陽光が乏しくどんより暗い画像ばかりです←言い訳(^^;

Img_0920

.

.

まずは自力で見つけたニシキフウライウオ。

『さかな』という一般的な姿とは全く違い、泳ぎ方も頭を下にして漂っていることは何度も書いているが、ホントに奇天烈な姿です。

.

.Img_0927_2

これが顏

長い口 全身にトゲトゲが... 柔らかいのか硬いのか確かめたことありません。

.Img_0927a

お顔のアップ つぶらな瞳が可愛いでしょ?

.

Img_0919_2

.

.

.

.

.

カンガルーみたいな育児嚢。 膨らんでいるから卵を産み付けられたオスかな?

あらまっ! 向こうにとても小さいもう一匹が。

.Img_0937
メスなのでしょうか?子供なのでしょうか?仲良く漂っています。

.

ガイドが何度も「ここ↓を見ろ」と指さすけど老眼にはさっぱりわかりません。

.Img_0912

.

.

撮った画像を拡大してみましたら… あらステキ♫  1cmの 極小サイズの宝石!... 陸ではナメクジみたいなもんですが。

.Img_0915

.

.

.

.

これ↓もステキでしょ?

.Img_0955

.

これ↓はイソギンチャクみたいなヒメハナギンチャク(イソギンチャクの仲間ではない) でもね。これも取り立てて珍しくもないが、ガイドが「見ろ」と言う(^^;

Img_0967

.

.

.で、画像を拡大して見たら  あら可愛いエビが ↓♫

.Img_0966

.

エビがどこか分からないって? これなら↓エビらしくって分かり易いでしょ?

.Img_0964

.

下のこれも分かりにくいエビですが、居住地がムチヤギに限定されるので探し易いです。

Img_1123.

矢印の所に2匹いるのが分かりますか?.


Img_1116

体長1㎝か2㎝の小さなエビの縞模様の本数がちがうことに気付くなんてすごいでしょう (^^)/

.Img_1124


.

.

.

Img_0971
隠れているのを見つけるのも勝利感を味わえます(^^)/

.Img_0972_2

.

砂地に隠れたモンダルマカレイ

.Img_0968_2

あら  このオメメは怒っていますわね (^^;.

お昼寝の邪魔をしたようです。早々に引き上げましょう。

.

今回一番深い所は35m! 実は非常に危険な深さ…私のカメラにとっては (^^;   公称 水深25mまではオッケーなカメラですが、30mは危険。でも商品テストでは30mだってやっているはずだから大丈夫(?) 根拠の無い自信を持って潜ると... 30mに到達したらカメラに異変が!液晶画面が黒くなって8桁ほどの数字が中央一列に表示され、それぞれの数字がクルクル回転('Д') ボタン操作しても反応無し…

Img_1043「やばいっ!」と少し浮上し、28 27mになると回復する。それを何度か繰り返し、分かったことは... やっぱり深度30m以上はダメ! 幸い水没事故にはならなかったけれど「危なかった」と胸を撫で下ろしています。

そんな危険を冒してまで深い所へ行ったのはコレに逢うため。 アーグスコメットでございます。

Img_1040_2実はこんな色じゃないんです。黒地に白い点々なのにライトを当てられているせいか、黒地がこんな茶色っぽい色に写っているんですぅ ('Д') 

シモフリタナバタウオに形も模様も似ているけど、アーグスコメットの点々模様は規則的に並んでいるのが特徴。 どちらも非常にシャイな性格でなかなか全身を現さず、現れても「逃げの態勢」で頭を巣穴の方に向け尻尾をこちらに向けている=眼状斑のある尻尾をウツボの頭に擬態して威嚇の態勢になっているつもりなのかもしれません。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

ショップA.とオッサン

Img_7786今回のショップA.は初めての所  

様子を把握するためHPを覗くと、オーナーは関西人 小物@写真派向き... という事は頭に入れておいたが、現地で御本人様にお会いするとキョウレツなコテコテ関西人! 個性的なお方に好みは分かれるかもしれないが、大変サービス精神に溢れたマニアックなショップ&ガイドで嫌いじゃない (^^; また来ても良いショップです。

Img_7717ただ、ホテルとショップが離れて(車で約10分)いるのが難ですが、毎朝定時に迎えに来てくれるので別に困ることはございません (^^;

あと気になるのは我ら以外のお客...  楽しいダイビングになるかどうか影響大ですからね。 でもこればかりは「良い人でありますように... できれば 他に客がいませんように... 」と祈るしかないが、今回の同行者は、我等より先に来ていた丸坊主の50代♂ お一人。 

このお方、大変お喋り好きで、オーナーガイドSさんと話し始めたら止まりませんが、Sさんの早口関西弁に対しのんびり間を置く対照的な話し方に笑う。

.Img_1141

さらに職業を聞いてあまりの落差に もっと笑ってしまう楽しいお方でした。  そして海に入って更に笑ったのは、このお姿 (^^;  ↓ →

.

.Img_1038

50代のオッサンが
ニワトリ姿です。

さらに さらに ポケットから取り出したるものをじーっくり撮影しているので見に行くと…

Img_1140.

          こんなのを撮ってました→

新種の生物ではありません。これはウニの仲間のコオニブンブクの殻(甲イカの甲みたいなもん) 小さなジャガイモほどで毛むくじゃらのウニですが、砂の中に潜っているという変なウニ。それが死ぬと卵のような薄い殻が残ります。生息している砂地にはそこら中に転がっていますが、大変もろいので強く触ると粉々になってしまいます。 

Img_1202←私も作ってみた♪(何個も潰して失敗)

それをこのように細工(目を開け、奥様の口紅で隈取を描く)し、海の中で何やらストーリーを創って撮影しているのです。 この時は小さなハゼがやって来るのをひたすらジーッと待っていました。 何度も言いますが、50代のオッサンが (^^;

Img_1203私が作ったものをヒトデのそばに置いてみました。 あら 何やら物語が出来そうですわね ( ..)φメモメモ

オッサンやショップA.ではこれに「ブンブ君」Bunbu‐kunと名付けてました (*_*;   

そんなお茶目な50代♂のWさんはめでたく400本記念ダイブ! お祝いの席に我等もご相伴いたしました。

Img_7689aお祝いのチョコレートケーキ

.Img_7690a

記念撮影

.

.

.

Img_7693a.

.

美味しいケーキでした (^^)/

こんなことして 海から上がっても遊んでいる 50代♂と60代♀達 です。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧