2021年12月26日 (日)

も一つ忘年会ランチ

Thumbnail_img_5609
ランチしにお山に登ってきた。

山を登りきる手前から、それまでの青空が雲に覆いつくされキリ!

これでは登ってきた甲斐も無い... ランチは予約してあるので引き返すのも癪。お店まで行きます。

Thumbnail_img_5625





お洒落に言うなら「小さなオーベルジュ」 雰囲気は「和」 食器も「和」で、お箸で味わう仏料理♬

Thumbnail_img_5619

 

 

 

 

ただし、どれも美味しいけれど殿方には物足りない量でございます(^-^;

 

体重減が医学的見地から課題で「少食」にしたい私には ちょうど良い 都合良い量でございます。

Thumbnail_img_5613
「体重落とせばどれも数値は改善するはず」と私の血液検査結果を眺めながらどの科の先生も仰るが、努力・我慢が嫌いな私には難しい課題です。

Thumbnail_img_5611

 

 

 

 

 

 

話題は、持っているリゾートのランクアップしてもこのご時世では...と私には縁のないことなのに「相談」にのってました(^-^;

 

楽しくのんびり食べている間に窓の外は…

Thumbnail_img_5617Thumbnail_img_5622
すっかりキリは晴れてきました。

今年もこれが最後のランチでしょうから「忘年会ね」と。

 

で、「新年会」は?と、気の早い我等でした。

| | コメント (0)

2021年12月10日 (金)

戦友会

Dscn1111先週はある意味「戦友」達との忘年会でした。

1カ月前の集まりの時に「忘年会しよう」と言ってたのが、もう1カ月経っちゃいました((+_+))

本当に時間の経つ速さに驚きます。

子供時代には1週間後・1カ月後は気が遠くなるほど先のことだったのに、歳を重ねると段々速くなり、古希過ぎてからの加速度的な速さにはついて行けません。

Dscn1101a


会場は前回と同じ場所。

Hさん主宰のこの戦友会は、食べ放題&喋り放題のバイキングのお店を会場としていました。

 

Dscn1107a
しかしコロナ蔓延のご時勢では、レストランではバイキング方式も、喋り放題のテーブル配置にも、人気店ゆえ会場満員になる客の入場制限もいろいろ工夫はされているだろうけど、行くのが躊躇われる。

でもここは、客数も少なく、お料理も運んでくれる所なので心配性の人にとっても安心(ま、何が安心かなんて神様以外分かりゃしないけど)

Dscn1108a
ただ10人もいないのに二つのテーブルに分けられ、親睦を図るにはちと遠い。

同じテーブルの4人にとっても、真ん中で隔てるアクリル板が声を遮るので話が聞こえにくい...色々障害のあるコロナ対応にはうんざりです。

       主催者Hさんのお召し物の改造講習会 ↓

Dscn1114a

早く「普通の生活」に戻って欲しいが、もう普通はあり得ず、Withコロナ時代は「新」普通の生活 になるんじゃなかろうか... の予感。

Dscn1100a

 

 

 

←Tさんから皆に快気祝いプレゼント(^^)/

今度はいつやる?に「1月 新年会!」

「OK やろう♬」と即決(^^)/

Dscn1117


 

 

恒例記念写真 マスク無し→

マスク有り ↓ (^^)/

Dscn1116a

 

 

 

 

良いお年をお迎えくださいと分かれたが、1ヶ月で「おめでとう」と会う予定の皆様です。

 

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

ただいま8 おまけ

Thumbnail_img_5140
3泊4日のドライブ旅行なのに書き出してみると色々ありますねぇ... 内容は無いけどね (^-^;

半島に行ったら先端の岬とか灯台が好きなのでもちろん行きました。日の出前に♪

    灯台横にはよくある恋人達の聖地 南京錠 と 鐘 →

Thumbnail_img_5139

← 野間埼灯台

でもね、早朝にも関わらず車がビュンビュン走っている国道沿いにあるんですよ。

灯台には責任ないけど、全然「趣き」が無いんです。そもそも野間埼というのに「埼」じゃない(-_-;)

 

朝日のまぶしさ堪えて半島を南下し先端の港へ。

Thumbnail_img_5142

フェリー乗り場です。

その向こうに日間賀島が見えます。日間賀島は、ずいぶん前から行って見たいと思っていた島です。

というのは、タコの干物を干している風景写真を見てから「見に行って、タコ食べたい!」と。

Thumb12301798817item
 ← それがコレ  
引っ張りダコ」(拝借画像) 

私が見たのは、タコがズラーっと何列も干されている写真だったのだが、そのような画像を探しても見つからずこんな小規模のしか無いのは、現在、そんな風景は廃れているのかしら? いずれ島を訪れ名物の 蛸と鯛を食べに行くわよ~と島に呼びかけ、朝食を食べに宿に戻る。

Thumbnail_img_5147

宿の目の前は伊勢湾。 砂浜に映る私とウメ →

最終日は300kmほど走るので、寄り道は帰るルート沿いのみにして荷物をまとめる。

Thumbnail_img_5162


一番大きなのは
ウメちゃんのベッド(^-^; 

Dscn0860

45Ⅼの袋に押し込みます。

 

 

慣れない場所でも安眠できるように、ウメが普段使っているベッド持参は正解でした (^^)v

私はワンコが好きでもワンコと同じベッドは嫌なのね。

 

ついでに3泊の夕食についても書いておこう。

Dscn0689
宿泊料金がリーズナブルですから贅沢は言いませんが、浜名湖では宿代に3800円奮発追加したウナギ御膳(^^)/ なのに... 期待外れ。 ウメちゃん連れなので鰻屋さんで食べることが出来ないから、宿の食事をランクアップすれば良いかな?と思ったのに... 決して不味くはないけど、我が街の友〇のが勝ちだな。

2連泊した宿は、ランクアップしないで通常の夕食

Dscn0809

器の配置は同じで中身が少し変わっており、左下の器(メイン)が「すき焼き」、「鯛の兜煮」の違い。

Thumbnail_img_5161_20211205021001

どちらも家庭料理っぽいお味です。

 

文句ばかり言ってるようですが(言ってるか)、家に向かって出発です。コースは高齢者には迷いやすい名古屋のJCTを避けて豊田IJ から東名、三ケ日から新東名に入るコースにし、先ずは浜松SAのドッグランへ! 

Dscn0864
その前に 
赤レンガ倉庫 で小休憩

サッポロ、アサヒの前身:カブトビールの醸造工場だった建物(登録有形文化財)

Dscn0866

改修工事がされたとはいえ立派な建物です。当時は周囲にもっと付随の建物があったのですからその繁栄ぶりがしのばれます。

カフェもショップもコロナで時短営業 まだ営業前(*_*

近くには、Sさんお散歩コースの運河や、子供に「ごんぎつね」「手袋を買いに」を読みながら涙した新見南吉のユニークな記念館、その近くの彼岸花の土手(時期限定)があり、まだまだ来てみたい場所です。

 

東名三ケ日JCTから新東名へ。そこは、なんと前々日に迷って遥々到着した新城ICの次の浜松いなさJCT! 結局私はここを一周したことになりました... 期せずして(*_*;

あとはドッグラン2か所(浜松・沼津)で休憩しながら無事帰着いたしました(^^)/  

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

ただいま7 観光続き

見ておきたかったと思ったのは、最初に立ち寄った「陶磁器会館」の近くに「とこなめ招き猫通り」というのがあり写真を見ると面白そう♬

宿から1時間もあれば行けます。 翌日、会館の駐車場に車を置き、行って見ました。

Dscn0832

 

ん・・・ 私の好きなネコちゃん達じゃありませんでした (*_*;

ま、これも旅の味わいです。

好みじゃなくても見ておきましょう。

招き猫が埋め込まれた擁壁の上から視線を感じ、見上げたら上にも招き猫がいました。

Dscn0825

会館に戻ろうとすると、頭上の陸橋で何やら撮影会をしているお姉さん達が騒いでいる。私の所からは何にカメラを向けているのか見えないが、まだ引き上げるのは早い=ウメちゃんも散歩不足

なので陸橋の所へ行くべく道を曲がる。(ここもAコース)

陸橋のたもとに何かがある。後ろ向きなので陸橋側から見たら 

     なんじゃー こりゃ!?

Dscn0841

 

でっかい招き猫の「頭部」があるのはガイドマップにも載っていましたが、これかー (*_*;

常滑の見守り猫「とこにゃん」ですって。

Dscn0840

常滑の街を見守っているんでしょうかね? 夜にはライトアップされるのでしょうか、照明設備があります。暗い夜にこんな猫の頭部が浮かんだら気味が悪いと思うんだけど...(*_*;

前日半分歩いたコースの反対側を半分(つまり一周ね)歩いてみました。

 

Dscn0779Dscn0833

幾つもの工房がありそれぞれ特徴のある焼き物作品がありましたが、やっぱりこういうのに可愛さを感じます。



Dscn0845
でかい招き猫がイオンモールにいるよと教えられ買い物ついでに寄りました。イオンのどこにいるのか分からないので尋ねると...

←「あそこ」と指さされたのがコレ! 手前の人間と比べて下さい。
頭は通常の天井を突き抜けてます!


Dscn0846



バカバカしいほどでかいです
          (◎_◎;)

常滑市民の招き猫愛を大きさで表現しているのだろうと思いながら出口をくぐったら、頭上にこれまたでっかい提灯!

Dscn0848

 

 


提灯の下を歩くオジサンと比べて見て

Dscn0847

 

 

 

 

 

 

 

大きな土管や甕を作っていた常滑は、でっかい巨大なものが好きなんだと勝手に解釈してイオンを後に。

伊勢湾を右に見ながら半東を南下し、宿へ。

Thumbnail_img_5154


 

もう終わるつもりだったけどあと1回書きます。

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

ただいま6 観光

名物店に寄ったり食べたり、観光施設に入って見学したりのいわゆる「観光」はハナから諦めていました。ウメちゃん連れてますから、その土地の景色を眺めながら走り回るだけでOKのドライブ旅行です。

しかし、常滑でウメの「お散歩」と「観光ルートを歩く」ことが出来ました。それも二日も♬

Thumbnail_img_5137

焼き物に興味があったわけではないので「常滑焼」と言っても、おばあちゃんちのちゃぶ台にあった赤茶色い急須を思い出すくらいで何の予備知識も持たずに 先ずは「陶磁器会館」に寄って街の概略を知る。

陶磁器会館入り口の招き猫 →
   ↓ 会館の郵便ポスト 

Thumbnail_img_5138

 

 

何で常滑で「招き猫」?
と思ったら、招き猫は常滑が発祥の地なんだそうだ。
特にずんぐりした2頭身の招き猫は「常滑系招き猫」と呼ばれている...( ..)φメモメモ

観光散策ルートは、Aコース/Bコース2つあり、1.6kmの短距離コースAの見どころが集中している半分をウメちゃんと一緒に歩く。

Dscn0767
       土管坂→

道の左右の擁壁に土管(ドカン)と甕(カメ)が埋め込まれ、地面には焼成時に使用したケサワを敷き詰め他所では見られない造形美。

私が子供の頃の水道工事屋には土管が積まれ、工事には今のような塩ビのパイプなど無く土管が使われていた。また、甕(カメ)はラッキョウなどの漬物に使われ、近所の農家の庭先にいくつも転がしてあった(漬け始めはゴロゴロ転がして液がまんべんなく回るようにと言ってた)

我が家の台所(キッチンなどという洒落たモノじゃない)には、砂糖・塩・味噌などの容器としてのカメが並んでいた。

 
そんな昔を知っている私には「懐かしい!」と思う嘗ての道具だが、今の人には見たことも無い物でしょうに単に物珍しさで眺めているのかな?

Dscn0763Dscn0760

 

 

こんな店先が好きです。

各工房の入り口を猫たちが飾っています。

 

 

平日午後なのに若い人の見学と多く行き交い、オムツの姿のウメちゃんに「かっわいい~」のお褒めの言葉(?)掛けを沢山いただいて ウメちゃんも誇らしげに歩いてます。

Dscn0750

 

このように擁壁を飾っているのは「廃材」となってしまったから? 廃物利用?

 

Dscn0756

 

 

 

 

 

 

 

Dscn0757Dscn0769


 

 

 

 

 

 

新しい土管や甕もありましたが、まだ「産業」として需要があるのでしょうか?

Dscn0781

 

 

 

Dscn0771




 

 

土管類の一大産地となった常滑だが、歩いていて思うのは工房のある所はどこも坂道... 昭和中期までは運搬用の重機などあるはずもなく、重い粘土や製品の輸送は人力に頼ったはず。力自慢の多くの男衆(女も?)が汗をかきかきこの坂道を この道を行き交った気配を感じようとするが 静かです。

嘗ての仕事場も朽ち果てて瓦礫になろうとしてます。

Dscn0837

 

 

煙をモクモクはいていた煙突にも植物が生えています。

Dscn0844

 

 

 

 

窯跡や建物の幾つかは再建されていたが、「観光用」か「歴史的遺物」としてだろうな...  こんな古い瓦屋根も味わい深く 綺麗に作られた物よりも好きです。

Dscn0758

 

こんな物が見学コースAの半分で見ることが出来ますが、宿に帰ってから会館でいただいた観光マップを見ると「見ておきたかった!」と思ったものがあり、翌日も行って見る事に。そんな「自由」「行き当たりばったり」な旅でーす。

 

翌日 行って見たかったのは・・・

明日アップしまーす (たぶん)(^-^;

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

ただいま5 目的③

Dscn0967目的③は、
 SさんとSチャンに会うこと♬

お互い全く離れた地におり一回り以上お若いSさんなのに、これまで何の接点も無かったのに、10年以上前から毎日の生活やお考えや思いを手に取るように知っている存在です。

昨年秋には秀吉ばりのお茶会に、その前には雛祭りの我が家に、もっと前には近くのリゾートで会ったりしている一昔前では考えられないネットつながりのブロ友さん(^^)/ 二人とも着物好き 飼っているワンコも先代犬も今も同じ犬種で、ウメもSちゃんも保護犬 さらには同じガン友でありまーす。

ブログをやってなかったらお互い知り得ることも無かった二人です。
時代ですねぇ~♪

Dscn0969「ブロ友」と言ったら、そもそもSさんを「すごい人がいるわよ~」と教えてくれたのは、N女史という20年も前からのブロ友。その頃ブログなどやっておらず覗き専門だった私が毎日のように拝読していたのがN女史のブログ。そして池袋で開催されていた何回目かの池田重子の「日本のおしゃれ展」を見に行った時、偶然 向こうから歩いてきたN女史とすれ違いざまに「あら!Nさん♬」と昔馴染みのように馴れ馴れしく声をかけちゃったのがお付き合いの始まり。だって毎日拝見しているお顔なんですもの、友達とすれ違ったような気持ちでね。その後旅行にも何度も出掛け(北海道・京都・九州・ベトナム・スペインetc.)たり、月一で着物で銀座に集まり食べたり遊んだりしてただけでなく... 同じくガン友であったり(*_*; 面白いものです。

Dscn0820

今の時代、便利になったものです。ナビで住所検索すればちゃんとSさんの家まで道案内してくれるですものね。ま、高速道路情報が古かったための大失敗もありましたが(*_*;

Sさん邸到着(^^)/ 心配なのはウメとSチャンがケンカしないかな... 対面してもお互い無関心なようでトラブルなく、ウメも平気でお部屋の隅々まで調査探検に歩き回り、嫌がって逃げるようなこともなくホッ。


Dscn0821_20211129174001一年振りのご対面、初めてのお宅訪問ですのに、お庭の様子も常に「画像拝見」していますので既視感あり、画像よりも広いお庭を早朝お一人でお手入れしているのかとそのパワーに感心です。フットワークも軽く、前日には新幹線で1時間半以上の地へコンサート鑑賞をしてトンボ返り、いつもいつもその行動力や手マメな事には脱帽でございます。
N女史が「すごい人がいるわよ」と言ってたはずです。

居心地よく図々しくもお昼もご馳走になって 旅の続きに出発(ご馳走様でした♪)

 

 

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

ただいま 4 大失敗

二つ目の目的の為には 東名三ケ日ICから乗って →豊田JCT で伊勢湾岸自動車道へ、その先 東海環状自動車道へ乗ったら目的地は30分ほど(^^)/ もう着いたも同じだわ~♬ と走っていたら... あれ?降りるべき ICが無い!

というか「岡崎IC」?私は岡崎から離れるように走ってたのにどこで新東名に入っちゃったの? 頭真っ白! 私のナビは古いので新東名は点線でPAもICも表示されていない((+_+)) どこかPAがあったらそこで考えようと思っても全然無い! 

とにかく最初の ICで降りなくては!と思って走っても走ってもトンネルばっかりで PA も IC も無い! 落ち着け 落ち着け 自分に言い聞かせてとにかくICまで走ること40km超 ((+_+))

目的地でお茶でもしている時間に新城IC に降りました。

こんな場合どうしたら良いの?新城までの料金払うの? 後ろからは全然車が来ないので料金所で尋ねようとしたら料金所も「無人」の時代! 何とか係の人に尋ねようとゲート前に止まったままあちこち見ていると「どうされたんですか?」と音声が(人間の声の応対でホッ) 

「〇〇ICで降りるはずが、新東名に入ってしまったようなの。目的地に行くにはどうしたら良いのでしょう」(T_T)

「ゲートを上げますから ETCのカードを抜いて通過し、前進して500mで信号があるのでUターンして料金所まで来てください。ETCのカードは抜いたままですよ!」

言われた通り反対車線の料金所に戻るとまた音声が

「料金のチケットを抜いて横のカード入れに戻してください。ETCカードは抜いてありますね?ゲートを上げるので進んでください。そしたらカードを入れて走って下さい。豊田東JCTで左車線を進んでくださいネ。」

Thumbnail_img_5121
無事 東海環状自動車道に入り目的のICで降り、1時間ちょっとの遅れで到着出来ましたが 大失敗 大失敗 (*_*;

それにしても朝出発した地点まで戻って一往復半走ってしまったことになったが、気を取り直して目的地訪問。

きっと もう 何があっても 訪れることはないであろうと手を合わす(目的②達成)

 

Dscn0742

お茶だけでなくお昼までご馳走になってお暇したが、知多半島に向かう前に紅葉の名所:香嵐渓が近くにあるのでウメちゃんの散歩休憩をしようと向かった。

 

Dscn0744

 

紅葉シーズンで大渋滞になっているかもよ...と言われたが、渋滞だったらターンして知多半島に向かうことにしてたのに順調に香嵐渓到着。ただし駐車場はどこも一杯!


「午前中は道路も動かなかったんだよ」と駐車場のオジサンに言われ、ここまで来れただけでOK。ここまで来たら香嵐渓よりももっと行きたい所がある。 最中の川村屋です。ここの白餡の最中は大好き♬ 

Thumbnail_img_5129

 

 

 

香嵐渓は車窓から眺め

知多半島常滑を目指す 

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

ただいま 3

Dscn0695a
宵っ張りの朝寝坊の私の生活には「早朝」という時間帯は無いのですが、旅先では必ず日の出&日没を楽しみます。

つまり、旅に出たときくらいしか早起きは しない 出来ない私なのでございます(^-^;

今回は連日お天気に恵まれ素晴らしい日の出を拝めました。

これは 浜名湖の日の出 ♬

Dscn0707
日の出時間を確認して目覚ましセットし、早朝の散歩などしたことないウメちゃん連れ出してまだ暗い湖畔を歩きだしました。

バサバサッと逃げるようにねぐらから動き出した水鳥(鵜?)は私が近付いたからなのか、丁度出勤時間(?)だったのか向こうへ行ってしまいました。

 

太陽が昇ってきました(^^)/

Dscn0706

 

 

 

 

 

太陽の道が
こちらに
のびてくる。

 

 

Dscn0712

 

 

ウメちゃんが輝きます。

Dscn0716

 

 

 

 

 

気持ちが良いですね。

Dscn0729

 

 

空を見上げると  鳥の群れが次々と編隊組んでやって来て湖に下ります。

 

 

宿に戻り、朝食の時間までドッグランで遊ぶ... つもりだったけどウメちゃんにはボールもフリスビーにも関心が無く、まして向こうのアクティビティが充実してても役に立ちません。

Dscn0732

 

先代ワンコなら どんなに楽しんでくれたことかと思い出します。

Dscn0730

 

ウメちゃんは、フェンスに抜け穴が無いかひたすらグルグル探し回って良い運動になりました (^-^;

 

 

Dscn0852

夕日は知多半島から伊勢湾越しで楽しみました。

日没にはまだ時間があるので、M2さんにいただいた「東京みかん」最後の1個を食べながら、中部国際空港セントレア(水平線上にあるの)から時々発着する飛行機を眺めてました。

 

Dscn0853

 

伊勢湾の向こうは三重県の山々?

何やら神々しい輝きですわ (^^)/

 

 

 

 

Thumbnail_img_5187
おまけ:そんな朝日夕陽を拝んできましたが、帰宅しウメちゃん散歩に連れ出したら素晴らしい夕焼け残照!マジックアワー! あと10分早く外に出ていたらと悔やみます。

 

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

ただいま 2

ただいまー!と言ってからもう1週間経過 鮮度も記憶も薄れどうでもいいやと思いながらも「私の記録」ですから書いておこう。

今回の遠出の大きな目的は3つ 

一つ目は、ウメちゃん連れの旅が出来るかな?

二つ目は、きっと最後だから お線香あげに訪問

三つ目は、ブロ友・癌友・着物友そして同じワンコ友のSさんち訪問♬

※画像がドッグエリアのばかりで本文と関わらないけど我慢してね

 

ペット連れの旅行》 宿

Dscn0871

宿はペットOKの所を1泊(A)、ペットも泊れるお部屋が2部屋ある所で2連泊(B) 計3泊でしたが、宿のペットへの配慮対応や備品には大きな差がありました。(←宿に用意されている物は明記されてたから了解済みですが)
   
    新東名上り 浜松SA→  

AもBも玄関・出入口に足洗い設備や足ふきタオル・ゴミ箱やウンチ袋が置いてありましたが、室内にはゴミ箱とトイレシートの台だけのBと、トイレシートや雑巾が何枚も・ブラシやコロコロや食器も置いてあったA。

浜松SAの小型犬エリア ↓

Dscn0872

でもウメちゃんに必要なものは、ポリ袋・シート・オムツ・お尻ふきから雑巾やベッドまで家で使っているのをそのまま持って来ているので問題無し。

お部屋はどちらも広く快適♬ Aはワンコに特化しドッグランも付属したペットホテル  Bは改装してまだ新しいワンコも泊れる(2部屋のみ)ホテルで、出入り口は専用出入り口(非常口)を利用でエレベーター無しで2階へ(荷物が多い時は辛い)そしてワンコ専用スペース以外は入っちゃダメ!の隔離ワンコ棟なのです。

食事は、夕食・朝食とも部屋食がA、夕食は部屋食・朝食はレストランでバイキングがB。

                  ドッグラン横の上嶋珈琲のカフェテラス ワンコOK ↓    Dscn0875


でもレストランだけでなく廊下も共有部分は、ワンコをケージに入れても入れ
ないので、部屋に残して食事しなければなりません。ウメは知らない場所に一人(1匹)になると不安できっと吠えまくる... そこで朝食前に朝の散歩したら車に乗せ(車の中は大体おとなしく待っている)て留守番させ、その間に急いで食事です。

でもね、もっと大きな問題がありました!

Aはバス・トイレ付  温泉露天風呂もあるBは綺麗な洗面所・トイレはあるのに、部屋風呂が無い!(←まさか風呂無しとは想定外)

Dscn0877知らない部屋にウメ1匹だけ残したら、私を探して吠えまくるウメちゃんを残しては出掛けられない... 車の中は大丈夫でも真っ暗な夜に車で留守番は可哀そう... 二人連れなら交代でお風呂に行けるが、こちらはお一人様。 

隣のご夫婦のお部屋も二人が部屋を出ると吠えまくるワンコだが、交代でお風呂や食事に行っているのでワンコもおとなしい。

お隣が静かなのにウメちゃん残して夜中や早朝に吠えまくらせるわけにはいかない... 結局 温泉宿なのに二日もお風呂に入れませ―んWWW((+_+))

Dscn0885    駿河湾沼津SA →

知らない場所でも留守番が出来るワンコならお風呂もレストランも問題ないが、留守番が出来ないウメちゃんには、私の気配が分かる部屋風呂でないと駄目ということが分かりました 。

私もここに来るまでは、たとえ部屋風呂があっても日没時や日の出時の露天風呂を楽しもうと思っており、知らない場所で留守番できないウメちゃんの事を忘れてました。

           

長時間ドライブ

車に乗るのが好きなウメちゃんには問題無し。トイレ問題も1.5時間~2時間程度で休憩しているがオムツなので問題無し。

座席にドライブ用ケージを置いたこともありましたが、先代ワンコからスーパーの買い物篭より大きめの洗濯篭を座席の背に括り付けてチャイルドシート ワンコシートにしています。 ウメもそれで問題無し(^^)/

Dscn0888 ← 小型犬エリア

高速道路のドッグラン 
(画像は全部ドッグランのです)

近は高速道路のSA/PAにドッグランを併設しているところがありますね。今回は新東名上りの浜松と駿河湾沼津のドッグランに寄りました。 どちらも人工芝、設備としては水飲み&足洗い場とゴミ箱。そして大型犬と小型犬でエリアを分けているのでビビりのウメも安心。

平日のせいか先客は数頭でウメが入ると大歓迎(?) ワンコ社交界にも慣れてきたウメも拒否ったり吠えたりもせず、私も安心。

Dscn0876

ただ先代ワンコはボール1個あればいくらでも走り回って遊ぶことが出来たが、ボールに何の関心も持たず「待て」も「来い」も出来ないので、「遊ぶ」というよりドッグラン内ウロウロするか、私にくっ付いているかであまり運動にもなりませんが、リードを外して「自由」というのがワンコにとって良いのかも。

ドッグラン隣にカフェや食べ物の売店があり、テラス席は自由に使えるのでワンコと一緒に食べる事も出来ます。沼津ではワンコも一緒に入れるワンコグッズのお店もあり、私のユニクロよりもお高い服をついウメに買ってしまいました。

Dscn0879

きっとハイになっているせいで財布のひもが緩んだのでしょう。

あとから考えると運転も100Kmも走れば疲れるはずなのにハイになっているせいか疲れを感じず「ドッグランでウメを遊ばせる」大義(?)が無ければ休憩もせずに300Kmを一気に走ってしまってたかも((+_+))  

一番長距離の18日は、スタート~浜松SA~沼津SA~自宅の間がほぼ1.5時間・2時間で、ドッグランでの休憩も30~60分取りちょうど良い間隔でした。

ブラックコーヒー購入して睡魔対策 ←これが役に立ちました(*_*; つまり眠くなったの

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

旅行記はまだ

Dscn0900計880kmを走って帰宅した翌日は、「お勉強会」(^-^;

何をやっているかって?

自分の人生の締めくくりを考える「終活」についての「お勉強会」という名の座談会(^-^; この部屋が定員6名なので5名の参加者募集したのですが、単発ではなく継続参加を求めたのでメンバーは3名でワイワイやっております。

でも、立派に「セミナー」と銘打ち(^^)/、毎回ちゃんとテーマがあり、それに沿った資料を準備しております... が、テーマそっちのけで激論(?)になることも (*_*;

Dscn0903

『終活』『エンディングノート』という言葉が登場した頃から、考えておかねば!&片付けておかねば!と思いながら、どのように手を付けていけば良いのか分からない。
市販のエンディンノートも手にはしたものの、内容がピッタリ来ないし自分の考えも定まらない((+_+)) それなら終活仲間を募って一緒に考え話し合ってみれば自分の考えも定まって来るのではないかという「自分の為」に開いたものです ←動機不純?

でも始めて見れば、人間だれしも関わる「縁起でもない問題」にこれだけ向き合って話をすることってなかった、仲間の話を聞くと同意出来る事・出来ない事から自分の考えがはっきりしてきた と、大絶賛(←誇張あり) 

次回は、否応なく介護保険料を徴収され、いずれは世話になるかもしれないのによく分かっていない『介護保険制度』について、市の高齢介護課を招いて説明してもらいます。  

 

 

Dscn0931その次の日は 三味線の「温習会」

いつもならプログラムも作り、集客のためにポスティングもしていたのですが、2年振りの今回は弟子達も都合がつかない欠席者も多く半分以下の参加者です。
なので「お稽古の延長」として稽古日の違う仲間と一緒に弾いて楽しくやろうというもの。

Dscn0921

お稽古日が違うけれど「なかよし」なのは、新年会から始まり忘年会まで、何かにつけて集まって食べたりする機会が多い会だったから(^^)/

 

Dscn0915


年に何回かの演奏会やボランティアなど一緒に演奏する機会があったのに、コロナで無くなってしまったから「反省会」(←反省などしないのに)をしていない! このままじゃお稽古仲間と会っても「あんた誰?」になってしまうと危機感を覚える我等昭和人間。

Dscn0925

お若い方はそんな風には思わないのかしら? 昭和の爺さん婆さんの中に平成生まれの若い方もいるんですよ。
    こちら中学生の2人 ↓

Dscn0912

 

 

 

こんな毎日なので、まだ旅の疲れも癒せませーん。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧