« 謹賀新年 | トップページ | 切手処分 »

2022年1月 6日 (木)

ウメちゃん

Dscn1254いつの間にか三が日も過ぎ、明日で松も明けてしまいます。
正月らしいことは何もなく、外食も出来ず一日三食のおさんどんと掃除、大量の洗濯で正月が終わってしまいます。
ま、食べる物に困らず(作るメニューには困ってる)、温泉には行けないけど暖かい家で綺麗に洗われた衣類を身に付けられている... 故郷を追われ迫害されている人々もいる事を考えれば平和でありがたい生活が出来ていると感謝。MAGO達が出来て これまで以上に世界平和を望みます。

 

Dscn1347

我が家はオール電化なのですが、私はエアコンの暖房が苦手なので冬季だけ居間はプロパンガスのストーブ(ヒーター?)を使用しています。
           居間用ベッド→ 
居間にはウメの「居間用ベッド」をストーブ横に置いてあり、夜寝室のベッドで眠るとき以外はそのベッドの中にいるのですが、最近そこに入らなくなりウメの定位置が出来ました。       

Dscn1336温風の吹き出し口前に陣取るようになりました。

←温風どころか熱風に当たりながら眠っています。

ロングヘアが吹き上げられているのに平気です。

Dscn1335

焦げちゃうんじゃないかと心配になりますが、熱いと向きを変えたり、場所を移動して涼んでからまた吹き出し口の前に戻っていますので自分で調整しているのでしょう。

頭や背中を温めているのはまだ良いのですが、時々お尻を温めているんです^m^ 

 ↓ いわゆる「股火鉢」(←死語?)ってもんでしょうね?

Dscn13422021年8月 過去がどんな境遇だったか分かりませんが、2019年に12歳で保健所へ「処分」されたのを保護団体に引き取られたものの 高齢のせいか2年間も里親が見つからなかったウメ。
そして里親希望するには条件のハードル高い私が希望したのが「小型のシニア犬」 

うまくマッチングしたんですねぇ。

でも、トイレのしつけもされておらず病い持ち&オムツ生活の不安よりも懐いてくれるかの方が心配でしたが、我が家の一員となり、生きるためには嫌でも懐くしかないウメ... でも気負うことは全然無く、人見知りしないのかオバカなのか すぐに「うちの子」になっちゃいました。

Dscn1345歳が歳ですから、今さら生活ルールなど敢えて躾けることは諦めて暮らし始めましたが、散歩中他の犬に吠え掛かるのが治まり、食事の「待て」「よし」、「お手」とアイコンタクトが取れるよう成長しました。そして常に私の後追いをし、部屋に一人残されるのを嫌い吠えていたのが、入浴・トイレ等私の姿が見えなくとも気配があればおとなしい。私が出掛ける支度をすると「お散歩か?!」とはしゃいで大喜びするのですが、『オルスバン』の一言でおとなしく拗ねるようになりました (^-^; 賢いですね、『お留守番』を理解できるようになりました(^^)/

 

明日から私も「平常営業」に切り替えます!
朝一に循環器科で検診です((+_+))

|

« 謹賀新年 | トップページ | 切手処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 切手処分 »