« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月28日 (火)

年の瀬に

Thumbnail_img_5644冬枯れた枯葉色の中に鮮やかな朱色が見えました。

近づいて見たらアロエでしょうか? 妖しげな赤い花が何本も花茎を伸ばして咲いています。

日本海側の大雪に、舞鶴や鳥取の友人達が案じられますが、太平洋側は快晴の良い天気続きです(愛知県でも降雪ですね!)

Thumbnail_img_5635


 

 

日没時、川面に映る太陽光が強烈です。

冬至を過ぎ、「夕方」の時間が長くなって嬉しいです。でも、本格的な冬はこれからですね。

最近の悩み事は... 冬用タイヤにすべきかノーマルのままでいるか(「悩み」と言ったってそんな程度です。平和です。)ここ数年スタッドレスに履き替えても、雪道を走ったことが無いからタイヤ交換費用2000円×2回がもったいない... 悩むでしょ?

Thumbnail_img_5637先日 いつものお散歩コースに見慣れぬ泥のお山がいくつもあり、びっくりしているウメちゃん(^-^;

モグラ塚ですね。

モグラが巣穴のトンネルを掘り進める時、不要になった土を地上に押し上げた時に出来た土の山です。なーんて知ったかぶりを言ってますが、実際にモグラを見た事がありませんし、モグラのトンネルも見た事がありません。

今度スコップを持って来て、モグラ塚の下を掘って、モグラは無理でもトンネルを見つけてみたいものです。

Thumbnail_img_5642

ここのイチョウはまだ落葉しきらずまだ残っています。種類によるのか、場所によるのか、何処のイチョウもすっかり落葉しているのに面白いですね。

←ウメちゃんカメラ目線なのに真っ黒けで全然分かりませ―ん (^-^;

 

いよいよ令和3年が・禍続きだった年が終わります。令和4年に希望が持てるかどうか...コロナ封じにかかっています。
高齢・基礎疾患持ちですが、心配したところでどうにもなりません。気楽に生きていくしかありません。ということで、安心材料もらうために(?)2021年最後のCT検査に明日朝一で行ってきます。前週に行った血液検査はクリアしていたので(高脂血症etc.は別ね(^-^;)大丈夫でしょう。

年末年始はMAGO達が来るので、何もしません! ←あら 例年通りじゃございませんか (^-^;

お正月らしいことは、玄関飾りと仕出し屋さんの「お節」を並べるだけで済ませ、MAGO達のエネルギー発散させねば... 静かな生活は、帰るまで諦めます。ウメにもよく言い聞かせておきます。

| | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

MAGO達と

Thumbnail_img_5503
オオカミウオ 
可哀そうなくらい凄いお顔ですね((+_+))

オスかメスか分かりませんが、鏡があったらきっと世をはかなんだことでしょう。

Thumbnail_img_5511

 

中には同じ魚なのに、可愛いと言われ人気者もいて不公平ですね。

12月初めですが、MAGO1のお誕生日に水族館に行ってきたのです。

私の年間パスポートの更新ついでにね (^-^;

Thumbnail_img_5492


もう 丸2年も潜っていない私にとって、大型水槽の中のタンク担いでレギュレーターくわえているスタッフの姿は「私が変わってやりましょうか?」と言いたくなる程羨ましい姿でした。

もちろん本当はこんな水槽の中ではなく、海の中へ行きたいよぉ~~。

Thumbnail_img_5495

 

 

 

4歳児2歳児を暗い水族館に連れて来たことをすぐに後悔しました(*_*; 喜んでくれたのは良いのですが、大勢の観客の間をチョロチョロあっちの魚 こっちの魚と動き回り、老人はチビどもに振り回され必死((+_+))

私には『鑑賞』する時間がありませーん。

Thumbnail_img_5514

イルカショーの時間が唯一の休憩時間

富士山が綺麗でございました。

 

 

 

 

 

4回目のお誕生日を無事に迎えられたことに感謝し、祝い、オギャーと生まれて365日×4の時間にここまで成長するんだ!と改めて驚いた日でした。

Thumbnail_img_5449 Thumbnail_img_5384Thumbnail_img_5387

 

 

 

 

 



 

| | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

も一つ忘年会ランチ

Thumbnail_img_5609
ランチしにお山に登ってきた。

山を登りきる手前から、それまでの青空が雲に覆いつくされキリ!

これでは登ってきた甲斐も無い... ランチは予約してあるので引き返すのも癪。お店まで行きます。

Thumbnail_img_5625





お洒落に言うなら「小さなオーベルジュ」 雰囲気は「和」 食器も「和」で、お箸で味わう仏料理♬

Thumbnail_img_5619

 

 

 

 

ただし、どれも美味しいけれど殿方には物足りない量でございます(^-^;

 

体重減が医学的見地から課題で「少食」にしたい私には ちょうど良い 都合良い量でございます。

Thumbnail_img_5613
「体重落とせばどれも数値は改善するはず」と私の血液検査結果を眺めながらどの科の先生も仰るが、努力・我慢が嫌いな私には難しい課題です。

Thumbnail_img_5611

 

 

 

 

 

 

話題は、持っているリゾートのランクアップしてもこのご時世では...と私には縁のないことなのに「相談」にのってました(^-^;

 

楽しくのんびり食べている間に窓の外は…

Thumbnail_img_5617Thumbnail_img_5622
すっかりキリは晴れてきました。

今年もこれが最後のランチでしょうから「忘年会ね」と。

 

で、「新年会」は?と、気の早い我等でした。

| | コメント (0)

2021年12月25日 (土)

忘年会ランチ

Thumbnail_img_5597年末恒例の「忘年会」が無くなって2年目の暮でございます。

お酒は飲まないけれど宴会大好き人間なので、例年暮は11月からスケジュール帳が埋まってました。 でも去年に引き続き今年も「忘年会中止」の知らせばかり入ってきます。

緊急事態宣言の合間を縫って、ランチは中止などせずに実施していた我等ですが、今年最後のランチの時に「今年最後のこれ『忘年会』じゃない?忘年会にしようよ」と♬

 

Dscn1201

Dscn1202
月曜日 
ワンコインランチ忘年会

450円のカレー


間を隔てるアクリル板の無粋な事! 早く無くなってほしいね。

Dscn1199
田・・さんが「リンゴケーキ作ってきた」と大きな4分の1カットの差し入れ~
♬(黄色枠)

Dscn1206

嬉しいけれど、もちろんここでは食べられないからお土産にします。

食事は済んでもお喋りは止まらずなのだけど、テーブルの上が片付いたらお水だけで寂しくなりました。

じゃあ 私が皆さんにコーヒー(←130円)をサービスしましょ! と、太っ腹な所を見せる... 実際に腹が太い私です。

 

Dscn1210

水曜日 お稽古前ランチ忘
年会

先週 実母様を送ったAさん 「病院は嫌」と言う願いを聞き入れ、家で最期まで看たから気持ちは軽いと言い、お稽古はどうでも良いけれどランチには来るわよ~ と (^^)/

実は、お稽古仲間のオジサンが、我等に理由も告げず急にやめた。

Dscn1212

仲間の関係はとても良かったはずなので、そんなやめ方に我々はちょっと寂しくなりました。

お稽古では皆ドングリの背比べで、抜きんでて上手なのはいないけど、オジサンは躓くことが割とあり、そんな事を気にしていたのかな? そして我々の場合、イチ抜ケタは駄目だからね!練習嫌いなのに続いているのは3人いるからやって来れたんだからやめちゃダメよと釘を刺す(-"-) 

 

この2つのランチ忘年会でも「私は行かない」宣言をし、皆も自分もそうだと言い同盟に加わる人が増えて来た(^-^;

| | コメント (0)

2021年12月24日 (金)

宣言

Thumbnail_img_5579_20211223223701

最近縁起でもない話題が多いですが、いつでもどこでもそんな話題に盛り上がるお年頃になってしまいました(*_*;


今日もそんな話題。

 

私は あなた達の葬式には出ません!

と、友人達に宣言しました。

Thumbnail_img_5604
先日のお別れしてきたKさんの葬儀には、仕度はしたものの辛くて辛くて「ゴメン」と行きませんでした。

葬儀場には沢山の仲間が集まったようで、私を探した方も多くいたらしい。

葬儀会場には、彼女の思い出の品や写真など沢山並べられて忍んでいただくコーナーが設けられ、そこに私が年金ランチ仲間内だけに年に数回発行の『しんぶん』がズラーッと掲示されていたと聞き、もう駄目。

「読んだらゴミ箱へ」としている『しんぶん』なのに、それを大事に取っておくとは... それを見たら私は... 行かなくて良かった。

半世紀も前、就職して4月すぐに上司の親の葬儀受付を命じられ(?)慌ただしく所謂ブラックフォーマルを買って参列して以来何十回もの葬儀に出ているが、はじめは見ず知らずの方達ばかりを見送り、その内に近しい親類・友人親族の知っている方、生前お付き合いのある方、自分の父母と段々近づいてきた。

Thumbnail_img_5594
とうとうリアル友達を送ることになってきました。

今迄参列した葬儀は、故人は存知てない方でも知り合い・友人が喪主だったり遺族だったりで、立ち位置としては「関係者」かな? 今度は「友人」か ((+_+))

現在リアル交流している友達のお身内とは全然交流なく、親交は友達本人のみ。つまり友達の葬儀に行っても遺族は全く知らない方ばかり。遺族にとっても私が故人となった友達とどんな付き合いだったかなど全く知らないのだ。

先日のKさんの息子さんが「母がどんな方とお付き合いしているのか全く知らず... 」と言ってたことと重なる。

Thumbnail_img_5589
そんなこと考えてたら直接付き合っていた友人の葬儀の場合は、哀しくて 辛くて 行きたくなーい!

そこで私は、辛くて行きたくない... 行けない... 
行かない!と決めました。

お稽古やランチなど集まった時に「先に断っておきます。私はあなた達の葬儀には行きません」と縁起でもない話題(我等の関心事)の時に宣言して歩いています(^-^;

すると意外にも「お別れに来てちょうだい」という人はおらず、「私も」「私も」と皆「行かない派」ばかりとなり「行かない派同盟」が出来ました(^^)/

更に、自分の場合も来なくて良いけど、あっちに逝ってしまったことは知らせたいわよね...と、具体的な方法に盛上る お年頃の我等です^m^

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

お散歩日和

Dscn0989_20211223214101
最近 陽が伸びてきましたね。

ウメちゃんとのお散歩が16時出発だと帰りは真っ暗になってしまうので、15時出発にしようと変えたばかりなのに、お天気が良ければ17時過ぎても空は明るい。Dscn1044

先日黄金色に輝いていたイチョウのある公園に行ってきた。

あれま
 ↓ すっかり葉を落としていました。

Thumbnail_img_5526

この日はコートを脱ぎたいくらい温かな快晴の日

ウメちゃん連れてお散歩です。

イチョウがすっかり葉を落としたら来客も減ってしまったようで、先日と同じ曜日同じ時間帯なのにウメちゃんとの専用公園となりました。

 

 

 

Thumbnail_img_5528

 

池に映る木々も葉を落とし冬の姿に衣装替えし、渡ってきた鳥(たぶん)が数羽休んでいます。

 

Dscn1021_20211223214101

 

←猟犬の血が騒ぐウメちゃん 

 

「猟犬」だけどダックスはアナグマだったわね (^-^; 改良されたミニチュアダックスはイタチやウサギのハンティング用だとか。ウメちゃんも穴を掘ります(カーペット、自分のベッドもね)

 

Thumbnail_img_5575

 

 

 

コロナは収まらず2021年も暮れようとしています。

 

Thumbnail_img_5532

 

2019年の暮れから海外(中国)のニュースとして報じられ、2020年が開けて沖縄に行って来たらクルーズ船接岸の騒ぎ。それからあれよあれよという間に第1次緊急事態宣言発令... そして2021年 延期したオリンピックの無理矢理無観客開催 終息どころか新顔オミクロン登場に怯えながら2022年を迎えるのですね。

←黒いウメちゃんの黒いオメメは、こちらを見ていても全然見えませーん。


 

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

内職仕事

Dscn1149

この一週間、材料・手間代考えたら全然合わない内職仕事に忙殺されてました((+_+))

 

Dscn1153


毎日やる事・出掛ける事アレコレある中、PCも開く時間も惜しんで チクチク チクチク... 寝る時間も削って チクチク 本当に合わない仕事やってます (^-^;

 

Dscn1150

でも、チクチクやるのは好きだし、自分が作った物が売れるなんて嬉しいじゃないですか。 

 

Dscn1156

高くするのは簡単だけど、そしたら売れるはずもない。ですから採算度外視の商売にならない内職仕事です。

そんなに売れるはずないと思って始めたけれど、私の予想を上回る売れ行き(←あくまでも個人の感想)で、時々「早く持って来い」の連絡が入ると大変なのです。

Dscn1159
元々がぶきっちょで作業も遅い私のやる事ですから、何とか効率的に作業を! と、パーツごとに作業しました。

でも、それでは1体ずつ作り上げていく楽しさよりも、部品作って組み立てるような味気無さ... 最終的にはちゃんと出来上がるのですから同じ事なのに、味気ないのね。

Dscn1162

現在納めているのは三種類なのですが、年末年始には干支の寅でしょうと寅のみを製作。

完了いたしました(^^)/

明日 納品に行ってきます。

 

 

お稽古仲間のWさんに今年も 焼き物の寅をいただきました ↓

とぼけたお顔の福招き トラ

Dscn1142

 

Wさんにいただい去年の牛さんが 
後ろに控えていました。

Dscn1146

 

 

 

 

 

どちらも作者Wさん似のとぼけ顔

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

ランチ

Dscn1049先月、たまには場所を変えて美味しいのを食べようと「浮気」したが、結局 お味よりもアクセスの良さからワンコインランチやってます(^-^;

この日(先々週11/29ね)は
      すき焼き弁当 500円

500円の日替わり弁当か450円のカレーしかメニューがないカフェです。

Dscn1050
月曜の「きょうよう(今日用)」のある場所から徒歩100歩程度なので、アクセスは非常に良いです。

同じ場所で午後も用のあるYちゃんにとっては、朝 駐車場に入れた車を出してランチが終わってここに戻った時に、駐車場に入れるか保証がありません。

Dscn1052Dscn1053Dscn1053車を置きっぱなしにしておけるこのカフェなら、都合が良い。

 ↑ テーブルの真ん中を仕切る無粋なアクリル板にも慣れてきましたが、反射して顔が綺麗に(?)写らない...やり直し... やり直し... 結局 アクリル板を挟まなければ良いので

Dscn1054
移動してパチリ

アクリル板を挟まなくたって何も変わり映えしないのに、撮り直しているんですから笑います。

 

 

 

Dscn1135
これは先週の月曜日 11/6 
           カレー 450円

Dscn1133Dscn1134


決して他人様にお勧める出来るランチではありませんが、お味よりアクセスを優先させた財布に優しいランチです。

13日は、私は欠席しましたが、お二人はきっといつものようにここでランチをしてたことでしょう。

今年もあと20日が最後になります。最後だから「忘年会ランチ」なので場所の選定に悩みます(^-^;

 

 

 

Dscn1136
お稽古前ランチも来週の11/22 が今年最後になります。

←これは先週 12/8 のベトナム

Dscn1138

 

仲良く食べているいつものメンバーですが、おひとりはお稽古道具を持たずにランチだけの参加。

Dscn1137

 

なんと! 前日 自宅で看ている80超えた実母様が吐血で入院!余命宣告もされたが、病室にいるだけ... 昼食とるのに病院の外に出るなら私達と一緒に食べようと来たのだ。

秋口から目を離しているのが心配な状態になっても、病院嫌いで気丈でトイレも自力で頑張っているが覚悟はしていると言ってた一人娘のSさん。

「お稽古していると面会時間が無くなってしまうからランチだけね」と言い、ランチの話題は葬儀の仕方... 身内が少ないから家族だけで一日で済まそうと言ってた翌日 実母様は逝ってしまわれた。

私達は、香典無しで「お線香」だけを贈る事になっている。先月のKさんの実父様の場合と同じように。 お二人とも「一人娘」で高齢の実母実父を亡くされているのだが、湿っぽい話をサバサバと話せるのは、歳をとったからなのでしょうね。

3人の内2人も「不幸」があった2021年なので「忘年会」をしようと決定。

| | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

お別れしてきた

まさか!という連絡が出先に入った。

Dscn1035

今夜が通夜なので、その前にお別れさせてくれと息子さんに断って今朝Y女史と会ってきた。

穏やかな表情ではあるけれど、面影の無い知らない人の顔だった。

9月の激やせ 10月は会場予約した本人なのに、今後参加できない 仲間を抜ける 理由は尋ねるな というメールを送ってきたKさんの訃報。


11月入院 12月ホスピスに入って1週間の事だったそう。

Dscn1027
息子さんが言うには、入院することになっても「どこにも誰にも知らせるな」と言っていたけれど、
最期まで「年金ランチの仲間にいつどうやって知らせようか」と考えていた と聞いて堪えられなくなった。

「尋ねるな」と言われても、無理矢理尋ねればよかったのか... きっとその頃はまだ突っぱねる元気があっただろうから、尋ねたら怒ったでしょう。

また知らせられても、その連絡を受け取った私はなんと返事が出来ただろうか... 不本意な別れ方だけど、これもめぐり合わせなんだろうなと手を合わせてきた。

Dscn1034
息子さんは、「活動範囲が広く社交的な母だったので、どんな付き合いをしている人がいるのか母との話題に上った人以外全然わからず、母の電話帳の片っ端から電話するしかなく一番大変だ」と言っていた。

家族葬が流行りのようなコロナ禍だが、母の知り合いは皆別れに来てもらいたいと言う息子さんのお気持ちもよく分かり、私達が分かっている範囲には知らせる事を伝えたが、「知らせる連絡先一覧を残す」ことは『終活』の大事な作業に加えておかねばとY女史と確認。

Kさん邸を後にしても、そのまま帰宅する気にならずお茶しながら「やっぱり私の傘寿?米寿?の時まで続ける?」「そうだね。原点に戻って復活しよう」となりました。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

桃源郷へ

Thumbnail_img_5268

廃墟のようなお家にも「秋」はやって来ていました。

車庫のシャッター全面を覆うツタ 

美しいです。

先代犬の専用グラウンドだったのに、知らないワンコが「ボール取って来い」を一生懸命やってます。 ウメもボールに関心持ってくれたらな...

今日は陽のある内にお散歩して、帰ったらウメのお洗濯です。

Thumbnail_img_5270

 

 

ウメちゃんも我が家のペットらしく「お風呂好き」(洗濯好き?)

先代犬達はお風呂だけでなく、プールも川遊びも大好きでした。

ウメはまだプール・川は試したこと無いので来夏にやってみましょう。

 

Thumbnail_img_5272Thumbnail_img_5274今日は、明日のお泊りの為にお洗濯(お風呂)です。

車で出掛けられないところなのでお留守番、今まで預かってもらってた所はウメちゃんの投薬やオムツにビビってるので、動物病院のホテルにお泊りです。

Thumbnail_img_5273

先日のホテルのように、知らない部屋に 私の気配も無いと吠えまくるのが気がかりですが、病院スタッフさんの姿が見えればきっとおとなしくしていられると思います。

スタッフのいない夜は... 我慢してね。

 

だからせめてものお詫びに今日は桃源郷にお連れしましょう。

Thumbnail_img_5276

 

 

頭にタラ―リとオイルではなくお湯を流し続けるアーユルベーダ(?)が大変お気に入りのウメちゃん、お湯を落としても動きません。

Thumbnail_img_5277

 

 

 

オメメ開いてるけど気絶 ^m^

 

 

| | コメント (0)

2021年12月10日 (金)

戦友会

Dscn1111先週はある意味「戦友」達との忘年会でした。

1カ月前の集まりの時に「忘年会しよう」と言ってたのが、もう1カ月経っちゃいました((+_+))

本当に時間の経つ速さに驚きます。

子供時代には1週間後・1カ月後は気が遠くなるほど先のことだったのに、歳を重ねると段々速くなり、古希過ぎてからの加速度的な速さにはついて行けません。

Dscn1101a


会場は前回と同じ場所。

Hさん主宰のこの戦友会は、食べ放題&喋り放題のバイキングのお店を会場としていました。

 

Dscn1107a
しかしコロナ蔓延のご時勢では、レストランではバイキング方式も、喋り放題のテーブル配置にも、人気店ゆえ会場満員になる客の入場制限もいろいろ工夫はされているだろうけど、行くのが躊躇われる。

でもここは、客数も少なく、お料理も運んでくれる所なので心配性の人にとっても安心(ま、何が安心かなんて神様以外分かりゃしないけど)

Dscn1108a
ただ10人もいないのに二つのテーブルに分けられ、親睦を図るにはちと遠い。

同じテーブルの4人にとっても、真ん中で隔てるアクリル板が声を遮るので話が聞こえにくい...色々障害のあるコロナ対応にはうんざりです。

       主催者Hさんのお召し物の改造講習会 ↓

Dscn1114a

早く「普通の生活」に戻って欲しいが、もう普通はあり得ず、Withコロナ時代は「新」普通の生活 になるんじゃなかろうか... の予感。

Dscn1100a

 

 

 

←Tさんから皆に快気祝いプレゼント(^^)/

今度はいつやる?に「1月 新年会!」

「OK やろう♬」と即決(^^)/

Dscn1117


 

 

恒例記念写真 マスク無し→

マスク有り ↓ (^^)/

Dscn1116a

 

 

 

 

良いお年をお迎えくださいと分かれたが、1ヶ月で「おめでとう」と会う予定の皆様です。

 

| | コメント (0)

2021年12月 9日 (木)

12/2 お稽古はこれで

Dscn1064Dscn1063
着物を出しただけで、20年以上も前の反物を選んでいた時のことを思い出します。

前に何度も書いている当時よく覗いた呉服屋のS店長が、「今度のセールの前に、先にお見せしたいのがあるの」と持って来たグレーと黒の反物。

特別に私用に取り置いておくという単なるセールストークかもしれないけれど、私の好みをよく知り、好みだけでなく「あの帯にピッタリ」と箪笥の中まで知っていて、「買ってもらえば嬉しいけれど、これはお似合いにならないわ」とハッキリ言う店長の言うことは信用(?)出来た。

そんなS店長が持って来たグレーの小紋反物で仕立てた長着です。

同じ柄の黒地のも良かったけれど、グレーの方が長く着られると思ったのは正解でした。黒地の着物は「若さ」が必要です(*_*;

 

Dscn1055Dscn1058  《帯周り》

N女史と月一で銀座で会っていた時、「お散歩コース」のいちりで購入。黒地に雪持ち笹の袋帯。もう1本同じ黄色地の雪持ち笹の帯も迷い購入してあるのだが、全然絞めておらず箪笥の肥やしになっております。(迷ったら両方買う... 今ならそんな無駄遣いはしません!)

今度 絞めます!

 

Dscn1090Dscn1067羽織ものなど不要の暖かさでしたが、「お遊び用」の黒羽織 ←家紋など入れず、羽裏も遊び感のあるものにした。

この地紋のある黒地の着物地は、20歳前に習っていた日本舞踊のお稽古用ではなく「お集り用」に仕立てたピンクの無地の着物。それを40代に染め直して臙脂の無地着物に。更に50代には、に染め羽織に仕立てたという歴史のある羽織です。

しかし、その仕立てた羽織は「これ以上裄は出ません」と短い裄で仕立てられちゃってた(今なら 払えるかっ!と怒るけど、よくそんな商売してたものですね)

羽織の裄は、1㎝短くても着物の袖が覗きとても見苦しく着ないままだったのを「おたすけ」(←店名)で、羽裏を替え、襟から端切れを取り出し袖に接ぎ足して裄を確保するマジックで、仕立て直してもらったのがこの羽織。

Dscn1061
羽織になってからも波瀾万丈の歴史ある着物です(^^)/

     羽裏はこれ →

朱の地にかんざしの模様が染められたものです。

この羽裏は、N女史と京都に行った時に紫織庵でお買い上げ♬ N女史はお高い黒のビロード織の羽織かコートをお買い上げのはず... そんな他人様のお買い物まで思い出します(^-^;

| | コメント (0)

2021年12月 8日 (水)

終活も最終回

Dscn1091
カッコよく「終活セミナー」と会議室の予約には書いてあるけど、実態は「縁起でもない案件を明るく話し合う会」です(^^)/

← ここが会場の会議室。 

定員12人の部屋だけどコロナのせいで今は半分。

11月の終わりの回には、

Dscn0959

 


「この回だけ参加OK」で12人を超える人数が集まり会場変更しました→

 

Dscn09009月、「10月から開催するよー」と呼びかけた時は、全然集まらずどうなることかと思いましたが奇特な方もいるものです(^-^; 細々と続けてまいりましたがいよいよ10日(金)が最終回です。

Dscn1093何か成果があったか?と聞かれると困るのでございますが、とにかく普通は、話題にするのも憚れるような縁起でもないことを開始時間から終了時間まで大っぴらに話すことが出来たこと。エンディングノートに書く内容や生前整理、医療・葬儀、介護保険制度や最後まで自宅で暮らす「在宅死」など話題は尽きません。

今は夫婦二人でも、いずれはお一人様(*_*; 自分が最後に残るとしたら... 知っておいた方が良い事は沢山あります。

我々の親世代までは、こんなこと考えもしないで逝ってしまい、後は残った者がなんとか片付けていた『あとは野となれ山となれ』方式(?)でもいいんじゃないのかな?とも思うけれど、せめて逝っちゃうまでは公的支援を受けながら自宅で頑張ろう!その為には「自立限界点」を超えないように!認知になる前に自分の希望を記し伝え・整理をしておこう!と、威勢だけはあるのです(^^)v

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

メンフクロウ遭遇 散歩

Dscn1005
あら~ この鳥はメンフクロウですね!

実物は初めて見ます 写真撮っても良いですか?

向こうから猿でも猫でもない何か大きな生き物を肩に乗せたオジイサン(たぶん)がやって来る。近付くにつれ、それがどうやら鳥らしいことが分かり、目を凝らすと、毎日覗いているKazuさんのブログに時々画像が載るアレだ... 特徴的な顔の...  名前は何だっけ...  うーん(必死に思い出す) すれ違うほどになって思い出した! メンフクロウだ!

Dscn1006

思い出したので、上記のような声掛けをした次第。

ま、思い出せなかったら「珍しい鳥ですね 何というのですか?」と声かけただろうけど (^-^;

想像していたのより小さめなので「子供ですか?」と聞いたら8歳オトナですって。

婆さんの強みは平気で知らない人にも声掛けられることね(^^)/ で、エサやりの事や飼い方の事等を尋ねたついでに どこにお住まい? ここには毎日来られるの? と根掘り葉掘り聞いていると、それまで遠巻きに見ている人達も近付いてフクロウの撮影会となりましたので「またお目にかかりましょ♪」とウメと引き上げる。

Dscn0989
ここはイチョウの年間定点観察(?)しているいつもの場所です。

黄金色に輝いています。

今日が天気も良く最高かも。太陽光が無いとやはり輝きが違うものね。

ウメもここにはよく来るのですが、なかなか近づかない場所があるのです。

それはここ ↓

Dscn1010

今日初めて端までやって来て鯉達とご挨拶 でもお尻にめり込んだシッポを見て 怖々覗いているんです(^-^;

端まで行ったのはこの時1回だけで、その後何度行っても近付きません(近づけませーん)。

Dscn1004
ここには時々花卉農家の人が、苗や鉢物を売っています。

去年買って大変良かった「ウサ子ちゃん」を今年もお買い上げ~♬

花色が去年のとは違うというと「私等も分かんない 株によっても違うからね」と、同じもののようです。

 

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

お稽古後ランチ:忘年会

Dscn1069お若い方は「炭」というものを御存じでしょうか?

昭和中期までは大事な燃料で、どの家庭の台所にもコンロと炭がありましたので、子供でも炭の熾し方は目にし炭のつぎ方も知っていました。

現代ではお茶の世界だけに残っている遺物?でしょうか。他にBBQの炭もありますが、炭は炭でも別物ね。

Dscn1072

本日は、そんな炭の扱いをする七事式の花月「炭付花月」のお稽古 を拝見  、やった人はもちろん、見ていただけのギャラリーも疲れました(^-^;

膝関節症で正座が出来ない仲間が増えました。私、若・さん、渡・さんは椅子に座り、テーブルでお茶を点てる立礼式仲間。

お茶をやっている人でも「立礼って何?」と知らない人もいますが、我が社中には立礼用の御園棚があり師匠がお稽古してくれ、続けられます。

Dscn1070
正座の習慣のない現代人や外国人、膝を痛め正座が出来なくなった高齢者もお茶が楽しめる「立礼式」はこれから茶道の主流になるんじゃないかしら?

←コロナ前はこんなに離れて座ったりしませんでした。濃茶の回し飲みも出来なくなって各服点てとなり、コロナ「後」のお茶の世界もどうなっているのでしょう。

Dscn1082
本日は、いつもすれ違いの午後のお稽古の方が午前に来られ、久し振りの顔合わせ。 

次に一緒になるのは来年の初釜の時なので、今日は「忘年ランチ」にしようと港の小さなフレンチレストランへ。

Dscn1083行ってびっくり! 平日なのに、年齢重ねた女性客で満席。

予約の電話を入れて店に向かったので、すぐに入店できたが電話していなかったら、もっと待つか or 諦めるかの2択。

Dscn1088


先ずは無事に席が確保でき、一緒に2021年のランチ忘年会が出来る事をお水で乾杯。

2年間も初釜から忘年会までの数々の茶会はお流れ... 先日の茶会が催せたことは良い兆しか?と思ったら今度はオミクロンだってー((+_+))

来年2022年はどんな年になるのか安心材料は無いけれど、「良い年をお迎え下さい」とお互い元気にしぶとく生きることを誓い合い分かれる。

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

ただいま8 おまけ

Thumbnail_img_5140
3泊4日のドライブ旅行なのに書き出してみると色々ありますねぇ... 内容は無いけどね (^-^;

半島に行ったら先端の岬とか灯台が好きなのでもちろん行きました。日の出前に♪

    灯台横にはよくある恋人達の聖地 南京錠 と 鐘 →

Thumbnail_img_5139

← 野間埼灯台

でもね、早朝にも関わらず車がビュンビュン走っている国道沿いにあるんですよ。

灯台には責任ないけど、全然「趣き」が無いんです。そもそも野間埼というのに「埼」じゃない(-_-;)

 

朝日のまぶしさ堪えて半島を南下し先端の港へ。

Thumbnail_img_5142

フェリー乗り場です。

その向こうに日間賀島が見えます。日間賀島は、ずいぶん前から行って見たいと思っていた島です。

というのは、タコの干物を干している風景写真を見てから「見に行って、タコ食べたい!」と。

Thumb12301798817item
 ← それがコレ  
引っ張りダコ」(拝借画像) 

私が見たのは、タコがズラーっと何列も干されている写真だったのだが、そのような画像を探しても見つからずこんな小規模のしか無いのは、現在、そんな風景は廃れているのかしら? いずれ島を訪れ名物の 蛸と鯛を食べに行くわよ~と島に呼びかけ、朝食を食べに宿に戻る。

Thumbnail_img_5147

宿の目の前は伊勢湾。 砂浜に映る私とウメ →

最終日は300kmほど走るので、寄り道は帰るルート沿いのみにして荷物をまとめる。

Thumbnail_img_5162


一番大きなのは
ウメちゃんのベッド(^-^; 

Dscn0860

45Ⅼの袋に押し込みます。

 

 

慣れない場所でも安眠できるように、ウメが普段使っているベッド持参は正解でした (^^)v

私はワンコが好きでもワンコと同じベッドは嫌なのね。

 

ついでに3泊の夕食についても書いておこう。

Dscn0689
宿泊料金がリーズナブルですから贅沢は言いませんが、浜名湖では宿代に3800円奮発追加したウナギ御膳(^^)/ なのに... 期待外れ。 ウメちゃん連れなので鰻屋さんで食べることが出来ないから、宿の食事をランクアップすれば良いかな?と思ったのに... 決して不味くはないけど、我が街の友〇のが勝ちだな。

2連泊した宿は、ランクアップしないで通常の夕食

Dscn0809

器の配置は同じで中身が少し変わっており、左下の器(メイン)が「すき焼き」、「鯛の兜煮」の違い。

Thumbnail_img_5161_20211205021001

どちらも家庭料理っぽいお味です。

 

文句ばかり言ってるようですが(言ってるか)、家に向かって出発です。コースは高齢者には迷いやすい名古屋のJCTを避けて豊田IJ から東名、三ケ日から新東名に入るコースにし、先ずは浜松SAのドッグランへ! 

Dscn0864
その前に 
赤レンガ倉庫 で小休憩

サッポロ、アサヒの前身:カブトビールの醸造工場だった建物(登録有形文化財)

Dscn0866

改修工事がされたとはいえ立派な建物です。当時は周囲にもっと付随の建物があったのですからその繁栄ぶりがしのばれます。

カフェもショップもコロナで時短営業 まだ営業前(*_*

近くには、Sさんお散歩コースの運河や、子供に「ごんぎつね」「手袋を買いに」を読みながら涙した新見南吉のユニークな記念館、その近くの彼岸花の土手(時期限定)があり、まだまだ来てみたい場所です。

 

東名三ケ日JCTから新東名へ。そこは、なんと前々日に迷って遥々到着した新城ICの次の浜松いなさJCT! 結局私はここを一周したことになりました... 期せずして(*_*;

あとはドッグラン2か所(浜松・沼津)で休憩しながら無事帰着いたしました(^^)/  

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

ただいま7 観光続き

見ておきたかったと思ったのは、最初に立ち寄った「陶磁器会館」の近くに「とこなめ招き猫通り」というのがあり写真を見ると面白そう♬

宿から1時間もあれば行けます。 翌日、会館の駐車場に車を置き、行って見ました。

Dscn0832

 

ん・・・ 私の好きなネコちゃん達じゃありませんでした (*_*;

ま、これも旅の味わいです。

好みじゃなくても見ておきましょう。

招き猫が埋め込まれた擁壁の上から視線を感じ、見上げたら上にも招き猫がいました。

Dscn0825

会館に戻ろうとすると、頭上の陸橋で何やら撮影会をしているお姉さん達が騒いでいる。私の所からは何にカメラを向けているのか見えないが、まだ引き上げるのは早い=ウメちゃんも散歩不足

なので陸橋の所へ行くべく道を曲がる。(ここもAコース)

陸橋のたもとに何かがある。後ろ向きなので陸橋側から見たら 

     なんじゃー こりゃ!?

Dscn0841

 

でっかい招き猫の「頭部」があるのはガイドマップにも載っていましたが、これかー (*_*;

常滑の見守り猫「とこにゃん」ですって。

Dscn0840

常滑の街を見守っているんでしょうかね? 夜にはライトアップされるのでしょうか、照明設備があります。暗い夜にこんな猫の頭部が浮かんだら気味が悪いと思うんだけど...(*_*;

前日半分歩いたコースの反対側を半分(つまり一周ね)歩いてみました。

 

Dscn0779Dscn0833

幾つもの工房がありそれぞれ特徴のある焼き物作品がありましたが、やっぱりこういうのに可愛さを感じます。



Dscn0845
でかい招き猫がイオンモールにいるよと教えられ買い物ついでに寄りました。イオンのどこにいるのか分からないので尋ねると...

←「あそこ」と指さされたのがコレ! 手前の人間と比べて下さい。
頭は通常の天井を突き抜けてます!


Dscn0846



バカバカしいほどでかいです
          (◎_◎;)

常滑市民の招き猫愛を大きさで表現しているのだろうと思いながら出口をくぐったら、頭上にこれまたでっかい提灯!

Dscn0848

 

 


提灯の下を歩くオジサンと比べて見て

Dscn0847

 

 

 

 

 

 

 

大きな土管や甕を作っていた常滑は、でっかい巨大なものが好きなんだと勝手に解釈してイオンを後に。

伊勢湾を右に見ながら半東を南下し、宿へ。

Thumbnail_img_5154


 

もう終わるつもりだったけどあと1回書きます。

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

ただいま6 観光

名物店に寄ったり食べたり、観光施設に入って見学したりのいわゆる「観光」はハナから諦めていました。ウメちゃん連れてますから、その土地の景色を眺めながら走り回るだけでOKのドライブ旅行です。

しかし、常滑でウメの「お散歩」と「観光ルートを歩く」ことが出来ました。それも二日も♬

Thumbnail_img_5137

焼き物に興味があったわけではないので「常滑焼」と言っても、おばあちゃんちのちゃぶ台にあった赤茶色い急須を思い出すくらいで何の予備知識も持たずに 先ずは「陶磁器会館」に寄って街の概略を知る。

陶磁器会館入り口の招き猫 →
   ↓ 会館の郵便ポスト 

Thumbnail_img_5138

 

 

何で常滑で「招き猫」?
と思ったら、招き猫は常滑が発祥の地なんだそうだ。
特にずんぐりした2頭身の招き猫は「常滑系招き猫」と呼ばれている...( ..)φメモメモ

観光散策ルートは、Aコース/Bコース2つあり、1.6kmの短距離コースAの見どころが集中している半分をウメちゃんと一緒に歩く。

Dscn0767
       土管坂→

道の左右の擁壁に土管(ドカン)と甕(カメ)が埋め込まれ、地面には焼成時に使用したケサワを敷き詰め他所では見られない造形美。

私が子供の頃の水道工事屋には土管が積まれ、工事には今のような塩ビのパイプなど無く土管が使われていた。また、甕(カメ)はラッキョウなどの漬物に使われ、近所の農家の庭先にいくつも転がしてあった(漬け始めはゴロゴロ転がして液がまんべんなく回るようにと言ってた)

我が家の台所(キッチンなどという洒落たモノじゃない)には、砂糖・塩・味噌などの容器としてのカメが並んでいた。

 
そんな昔を知っている私には「懐かしい!」と思う嘗ての道具だが、今の人には見たことも無い物でしょうに単に物珍しさで眺めているのかな?

Dscn0763Dscn0760

 

 

こんな店先が好きです。

各工房の入り口を猫たちが飾っています。

 

 

平日午後なのに若い人の見学と多く行き交い、オムツの姿のウメちゃんに「かっわいい~」のお褒めの言葉(?)掛けを沢山いただいて ウメちゃんも誇らしげに歩いてます。

Dscn0750

 

このように擁壁を飾っているのは「廃材」となってしまったから? 廃物利用?

 

Dscn0756

 

 

 

 

 

 

 

Dscn0757Dscn0769


 

 

 

 

 

 

新しい土管や甕もありましたが、まだ「産業」として需要があるのでしょうか?

Dscn0781

 

 

 

Dscn0771




 

 

土管類の一大産地となった常滑だが、歩いていて思うのは工房のある所はどこも坂道... 昭和中期までは運搬用の重機などあるはずもなく、重い粘土や製品の輸送は人力に頼ったはず。力自慢の多くの男衆(女も?)が汗をかきかきこの坂道を この道を行き交った気配を感じようとするが 静かです。

嘗ての仕事場も朽ち果てて瓦礫になろうとしてます。

Dscn0837

 

 

煙をモクモクはいていた煙突にも植物が生えています。

Dscn0844

 

 

 

 

窯跡や建物の幾つかは再建されていたが、「観光用」か「歴史的遺物」としてだろうな...  こんな古い瓦屋根も味わい深く 綺麗に作られた物よりも好きです。

Dscn0758

 

こんな物が見学コースAの半分で見ることが出来ますが、宿に帰ってから会館でいただいた観光マップを見ると「見ておきたかった!」と思ったものがあり、翌日も行って見る事に。そんな「自由」「行き当たりばったり」な旅でーす。

 

翌日 行って見たかったのは・・・

明日アップしまーす (たぶん)(^-^;

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »