« 花火の無い夏も終わり? | トップページ | 紹介します »

2021年8月12日 (木)

図工の時間

本日 8月12日は御巣鷹山の日航機墜落! もう36年経つのですね。

何度も書いていますが
36年前のこの日、前年の骨切り手術の抜釘手術をした日です。

その日には墜落事故の事など何も知りませんでしたが、翌朝看護師さんが「●●先生は飛行機事故の現場に行かれるのでお休みです」の報告を聞いてから皆TVにかじりついてました。(救援ではなく先生の従弟が搭乗されていたので消息確認のため)

それから毎年この日にはTVで慰霊の番組が組まれていますが、何年経っても その日の術後の痛みを生々しく思い出すのです。
36年も経った今でも((+_+))

前年の手術や1ヶ月ほど身動きのできない苦痛の入院、その後の2回の手術(10年前)、6年前の手術の記憶は薄れることはありませんが、「生々しく思い返す」ことは無いので あの日は特別な思い出として刷り込まれたのかもしれません。

他に大きな出来事と合わせて生々しく思い起こせるのは、3.11です。

この日病院でのリハビリを終え、市役所に『障がい者手帳申請』に来て駐車場に着き車を降りようとした時、地面に足裏を弾かれたのです。この感覚が忘れられません。

あれ?と思いながら立ち上がるとグラグラと眩暈を起こしたようで慌てて車の中に戻ると周囲の様子が見え、縄跳びの紐のように揺れる電線・電柱の揺れ・駐車場横の池の水がバシャバシャと波打つ様を見て「地震!」と気がつきました。が、誰もいない場で一人だけだったので怖かったです。揺れが収まったら庁舎の中から大勢の人々が飛び出して来て何だかホッとしたのです。

そんなことはともかく (^-^;

Dscn0139

先日久し振りに 図工の時間 を楽しんできました。

← さるカフェのイベントで 先生はカフェのお姉さん (^^)/

お隣には小学校低学年と幼稚園の姉妹、その隣に古希過ぎた婆ちゃん達((+_+)) 平均年齢計算するのも面倒なメンバーで「図工の時間」を楽しみました。

Dscn0141

 

 

 

材料は100円ショップで揃えられる、廃物利用(私は六花亭の紙袋)のポーチ作り。

小学生の方が仕事が早いのには己の老化ぶりを思い知らされましたが、高齢者とばかり付き合っている私には新鮮な時間でした。

でもねやはり若すぎてジェネレーションギャップを感じまして、お相手には年齢の近い方が安心ですわ。

Dscn0140

 

 

← 本日の学友:Tさん

今日の作品の見せっこです♬

小学生達は「夏休みの宿題はこれ~」とよく出来た作品を自慢しあっていましたが、婆ちゃん達も作品発表の場を作って、習ったばかりのポーチ作りを教えようか?と無謀なことを考えております。

|

« 花火の無い夏も終わり? | トップページ | 紹介します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火の無い夏も終わり? | トップページ | 紹介します »