« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月24日 (木)

忘年会ランチ2つ



さる施設のカフェの営業がまた変更なのか「休業」となってしまった。

500円ランチのあそこです。

Img_3990カレーしか食べられなくなったカフェだけど、カレーに未練があるのではなく一緒に食べる場所が無くなってしまった!

特にこの日は今年最後の日ですから「カレーで忘年会ランチだね~🎵」とやって来たのにクローズでは我々も気が収まりませーん (^-^;

普段は三者別々の方向に帰るので施設外に出ることはないのですが、近くのファミレスへ。

Img_3989_20201223232701まっ お高い! (◎_◎;)

今迄500円玉でお釣りがあったランチをしていたのですから 3倍以上のお値段ですわ!

ランチの「相場のお値段」を知らない我等は、令和2年を振り返りながらお高いランチをしっかり味わいました(^^)/

Img_3993.

お稽古前ランチも今年最後のお稽古で「忘年会ランチしよ~♪」と生パスタのお店へ。

美味しく味わったのですが、食べることに夢中で気がつけばお皿は下げられ、空になったグラスのみ。

Img_3994
秋には社中崩壊するような事態発生も何とか乗り越え、無事(?)に年を越します。

来たる令和3年のお正月2月のイベントも中止でお稽古に身の入らない我等... ま、身が入らないのはいつもの事ですが、やめてしまったら愚痴る楽しみも無くなっちゃうからやめずに頑張るのだよ!と忘年会ではなく「決起集会」みたいなランチでした。

Img_3995_20201223233301

例年なら12月は大きな行事が3つあったのに気が抜けたような年末です。今日はオジサンもお休みで令和2年最後のお稽古も足並みが揃いませんが、習い始めた新しい曲を年末年始で忘れても欠席のオジサンの為に初めからやってもらえるから足並みそろわなかったのもOKです。

.

クリスマスを控えたこの時期は、夜 住宅街を走る楽しみがありました。
Img_3996
最盛期は20年前~15年前くらいだったでしょうか、お隣近所競い合うように、大きな庭木や屋根やベランダからイルミネーションを飾り付けていました。
仲間とイルミネーション見学ツアーやったこともあります。

今 本当に見なくなりましたね。あっても規模が小さくなりました。 若い子にそんな話をしたら「覚えてる~」という子、「ナニソレ」という子、時代が変わったんですね。

そんなクリスマス前の夜、ある建設重機会社の大きなクレーンにイルミネーションが吊り下げられてます。画像では高さも大きさも分からないけれど、見上げるような高さで色変わりするんです。

社長さんの発案なのでしょうか、粋ですね。

 

 

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

タンタイになりました🎵

Img_3933先週はMAGO1のお誕生日にバアチャンが訪問 まず保育園に娘とお迎えに行ったら、マスクしている私を見つけて大歓声 (^^)/嬉しいねぇ

オバアチャン タンタイだよ タンタイ🎵

???(なんだタンタイって? なんと返事をしようか...)

顔は笑顔で 頭の中はタンタイ?タンタイ?とグルグル (◎_◎;)

飛びついてきた時の指を見て分かった! 小さな指を一生懸命3本立てているの (^o^)/分かったよ

 

Img_3940

MAGO語を翻訳すると「タンタイ=さんさい(三歳)」

この日園でもお誕生会を開いてくれ、3歳になる日が嬉しく待ちきれないのだ。

翌日がお誕生日 寝付いた夜中にお誕生会のセッティング

朝 目覚めると「3歳おめでとう」と皆に祝われ、「何歳になりましたか?」と尋ねると得意げに胸を張って左右の手を3本立てて「タンタイです!」

Img_3948

お誕生会は夕食時 乾杯のジュースを注がれる様もいっぱしに スピーチは「みなさん きょうからぼくはタンタイです カンパーイ」

Img_3945

 

 

 

オギャーと生まれて365日×3でここまで成長するんですね。自分の子育ての時も子供の成長は日々味わっていたはずなのに、日々の暮らしと仕事の忙しさに こんなしみじみと味わっている暇もなかったなぁと。改めてMAGO達で味合わせてもらっています。

Thumbnail_85b27679d0f247b29f3793e370e645

 

 

 

カメラを向けられても動じません (^-^; なかなかの役者ですわ~ ←祖母バカ

 

Thumbnail_826d0b8cca044599868425b0476cf1

今年の学習発表会は参観の人数制限がありバアチャンは見に行けなかったけれど、スマホという便利な道具で実況中継画像が送られ家で眺めることが出来ました。

去年はほぼ硬直でお面もかぶらず保母さんに抱えられるようにして舞台を移動していたMAGO1が、今年はちゃんと自分でかぶりリスさんになり切って演じています(^^)/

MAGO2は、去年のMAGO1同様 硬直無関心状態(^-^; 来年が楽しみです。発表会のステージでの硬直はMAGOの母親譲りなんですから... 小学校に上がるまで発表会の時はアブラ汗流しながら鑑賞していたバアチャンです。

コロナ コロナ の毎日ですが、久し振りに幸せな日を過ごしました。
今度はクリスマスですわ~🎵

| | コメント (2)

2020年12月20日 (日)

12月支給月

 Img_3931_20201216234901そうです  アレです  指折り数えて待った支給日🎵

          名工:朋〇 作 来年の惚けた牛です→

朝「急な事情で... ランチ行けなくなるかも...」と歯切れの悪いK・さん。

「参加します!欠席したら何を言われてるか分からないからね」と参加して全員揃いました。

何があったのか尋ねると

「実はね、昨日弟(義弟)が無くなったの」

Img_3969a(@_@) ヒョエエエー こんなところに来ても大丈夫なの?

肝っ玉K ・さんはここ数年に3人もの葬儀の采配を振るったベテラン(?)です (^-^;

それゆえ喪主である義妹は亡くなった当日からK・さんに頼り切り、この日も家族やタクシーを頼めば良いものを年上のK・さんに「葬儀会場へ連れてって」と頼まれたとのこと。

「便利に使われるよりもランチに来た貴女の選択は正しい」と3人の婆さん達で褒めてあげました。

Img_3971a親切に手を差し伸べるのに乗じて、厚かましく便利に使おうとするのはいただけません。特に高齢者の仲間にはその様な厚かましい方を見かけます。そしてだいたい使われる方は同じ人... その人がそれで満足なら構いませんが、たいてい不満を持っているのに断れない。「私を顎で使うのよ...でも困っているから断れないの」と自分でも分かっている。「断りなさいっ!」と我々は言うのですが、断れずに使われている姿を見てイライラ (-"-) 対等な関係での助け合いは立派 と言うより当たり前ですが、依頼する時点で相手の都合も負担も考えていないのは「対等」とは言えないでしょう。

食事前にそんな話題でカッカした四婆 気を取り直して、本日のランチは忘年会ですよぉ(^^)/

忘年会がことごとくお流れになったのは皆同じ。きっとこの会食が令和2年コロナ禍の「忘年会」です。

| | コメント (2)

2020年12月19日 (土)

あらま びっくり!

Img_7861_20201219021701
14日放送のNHK「逆転人生」見ました?

一昨年(2018年)10月の津軽半島&下北半島の旅で立ち寄った大間の漁師さんが主人公でした!

Img_7871
旅から戻り、女古達と本物の大間のマグロで“冥途への土産を食う会”を催す事にし、漁師さんの店で解体する日&発送する日に合わせて少しばかりのマグロでも送ってもらえたのは、あの時の図々しくも一切れずつ食べさせてもらったご縁 (^-^;

たまたまつけたTVで何の予備知識もなく見てたら、番組の中で日本一を釣り上げた親子! 親2020万円(当時新記録) 息子1億5540万円(史上最高額)と紹介してたので「あの店だ!」と思い出した! お店の壁一面にその時の新聞や写真が沢山貼られていたのをしっかり覚えてましたよ。

漁師さんの方は覚えているはずないけれど、「TV見たよ」のメールしたら返事が「昨日たぶん今年最後の136Kgを解体したよ」と画像付きで届きました。

Img_7872_20201219021701
懐かしいなぁ 今頃は雪と氷でドライブもままならないだろうけど、暖かくなったら新緑の下北半島をドライブし、先端の大間でたらふく食べたいなぁ~ 今度は宿で食べずに漁師さんのお店で食べるぞ...  モズクもウニも絶品が味わえる夏も良いな...  (^o^)/

その前にまた「冥途への土産を食う会」を開きたいな🎵 

 

行きたいところが沢山あったのに何処にも出掛けられなかった令和2年、コロナに明けコロナに暮れ次の年に続くんでしょうか?

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

スッキリしたいのに...

Img_2276_20201217134501
時々覗き見している都・・・さんのブログで 祖母 母 義母 叔母達の大量の着物の処分をどうするのか固唾をのんで見守っていました。

← 着ない!


Img_2277_20201217134501 私も今年の5月着物処分... に取り掛かったまま夏を越し... 秋を越し... 和室を占領したまま年を越しそうなのです。    

                                                          着ない!→

都・・・さんとの違いは、すべて自分自身の着物(←貰い物もあるが)で、現在も着ることが出来る着物の処分なのです。

これまでに派手になった物・似合わなくなった物・サイズが合わなくなった(←原因はデブ化)物の処分は、着物を着そうな友人や、お茶や三味線仲間をよんで何度もバザールを開いて貰ってもらって処分してきた。ところが新型コロナウィルス禍のお陰でバザールが開けない((+_+))

Img_2275_20201217134501← 着ない!

基本「着てもらいたい」が、人手に渡った以上 手芸に切り刻んでも 捨てても構わない と思っている... 自分は無理だけど(^-^;

それらの着物は、「合わない着物」なので処分するのに躊躇う気持ちは起きなかったが、今現在あるものは、「合う着物」なのだから処分に迷います。

            着ない!と選び出したのにまだ半分しか減っていません ↓

Img_2280_20201217134501この先何年着ることが出来るか 
着用する機会はどんな場か 
着用回数は何回ほどか 
を考えれば残すべき着物は選べると思うのだが... まだ決められません(*_*)

「退職後は『着物暮らし』をする」と宣言していたのに ワンコがいる内はまだ出来ないと言い、ワンコがいなくなったら足腰不調で着物どころじゃなくなり、そろそろと思ったら新型コロナウィルス禍(@_@) おまけに体力気力の不足で着物着るのに「着るぞ!」と気合を入れないと着れなくなり到底「着物暮らし」には到達できません。

Img_2279_20201217134501

← まだこの中にも  帯も 小物も

都・・・さんの処分は、CMでよく目にするバ〇〇ルを呼んで全部買い取ってもらい処分。「すっきりした」そうです。

時々友人呼んで貰ってもらっているが、半分も減っていません。「売れば良いのに」と言われるのですが、私はタダ同然の値段で売るのは腹が立つので売るくらいなら捨てようと考えてます ←まだ捨てられないけど。

←ちゃんと整理しようと思った収納庫なのに5月以来手を付けてません(@_@)

 

あああー 私もスッキリしたいWWWW

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

お稽古帰りランチ

Img_3918この日のお稽古は久し振りに4人が揃った。

3年ほど前からの膝不調でも お点前は立礼で、お客の稽古の時も椅子席を作っていただき楽しく&美味しい稽古に励んでおります ←ちと美辞麗句 (^-^;
ほぼ私専用の立礼棚ですのに この日はHさんも膝不調で立礼のお稽古仲間が増えました。

「今までだったら正座が出来ないからお休みするところだったけれど、キナコさんのお陰で出来る範囲でお稽古すればいいんだと思い 出てきたのよ」とHさん。

そーか! 私の障害者用お稽古は、お茶の稽古にはダメージの足腰不調の方にとって「フロンティア」になっているみたいです。

  Img_3925どこのお茶のお教室でも立礼をやっているわけでも、立礼棚があるわけでもないが、我が社中に立礼棚(御園棚)があるのは、留学生などとの日本文化国際交流を社中で行っていたからであり、師匠もまさか私のような障害者の生徒に役立つとは思ってもいなかったことでしょう。

Img_3926今迄、正座や正座からの立ち上がりが出来なくなり退会した先輩方を何人も見てきているので、現在私が立礼でお稽古を続けられているのは本当にありがたい。もちろん水屋仕事などお稽古仲間に助けられ、良いお教室で恵まれていることも忘れてはいけない。

Img_3927茶道界も、今後の生徒の高齢化や足腰不調での退会者を減らすためにも立礼は必須とせざるを得ないであろう... 
などと先輩障害者として
トクトクと語るランチでした (^^)/           蕎麦屋の窓の外は海と空🎵 ↑

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

お稽古にこれで

Img_3913Img_3915まだ編集ソフトを探しておらず、画像に無料編集ソフトのロゴが入ってしまう... くっそー 着物画像が台無しですわ((+_+))

母が遺した着物は小さくて そのままでは私には合わず 何枚か仕立て直して着ている。

この着物もその内の一枚:昭和30年代に数年だけ生産されたキラキラのマジョリカお召し... だと思うのですが、ホントのところはどうなのでしょう?

母が着ていた頃も好きな着物でしたので箪笥から出したときに着たい!と思ったが、仕立て直すにしても丈が足らず別布を足して「胴接ぎ」をして仕立ててあります。

丁度お端折りで隠れるところに足して着丈を出します ↓

Img_8422

 

 胴接ぎをして着丈を伸ばした着物は他にも父の紬着物などがあるが、今 思えばよくまぁ手をかけた(=金をかけた)もんだ(^-^; もうそんな事は出来ませんわ。

 

 Img_3911Img_3908
   《帯周り》

Ⅰ女史と物々交換した袋帯。重宝しています。帯締めが黒に見えますが、濃紺の丸組です。

私の帯締めはほとんど丸組...平組は結び目が整わず苦手です。

Img_3916

 

 

 

羽織(絞りの絵羽)を着て出かけました。父の龍虎の襦袢を羽裏にして仕立ててもらいました。

この羽織を着ている時は背中に龍虎を背負っているのです(^-^; そんな遊びをして楽しんだ着物生活もコロナのせいで着用機会が激減!寂しいもんです。

 

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

実は5年前にも

5年前にも色々ありまして... ブログ見返したけれどろくに書いてなかったので、今更ですが乳癌の事記録しておきます。

Img_3848右パイの中が何か攣れるような違和感は初診の2013年より前からあり、しこりがあるわけじゃないので癌ではないだろう と自己判断。今まで1~2年おきに受診している人間ドックや健康診断でも 乳がん検査でひっかかかったこともないしね。

けれど気になるので一度 乳腺外科を受診しようと2014年初診、その時はマンモも超音波もやったけれど『乳腺膿瘍だね。気になるなら取る?』と言われ、「癌じゃないなら取りません」と放置。

1年以上放置してたら違和感だけでなく液(?)が滲んで来たので「やっぱり取ってください」と再受診したのが2015年の暮れ。再び検査をして「膿瘍のポケットが出来ている。乳頭はなるべく残すか、再建を考えよう」と2016年1月下旬手術。

入院は3泊4日で退院。一週間後受診すると「・・・乳癌でした。それもタイプが悪く(顔つきが悪い?)、出来た場所も悪く全摘を勧める」と。      
                             満開でも開かないハイビスカス ↓

Img_3840ええええー 話が違うじゃん! あんなに検査して癌ではなく乳腺膿瘍と言われて手術したのに...  また手術?! ジタバタしても始まらないので、検査しても見つからなかったものを乳腺膿瘍の手術をしたおかげで癌が見つけられたのだと思い直し2月末に入院3月手術。(月をまたいで高額療養費の恩恵に浴せないよー) 手術中のリンパの検査ではリンパへの転移は無くリンパ節郭清はしないで済んだ。

術後、私のがん細胞のタイプはHER2で、4月から抗がん剤:ハーセプチン(トラスツズマブ)+アブラキサン(パクリタキセル)を3週に1回点滴を1年間やると。((+_+))

心配なのは抗がん剤  QOLが下がるのは嫌だ!

アブラキサンの副作用が脱毛・感覚抹消神経障害・関節痛・・・ ハーセプチンには重篤な副作用はないとのことだが「まれに心臓機能低下」←重篤じゃん!

抗がん剤の効果(奏効率)を調べてみるとあまりの低さに どれだけ期待できるか... それでいてQOLは確実に下がる。

Img_3842
それなら抗がん剤拒否 無治療でいこう!

抗がん剤否定の近藤先生の本で影響受けたわけじゃないが、抗がん剤=全員に効果ありじゃないことが分かり、20%程度の効果で抗がん剤押し付けられても私はその20%の中に入れず効果の無い80%かもしれないのよね。

家族に話すともちろん無治療絶対反対と。

私の選択に背中を押してもらおうとセカンドオピニオン外来のあるところを探す。

4月から治療を始めるので時間が無い!急がねばならない。診療情報提供書が無くてもOKの3ケ所に私の都合日程で予約希望をだしたら、受け入れてくれたところが1ケ所。

その先生は標準治療には批判的なので私の希望を受け入れてくれるだろうとクリニックを訪れた。

私のガン状況(知る範囲)や抗がん剤の効果等よりも家庭の事や私のこれまでの事等の話が主になってしまうような話(雑談?)だったが、「ご家族が反対されているなら無治療は勧めない」と意外な答え。

Img_3839「もしも無治療を選択されて、万が一転移・再発で貴女が亡くなったら、『無治療を何故止めなかったか』とご家族はご自分を責めます。」と。

そして「QOLを下げないハーセプチンの単独使用のエビデンスは無いが、ハーセプチンなら受ける価値あると思いますよ。 ご家族の為に受けてはどうですか?」

と予想に反した まさかの「ご家族の為」という視点でのオピニオン。 目から鱗 すんなり受け入れることが出来たのです。

ただし、エビデンスの無い「ハーセプチン単独」を受け入れてくれない医者もいるから まず担当医に話してみてください。駄目なら私のクリニックでやりましょう と言われ、すぐに手術をした医者の所へ行って私の希望やセカンドオピニオンでの話をしたら「それでやってみましょう」と同意を得ることが出来た (^^)/

 

Img_3845 ハーセプチン単独で3週に1回の点滴を4月から開始。

初回は熱が出るかもと言われたが、40度近くの発熱と悪寒でまいった。 まいったというのは、後から考えて適正な判断が出来なくなっていたのが恐ろしい。

「発熱したら病院に連絡を」と言われていたが、何も変化なく5時間が経つ頃、まず足や手にピクピク痙攣があり「あれ?」と思っている内にゾクゾクと寒気と震え、そして発熱。

なのに病院へ連絡するのではなく、お風呂に入ったのだ。寒くて寒くて とにかく熱いお風呂に入りたく、治まるまで2時間近くも湯に浸かっていたのだ((+_+)) 何事も無くて済んだが、お風呂を出てから「私は何をやっているんだ?!」とぞっとした。

その後2回目からは特に発熱することはなく、副作用がなくて良かったと思ってたが、半年後くらいからアカギレのように指先が割れ痛みと出血。そして爪が伸びるとポロポロ欠け、常に深爪状態。爪やすりは必携でした。

先生に副作用でしょうか?と尋ねると「違う」と言ったが、患者同士での話では「私も同じよ 副作用に間違いない」と言ってたのです。

※これも今調べるとちゃんと「手足症候群皮膚乾燥・爪の変化」と出ており納得。

                                  普通のハイビスカス ↓

Img_3823
2016年4月開始から終了予定の2017年、検診で肺に怪しい物を2つ発見!ハーセプチン終了の予定だったのにそのまま継続しながら経過観察。「良かったね。ハーセプチンの連続使用期限が外れたのでまだ使えるようになった」と何が良いのか2018年も継続(怪しいものが大きくも小さくもならない) 2019年も継続... 結局2020年1月に変化無いので「推定無罪」で終了。 約4年半 計65回の投与を続けました。

私の血管は細い(←刺し難い)けれど頑丈で 65回すべて同じ場所に針を刺せた♪と看護師さんに褒められた(ま、続けて同じ場所に刺せず、刺すところが無くなるような人もいましたから良かったのかな?)



年金生活者がこれだけ長い期間経済的負担のかかる投与ができたのは高額医療限度額の制度のお陰、ありがたい事です。

ふーっ 思い返したことを書き留めてみました。

 

今年の1月でハーセプチン卒業してからは半年ごとの検診のみ。 半年経ったころから爪が伸びるようになったことは今度書きます。

| | コメント (2)

2020年12月10日 (木)

10年前の今日

Img_385310年前の2010年7月右、11月左の手術で人工股関節は満10歳 (^^)/

で、11月末に入院し12月の10日に退院したので今日は「退院記念日」

特に大きなトラブルもなく目出度く二分の一成人式を迎えられるまで成長しました。

ブログに書いてると思って見返したけれど「休みます」「ただいま」しかありませんね(^-^; 入院中の8月にはTORAも整形外科手術(ヘルニア)!私もTORAも大変な思いをしてました。

 

先日の10年目の検診でも「隙間もズレも無く、足した骨もちゃんと屋根となっている。このまま一生持つだろう」とのお言葉も得ましたが、骨密度や筋力の低下は要注意!とも言われております...。筋力はリハビリに努めるべきなのですが、歩くのも苦手(歩き難い)のリハビリ嫌いの私(!) 困ったもんです(^-^;         

20年前から在籍してたスポーツジムを膝不調で一昨年止めてから、プールもマシンもエアロビも離れてダラダ ラ... 当然体重も右肩上がりしてたのをこの自粛中に反省。

これまで数人の友達が通っているあちこちの筋トレ施設:シャワーも無く マシンのお粗末さで入会している友達をさんざ馬鹿にしていた“女性だけの30分筋トレ”に8月 恥ずかしながら私も入会 (←笑われる前に報告会しました。)

私に必要なマシン(鍛えるべき筋肉)があるので、何もやらないよりはせめてこれくらいはやってみようと決意! 私にとっても物足りないくらいの軽いトレーニングなので苦も無く、ほぼ毎日通っております。

通い始めて思ったのは、シャワーもお風呂も無くて当然、汗かくほどのトレーニングではございません、運動嫌い&体力無しの私でも。中には汗拭きながらやっている方もいるので私のやり方がいい加減なのかな?

でもね、入会して一番良かったことは「今日用も 今日行く」ところもない引き籠りの日常になってしまったコロナ禍で、出掛ける理由が出来たことですヽ(^o^)丿

入会して4ヶ月になりますが、体重も体脂肪等も小数点以下の誤差範囲で変化なしです... (@_@) スタッフは計測の時、-0.2や0.3の増減を一生懸命褒めてくれますが「誤差」です。 でもね、各マシンの時間内で出来る回数が増えているのが励みとなっています。(最近はもう増えることも無くなりましたが)

3年ほど前からの膝不調は、相変わらず歩く事や膝下の動きの制限は未だにあるものの 現在は痛みの軽減・水の溜まりが無くなっているので、このまま付き合っていこうと思っています。

ま、今後がどうなるか分かりませんが、「神の手」と言われる先生にも診ていただいたけれど見放されたし、幹細胞治療の再生医療:先進医療にもすがったけれど、がん患者であること・抗がん剤治療中であることで治療に入る前にストップ!(←細胞の増殖を図る治療なのでがん細胞も増やすかも...  また抗がん剤により細胞増殖が阻害されるかも...)

 

Img_3851
諸々ありましたが、膝も股関節も「快調!」ではなくても“ほどほど”であればOK♪

11年目の今日からも 頑張らずにお気楽に過ごして行こうと思います。

| | コメント (4)

2020年12月 5日 (土)

去年の今日は

懐かしい画像を眺めてましたら

去年の今日は南の島でした... (*_*) 遠い目

Img_0760

 

春に亡くなったTちゃんが餡子好きだったので、餡子(和菓子)とお茶セットを持参してTちゃんを偲んで献茶してました。Img_0697

今はこの島には行けず、ショップも閉めてます。

もちろん新型コロナのせいです(-"-)

 

Img_0701
この時一緒に潜ったTさん(左側の男性)は「次は3月4月に来るから」と機材を全部置いて手ぶらで帰国したの。いつも長期滞在するTさん、国内で潜ることも出来ずどうしているのかしら?

Img_6602
私はこの時を2019年の潜り納めにして、2020年の3月~7月に沢山潜ってそろそろ潮時:本当の潜り納めをしようと考えていたのに... こんな状態では踏ん切りがつかないじゃん!

Img_6779

 

 

来年 沖縄で潜り納めかなぁ... 


こんな人形をBCのポケットに入れ、海の底でお魚そっちのけで撮っているなんてねぇ(^-^; そんな変なダイバー御用達のショップは他にはあんまりないんじゃないかな?

Img_6216Img_6663Img_6451






 

そろそろツリーの飾りつけでもしようかな?

でも、友達呼んでクリスマスパーティーやるのも躊躇われるのよね。

| | コメント (2)

思い出回想

昨日TORAの古い画像を取り出して眺めたついでに、去年の今頃は?一昨年の今頃は?・・・と眺めてたら... N女史とのスペイン旅行は2009年12月だったのね、11年も前! なんと時の経つ速いこと (@_@)

091218034
この時はまだ人工関節の入ってない時だったから、痛み止め飲みながらもよくヒョコヒョコ歩いてましたね。

091218068

 

 

11年も前の事だけど、画像眺めているとつい先日のような気がして音・匂い・風・・・忘れていると思ったのに色々思い出すんですね。

091218270


それで思い出した「回想法」

なつかしい物や映像を見て思い出を語り合う回想法は、脳を活性化し情緒を安定させ、長く続けることで認知症の進行予防やうつ状態の改善につながる可能性があるといわれています。そして、高齢者の認知症予防や認知症患者の心理療法、リハビリテーションに活用されています。

091218202

 

 

認知症の予防・リハビリの効果云々はともかく、まだ認知症ではない(たぶん)我等だって「思い出す」「それを語る=聞き手がいる」のは楽しいです。


↓「犬掻き泳法」達人 達犬のTORAでした (^^)/

Img_2614_20201205014401 
若い頃は「年寄りの思い出話」は、「人生後ろ向き」と捉えて良いイメージを持っていなかった。でも高齢者の仲間入りをした現在、仲間(もちろん高齢者)と集まった時の話題は昔の事が多い(^-^; いっそのこと回想サロン とか 思い出サロン とでも名称を変えて楽しんじゃおうかなと思っています。

昔の写真眺めてそんなこと考え始めました。

それにしても...  パスポート持って自由に旅行できる日は戻ってくるのでしょうか?

 

| | コメント (2)

2020年12月 4日 (金)

12月

Img_3851師走なんですねぇ 早すぎます!

でも、泣いても笑っても あと4週間しない内に2021年になっちゃう! ((+_+))

「令和2年」は、『禍』という文字がピッタリな哀しい年になってしまいましたね。

残りあと1ヶ月 どのように生きていきましょうか?

 

Img_0046我が家の12月は、4日がTORAの命日・10日退院記念日・13日MAGO1誕生日・・・と記念の日が続きます。

←お風呂・プールが大好き 
 自分から飛び込む子でした。(15歳)

Go To トラベル(とらぶる)も イートも 縁がないまま年を越しちゃいそうですが、行きたいと思っていた場所はあったけれど土日を避けると2泊3日の日にちが確保できない... 忙しい身ではない年金暮らし&忘年会全滅なのに、あちこちガタが来ている老体ゆえ、病院やクリニックへの通院・検査でカレンダーが埋まっているんですよ ((+_+))

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »