« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月26日 (土)

今日がその「当日」

Img_3294_20200926171601
「曇り」の予報なのに、夕べからの雨... 朝になっても予報通りには止んでくれない... 中止の連絡も来ないけれど これくらいの雨なら きっと決行でしょう (^-^;

雨の中 私も目的地に向かいます。

Img_3300Img_3297

 

 

 

土曜日ですが 雨のためにこの場所は貸切の独占です。先日の「遠足の下見」の場所です。

名水を汲み、湯を沸かし、開店(?)準備です。

荷物の重量軽減のために抹茶は止めて、ティーバッグの紅茶とドリップバッグのコーヒーで野点です。お茶碗10個以上と紙コップでは重さが全然違いますでしょ?

お菓子は地元の銘菓を購入。
「手作りの方が良い」と言われるかもしれないけど... 言われなかったわ (^-^; 

Img_3306_20200926171601雨の中 傘差しながら予定通り歩いてやって来ました。素晴らしいのは1名も不参加無しの爺&婆達14名です。

お菓子を勧め、お好みで紅茶or珈琲を選んでいただいて煎れようと思ってたのですが、半東もいないのでセルフでお湯を煎れていただきました~🎶

Img_3302
屋根の下で 熱いお茶を楽しんでいただくサプライズ 大成功でしたヽ(^o^)丿

この後は次の目的地に向かって行く予定でしたが、さすがに予定変更。近くの温泉に寄り、温まって帰ることにしたそうです。

Img_3307

 

お昼はここで ↓

Img_3311_20200926171601

 

今回はお弁当を持たずにここで食べる予定 それなら私も飛び入り参加🎶

お昼を食べている内に雨も上がりました。  私は右へ、皆さんは左へ お別れです。

Img_3315_20200926171601サヨ―ナラ― (^^)/

今年は海に出掛けるのは諦めて、忘年会も諦めて、来年お正月 新年会に会いましょうね と言ったけど「新年会」の開催が出来ますように。

 

Img_3301 おまけ・・・準備している時、お店だと思って「ゴメンクダッサイ」と滝見物に来た外国人(ブラジル人)二人。お店じゃないと言ったら残念そうに帰るので国際親善ですわ🎵 沢山持ってきている紅茶とコーヒーをご馳走しました(*^^)v お菓子は人数分しか無いので駄目。 それにしても今時 海外からの観光客が来るはずないので尋ねると横浜在住で、帰ることが出来ないのだそうだ。新型コロナのとばっちり犠牲者でした((+_+)) 
このお茶が良い思い出になると良いですね。

 

| | コメント (2)

2020年9月24日 (木)

知ってた?

Img_3220
これ見て 何か分かりますか?→

機織りが趣味のWさんが織ったもの

 

Img_3219

 

これを見ると分かるかな?

新型コロナの出現で、令和の時代に再び注目された妖怪ですって。

 

 

Img_3218

全身の姿は これ→

弘化3年(1846年) 肥後の国の海中より現れたという妖怪の記録が江戸の瓦版に残され、熊本には何の痕跡も残していないアマビエという妖怪ですって。

妖怪でありながら豊作や疫病などの禍の予言と除災をする。

除災の仕方は、「自分の姿を書き写した絵を人々に見せよ」と。

そして、疫病を治す力も持っているそうな。

それで昨年暮れ、中国武漢から発し世界中に蔓延している新型コロナウィルスにたいし、「疫病退治にご利益のあるアマビエ様の力を借りよう!」そのため皆で絵を描こう とツイッターに呼びかけ広まりブームになったアイドルのような存在 かな?

アマビエという妖怪の事など全然知らない私の所にも織物になって届き その姿を見せ 疫病退散の力を発揮してくれる。きっと。

今 我が家の玄関で小さな額に収まり、やってくる客にその姿を見てもらっています。きっと新型コロナを鎮めてくれることでございましょう。

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

対策 対策 か

Img_3234今回も好評の内にお勉強会終了いたしました (^^)/ ←個人の感想です

いよいよ次回最終回でございます。

あれま、全然様子の分からない画像しかございませんが、四連休・お彼岸・でありながら7名の参加 上出来です。

Img_3248今回は時間的余裕があり集合写真撮りました→

今日欠席の方もいるので次はちゃんと写真を撮ることを忘れてはなりません!「あら~ 私達は撮ってくれないのぉ~?」と嫌味言われちゃうんですよ (*_*; 難しいなぁ

Img_3250aコロナのせいでこの施設の使用ルールが変わり、マスクはもちろん、入室人数が厳しく半減された事・飲食の「食」が出来なくなった事等々不自由しています。1時間ごとに窓開けて換気も今は良いが、寒くなったら反って寒暖差で風邪ひきやすくならないだろうか?

次回で終わるから余計な心配する必要ありませんが、施設内で「食」が出来ないのは困ります。

Img_3252
で、今回も一番近くの食べ物屋に入ったのですが、先月には無かったマスク袋(←封筒)が各テーブルに
人数分配られ、外したマスクはそこら辺に置かず袋の中へ だと。

「当店は感染対策講じてます」をアッピールしてましたが、ん?ちょっとおかしくありませんか?と婆さんは言いたい。

Img_3251この店は個包された割り箸ではなく、黄丸で囲んだように共用のお箸が剥き出しで置かれているんですよ。使用したマスクを置くのがキケンと言うなら、他のお客も利用するテーブルにお箸を剥き出しに置くとは...これは一体どう説明するんだ?! と、ひとり息巻いてたら、まぁまぁ落ち着いて となだめる寛容な婆さん達。

ほろ苦い鰺フライ定食でした (^-^;

| | コメント (2)

2020年9月22日 (火)

遠足下見に

「お暇だったら一緒に行く?」 と声をかけたら「行く! 行く~♬」

ということで、遠足の下見をしてきました。

歩けない私が え ん そ く ?  だから下見が必要なのです。

潜り仲間の部活動に「アウトドア部」があり、山歩き・スキー・飲み歩きなんぞを年甲斐もなく(?)活動的にやっております おりました。

春にはスキーや花見ハイクなどが計画されていたのですが、コロナで春も夏もことごとく中止( ゚Д゚) やっとここにきて活動し始め9月10月11月の予定が出ました(^^)/

でも私はその多くには参加できず、予定表眺めて車で行けそうな場所限定で 勝手に『障がい者の部』を作って参加しています(^-^;

で、今回の 9月の遠足は車で行けそうな場所が目的地にあります🎶

Img_3211
 ← それがここヽ(^o^)丿

駐車場から勾配のきつくない200mほどの場所にある滝です。

行ったのは混雑する連休前の暑い日でしたが、車を降りるとひんやり~ 空気が違います。

誰もいない空間でこの景色を堪能。 

遠足当日にはここで 歩いてきた潜り仲間アウトドア健常者の部(←勝手に命名)の御一行を迎え、久し振りのご対面をしたら、次の目的地に向かう御一行を見送ります。

ただ それだけのため に 参加するんです。

Img_3214よ~し ここならオッケー!

滝の手前には、東屋がある 名水がある  休憩のベンチがある。

Img_3207条件は揃った (^^)v

ここでアウトドア野点茶会しちゃいます。

今迄にも条件が揃えば開催してたのですが、今回のコロナ禍では 大好評(たぶん...)キナコ特製 手作り和菓子 は止めて、市販の和菓子にしよう。

そんな計画を羨ましそうにお伴のお金持ちI女史が聞いているので「半東やる?」と言ったら、「残念 その日は建前なのよ... 」と御別邸建築のなんとも羨ましいお話。

Img_3217aImg_3216
御別邸には、旦那様の絵や道具、ご自分の茶道具・花器などをすべて運び「あそびの家」にするんだと贅沢なお話を伺いました。

春には完成し茶室もあるので、お披露目の「茶会」を開くようリクエスト。「もちろんそのつもりよ~♪」の返事に 春を待つ楽しみが出来ました。

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

夏を越しましたよ

夏越しちゃったよー!と驚いてます。

8月初めの様子 ↓

Img_2930_20200806010901Img_3026園芸に詳しいわけではないので、私の「驚き」はもしかすると「よくある事」かもしれないけれど... 我が家のプランターの住人(植物)さん達の事です。

5月のGW頃には株の勢いもなくなり「長い間ご苦労様でした」と労われつつ処分されたり、放置されたりした、ガーデンシクラメンとパンジー(ビオラ?)です。時々「まだ元気!」とアップしていたのを覚えていられるかしら?

Img_3160もう駄目だろう この暑さには耐えられないだろう 日陰に入れることも無く放置

それが とうとう夏を越しました。→

黄色い株は絶えてしまいましたが、青い株は元気で株も大きくなっています。

気温が下がり、雨のお陰でパンジーは前より元気になってきました。

Img_3226Img_3228
←シクラメンの様子

8月初めは4株ほど元気でしたが、今は1株だけ... それにしてもすごいでしょ? ↓

Img_3232

パンジーもシクラメンも時期を終えたら、水もあげないで次の植え替えまで濡れ縁下に放置しているのですがスゴイ生命力です。

さて問題は、園芸店では秋植えの株が沢山並び始め植え替える時期なのですが、この株達はどうしましょう?

.

Img_3229すっかり秋らしくなりましたね? 

秋の夜長はZoom会議ですわ (^^)/ と昨夜はPC開いて会議に参加するんだけどモタモタ手間取り、やっと参加出来たら3人だけ... メンバーの1人がなかなか入れず迷子になっちゃったみたい。

←そんな時の助けはスマホです。電話で誘導され やっとメンバー勢揃い♬

それなのに無料だから?30分程で時間切れ((+_+)) 第2部も続けてやることにしてたのに今度は私が入れない。さっき参加できたのになぜ?どうして?と考えても分かるはずもなく何度も何度もやり直して時間ばかり過ぎていく... するとスマホに捜索救援の電話が!何とか終了する前に参加することが出来ました。新しいおもちゃ:Zoomに振り回されてました。

我等潜り仲間4人のメンバーだが、コロナのお陰で海に出掛けられず皆んな干上がってました。が、先週ビューンとひとりO県の離島へ潜りに行ってきちゃったM2さん。膝不調なのに潜る本数減らしてまでも潜ったというからど根性バアサンですよ。でもね、久し振りに水を得たナントカみたいに活き活きしてましたよ。

以上 ど根性つながりのパンジー・シクラメン・M2さんでした。

次は火曜日の夜だ。迷子にならずにすんなり参加できるかな?

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

お稽古帰りに

Img_3190 先週 お稽古Aの再開で半年ぶりの茶室へ。

気持ちが引き締まりますね。

あら嫌だ!床花の上に編集ソフトのロゴが!

Img_3189

 

← 編集し直し

秋の花が凛と活けられてます。

シュウメイギク・ハッカクトラノオ 素敵でしょう?



Img_3188待合の床柱には

ヨウシュヤマゴボウ ボンテンカ ← 梵天花、もっと正確にはヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)のヤノネは葉が矢じりのような形から。

玄関にはこれ ↓

Img_3192
お花だけでなく、焚き染められた香の香り... 久し振りの茶室は心が洗われます。 お稽古は濃茶の各服点て... 本来なら回し飲みする濃茶も、このコロナ禍のご時世でははばかられますものね。急遽そんなお点前が作られたのかと思ったら、13代圓能斎鉄中により明治44年に考案されているのだとか。100年ほど前のスペイン風邪の為かとも言われていたが、それよりも約10年も前の考案!

家元のビデオメッセージで分かったこと:濃茶は「飲む」ではなく、本来は「ひく」。ひくとは、ゆるゆると吸い込んでいくことなので、お客がひくことが出来るように練るのだとか。(各地に出向くと全般に濃茶が薄すぎると批判されていた。我が社中はお家元の言う通り、一人にたっぷり3杓のお茶です(^^)/)
薄茶は「飲む」だが、薄茶も濃茶も「いただく」で済ませていたなと反省 お勉強 お勉強。

Img_3193お勉強した後は蕎麦屋でランチです♬ 

疲れた脳を癒すには、小さなステーキものっているこの御膳→

Img_3194a

 

いつものお稽古帰りランチのメンバー2名は欠席。皆勤賞狙うHさんと私だけで美味しくいただきました (^^)/

お稽古は再開したが、残念なことに来春の初釜は中止と決まった。 なので “恐れない者達”だけで簡単初釜と食事会はやろうよと2人で決めた (^-^; 
そしてその前に、ねずみ年が終わる前に年女による2年前のようなチューチュー茶会をやろう ←年明けからの懸案なのだが、こんな状況で子年メンバー全員の賛同が得られるか... 駄目なら無理強いはせず、賛同者だけでやろうと 2人で決めた。 一昨年のようには出来ないだろうけど

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

6ヶ月振り~♬

Img_3184Img_3186 先週 3月以来の着物を着ました。

自粛で ステイホームで 着て行く集まりも場所も無くなった... と言うよりも「着る気」も起きなくなったんですね。

 ← 半年振りの着物:本塩澤の蚊絣 単

着物普段着生活を目指す者なら、着たければ着れば良いのあって、着る理由付け不要!嘆かわしい ((+_+)) ま、そんなアレコレ言いながら、モタモタ着付けて時間がかかりました。

 ↑ あ~あ 裾にデカデカと画像編集ソフトのロゴが...無料だから (/ω\)  毎回「有料版にはロゴは記入されません」と有料版を勧めるの。やはり有料版購入かな? 
否 別の無料ソフトを探そう!(^^)/

着る前にエアコン ガンガン効かせて汗対策です。きっと着るのに時間もかかるだろうから時間にゆとりをもってスタート!

着慣れている着物のせいか時間もかからずに終わりましたが、画像見ると今迄以上にモッサーとしていますなぁ... コロナ太りです。茶室なので絣の着物だけど長めに着付けたつもりでしたが、そうではなかったわね。

Img_3182   《帯周り》Img_3181

絽の帯ですが、秋っぽい色なのでこれを締めました。

帯揚げ・帯締めは夏物ではありません。

足袋・襦袢・肌襦袢は、まだまだ暑いので夏ものです。

.

引き籠り生活をしている間に断捨離をしようと少しずつやっています。お勝手や本棚・洋服類は少しずつ減らしていますが、着物収納庫・箪笥は「魔境」です(^-^;

お手入れしてもシミが浮いてきたモノや、婆さんには派手になり到底着れないモノは、手放す踏ん切りはつくので既に手放している...  今 箪笥に残っているモノはどれも「まだ着れる」のよ。坂上忍がCMで「5年着てないならもう着ないって」と言っているけれど踏ん切りがつかない...。

私の場合は「この先5年の間に着そうなモノ」だけを残そうと思っているのだけど、なかなか片付きません((+_+))

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

世代交代

潜りにも旅行にも出掛けられないこの期間は自宅の片付け(断捨離)にうってつけ(^^)/ と、思うのですが、出して広げたら最後 なかなか片付きません。

Img_3128
「まだ使う」「もったいない」 と思って台所の場所塞ぎしていた大きな物を本日処分いたしました。

それは梅酒・梅シロップ・ラッキョ漬け等々に活躍してくれた瓶と、ぬか漬けのカメ (T_T)      大きいのは4ℓ、3ℓ2個、2.5ℓ、小さいのは2ℓの瓶、そしてカメが入ってます。

Img_3124
どれも大きく重いのです。 もう持ち上げるのも億劫になりました。 第一4リットルもの大瓶は中身が入ったら何㎏になるのでしょう((+_+))

我が身を守るために(?)決断は早かったです(*^^)v

でも、ぬか漬けのカメは、キウリでもダイコンでもセロリやニンジン何でも大好きなぬか漬けは毎日のように漬けているので、大きくて重たいカメの処分は考えていませんでした。

Img_3125_20200910224601

でもあるコラムを読んで目から鱗! 処分することにしました。

容器をサイズダウンしたくても、小さくてはかき混ぜにくく周囲を汚しがち... 安心してかき混ぜることが出来るサイズのカメを使っておりましたが、かき混ぜるのは大きなボールに移して混ぜ混ぜすればぬか漬けの容器はお弁当箱でOK と書いてあったんです。

Img_3126
大きなカメに拘っていた私の目から鱗がポロリと落ちました。

← 軽くて容量1ℓも無いお弁当箱サイズに替えました。

Img_3139_20200910224601←小さくてもこの中にナス・ニンジン・ダイコンが漬かっているのが見えるでしょ?

Img_3140_20200910224601

 

ちゃんと漬かっていますよ~♬ →

ぬか漬けの容器の世代交代が出来ました。

※どのように処分したか・・・友人達に声掛けましたが、全員重たいのはダメなお年頃だし、もう増やすことはしないと断られました。不燃物のゴミに出すことも考えましたが、見て分かるように綺麗な品物なのでもったいない(*_*) NPO法人の主催するショップへ受け取ってくれるか連絡すると「欲しいです」の返事ヽ(^o^)丿 ということで寄付してきました。  家の中には物がまだまだあるぞ~(^-^;

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

重陽の節句に

9月9日は五節句の「重陽の節句」

五節句にはそれぞれ邪気を払う植物というものがあります。1月は七草、3月は桃、5月は菖蒲、7月は笹・竹、そして9月は菊です。 重陽の節句では、菊の花を飾ったり、菊酒を飲むことで邪気払いや長寿を祝いました。

また菊の花と共に雛人形を飾る風習があるのをご存知でしょうか。
3月3日の女の子の成長を願う雛祭りに対し、重陽の節句に飾るのは「後の雛」と呼ばれ、大人の女性(=婆?)の健康と長寿を祝う行事とか。φ(..)メモメモ

お雛様を飾ることは全然知りませんでしたが、それなら我等婆達の「女古の雛祭り」は9月にやってても良かったのかもね。

と、書きだしましたが、重陽の節句とは関係ない話 ↓ でございます。

 

Img_3162昨日は予定外の急遽開催の「葡萄を喰らう会」でした。

Img_3163

 

喰らう会は以前にも数度開催しており、今回は7品種!大きな10房!(注文・支払いは私ではなく娘 ゴチでした♬)

配送期日未定収穫次第発送で突然月曜日に届いた → この大量の葡萄をのんびり食べていては傷んでしまう →喰らう会開催だ! それも翌日開催にしないと開催できる日が週末((+_+)) 前夜に「翌日開催」でいつものメンバーにご案内メールを送ると「もっと早く知らせてよ!(-"-)」とお叱りメール 参加は3名。

という訳で今回は総勢4名でたらふく喰らいましたヽ(^o^)丿 残りはお持ち帰り♬

Img_3172集まるのも3月の花見以来のことですが、
←いつもと違うのは こんなのを用意。 何かあった場合(それはなんだ?)「安全対策はしてましたよ」の言い訳です(*_*)

Img_3175

 

 

 

何しろメンバーは感染リスクの高い基礎疾患持ちの高齢者ですからね。

   今回のメンバー →

 

そして今回の大粒7品種は

BKシードレス      クイーンニーナ      種なしピオーネ
Img_3168Img_3167Img_3165






 

 

    翆峰          甲斐路       シャインマスカット
Img_3169Img_3166Img_3170






 


もう一つ ロザリオビアンコは画像撮り忘れ ((+_+))

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

紫蘇ジュース

昨日 地場産のお店に寄ってみたら赤紫蘇がありました♬

Img_3142_20200909004701←葉をむしり取って洗う   230gでした

今年は作らなかった... の赤紫蘇ジュースが作れます(^^)/

午後なので売れ残りでしょうか? 2袋ありました。選びに選んで1袋を購入 170円也。

家で袋を開けてみてびっくり!10年近く(もっと?)作ってきましたが、今回ほど固い茎・固い葉の赤紫蘇はありませんでした。

Img_3144
茎は木の枝のように固いのですから、やはりシーズンの終わりだからだろうな? 次は旬の時期を逃さないようにしよう。

紫蘇ジュースは好みが別れると思いますが、私は好き。

          鍋に水 600mlと紫蘇を入れる→
 
↓ すぐに赤い色が出てきます
Img_3147
でも、嫌いな人の気持ちも分かります。何故って15年以上前に閉めた店で売っていたんです(←地元では大きな食品会社製造の瓶入りを) その試食の時に「...不味っ こんなの売れるのかな?...」と思ったのですが、結構売れてました(^-^;

Img_3148赤紫蘇の葉の色が全部水に溶け出たら濾します→

それなのに10年ほど前、ある農産物の調理講習会:農家の嫁さん達のサークルがブルーベリージャムと紫蘇ジュースを作る会に参加。 目的は紫蘇ジュースではなく、もちろんブルーベリージャム。(←この会では原材料も安く販売するのです)

濾した液を鍋に入れ 砂糖400g加えて点火。溶けたら消火し、クエン酸25gを加える
教えてもらったレシピでは砂糖800g(常温保存2年OK) !怖ろしいでしょ? 冷蔵庫に入れておくので半分に減らしてます。

Img_3153Img_3146
参加したので好きじゃないけど、仕方なく紫蘇ジュースも教わったのです。その会の終了時に、皆で作ったジャムやジュースを味わう試食会をしたとき 初めて紫蘇ジュースを美味しい~🎵と思ったんです。それで原材料のブルーベリーだけでなく赤紫蘇もたくさん買って帰宅してから作りまくりましたヽ(^o^)丿 それ以来嵌りました。


Img_3154_20200909004701クエン酸を加えると鮮やかな赤色になります→

その後も毎年のように嫁さん達のサークルが催す会(内容は同じ)があると原材料欲しさに参加して作っています。

さて今年の老成化(?)した紫蘇で作ったジュースの出来はどうかな?

保存のために焼酎(ホワイトリカー)50ml加え、煮沸した瓶に入れる

.

≪教えてもらったレシピ≫
*赤紫蘇の葉   300g
*水       600ml
*砂糖      800g → 400g
*クエン酸    25g
*ホワイトリカー 50ml

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

いちぢく 無花果 

Img_3115
シーズンになりましたね。

地場産のお店の棚に並ぶようになりました。

← これはもう茹で上がった姿です ↓

Img_3114_20200903145901
見たことないような種類もあり新品種なのか珍品種なのでしょうか?新しいものは一度は食べてみようと思っており、今回は親指と人差し指で作った丸ほどの小さないちぢくを購入。

品種名は記載がないけど「小さくても完熟で甘いです」「ジャムに最適」とあったのに「とっても美味しいヽ(^o^)丿」とは言えず、匂いもイチヂクではなくサツマイモのようなの... 生で食べるのは止めてジャムにしよう。

Img_3116

「砂糖もレモンも加えずイチヂクだけで作ってみて」と書いてあったので、素直だからやってみた。

←水は確かに不要です。 たっぷり水分が出ます。 

Img_3117でも甘味は足りないな... 丸ごと煮たのは可愛い形そのままにコンポートのようにしたかったのですが、ドーフィンの様に柔らかくはなりません。仕方ないのでカットし、お砂糖もレモンも入れます→

一番残念な点は、イチヂクのあのプチプチがあまり感じられないこと。

プチプチは種子じゃないんですよ。「花が無い果実」の「花」なのですって。 私はこのプチプチが大好きです。

二番目に残念な点は、色ですね。 ドーフィンで作ると薄ピンク色になるのに、これには色気が無い。なので生で食べるつもりで買ったドーフィンを2,3個足してみよう。

もう買いません。以上 お勉強になりました。

夏の恒例作業:紫蘇ジュースもブルーベリージャムも今年の夏は作る気力が無くて作りませんでした。気温も下がって来たのでぼちぼちとイチヂクのコンポートでも作りましょう!今 日も地場産のお店に行って来よう←作る気力が起きたかな?

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

9月 長月ですね

良い月ですね~ ほぼ満月♪(月齢13) 

明日からお天気が悪くなり本当の満月の晩(9/3)は雨の予報ですから... 虫の音を聴きながら今晩の月を良く眺めておきます(^^)/

今年の中秋の名月:十五夜は10月1日(木)月齢13.7、十三夜は10月29日(木)月齢12.3、十日夜は11月24日(火)月齢8.9ですって。

十五夜が月齢15の満月とは限らないとは知っておりましたが、十五夜だけでは「片見月」で縁起が悪いので「三見月」をするようにと言いながら「満月」の日は無いんですね (*_*)

十五夜は旧暦の8月15日、十三夜は旧暦の9月13日、十日夜は旧暦の10月10日と覚えれば良いのね(覚えないけど)φ(..)メモメモ

まぁ これでレジャーの無い『特別な夏』は終わって、 行楽シーズンでも旅行がし難い『特別な秋』が始まるんでしょうね...。

.

Img_3104a 先週の事でございます。

I女史から「ウナギ食べたくなぁい?」とのお誘い連絡があり、ヒマでゴロゴロしているので「行くっ!」と即返事。

隣町の初めて行く店だが、もう30年以上営業しており、I女史の友人の「美味しかった~」の感想聞いて「食べに行きたい!」と即反応する彼女... でも私は笑う資格はございません(^-^;

渋滞にはまり定刻数分過ぎて着いたのだが、駐車場には他に車は無く、店の入口に「本日休業」の看板((+_+)) 「えええー!そんなバカな!ちゃんと予約してるのに」と怒りながら車を降りて「休業」の店に文句を言いに行く(?)と、振り返って私に手招きするので行って見ると看板の横に小さな字で「申し訳ありません 本日のウナギは予約で完売しました」と書いてある。つまり看板は「休業」と出ているが予約客はOKということなのね。

入店してオネエさんに「本日休業とあるので、予約してあるのにどうしたことか!と怒りながら帰るところだったのよ」と言ったら、「スミマセンね ウチはウナギの数量分だけの営業なので、予約でいっぱいになったら「休業」にしているんです」と。つまり馴染み客はそんなこと百も承知なんですってことね。これで次に来るときには、休業看板にオタオタしませーん。1回でも「お馴染みさん」になれるかな?

Img_3103お味? ウナギの大きさで3ランクの料金設定なので、量は多くなくても良いから一番お安いランクにしました... そのせいかウナギが 小さい... 薄い...  味は悪くないけど見た目でちょっとがっかり (^-^;

8月初めのT店のウナギと比べると見た目で負けているでしょ? お値段も違うけど... 彼女もT店に軍配を上げました。

Img_3106a
やっぱり大中小の「小」を選んだのがいけないのかな?と反省(?)し、帰り道に口直しでございます。

彼女も幾つか団体に関わっており、東京と名古屋を会場にするのは“感染リスク”が高い、何よりも電車が怖いから理由つけて断わっているとか。そして今年中の開催予定だった企画は全て中止よぉとヤサグレておりました。

私も似たようなものですが、徐々に再開しているのもあるので「良し」としよう。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »