« 日本語で言ってよ | トップページ | 季節の台所仕事 »

2020年6月 6日 (土)

現ナマ 死語?

Img_2426
昨日待ちに待った(ホントか?)アベノマスクが届きました。

← こんな宛名も無い包装袋なので何かのDMかと思い、裏側のマスクに気付かなかったら危うく捨てるところでした。

Img_2425_20200606212501

 

 

 

小さいですねぇ。

小顔ではない私同様の女性にはもちろん、男性にも合わない方が多いと思われるものです。

厚生労働省のマスクQ&Aにもマスクのサイズが小さいとの質問に
今回配布する布製マスクは、縦9.5cm、横13.5cmの市販品の大人用のものであり、口と鼻を覆うために十分な大きさであると考えております。
とありまして、さらに洗濯についての質問に
洗濯により多少縮むことをご了承ください。
ですって~ (^-^;

このマスク配布には当初466億円予算のはずが、菅官房長官が「90億円で収まるはず」と発表したり、布マスクの配布にかかる費用として総額で260億円、このうち調達に184億円、配送費として76億円の計260億円を見込んでいると説明(NHK)したり、あまりにも違う「466億円」はどのように算出されたものなのでしょうか? また差額はどうなるのでしょう?  

それにしても90億円のマスクにかかる経費の多さ!((+_+)) ま、これで潤ったところもあるんでございましょうね。

当座使う予定はありませんが、これから何が起こるか分かりませんので ありがたく大事に取って置きます。

.

Img_2429_20200606222501先日「新型コロナ感染防止のために現金よりもカード支払いを」と、ビニルの垂れ幕だらけのレジに書いてあった。(コロナ騒動でマスク業界・消毒薬業界にカード会社までも特需ですわねっ)

ペイ〇イだとかなんとか... 高齢者受難のキャッシュレス時代 (*_*; ペイペ〇ってなに?私には銀行カードとクレジットカードしか分かりません。現金払いよりもカード払いの方が優遇割引があったりするらしいが、現ナマ派は時代の流れに乗りそこなっております。 

もちろん 私だってカードの2枚や3枚(もっとかな?)を使っておりますよぉ。

でもね、私はカードに全幅の信頼を置いてませんの。

最近はカードが使えなくなるトラブルは少なくなりましたが、もし 万が一 強力磁石に触れたりして出先で理由なくカードが使えなくなったらどうします? 持っているカードのせいだけでなく、停電や現地の読み取り機のトラブル等で支払うことが出来なくなることもあります。

何を隠そう 私は海外で そのどちらも経験者 ((+_+))

だから特に旅に出る時は、現ナマを持っていないと不安です。最近はすべてトラブル無しにカード払い出来ているのですが、今後も現ナマは持って行きます! ← 不信感強

私が学校出て就職した頃(半世紀前?)は、まだ給料やボーナスは現金払いでした。それが数年後1970年代かな?銀行振り込みになると聞いて「貰った気がしないよぉ」と文句言ってたのがついこの間のような気がします。またその時に初めて銀行カードを作らされ、カード一枚で機械(ATM)で現金の出し入れが出来ることを知って驚いた昭和前期人間です。

カードだけでなく、移動電話・ポケベル・肩掛け電話(ショルダーホン?)・携帯電話・スマホの通信機器の劇的な進化(それをリアルで見て来た私!)は本当にスゴイものですね。通信だけに留まらず、各種支払い・各種会員証・時計・カメラ・PC・映像・音響 等々、今やスマホさえあれば何でもOKの時代になりました。というか、スマホ無しには暮らせなくなりました。

でもね、それでもまだ 私は、腕時計をしてデジカメと現ナマ持ち歩いている化石人間です (^-^;

Img_2427注:「現ナマ」というと札束を想像しがちですが、私はバラ銭ですのよ (*_*;

「現ナマ」で思い出しました! 昔、銀行に就職が決まった友人が、入行前に札束(←偽札)を渡されて数える練習していたのですが、今の新人銀行員さんはどうしているんでしょう? あの目にもとまらぬ速さで一枚一枚を数え上げ、最後にパチッと札を鳴らす芸当(?)はもう過去のものとなったのでしょうか?

|

« 日本語で言ってよ | トップページ | 季節の台所仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語で言ってよ | トップページ | 季節の台所仕事 »