« 命の洗濯 | トップページ | たいしたもんでしょ♬ »

2020年6月13日 (土)

あじさい 紫陽花

入梅らしいお天気です... 降り過ぎだけど

我が家の紫陽花も生き生きしてきまし... いえ 雨の重みで皆お辞儀をしちゃってます。支えをつけるべきだったな←反省。でも我が庭の人気紫陽花はすでに盛りを過ぎて枝を切ってしまいました。

Img_2366Img_2367_20200612003501
直径10㎝もない小花で とても濃い青い花の「藍姫」も、

 

 

 

 

Img_2357_20200612003501Img_2355

同じく小花のはかなげな「七段花」も盛りは過ぎて、

 

 

 



Img_2412_20200613145001Img_2463
両手にこんもり乗る大きな真っ白いアナベルも みんな切ってしまいました。

 ← 盛りを過ぎると純白の花は、このようにすぐに薄汚くなってしまうんです(病気?)

アナベルはこの年の枝に花をつけるので地面ギリギリで剪定してしまいました。
紫陽花の多くは2年目の枝に花をつけるとか、剪定時期は花芽を作る前とか、いろいろ注意事項がありますが、ザクザク切っちゃっています。ですから花をつけない失敗も多いです (^-^;勉強しない

Img_2412a
基本丈夫な紫陽花なので良く伸びます。でも狭い庭には、こじんまりとまとまり、花はいっぱい咲かせたいという希望だけはあるのです。小さな花が沢山咲いてくれる七段花は元気に育っていますが、大きな株になったら何故か花が目立たない... でしょ?→

なので七段花は他にも2ケ所で咲いているので、ここには「藍姫」を植えようと思い立った。早速「藍姫」の枝を何本か切って挿し木にしよう。

今 一番の人気は これ ↓

Img_2457_20200612004701Img_2446_20200612003401
一昨年挿し木にして育ち、花が咲いたのは今年が初めて。たぶん

アナベルよりもずっと小さな八重のような装飾花で色も美しいです ↓

Img_2448

綺麗でしょう~♬

名前は「てまりてまり」みたい...  これももっと挿し木で増やしてみよう。種類によっては何度挿し木をしても定着しないオタフクやダンスパーティー等があるけど これは大丈夫でしょう。

不思議なことがあります。
「墨田の花火」を植えて何年も花を楽しんでいたのに、今年はあれ?変だな?と思う紫陽花があります。

Img_2413Img_2439_20200612003401
→ → → 







 

Img_2441
墨田の花火にしては、周囲の装飾花が変でしょう? 色も緑の筋があり、中央部の両性花の咲き方等で調べると...「大島緑花」(@_@) 植えた覚えのない全然知らない名前です。まさか、隅田の花火の先祖帰り?

.

雨続きは嫌ですが、水大好きな紫陽花にとってはありがたい。お天気続きで水やりしてなかったらうなだれて「水くれぇWWW」と息も絶え絶えに訴えています。

慌てて水を撒いたら 1時間後にはスッキリピンシャンと元気に。

Img_2360Img_2364

元気ない姿が 
あれまぁ!→




 

 

明日も雨のようです。 何して過ごしましょう (*_*;

|

« 命の洗濯 | トップページ | たいしたもんでしょ♬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 命の洗濯 | トップページ | たいしたもんでしょ♬ »