« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

2018年最終日

Img_828312月の在宅日数は16日!(*_*) 半分は出掛けて不在だった...

←これはホテルのだけど、我が家でもクリスマス飾りを飾ったけど眺める余裕もなくクリスマスは終わった。

Img_8626a
その代わり こんな可愛いサンタに遭遇 (^-^;

Img_8628a


家を空けるのも介護のTORAがいなくなったので預け先を探すことがなく楽になり、年賀状も平成30年正月を以て廃止宣言をしたので楽、それでも忙しい年末の不在は何かと気がかり。

安全面から新聞をとっていれば配達を休むよう連絡、郵便物の配達もストップしてもらうよう連絡、そのほか留守中に来訪する予定の人には連絡 等々やはり気を配っておかねばなりませんが。

脚絶不調を言い訳に『大掃除』らしきこともせず、そんな状態でも 玄関飾りや鏡餅を飾れば正月を迎える準備完了ですわ (^^)/

ただいつもと違うのは、ここ20年近く青竹に盛花のアレンジメントを飾っていたのに 今年はそれが無い... 作っていたH花店がこの秋に寂しく店を閉めてしまったのだ。

花が無くたって正月は来る!と開き直ってぐうたら過ごしてます。

おせち料理も毎年形ばかりのを数種作っていたが、それもやめてJ〇Lのマイレージ(マイル?)で購入予約ポチッ♪としてたのと紅白かまぼこ・伊達巻を買うだけで十分ではないか とこれも開き直って料理は何もしないことにした年の暮れ ('◇')

のんびりPC開いて潜り納めに行けなかったショップのHPを覗いたら、なぁんとM3さんのナイト:ヒカリキンメの画像や、キミダーさんのサンセット:ベラがアップされてるのよぉ ( ゚Д゚)  いいなぁ~ 羨ましいなぁ~ 気温30度の南の島で遊んでいるんですよぉ~  私は寒いから何もしないで腰にホカロン貼ってゴロゴロしてます(^-^;

Img_8675
←こんな大晦日だっていいじゃん と言いながら せめてもと手拭いで「お正月らしさ」を飾りました。

右手の額もたぶんお正月らしい歌が詠まれているはず... さる書家の先生からのいただき物なのですが、何しろ達筆過ぎる難解万葉仮名 (*_*;

.Img_8677

.

道祖王の 『あらたしき年の初めにおもふどち いむれてをれば うれしくもあるか』 で良いのでしょうか?

これらを飾って新年を迎えます。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

内輪の忘年会

Img_8298_2
お稽古Cの忘年会はもう終わっているのですが、内輪の忘年会ですね。この仲間の結束は強く、社中の忘年会では喋り足りない&吐き出せない諸々を語れる口の堅いメンバーです (^-^;

Img_8609
「軽くピザかパスタでいいよ」と言ってたのに、メニューは「三連休はクリスマスメニュー2種類のみ」に気が付かずテーブルに着いたオジサン&オバサンは「店を変えるのは面倒」ということでお洒落にお高いクリスマスメニューの食事で忘年会です。

まずはお洒落にスパークリングワインで乾杯♪

.Img_8613a

「今年もお疲れ様でした」と言うが、何に疲れたのだ?

「お世話になりました。来年もよろしく」と言われても、何も世話した覚えはないぞ と余計なことばかり言いながら乾杯です。

.Img_8614a

師匠や社中の者に見つかってはヤバい(?)人目を忍ぶ会です (*_*;

いえ、べつに、隠すこともないんですけどねぇ... この4人で時々内輪会をやり、年に数回オトナの遠足をしています。

.Img_8617a


居酒屋の方が似合うオジサンもたまには若い人の多いこんな店も良いでしょ?

.Img_8615

気にいったのは、チーズフォンデュのコンロ!小さな七輪です♪ 若い人には「七輪」の名称も知らない死語でしょうけれど、私が子供の頃にはまだ活躍していたのよぉ と言うと他の三人は古代遺跡を眺めるような目で私を見るのでした。

.Img_8621a

一応メンバーは「お稽古仲間」なのですが全然お稽古の話題は無く、来年のオトナの遠足の計画 ♪ 夏からまた4回目のイベントの準備に取り掛かること♪ 来年も元気に活躍できるようにしっかり食べて体力をつけて行こう!

ということで今年の内輪会は終わり(^^)/

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

潮時 潮目

Img_8608a12/21 
毎月やっている田・・さんちでのカフェ

いつも5人でやっているのに... 3人!?

一人は脳梗塞の危険を回避する脳血管の手術、もう一人は午前中の定期健診で心臓に異常がありすぐに大きな病院で見てもらうようにとの指示で検査に向かい、お二人が欠席。

.Img_8606a


こんなこともあるのよねぇ 
明日何があるか 一寸先は闇なのよ。

美味しいものが食べられる元気な内に食べておかなくっちゃ ダイエットなんてクソくらえ!

.Img_8607_2

今日の美味しいものはシュークリームと黄身しぐれ♪

Img_8605どれも 田・・さんのお得意お菓子

「超簡単よ」と言うパウンドケーキの各種(バナナ・チョコ・・・)も絶品♪

でもね、このカフェで食べられるのもこれが最後なのに全員が揃わずに終わるのは悲しい... 毎月家で開くのも楽しかったが、だんだん体力の限界を感じ始めたのよ と。今年の12月で終わることにしていたのだ。そのかわり外のお店でやる事にしている。

今年は何故かこのような「潮時」の会がいくつも。 後継ぎが出来た潜りの爺婆忘年会も「潮時」と考えたようだ。

Img_8251アップしそこなってたが11月末にもやはり 昔の仕事仲間の20年継続の昭和の薫り高い会の一つも「ここらへんで...」と終了の提議が... 中心人物が80を迎え、体力に自信がなくなったと。

.Img_8261

.

.

.

この会も継続を請け負ってくれる人がおり来年も開催されるが、一度終了を提議されたら「潮目」が変わるのよね... (+_+)

3月 私自身が催していた「女古の雛祭り」も、還暦の時に『古希まで』と宣言して開始し、古希の今年に終了したこれも「潮時」だったのね。

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

12/18 納会へ

Img_8595_2
お茶のお稽古の納会=忘年会です。

←あちらはビールを注ぎ、こちらはノンアルで乾杯♪

.Img_8597a

.

.

.

本日がお稽古だった方は着物で、お稽古でなかった方は洋服で、元ホテルのレストランに集合。 例年 先生のお宅で納会をしていたのですが、今年は先生が忙しくて準備できない為、外でやる事になりました。

Img_8601aまた、私もこの納会にはお稽古でなくとも着物で参加していたのですが、ここに来るまで病院の処置室でいつもの点滴注射だったので初めて着物ではありません (T_T)

←左の佐〇さん お稽古日が違うのであまり話をしたことがなかったが、今回向かい合わせとなって「佐〇さんの今」を語ってくれた(^-^;

御年80をいくつか超え、現在一人で美容院を経営なさっているのだそうだ。過去には5人も雇っていることもあったが、70を過ぎて店を閉めたがお馴染みさんのリクエストもあって「営業時間は10時~14時。客は1日3人までの完全予約制」で営業しているのだそうだ。 お洒落で姿勢良く・滑舌良く・肌艶良く 80を超えているとは信じられない! ご本人曰く「立って喋って 手を動かしているから」そして「自分の家がお店だから家賃を考えずに楽しむ程度にやっていけるから」ですって。さらに「来週は旅行に出掛けるけど、予約を受けなければ時間が作れるの」と、そんな話を聞いて皆で「羨ましい老後生活」にいいなぁ~♪と。

前日は、2ヶ月に一度の年金暮らしの贅沢「年金ランチ」をしてきた私は、そんな年金を当てにせずとも良いトシヨリになりた~いと羨んだのであります (*_*)

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

今年最後の支給月

12月 そうです大事なものが支給される月でございます。

Img_8584aこの日(12/17)を指折り数えながら楽しみに待っていた婆が四人集まってランチ♪その名も「年金ランチ」 (^^)/

.Img_8585a

.

.

年金生活者の2ヶ月に一度の贅沢でございますが、このランチのコンセプトは『安い&美味い』で、「ただ安かろう」ではございません(*^^)v 

Img_8587
今回は忘年会の意味も込めて「いつもより高くても良いよ」と太っ腹なところを見せましたが... 料金は、2000円でお釣り (^-^;

←前菜(5種)も付いた酢豚 美味~♪

Img_8589
ただ コーヒーは別料金なので隣の店に移動してお茶とデザートです。

私が注文した金箔の乗ったモンブランにはお抹茶はついておりません。が、お姉さんが間違えてタダの煎茶ではなく抹茶にしてしまったの... 「あら 煎茶じゃなかったけどサービスかと思って飲んじゃったわ」と、婆さんは空惚けるのでした(^^)v

.Img_8591aImg_8592a

.

.

.

.

.

次回は平成31年の2月です。  どうぞ良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

完成です

先月 甲斐の国へ枯露柿を見に 行ったことは書きましたが、おまけがあるのです。

その時求めた柿を「干し柿に育てて」いたのが完成しました!

Img_8571干し柿なんて軒先にぶら下げて放置していりゃできるものと思っていましたが、異常気象の暖かさで軒にぶら下げておくと大事な柿に虫が飛んでくるのです!

Img_8569放置など出来ません!ということで「風」が大事と教えてもらってたので扇風機の風を当てて「育てて」いました。

.Img_8570

.

.

.

.

.

.

Img_8573お天気の良い日は虫よけをして日光浴をさせ、曇りや夜は24時間タイマーで扇風機を当て、1週間の留守の時は冷蔵庫で乾燥させ本当に手塩にかけて育てました (^-^;

← 完成でーす♪ 吊るし始めた時の画像が見当たらず現在の様子と比較できませんが、半分以下の大きさに小さくしぼみました。

Img_8575.

.

もっと干したらもっと固くなるのでしょうけれど、私はこのくらいの柔らかさの干し柿が好き (^^)/  自分の好みに仕上げられるのが手作りの良さですね~♪

干し柿を作っている人には笑われるだろうが、初めての素人干し柿作りでした。

※扇風機はバルミューダの風は柔らか過ぎるので、処分予定の古い扇風機を引っ張り出して働いてもらいました。処分延期です。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

12/11 副都心で恒例の忘年会

Img_8537_2高層ビルの窓には残業の明かりが灯り

ビルの足元にはクリスマスイルミネーション

恒例 潜り仲間の忘年会です。

この忘年会は「ヴィンテージ」とか横文字が付いた洒落た名称のある会なのですが、私には『爺婆忘年会』でOKなのです。

22年前に最初の会を立ち上げた時は、さるシティホテルの高層階のバーラウンジ(?)を会場にオトナの雰囲気たっぷりに催されていました。が、後年そのホテルの改修でラウンジが無くなってしまい、幹事さんが会場探しをして現在の庶民的な会場となりました(^-^;

そんな歴史のある会が22年目ですって!私はそのほぼ8割に参加しており、この会をやってから年を越すのが恒例

.Img_8543

このサンタのお菓子が配られるのもいつの頃からか恒例

東から西から...一番遠いのは四国から集う爺&婆。皆さんお元気だけど顔合わすなり話題は健康問題・相続問題.... 海の話が少なかったな。

.Img_8556

この忘年会には恒例 BINGOゲームがあります。もちろん今年もやります。

今年の景品は復興福島の応援で福島の商品がズラ~リ!

Img_8553
私のカード↑すぐビンゴを取ったように見えるけど、例年通りくじ運も悪い私はビンゴも駄目。皆様がほとんど「ビンゴ!」「ビンゴ!」となっても、私はパラパラの数字...。いいんですよ。全員に景品が用意されているので「残り物には福がある」んですよ。

Img_8557←ほ~ら 素晴らしい 誰もが羨む美味しい美味しいカレーが当たりましたよぉ (^^)/

と、楽しく会は進んでいますが、実は最初に悲しい話があったのです。 

この会を立ち上げ幹事として運営して下さった方々が「ここが潮時」と22年の歴史に幕を閉じる宣言をされたのです。

皆さんギョギョギョギョエーーーです。


.  Img_8549_2

.

立ち上げた時は22歳若かった幹事さん達↓ありがとうございました♪

Img_8565_3
始まりがあれば いずれは.... なのですが、困るよぉ! 私の年越しの恒例行事が無くなってしまうではないですか ((+_+)) 

これで会が無くなってしまうのかと思うと、これまでの思い出話に花が咲きます。

.Img_8559

U氏の企画する潜りツアーに何度か参加しているが、この仲間に入った最初がU氏のツアーだった。お陰で仲間が沢山出来ました。

.Img_8548

.

Kちゃんとも初めの頃に知り合いました。和歌山県にペンションを持つHさんをさんふらわぁの最後の船で訪ね、串本の海を潜り、Kちゃんの100本(?)記念を祝ったのも思い出です。

←Kチャン 翌々日にはスイスはツェルマットに現地集合してスキーで滑っているんですよ。 この仲間のスケールのでかさには付いて行けませんわ~(*_*

Img_8568_3最大の思い出は「何と言っても やっぱり 大島での竜巻が最高よね~」と一緒に被害にあった照〇さん、そして前の晩まで私と同じ部屋に泊まりながら竜巻に合わなかった運の良いハナちゃんと思い出話をしていると会場の向こうから「後を引き継ぐよー」の声が。

今回で終わりとせず来年も会を継続していこうと幹事役を引き受けてくれる仲間が登場!嬉しいですね♪ありがたいことですね♪

来年もまたこの景色をながめることができるのだなと思いながら会場を後にする。

(あら いつも二次会やっているのに今年は無かったのかしら...?と、すんなり引き上げる一団に紛れ込んでしまい(?)駅に着いちゃった (^-^; )

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

12/7 和菓子研究会


Img_8524
ずっと休会状態だった簡単和菓子製作研究会を再開

師匠の都合とやる気が揃わずご無沙汰だったのを、研究室(調理室)を借りて「場所はある。教えに来て~」のラブコールが効きました (^^)/

.
Img_8526

借りた広い調理室には6台のガステーブルセットがあり、30人以上が使える部屋ですが師匠と研究員2名の3人だけで使用。

何作ろうか?と尋ねられ、我等は今までに作ったものの復習で良いと答えたら『花びら餅』『打ち菓子』を作ることに。

しかし我等は「研究会」ですから前回と全く同じではなく、花びら餅2種←求肥と求肥にメレンゲを加えた『雪平』というふわふわ感のあるもの2種を作りました↓

Img_8528_2雪平(せっぺい)とは、
求肥餅を練る工程で卵白と白あんを加えて煉り上げる白くてやわらかな餅生地。
求肥餅に比べると色が白く上がり求肥餅独特のコシや粘り気が弱くなって食べ口や口溶けも優しく上品な感じ。

Img_8531_2
                                  左が普通の『求肥の花びら餅』、右がふわふわの『雪平の花びら餅』です。見た目は白さの違い程度であまり変わりはありませんが、作業は雪平は柔らかすぎて形が歪みやすい事。そして食感は餅のコシが無くふわふわで「餅」の粘りがないため我等2名の研究員は普通の求肥の花びら餅に軍配を上げたのでした。

←製作の時間が終わるとお茶の時間 検証の研究協議でございます。

.Img_8532a
いえ、決して不味いのではなく、両方を食べ比べてみて 「我等には餅感のある方が好み」ということでございます。 ただ、これを何も知らない人に2種を食べてもらっても「花びら餅2個 ごちそうさま♪」とその違いに気が付いたりしないだろうな。

あら 打ち菓子の画像がありませんが、和三盆と寒梅粉を混ぜて型に強く詰め込み、型を叩いて(打って)強く詰め込んだ菓子を型から取り出すから「打ち菓子」という柔らかめな干菓子の一種です。美味しく綺麗に出来ました。

今までの会場は隣に和室があり、そこでお茶を楽しんだけど ここはそんな気の利いた場所がなくガス台をテーブルに反省会です。

次回は1月中旬です。

| | コメント (2)

2018年12月 8日 (土)

12/1 イベントにはこれで

Img_8428Img_8427_2この日の参加者何人にも「この着物は何?」と尋ねられたが、マジョリカお召... 前にも書いたが、昭和の中頃流行って母も叔母達もラメ入りのようなお召しを着ていた。

.Img_8416

.

.

.

.

.

「マジョリカお召」をググってみたら

マジョリカお召とは、新潟県十日町市を中心に1959年(昭和34年)から4年間だけ生産されたお召の一種。 
地中海のマジョリカ島特産のマジョリカ陶器のようなカラフルな色柄を表現したことから「マジョリカお召」と名付けられた。

また こうも書いている↓

戦後の一時期に大流行し、パッと生産されなくなった幻の着物。

へぇぇ… そうなんだ。

Img_8422_220年ほど前、母が遺したもので私の好きな着物だったが、母のものは何しろ小さい!それを私サイズに直したもの。当然 丈が足りないので、胴接ぎで身丈を伸ばす→

Img_8424
よぉーく寸法を計算しないと接いだ部分が覗いてしまうことも ((+_+)) これはギリギリあと1cm!

別々の呉服屋で何枚か胴接ぎをして仕立ててもらったが、どこも私の腰紐の位置をしっかり測らず「分かりますから」と仕立ててしまい接いだ部分が覗く着物もある(修正してもらったが)。お端折りで隠れる部分は限られているのだから、腰紐の位置と接ぐ長さはしっかり図る必要があると思うのだが... 当時はそんなものかと思ったが、今ならきちんと指摘しますよ。

  Img_8417_2Img_8420_2≪帯周り≫

無月の袋帯... これも「無月」でググってみた。

平成5年に堀口無月氏が考案した新感覚の袋帯、本場奄美大島の泥染め絣糸をループ状にし、ハンドル刺繍という技法で縫い付けれています。

20年以上前に求めたものだが、今 ヤフオクやらに出品されているのを見ると10分の1 20分の1の値を見て悲しくなるが、そもそも衣料品の値段としては狂っていた時代... バブル時代終焉の名残りの産物でしょうね。

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

予定変更

Img_697511月中旬~12月末の過密な(?)スケジュールの中で12/2~の一週間を潜り納めのために死守していたのだ。

12/1のイベントが終わったら、南の海へと出発するはずだったが... 進路を彩の国へと変更 (^-^;

ホントは青い海を眺めるはずでしたが、青いプールを眺めています (^-^;

Img_6972
.

.

.

.

椰子の木陰ではなく、ここのギャラリーで水遊びしている姿を眺めています。

.Img_6987

.

.

.

暖かさだけは常夏のプールサイドです(^^)/

今回の予定変更はビンボー生活者には負担軽減♪絶不調者には休養♪ということにして、来年の潜り初めはいつにしようかな?未定だが、2mmのスーツで潜るには3月以降だろうな.... その間に絶不調の脚も何とかせねばならない。

それにしても師走になったのに この気温は異常です。1年前、2年前の同時期と比べると異常さがよく分かります。 これで例年の寒さに戻ったら、老体に耐えられるでしょうか?

あと4週間もしないで平成30年の年を越します。この暮れは“年賀状作成終了宣言”でのんびりできますが、家の中の断捨離作業をしてすっきりと平成31年を迎えたいものです... 出来るかなぁ?

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

12/1 イベント終了

Img_8435a12/1 夏から準備を進めていたイベントが終わったー!

打ち合わせのランチ、打ち合わせのディナー、会場下見のランチ、準備のディナー…とお食事のために集まっているような我等でしたが、やる時はやるっ!

回を重ねるごとに和気あいあいの良い雰囲気の催しとなり、お褒めの声もかけられウチョウテン (^-^;

Img_8431開会1時間前、会場が整え始められても、今回の企画は大丈夫かなぁ... 金も無いのに予算通りに行かなかったらどうしよう... 我等の不安は消えなかったのだが、閉会後の会計請求書を見てバンザーイ ほぼ予算内(^^)v ←食事以外の飲み物をフリーにしているので そこが一番のネック。 フリーを止めて「飲み放題プラン」にすればれば良いではないかと言われるが、そんなケチなプランにしないのが我等のこだわり (^^)/

お陰様でそんな綱渡りのような懐事情でも 今回までの三回ほぼ足を出さずに出来ているのは「我等の読みが良い」と自画自賛... までは良かったのですが...  好評の内に第四回も開催することになってしまった! (*_*; また来年も夏から打ち合わせのランチやディナーを重ね(出費!)、ハラハラドキドキせねばならなくなりました。

Img_8510a_2盛り上がったイベント画像は撮る間もなく終わってしまったので、お開き後の「反省会」画像 (?)

Img_8509_2.

.

.

ろくに反省することもないし(^-^;皆 車なのでお茶と甘いもので打ち上げるのも恒例となりました。

後日 会計報告をしながら真面目なホントの反省会を行います。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

11月のアップ忘れ

Img_831512月師走になってしまいしました!
11月の末の事ですがアップしそこなっていたのでアーップ♪

.

25日 いつもの女古会 冥途の土産会

いつもは500円の会費制ですが、今回は特別出演(?)の材料実費約3000円ほどを各自負担する特別な会です。その名も「冥途の土産会」(^-^;

Img_8263aその特別出演の荷が午後4時になっても届かずハラハラ... 「到着が間に合わなかったら納豆かフリカケね」と言ってたが、テーブルの準備を始めた4時50分ピンポーンと到着♪

←待っていたのですよぉ (^^)/

荷物は、そこらの魚屋では手に入らない大間の一本釣り本マグロ!それも冷凍ではなく生ですよぉWWW!

Img_8269a

「明後日23日に解体する。クールで送るから25日には食べられる」と21日に大間から連絡が届き、急遽女古会招集!

実は、10月の青森下北半島の旅:大間の話を仲間にしたことから「冥途の土産に一度は食べてみたい」と話がまとまり、25日に生マグロを届けられるか大間に連絡をしていたのだ。 ただ25日に食べるためには23日に解体をしないとダメ(=冷凍されたのでは意味がない) 連絡を入れた時にはまだ23日の解体が決まっておらず、決まったら電話をしてくれることになってた その連絡が入ったのだ。 

Img_8267aお高いものだから ほんのちょっぴりの注文なのに 我儘きいてくれたのは、「赤身、中トロ、大トロ一切れずつ食べた私を覚えてますか?」 と電話に出た方に恐る恐る言ったら 「ああ 覚えてます 覚えてます」 と話が通じ、恥ずかしげもなく変な注文したのが役に立ちましたわ (^^)v   注文は赤身500g 中トロ500g これを女古7人で食べまーす。

Img_8264aテーブルには皆様がお持ちの料理を並べ、私はキノコ汁と刺身のつまを準備。刺身包丁もなく、上手に切れる腕もないが、美味しいものはどう切っても美味しいはず。公平に切り分けるのも難しいが、一人分量を重量制できっちり測れば多少の多い少ないは気にすることなく気楽に切れるので ハカリ登場!

500÷7=71.4g   まだまだ少ないよ~ →

どのくらい注文すれば良いかわからず取り合えず500・500で1㎏注文したが、赤・中トロ合わせて140gほどはたっぷり一人前の量がありました。

Img_8279お一人の「赤身〇g+中トロ〇g+送料7分の1」と実費計算。 こ~んなにきっちり計算するお食事会 ちょっと他にはないでしょ? 大騒ぎしながら切り分け測るのも楽しいイベントでしたわ♪ 

←女古達は1円単位までシビアです(^-^;

.Img_8280a

美味かった~ 満足満足♪と 冥途の土産を食べた女子達です。

次は夏場のウニをちょっぴりで良いから食べたいね... 冥途の土産に と。  また企画しましょう。

.

.

Img_8299
26日12時 さるホテルの「温泉&ランチ」のランチだけに参入いたしました (^^)/

私はこの日、午前中と午後3時から予定が詰まっていたがランチなら参加できるではないか!とタイトな時間を縫って参加♪

皆さんは、お風呂にゆったり入って お腹を空かせてランチビュッフェで食べ放題! お腹を空かせていない私も食べ放題((+_+))

.Img_8293

もう さんざ食べて 満腹で さらにデザートを食べている我等です →

ビュフェに並んでいる美味しそうなお料理の数々... 目では食べたいと思っているのに胃が受け付けなくなっているのは悔しいです。若い時は料金以上に食べて元を取らねばと浅ましくもガツガツ食べることが出来たのに、こんなことでも「老化」を感じます。

Img_8308いつもは横浜で集まっている戦友達 (^^)/

この仲間はHさんを中心に国内外あちこちお出掛けしているのですが、なかなか日程が合わずに不参加ばかり... 今回も温泉は無理でも せめて参加できるランチだけでも~♪と参加。

この後は私の午後3時からの現場に行ってお茶でもと思い、遥々30分かけて行ったのに あらまっ ごめんなさい!店仕舞いした後でした ((+_+))

そして私は翌日の準備作業へ。

.

.Img_6871_3

.

.

27日 もみじの茶会

例年お手伝いしている茶会ですが、今回は「貴女達で一日やりなさい」との命令(?)で メンバー4人にお稽古仲間の助っ人で開催。

命令とはいえ、正座のできない絶不調の我が身ですので、座らなくても良い広間の水屋を担当。

Img_8349a
.

←隣接の小間の水屋は正座なのでパス。私が一生懸命働いている証拠の画像はありませんが、裏方でもお声がかかるとヒョコヒョコ写真に収まります(^^)/

.

.Img_8336a


座ることが出来ないので膝立で パチリ

.

.Img_8337a

.

快晴のお天気のお陰もあって100名を越すお客様!お菓子の追加注文するほどでした。

Img_6878
.

この成功は「来年もまたやれ」との命令が下るかな?とちょっと心配ですが(^-^; 何はともあれ無事に茶会を開けてめでたしめでたし~♪

.Img_8341

.

.

.

.

.

.

午後2時を回ると茶室まで木々の影が入り込み 茶会も終了でございます。

11月の事まだあるけど ここまで。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

一周忌

『 天国の少し手前に、「虹の橋」と呼ばれている場所があります。

この世界で生前、誰かと寄り添い、暮らしていた動物たちは、
その命の灯が消えたとき、「虹の橋」のふもとへ行くのです。

そこには、草原や丘が広がっていて、
動物たちはそこで駆けまわり、
ともにじゃれあって、楽しく遊んでいます。

おなかいっぱいのごはんと、きれいなお水、
そして優しい太陽の日差しに溢れていて、
みんながそのあたたかな場所で、のんびりと暮らしています。

病気にかかっていた子も、年老いた子も、みんな元気を取り戻し、
傷の痛みに苦しんでいた子もすっかり健康なからだを取り戻し、
昔のように、そしてまるで夢のように、そこでは過ごしているのです。

動物たちは幸せに暮らしているのですが、
たったひとつだけ、心を満たしていないことがあります。
それは、かつて共に過ごし、愛し合い、寄り添っていた人が、
ここにいないことが、恋しくて、寂しいのです。

動物たちが一緒に遊んで、駆けまわっていたある日、
ある子がふっと立ち止まり、遠くを見つめていました。
その子の目は、次第にキラキラと輝きだし、よろこびで震えだします。
突然、その子は仲間から離れ、草原を飛ぶように走っていきます。
速く、速く、それはまるで風のようです。

その子の視線の先にいたのは、
共に過ごし、愛し合い、寄り添っていたあなたでした。

その子とあなたは、虹の橋のふもとで再び出会います。
あなたは、愛するわが子を抱きしめ、愛情いっぱいにふれあい、
二度と離れることはありません。

あなたは満面の笑みで幸せにあふれたキスを受け、
もう一度、愛するわが子を抱きしめるのです。
そして、わが子の顔をのぞきこみ、見つめあっては、語りかけます。

きみと別れてからの長い長い人生を、
私は一生懸命生きてきたよ。
その中で、きみを忘れたことは一度たりともなかったよ。
やっと会えたね。

そしてあなたたちは寄り添いあって、
共に天国へ続く虹の橋を渡っていくのです』

.

こんな詩があることをTVドラマで知った。

TORAも待っているだろうな?もう少し待っててね。

本日12月4日は早いものでTORAの命日です。

| | コメント (3)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »