« 着物一枚に帯三本 | トップページ | ババ達の新年会 2/1 »

2017年2月 2日 (木)

アレはコレです

Img_1018自慢じゃないが 私は大変な凝り性です。

「凝る」のは肩&背中...(^^;

Img_1157なのでアクセサリーはイヤリング(←ピアスじゃないのよ) くらいのもので、指輪もダメ。 20~30代には首からジャラジャラぶら下げていたネックレスやペンダント類はみな処分し、ごく軽いものを数点しか持っていない。

そんな私が首に太いアクセサリー! 1/19にアップのあれは何?にお答えします。

Img_1151 これが素材料(筒状のニット)

 準備する道具はハサミ

Img_1153チョキン チョキン と4㎝ほどの輪切りにし、輪をギュッと引き延ばすとクルリンと端がめくれて輪っかになります。

Img_1156.

それを輪ゴム繋ぎのように好きな長さに繋いだら両端を輪と玉にし、止めにします。

Img_1205
色を選んでも見えるのは裏側なので 出たとこ勝負 (^^)/

←ゆるゆるに繋いでみたらまた違った感じですわ~♪

これなら軽くて&暖かくて&お安くて 冬のアクセサリーに使えます (^^)v

|

« 着物一枚に帯三本 | トップページ | ババ達の新年会 2/1 »

コメント

こんにちは、及川です 今年の新作「BR03-92ダイバー ブラック マット」にも、その精神が受け継がれています。
を展開しており、シーズンごとに新作モデルを発表している。
高額買取となるためには、まず時計が正常に動作している事が大切である。
常に機能美、そして視認性にこだわるからこそできたのではないでしょうか。
高機能な防水性を持つ"マリーンBR02"をびっくりの高価買取致しております。
また、東京や福岡といった激戦区にある買取店も、高価買取を目指すうえでは良い選択肢となります。
ルラグジュアリー」を掲げ、ライフスタイル型のブランドとして方向を目指す。
それに加え、レザーにウォッシュ加工などを加えて、柔らかさ、ヴィンテージ感、独特な風合い、色合いを出す。
ヘッドは古き良き時代のアメリカのモノ作りを理想として、それをいまと融合させていることが特徴。
大学入学のためのパリの予備学校で過ごした3ヵ月の間に、カルロス・ロシロ氏と知り合い、意気投合。
PIAGET(ピアジェ)は極薄のムーブメント製造で一気に名を世界に知らしめました。
2018年現在の出店数は、メンズを取り扱う『ジャックロード』とレディースを取り扱う『ベティロード』の2店。
二人は、50年代から80年代のヴィンテージフレームにインスパイアされた、スタイリッシュなアイウェアを作ることを思いつく。
玉木竜二郎(Ryujiro Tamaki)。
本格的なヴィンテージデニム作りを目指しオリジナルデニムの生産を開始する。
1976年熊本生まれ。
古き良き時代のヴィンテージジーンズを理想として、1940年代から50年代の本物の良さを目指しジーンズ作りをする。
主に60年代、70年代のサブカルチャーなどアンティーク、ヴィンテージコレクションからインスピレーションを受けている。
主な銘柄にはティーリング(TEELING)、ミドルトン(MIDLETON)、レッドブレスト(REDBREAST)、カネマラ(ConnemaRa)、ヘネシー・ナジェーナ(HENNESSY NA-GEANNA)、ジェムソン(JAMESON)などがあります。

その他の世界一流スーパーコピー https://www.yuku006.com/ProductDetail.aspx?Id=202003040342260693

投稿: その他の世界一流スーパーコピー | 2020年6月 7日 (日) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着物一枚に帯三本 | トップページ | ババ達の新年会 2/1 »