« 茶会&最終忘年会 | トップページ | お別れです »

2017年1月 8日 (日)

12月着用の着物

うっひゃー 寒い!
おまけに昼頃から冷たい雨が降り出してきたので、本日産直の店へ出かける予定変更ですわ。柚子を沢山(せいぜい10個(^^; )仕入れたかったのですよ。明日も雨らしいので明後日に変更!ヒマだからいつでもオッケー(^^)/

さて、他人様にはどうでもよい私の着物着用履歴を記録してなかったのをアップいたします。

Img_0300Img_0297一見無地に見えますが、叩き染め(蒔き糊散らし?) ま、無地ですね。

茶会の裏方ですので、おとなしく目立たない着物が求められます。 水屋仕事だったら膝に水滴が飛んだりするので、帯の上からロングの「前掛け」(←死語?)をします。

「目立たない」という割には帯締め・帯揚の色がビビッド過ぎますか? (^^;


.Img_0295

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_0697Img_0699
小紋だと思うのです。でも呉服屋では仮縫いされた絵羽の状態(仮絵羽?)で販売されていたのですが、襟は続き柄ではないし... よく分かりませんが、訪問着か小紋に迷うときは、これにしておけば間違いないでしょう。

八掛も共ではないけれど叩き染めの重たいのが付いていましたが それは使いませんでした。その生地はまだあるんです。何に使いましょ?

.Img_0695

.

.

.

.

.

.

.

Img_0835Img_0834紫の綸子に絞り柄の小紋。

でも もう「絞り」ではなく、二度の洗い張りでただの平たい「匹田模様の染め」になっています(^^; それでも好きな着物です。

帯は I 女史からの頂き物(または物々交換品です) 帯周りを考えている時は↓の組み合わせにしたけれど、止めて ←のように 紫色の濃い帯締め・帯揚げに替えました。

.Img_0831

.

.

.

.

.

.

.

Img_0886Img_0884
絞りの柄見本みたいにいろんな絞りがあります。 これも小紋?なのだろうけど絵羽なんですよね、襟も続いてるから「訪問着」の仲間に入れてよいのかしら?

二番目の市松の様な着物と同様に小紋?訪問着?と迷うときにはこれにしときます。

訪問着着るほどか?小紋じゃ気楽過ぎないか?と迷うことって多いんですよね (^^;

はい 帯は前回と同じ有職文様:雲立涌の袋帯。

.

.Img_0881

.

.

.

新年明けてもまだ着物着てませーん。もちろん今年も 「あるのを着る!締める!」キャンペーン継続中♪

|

« 茶会&最終忘年会 | トップページ | お別れです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶会&最終忘年会 | トップページ | お別れです »