« 山陰訪問 1 | トップページ | 山陰訪問 3 »

2016年11月 4日 (金)

山陰訪問 2

Img_9812_4
本日10/28は 上○さんと二人して鳥取の寺〇さんの所へ♪

そのためには8時前の電車に乗り、途中2カ所で乗り継ぎしないと昼過ぎに到着しません。地図を見ればすぐに行けそうな距離なのに...  「ローカル線をなめんなよ」という声が聞こえそう (^^;

Img_9816
この電車もワンマン→

.

.Img_9821

餘部鉄橋は吉永小百合の「夢千代日記」で毎回見ていた。転落事故もあった鉄橋だが車内に乗っていては分かりませんね。すると2駅手前で沢山乗り込んだツアー客が全員下りるので尋ねると、バスツアーだが電車に乗り高さを味わい、下りたら見上げて、有馬温泉に行くのだとか...  あら電車には我等しか残っていません。

Img_9829次の停車駅で乗り換えるのだが、乗り継ぎ時間に1時間近くも要する((+_+)) そこで「乗り継ぎ時間が無駄!私達に早く会いたいなら浜坂駅まで迎えに来ると良い」と誘って時間短縮に成功 (^^)v

駅を降りると寺〇さんの車が待っている♪ 

.Img_9831_2


.

鳥取に向かい 荒れる日本海を眺めながらドライブ。時折ワイパーが必要になったが車で走っている間は降ってもOKです。その代り車から降りたら止んでね と祈る。  

Img_9833
「すごい田舎だから 驚くんじゃないぞ」と何度も言われたので 上○さんと驚かないように覚悟(?)していたが、最初に連れていかれたのは山間の食事処。

Img_9834入口の門の所に放し飼いのチャボ?が数羽... 「うん 確かに田舎だ これくらいじゃ驚かないぞ」と言いながら入って行くと・・・ 驚いた!

.Img_9867

茅葺の建物を中心にコテージ風の離れが苔生す林の間に点在するお洒落な食事処。

建物は古い 中の道具類やインテリアも古い スタッフの女性の衣装は本絣のもんぺの上下... それが全然田舎臭くなく素敵なんです。

私達が到着したのはランチタイムが終わるころだったので先客が引き上げるところ。こんな山奥なのに満席だった様子です。

.Img_9838a

Img_9842a

.

.

たしかに「田舎料理」だけど 食器も盛り付けやお膳のあしらいもお洒落♪ 

.Img_9843Img_9846Img_9854

.

.

.

食後は囲炉裏を囲んでデザートタイム♪ 「もちもちの木」のトチの実饅頭 

Img_9852a_2
←背中が冷えるからとチャンチャンコを羽織ってます。

「ねぇ おじいさん」
「なんじゃ ばあさん」

とでも言っていそうな我等ですが、50年前は元気に大学キャンパスを闊歩していたんですよ。信じられないだろうけど(^^;

Img_9865
寺〇さんもオエライさんになったようだけど、私達には通用しません。昔のクラブ仲間ですわ。

Img_9869
.
.

食事の後は 「驚くほどの田舎だと言ってたけど コレじゃ全然驚かないよぉ」と文句を言い田舎案内をしてもらう。

.

.Img_9871

.

しかしこれがまた別の意味で驚いた!昔の庄屋さんの家(本陣宿にもなってた)を現在町で借り上げて公開しているというので、期待しないで見に行ったら すごい!

.

.Img_9872_2

.

.

.

こんな田舎に 庄屋とはいえこんなにも豪壮な建物が!それも 田舎なのに個人のお宅として手入れされて住まわれてきた!ここはいったいどんな「田舎」なんだ?!

その「豊かさ」に度肝を抜かれた ( ..)φメモメモ

.Img_9882a_2

この日は鳥取泊まり:駅前のビジネスH.シングル2部屋取っておいて、夕飯は寺〇さんお薦めの牛しゃぶ 牛濯ぎ...こちらの呼び方なのか お店独特の呼び方なのかは分かりませんが、「ぎゅうすすぎ」も分かりますね。

Img_9883a
.

..

.

.

翌日の天気予報は雨... 昨日も雨でもなんとかOKだったのに、明日は確実に降りそう ((+_+)) そしたらスタバでお茶しながらお喋りでいいんです。 観光よりもお喋り重視です。

|

« 山陰訪問 1 | トップページ | 山陰訪問 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山陰訪問 1 | トップページ | 山陰訪問 3 »