« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月25日 (金)

ご飯で工作

Img_9720Img_9722
パーツを作ります

パーツを組み合わせます

.

.Img_9723
合体させます

ノリとご飯を巻き簾で巻きます...

パーツを作っている時から思っていたんですけどね、ご飯=食べるものを作るのに こんなにいじくり回していいのぉ?これは自分で作って自分が食べるんだから良いけど、他人様がこれ作ってくれたら食べる気がしないよぉ (^^; と、作り始め早々から気持ちが↘ 右肩下がり。

Img_9724
はーい そんなこと考えてる内に一つ完成です。3本の蠟燭が立ったケーキです♪ (少々歪んでいるのはご愛敬)

Img_9726これはですね、『飾り巻き寿司』 というものを教えていただいているんです。

Img_9727私、普通の海苔巻さえ作ったことないくせに 「はーい 作り方教えてくださいっ」 と、飛び込んで「え?こんなに手をかけるの?これは工作?...」と違和感覚えながらやってます┐(´д`)┌ヤレヤレ

Img_9729
はーい もう一つ クマちゃんの完成です♪

でもね、『工作』と考えれば、初めてにしては私 上手いじゃん♪ 実は、何年も(←こんなのを)やっている人ばかりの所に『3回だけ』の仲間入りをしたのです。他のベテランさんの出来上がりを見て、内心 「私のが勝っている~ (^^)/」 と。 巻き寿司の作り方を教えてもらいに来ているはずなのに変な対抗心メラメラと (^-^;.

.

Img_02322回目

端っこはこんな状態のを切ると…

Img_0233
パカッ 

プレゼントの箱です

あらま!真ん中のピンクが黄色の卵焼きと同じ幅(平行)になるはずが裾すぼまり...((+_+))


Img_0230私が食べるんだから いいんです。

次はご飯を外側に巻いて… サンタさん 眉と目をつけて出来上がり♪ 

.Img_0236_2

.

クリスマス・プレゼント サンタさん の完成です。

.

今 若いママたちの間で流行の「キャラ弁」みたいなもんだなぁ と思いながら、そして ご飯でこんな「工作」することは私の趣味じゃないなぁ と思いながら、来週最後の3回目に行ってきます。 なにを作るんだろう?

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

11/20 はこれで

Img_0475Img_0477
表は金色で描かれた竹 見えない裏も同じく金で蘭が描かれた留袖は、金以外色が無く、「地味」と言えば地味な留袖でございます。

でも、華やかな色柄の留袖は好きじゃないんです。

12年前必要になった時に一目で気に入ったものです。

前回着用は12年前でしたのね... 。綺麗にして仕舞ったつもりでしたが、12年振りに出してみたら点々と気になるカビ?((+_+))

目立つほどではないけれど、目にしてしまったから急いでお手入れに出して間に合わせたが、今後のためにはお手入れどうしましょう... 次着る機会があるでしょうか? 仕舞い方も、袖口・裾に真綿のふっくら吹き綿を入れて仕立てたものなのでペチャンコになってしまうのが気になります。今回はお手入れに出したのでふっくら戻ってます。

.Img_0467


  ≪帯回り≫

あらま お太鼓部分の画像を撮ってませんでした。

帯も金以外の色が使われていない物を選びました... 12年前にね(^^; やはり当時 地味だったかもね... でもきっとこの組み合わせを選んだと思いますが。

帯締めは丸ぐけ 組紐の白に金が入ったのもあるが、丸ぐけが好き (^^)/

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

11/22 第3弾

Img_0570
あ その前は... 借りたスタジオの中で仲間との自主練 (^^)/ 自主練の前は近くのフードコートでランチとお茶♪

.Img_0575_2

.

練習の合間にはこれ… 松坂牛?('Д')

.Img_0572

.

い~え~ おかき 竹皮にくるんだ まるでお肉の包みは笑いのネタになるお土産♪

.Img_0573

.

ううーん お味は普通のおかき (^^;

『練習の合間』なのか『合間に練習』なのか分かりませんが、温習会があるので練習嫌いの我等もやらざるを得ない... 。

午後はこんなことしてまして、になったらこれですわ♪

.Img_0576


忘年会第3弾でございます (^^)/

.

Img_0577.

前のページにも書いたように ♀率高い仲間です。

会場は昭和の薫り高い中華料理屋さん 2階の座敷が取れなかったのでテーブル席となり... 幹事さんは詫びているが高齢になったメンバーにとってはこの方がありがたい♪

Img_0579年に1度の近況報告会みたいな会も、1年間には色々あるもんだなぁと思えるメンバー1人ひとりの報告スピーチに耳を傾ける。

この時の話を発端に「来年は着物で集まろう!」と、3人が意気投合♪ 奄美大島で紬を手織り・退職記念に着物を買ったとそれぞれ理由は異なるが、せっかくの着物を着る機会が無い... ならば!となりました。

来年が楽しみでございますわ。

.

さて、このお店で気になったこと。
Img_0578この箸袋を見て
 

「美味しい物より 
 感動する物を作りたい・・・。」
 

ですって (^^;
いやいや 美味しい物を作って下さいよぉ。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

11/18 忘年会第2弾

Img_0450a

...なのですが、この日18日は忘年会前にもありまして、田○○邸の月一のお茶会♪このお茶会は(←ランチの時もありますが)『カロリーオーバーになる日』とも呼び、食べて食べて喋る会でございます。

彼女お得意のシュークリーム 「今日はうんと小さめに作ったから安心して~」と言うが、二つ食べてしまったら一個以上のカロリーですわ ((+_+))

.Img_0452a

.

.

シュークリーム以外にも「小さく作ったからね」と言う栗蒸し羊羹↓

.Img_0449

うん 確かに小さい ^m^

でも他にも果物や我等が色々持ってきたものがあるんですから ホント恐ろしい会ですわ。

.Img_0457a

ランチの時も お茶の時も お開きは暗くなった時。でもこの時期は4時を回ると暗くなり、夏場と比べると2時間以上も短くなってしまい ついついお喋りが終わりません。

でもこの日は、きっかり4時になってお開き。というのも私には次のお座敷があるから (^^;

.

.Img_0461

居酒屋で 忘年会第2弾 です♪

定刻過ぎてもお仕事が終わらず遅れてくる現役メンバーが来るたびに乾杯♪ 何度乾杯することやら(^^;

.Img_0465

.

第1弾同様 昭和の宴会です。 同じく煙草の煙はもうございません。酒量も減りました。

.

.Img_0463

どちらも昔の仕事仲間ですが、第1弾は♀の率が非常に低く♂多し。第2弾のこの仲間は♂♀半々かな? 第3弾はさらに♀率高い!オバチャン達が元気です。

平成28年もあと40日((+_+))

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

華燭の典

Img_0528
←20日のお出掛けはここ

訪問するたびに楽しみな階段下の装花 ・・・真っ赤な薔薇の半球体!生のお花ではなくプリザーブドフラワー1000個ですって!どなたも気になるのか触っていますが、側に「手を触れないで」の小さな表示が...(^^;

.Img_0536


いつものようにその前でパチリ(色調は左画像のが良い)→

本日の着物は留袖

.

.Img_0504


.

.

.

これから結婚式ですの♪ 久しぶりの“地味~な留袖”は年齢相応となりました。

.Img_0539_2

.

チャペルの式場で 牧師様(神父様?)のお話とオルガンの生演奏、賛美歌に胸キュンとさせられます♪

.Img_0541

讃美歌も久し振りに歌いました。半世紀以上前にはセーラー服&三つ編みおさげ髪で始業前・終業には歌っていたんです。

.Img_0547_2

小さな結婚式ですが、会場は赤紫色の花々が溢れ、真っ白な薔薇で飾られた入刀用セレモニー(?)のウエディングケーキも会場の雰囲気を華やかにアーップ♪

「こんなに大きなケーキをこの人数で食べるの?」とコソコソと話していたら、心配ご無用!セレモニーケーキですって (^^;

.Img_0521

そもそもウエディングケーキとは

新郎新婦のこれからの幸福や繁栄をケーキに託し、
その願いが天まで届くように高く積み上げたのが始まり
また、ケーキを分け合って食べることで 
幸せを分かち合おうという思いも込められている

なのだそうである。( ..)φメモメモ

.

Img_0561.

何はともあれ 二人の行く末を祝う佳い会でございました♪

.

会場を飾ったお花をいただいて、いま我が家のテーブルは豪華なお花!
明日友達呼んで見せびらかさないともったいないな \(^o^)/

.Img_0568_2

それにしても前日19日は雨、翌日21日も寒い雨((+_+)) 何と恵まれた事でしょう♪

 

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

11/13 はこれで

Img_0297Img_0300_2
今日の装い・・・「お客」ならば訪問着でしょうけれど、「裏方」なので無地にしました。

画像は10月の結城紬にも似て見えますが、蒔糊とか  たたき染めとか呼ばれる(どっち?)無地扱い... 共八掛だから小紋ではなく「無地」で良いんですよね? 柔らか物です。

最近着物に関して分からないことを教えてもらえる方がいなくなりました。とんとご無沙汰の濱○屋もS店長がいなくなってからは相談相手にならず、これが無地なのか小紋なのか?そんなことを尋ねたかったのに誰に聞いてよいやらいないんですよ。

以前はお稽古の姉弟子達や、母、叔母達がアドバイザーとしていたのに、親戚身内はいなくなるし、お稽古では高齢弟子の中でも「高」の部類ですから同じ仲間内であぁでもない、こぉでもないとの堂々巡り。誰も自信がないのです。でも同年代だって着ない人の方が多いのだから「皆 分かっちゃいないんだから いいわよぉ」と着物着用者の強みでマイウェイで通そう!

 Img_0291Img_0295
    ≪帯周り≫

S店長の『とって置いたわよ♪』の売り文句で購入の縄模様の袋帯。 はい 色&柄とも私の好みです。

そんな客の好み(箪笥の中身まで)を把握している店長がいないお店には行く気も起きなくなりました(^^;

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

お山の翌日は

Img_0302
お山に行った翌日は、

敷地内の紅葉の枝先が赤く色づいたここでお手伝い♪

Img_0301
.

.

.

.

秋晴れの気持ちの良い11/13 朝から夕刻まで... ノーンビリやれば良いわ(^^)/ と、思ってたらスタートで甘い考えだったことを思い知らされました (^^;

今までにも何回か茶会の裏方を手伝ってきましたが、一席目の定刻30分前には二席、三席目までもが満員御礼状態! そんな状態が午後の席までもずっと続くのです((+_+))

Img_0324a

でもね、テキトーな私に比べ どなたもテキパキと水屋仕事をこなし戦場のような水屋もスムースに流れております。


Img_0305.

.

.

色んな社中の水屋仕事を眺めて来たけれど、我等の所に勝るところはございませんわよ (^^)

ですから安心して(?)サボれます (^^;

私の持ち場は露地なのですが、水屋の陣中見舞いと称して(=私にお菓子とお茶 要求!) フラフラ潜入したり、他の席を訪ねたりして遊んでます。

Img_0336aま、私の手なんぞは期待されていないから 猫以下でもありますわ~ ^m^

忙しい?仕事を縫って、今日は「お客」に徹した(?)Sさんのお見送りも丁重にいたしますの。

.Img_0367a_2


.

来週も毎年恒例の茶室のお手伝いに行きますが、そこはちゃんと働く(?)ので着物ではなく作業服。

狭い水屋で洗い物専門にやるので“濡れても安心&帯が邪魔にならない”ようにね。 着物しかなかった時代はそんな選択できずやっていたのですから不器用になったって事かしら?

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

11/12 山頂茶会

Img_0253
快晴の空に真っ白に雪化粧した富士山(^^)/

楽しみ♪ 楽しみ~♪ と思ってたら、あーっと言う間に雲に隠れちゃいました ((+_+))

ここで富士山眺めながらやりたいことがあったんですよ。

.Img_0272_2

道具はこれ↓→

.Img_0257

そう アウトドア茶会のナンチャッテお道具。

.Img_0271

お菓子は食べる直前に作りたかったので現地作業員2名で菓子作製作業中→

.Img_0259

←お味見したり お茶したり~(^^)/

本日は前日の寒くて冷たい雨がウソのような暖かい良い天気。 これも潜り仲間の分科会の一つ「アウトドアの会」で、山登りハイキング♪

でもね、お山のてっぺんに来た時には こんな具合に肝心なお山が見えません↓

Img_0263
.

.

.

他のお山はくっきり見えるのに、富士山だけは雲をまとっています((+_+))

ここは「富士山100景」の↓

Img_0265
.

.

いやいや 雲に文句を言わずに「暖かい・良いお天気」に感謝をしましょう。

.

Imgp2221
.

.

シャカシャカ…と茶筅をふって茶店の女将です (^^;

.Img_0275

そんなお菓子やお茶を「美味しい」と喜んでくれる ありがたい潜り仲間のお客様です。

.Img_0274

.

お弁当の時間になると料理自慢のお品が色々回ってきま~す♪

そして恒例のホットワインもふるまわれます(^^)/

.Img_0285a

山頂には、何という種類か分かりませんがサクラも咲いてます。

.Img_0280

.

.

ずらーっと並んだ記念の集合写真。 この後ろは↓

.Img_0289

丹沢湖 三保ダムです。 

紅葉はあと一息  また来ても良いところです。『秋の休日』のせいか結構登って来る人がいます。その中に変わった集団が↓

.Img_0262

皆でカメラを構えているので見るとワンちゃん達♪

.Img_0261

どのワンコも綺麗にお洒落して、カメラにポーズとっているんですよ。うちのカメラ嫌いのTORAにはできない芸当ですわ (^^;
.

.Img_0268


帰りは反対方向に進みます→

翌日は富士山に登るというスーパー婆さんもいますが、私は着物着て茶会手伝いです。

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

シルバーパワーおまけ

Img_0214
前の記事の会場に行く時のことですが、可笑しかったことがあったので「おまけ」です。

この日の空が本当にきれいな青空♪ そこに飛行機雲が描かれたのでカメラを出して空を撮っている時の事です。

画像の黄色丸で囲んだ3名の爺婆が、何やら私に向かって盛んに手を振ったり声をかけるのだが、私には覚えのないお方達。

多分 私の後ろにお知り合いがいるのだろうと思って無反応で近づいて行くと・・・

Img_0214a

さらに大きな声とジェスチャーで「お、来た来た」と喜んでくれるのですが、私はどうしてよいのやら... (^^;

下手に反応してしまって後ろに彼等のお目当ての人がいたら格好悪いし、後ろに人がいるか確認して振り返るのも変だし、私の目的の建物は彼等の向こうにあるので彼等の所まで歩いて行くと やっと私が目当ての人とは違うと気がついてくれました。

「いやーだ 違う人じゃん ガハハハハ」と失礼にも私に向かって大笑い。 私は 「は?なにか?」と澄まして横を通り過ぎましたが、どんな方に間違われたのか... 素敵な婆サンに間違われたのだったら良いのだけど酷い婆サンだったら嫌だな..とそんなことが気になった出来事でございました。

これも高齢者の「あるある」かな?

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

シルバーパワー

Img_0217潜り仲間はいくつもの分科会を作っています。

今日もその一つ 歳とっても、障害が出来ても、まだ潜りたいよ~と言う希望を叶えるためにいろんな知識やアイデアを持ち寄り発表する...その名も「まだ潜りたい会」 (^^;

Img_0220
今回のテーマは「マナー」 我々『年寄り』というだけでも嫌われやすいのに、『マナー違反の年寄り』では完全に嫌われます。

そこで、どんな点でマナー違反をしやすいか“吾が身を振り返る”のではなく“他人の振り見て”いろんなケースを出し合い(^^; 気を付けて“好かれるシニアダイバーになろう!”という非常に前向きな会でございますの。

Img_0222
メンバー一人一人から発表されるケース一つ一つが「同意!」「あるある」「思わず苦笑」と、思い当たることや感覚の相違に目を開かされたりして充実の3時間でございました。 

Img_0223_2

人気(?)の会で参加者はどなたでもウェルカムでありますが、定員15人ほどで毎回定員いっぱいで「満員御礼」で締め切っております。

Img_0227
←本日参加の16名の爺&婆

合計年齢も平均年齢も計算してませんが、「『還暦』なんてヒヨッコよ」 と仰るはずの皆様です。

元気でございましょ? 

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

観月茶会へはこれで

だいぶ前の事(10/15)ですが画像が出て来たのでアーップ (^^;

.

Img_9518Img_9516
いつももっと寒くなったら、もっと寒くなったら... と思いながら2月を迎え、3月になると急に春めいて着そびれてしまうことも何度もあり、今年は袷時季になったら着よう!とね。

こんな何も取り柄もなさそうな無地の結城紬ですが、私の衣裳箪笥の中では『高級』の部類のもの(^^)/

重要無形文化財だとか地機で○○さんが織ったとかいろんな証紙がペタペタあったけれど、当時は大事にも思わなかったのでいつの間にかなくなってしまった。

でもそんなものがあっても無くても好きな着物です。

でもね、女中に着させるどころか、1年に数回も着ないのだからなかなか“ふんわり柔らか”にはなりません。

Img_9512Img_9511
    ≪帯周り≫

十日町産の更紗です。

前にも書いたけど、新潟物産展で見た着物を追って十日町のお店まで出かけたときに追い求めた(?)着物と合わせてあったこの帯も一緒に購入。

それなのに その着物の着用回数は...? この帯の着用回数は...? ((+_+)) もっと着てやらねば。

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

食べてばっかりの打合せ 

Img_0168
あら シンプルなランチですこと (^^;

12月のイベントのためにホテルで打ち合わせをし、ホテル内のレストランで昼食しようとしたら...

Img_0169a.

.

空いているのは中華のここだけ ((+_+))

ホテルの外に行くのも面倒なのでここにして、さらに打ち合わせ←食べながらね。

Img_0170
.

食べ終わったら隣のカフェに水平移動 (^^;

Img_0171a
また食べているんですよ。

12月のイベントを成功させるためにも綿密な打ち合わせが必要ですわ。

.

Img_0172a
もうハロウィンは終わりましたが、名残りのカボチャケーキとコーヒー(お替り自由)でまたまた打ち合わせだか愚痴だか分らない話が止まりませーん。

まだまだ あと何回かの打合せ(=飲み食い会)をせねばなりません (^^;

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

忘年会第1弾

Img_0173_2
メンバー高齢化で、年の瀬が押し迫り会場抑えが難しくなる前にやっちゃおう!と、忘年会が段々早まっているのでございます (^^;

それにしても まだ11月に入って5日目ですよ!(下旬には2件ほどありますが)

会場は昭和の色濃い小料理屋  お座敷が椅子&テーブルに変わってます (!)

Img_0188「時代ですね」ではなく、「客の高齢化」でお座敷が辛くなった高齢客を引き留めようという店の事情が見え見え。

私もここが会場との案内に「座敷じゃ嫌だなぁ」と思ってたら「安心してください 椅子テーブルです」と幹事さん。

なので参加したが、階段・トイレまでは改築できなかったようで... やっぱり嫌だなぁ (^^;  と幹事さんにクレーム。 来年はどうなるかしら?

Img_0186上は80超、下はかろうじて定年前の一応現役数名。皆すっかり白髪頭の爺さんになりました。毛の無い方もいらっしゃいますが (^^; 

婆さんも2名おり、皆 歳とっても若い頃と同じように話しているんですね。 話し方は変わらないなぁ(=私もそうなんでしょうね?)

Img_0198若い時と変わっているのは、タバコを吸わなくなったこと。 ま、いまどき喫煙者の居場所がなくなって「禁煙」せざるを得ないのでしょうけれど、昔は向こうが霞むほどもうもうと煙をふかしていたのがウソみたい。これは歓迎すべきことでございます。

一年に一度集まり、飲んで食べながら お互いの近況報告するだけの会ですが、来年も元気な顔を見せて下さいね~♪

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

11/6 戦友会

Img_0203同じ敵と戦った戦友みたいなもんですから、戦友会です(^^)/

ここを会場とするのが恒例になったほがらかさんのオフ会ですが 何回参加しているのかな? 数えていませんが、初回は2010年の6月。

.Img_0206

はっきり覚えているのは、怯えた子羊のような私(?)に大きな力をいただき後押しをしていただいたから。

それまでは『孤独』な状態にあったから本当にありがたかった (^^)/

.Img_0202

今ではそんなことあったっけ?と思うほどの生活をしているのですが、そんな昔の事を思い出し初心に返るのも良いものです。

でもね、ここはダイエットには危険地帯!

.Img_0201

ビュッフェスタイルのランチなので、ついつい欲に目がくらんでアレもコレもとお皿に入れちゃうんです。

お皿眺めて カロリー高過ぎ!と思うのですが、恐ろしいことに全部収めてさらにお替りもしちゃう... ((+_+))

.Img_0208

こんど会が始まる前と後の体重差を量ってみたいものですね。

来年夏前にはMちゃんご推薦の潮干狩り~♪も企画してくれるかも。楽しみです。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

山陰訪問 4

Img_9951
30日 宍道湖、中海を回って 大根島 境港 足立美術館→出雲市へ

Img_9965
ここへ来て初めて知ったのは大根島の主産業:牡丹栽培  昔3,40年も前の事ですが、背中に大きな籠を背負って牡丹の苗を売りに歩いているオバサン・お婆さんが私の職場に毎年やってきた。休憩時間に籠の中の苗を広げて売っていた。私も毎年のように一つずつ買って庭に植えていた。そんなオバサンに「どこから来るの?」と聞いたら「島根から」と答え、そんな遠くから来るんだ!と皆で驚いたことを思い出した。

大根島の農家のおばちゃん達の牡丹行商は全国に散ったことが由来に書いてあったので思い出した。我が家の牡丹も長いこと綺麗に咲いて楽しませてくれたがいつのまにか絶えてしまった。そしていつの間にか職場に行商のおばちゃんが来ることもなくなった。

Img_9966

島根の牡丹=大根島の牡丹らしい。

大根島の由志園を訪ねた。

ここも足立美術館のお庭に劣らぬ素晴らしいお庭です。

Img_9970_2
Img_9968
Img_9958


庭も素晴らしいが、驚きなのは園内の「ボタンの館」には一年中牡丹が咲いているのだ♪

.Img_9964

.

.

.

花を絶やさぬよう常に温度管理して育てられた花を展示しているのでしょう。

またこちらは牡丹だけでなく高麗人参の由志園!

Img_9976高麗人参の販売コーナーは、お高過ぎるのと、体調不調を感じない私には必要としていないのでスルー。そしてお庭を眺められるカフェで高麗人参を入れたお抹茶を♪(お味?お茶でございました)

さて、大根島から境港へ... すると何と!豊川悦司のダイハツCMで見たことある「ベタ踏み坂」を通るじゃございませんか。


.Img_9977

←ベタ踏み坂を運転席からパチリ  

う~ん 車を降りないとそそり立つような坂の感じは撮れませんね。 これ見てください。

ベタ踏み坂(江島大橋)を渡り終えると境港市で鳥取県なんですね。

.Img_9999

境港駅です。そこらじゅう鬼太郎の世界です。

Img_0003_2


←駅前の水木先生  

「なまけ者になりなさい」の水木先生↓

.Img_9995

.

.

鬼太郎ロードを歩いてみました。

.Img_0006

.

.


.

Img_0007
.

お昼だけど 朝食をしっかり食べ、由志園でお茶お菓子もいただいているから軽食で良いんだけど・・・と歩いているとパン屋のカウンターにねずみ男が♪一反木綿が♪ パンと紅茶にしました~♪

この後は 目指せ足立美術館!ここから結構離れているんですよ。 ナビ見ると、閉館17時なので館内歩く時間が1時間半とれる15時半には到着予定なので渋滞無い事を祈りながらアクセル踏む...  渋滞?なにそれ?という道路で予定通り到着。

Img_0010
皆さんお帰りになるころなのか 広~い駐車場もガラガラ 入り口に近い所に停めて入館 入館料2,300円!結構取りますわね (^^;

Img_0011_2入るとすぐにお茶席:寿立庵があります... もちろん入りましたとも(^^)/

抹茶料 1,500円!高っ

Img_0013それだけのお値段とるからか、お席に案内されるとお姉さんが茶室の説明をしてくれます。対面で説明されるのですが、棒読みの説明((+_+))  客は私だけ... いたたまれませんでした (^^;

.Img_0020

.

気を取り直してお庭を拝見いたしましょう。

Img_0034a
見事なお庭ですね どこを見ても一幅の絵でございます。もちろん横山大観の大観室の作品から錚々たる日本画壇の名作もたっぷり味わいました。

Img_0041_2
←廊下の突き当りの窓  素晴らしい

ここにもカフェがございました。西日に照らされたお庭を拝見しながら 溺れるアイス:アフォガード 1000円!をいただきます♪

.Img_0038

.

本日何杯目のお茶だ? と呆れながら時計を見るともう閉館時間((+_+)) あと魯山人らの陶芸館にも行きたかったがここでお終い。

Img_0052
出雲市へ向かいます。

本日の行動は車でなければ無理でしたね。距離が離れており交通の便が悪い... 1時間半ほどで到着したが、日曜日はホテル周囲の飲食店のほとんどがお休み ((+_+))  とにかく開いている居酒屋で食べることにする。大きなお椀のシジミ汁・大山鶏のつみれ焼き 美味でした♪

.Img_0048

.

最後のビジネスホテル→

.

これで翌日 「 山陰訪問 5 」となるのが最初の「出雲①」続いて「出雲②」で、26日~31日の5泊6日:山陰訪問の旅はこれにて終了 (^^)/

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

山陰訪問 3

Img_9850世が世なら 一緒に遊んだり、迎えに来いと呼びつけたりすることなんぞできないお方だったかもしれないね?と見て回った「田舎」の豊かで豪壮な建物や文化を覗いて、和牛すすぎ鍋をつつきながらの二人の感想でした(^^;

最近「古民家カフェ」なんぞがもてはやされているようで、我が街でも近所の昭和の小汚い商店だった建物を市外からやって来られた若い方が「古民家カフェ」と看板出してるのを鼻で笑っていたのです(^^;  しかし昨日のあの食事処はそんな薄っぺらなもんじゃなく昭和の時代から営業していると聞いて それもまた驚いた!

.

Img_9918
さて29日朝 雨が降りそうなどんより雲... でもまだ降っていないからオッケー (^^)/

8時半に迎えに来てくれ、鳥取砂丘に直行♪

雛壇のような記念撮影の台 乗ると有料ですって→

.Img_9915a

雨はないけれど風が強い ((+_+))  幸いなことに夜雨が降っていたので砂が湿って風で飛んで来ない。 でもそうなると波紋(砂紋?)は出来ない... どっちもどっちか。

.Img_9895


この花畑 ラベンダーではありません。

ラッキョウの花 ラッキョウ畑です→

満開まであと一息。満開は見事でしょうね。

Img_9897
北のラベンダーに対抗して 鳥取のラッキョウ!いいんじゃない?畑も広い!見渡す限りのラッキョウ畑です。

我が家のラッキョウも鳥取砂丘ラッキョウを漬けています。この畑の産かな?

Img_9906
ここも良かった 砂の美術館です。

.Img_9904

砂と水だけで作った像 崩れやすく脆い芸術品です。

その時期で展示像は異なるようだが、今は南米(~1/3)を堪能できます。

大きすぎて近くでは分からなかったのがこれ↓

Img_9910
リオのキリスト像。頭部分と左右の腕の間が通路になっており、反対側のここで見るとキリスト一体に見えます。

Img_9921
この後は大きな産直市場の海産物の棟、青物の棟に寄り、上○さんは土産を購入、私はまだこの後3日もあるので試食品をつまむだけ (^^;  それが試食品の量が半端じゃないんです。全部つまんだら満腹になってしまうくらい太っ腹な試食品出してます。

Img_9922_2
さて そろそろお昼 でも試食品でお腹は空いてない... スタバで軽食でしょ♪

←鳥取に行ったら、寄りたかった所です (^^;  

スタバ出店の前から「すなば珈琲」が話題になっており、「鳥取にしかない『すなば珈琲』も近くにあるよ」と言うが、もうお腹は一杯。

お昼を食べたら、上○さんは神戸(その方が時間的に近いって 恐るべしローカル線!)に向かい、私は山陰線に乗って米子に向かうので、ここで3人別々に分かれます\(^o^)/

Img_9931電車の時刻まで駅のお店を回って時間つぶし(^^;
駅構内ではハロウィンのイベントやら高校のブラバン演奏やら賑やかです。

Img_9928
そんな片隅でひっそり高校茶道部らしきコーナーがあったので客になる(^^)/

お土産売り場を覗くより良い時間つぶしでしょ?

.

さて、鳥取発13:38のスーパーおき5号に乗り、1年振りの友との再会の余韻を楽しんでいたら ん? 電車停車!

13:43 倉吉震源 震度4の地震発生ですって! これから向かうところですよぉWWW((+_+))

Img_9935安全確認のため運転見合わせ 運転再開  停止  再開 を繰り返しながら震源地の倉吉に到着 ((+_+))  でもね、怖いのは倉吉に着くまでにいくつものトンネルがあり、そこを抜けるまでが恐怖!地震が起きませんようにと祈ってました。

Img_9936
その後も米子につくまで徐行運転で、14時半到着予定が1時間半も遅れて16時過ぎに到着。

車窓からもブルーシートをかぶせた家々が... ((+_+))

.Img_9937

.

.

ま、私の場合は、米子に着いたら境港か足立美術館でも行ってみようかな?程度の予定でしたから、次の移動に間に合わない!とキリキリ気を揉むことはなかったのは幸い (^^;

Img_9943
米子駅前にこんなモニュメント 
  銀河鉄道999と関係あるの?


でも、着いたら陽は西に傾き もう出掛ける気が起きずホテルに直行。

ホテル近くに美味しいもの食べさせてくれそうなお店が沢山ありまーす♪

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

山陰訪問 2

Img_9812_4
本日10/28は 上○さんと二人して鳥取の寺〇さんの所へ♪

そのためには8時前の電車に乗り、途中2カ所で乗り継ぎしないと昼過ぎに到着しません。地図を見ればすぐに行けそうな距離なのに...  「ローカル線をなめんなよ」という声が聞こえそう (^^;

Img_9816
この電車もワンマン→

.

.Img_9821

餘部鉄橋は吉永小百合の「夢千代日記」で毎回見ていた。転落事故もあった鉄橋だが車内に乗っていては分かりませんね。すると2駅手前で沢山乗り込んだツアー客が全員下りるので尋ねると、バスツアーだが電車に乗り高さを味わい、下りたら見上げて、有馬温泉に行くのだとか...  あら電車には我等しか残っていません。

Img_9829次の停車駅で乗り換えるのだが、乗り継ぎ時間に1時間近くも要する((+_+)) そこで「乗り継ぎ時間が無駄!私達に早く会いたいなら浜坂駅まで迎えに来ると良い」と誘って時間短縮に成功 (^^)v

駅を降りると寺〇さんの車が待っている♪ 

.Img_9831_2


.

鳥取に向かい 荒れる日本海を眺めながらドライブ。時折ワイパーが必要になったが車で走っている間は降ってもOKです。その代り車から降りたら止んでね と祈る。  

Img_9833
「すごい田舎だから 驚くんじゃないぞ」と何度も言われたので 上○さんと驚かないように覚悟(?)していたが、最初に連れていかれたのは山間の食事処。

Img_9834入口の門の所に放し飼いのチャボ?が数羽... 「うん 確かに田舎だ これくらいじゃ驚かないぞ」と言いながら入って行くと・・・ 驚いた!

.Img_9867

茅葺の建物を中心にコテージ風の離れが苔生す林の間に点在するお洒落な食事処。

建物は古い 中の道具類やインテリアも古い スタッフの女性の衣装は本絣のもんぺの上下... それが全然田舎臭くなく素敵なんです。

私達が到着したのはランチタイムが終わるころだったので先客が引き上げるところ。こんな山奥なのに満席だった様子です。

.Img_9838a

Img_9842a

.

.

たしかに「田舎料理」だけど 食器も盛り付けやお膳のあしらいもお洒落♪ 

.Img_9843Img_9846Img_9854

.

.

.

食後は囲炉裏を囲んでデザートタイム♪ 「もちもちの木」のトチの実饅頭 

Img_9852a_2
←背中が冷えるからとチャンチャンコを羽織ってます。

「ねぇ おじいさん」
「なんじゃ ばあさん」

とでも言っていそうな我等ですが、50年前は元気に大学キャンパスを闊歩していたんですよ。信じられないだろうけど(^^;

Img_9865
寺〇さんもオエライさんになったようだけど、私達には通用しません。昔のクラブ仲間ですわ。

Img_9869
.
.

食事の後は 「驚くほどの田舎だと言ってたけど コレじゃ全然驚かないよぉ」と文句を言い田舎案内をしてもらう。

.

.Img_9871

.

しかしこれがまた別の意味で驚いた!昔の庄屋さんの家(本陣宿にもなってた)を現在町で借り上げて公開しているというので、期待しないで見に行ったら すごい!

.

.Img_9872_2

.

.

.

こんな田舎に 庄屋とはいえこんなにも豪壮な建物が!それも 田舎なのに個人のお宅として手入れされて住まわれてきた!ここはいったいどんな「田舎」なんだ?!

その「豊かさ」に度肝を抜かれた ( ..)φメモメモ

.Img_9882a_2

この日は鳥取泊まり:駅前のビジネスH.シングル2部屋取っておいて、夕飯は寺〇さんお薦めの牛しゃぶ 牛濯ぎ...こちらの呼び方なのか お店独特の呼び方なのかは分かりませんが、「ぎゅうすすぎ」も分かりますね。

Img_9883a
.

..

.

.

翌日の天気予報は雨... 昨日も雨でもなんとかOKだったのに、明日は確実に降りそう ((+_+)) そしたらスタバでお茶しながらお喋りでいいんです。 観光よりもお喋り重視です。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

山陰訪問 1

Img_4139
潜り仲間と奥利根へのバス遠足をした翌日 今度は西に向かいました。

山陰へのそもそものきっかけは去年の「創立50周年記念」 での再会。 その翌日の画像↓→

Img_4125ブログにはアップしなかったけれど、翌日は寺〇・大〇・上〇氏と共に大〇氏の車で箱根ドライブを楽しんだ この時に「来年暖かくなったら 必ず行く!」と言ったことから。でも、暖かくなったら入院手術... 暑い時には出かけたくない... 9月に行く!と言ったら農作業があるから10月にしろと。そんなこんなで潜り仲間のバス旅行と11月1日の治療とのタイトな間に、仕事の調整とTORAの預け先を確保して催行!

Img_9731せっかく山陰に行くからには一度は見ておきたい「天橋立」「出雲大社の大注連縄」・・・を予定に組み込んだ。しかし私の「予定」はあくまでも「決定にあらず」であり、電車も取り敢えずJR4日間有効なので天橋立だけ買い、あとは使う線も分からないからその都度適当に(^^; 京都→福知山は特急に乗ったので 特急券を車内で購入↑

Img_9734
福知山 22時到着 ここで泊まる

27日舞鶴の上○さんを訪ねるには午前中に天橋立見物済ませておかねば! ここで時刻表(ナビ)調べると、電車の本数が少ない!12時過ぎの電車で向かうことにし、天橋立滞在時間は2時間ちょっと(^^;

27日 福知山→天橋立 Img_9735

.

指定席買わなかったけれど大丈夫かな?全然大丈夫でした(←この後の電車もガラガラ)

Img_9738_2
.

天橋立駅の観光案内所のお姉さんに「2時間で遊ぶコースは?」と尋ねると、①モノレールでビューランドに行く ②下りて文殊堂へ ③お昼 を提案してくれた。

.Img_9745

着いたよ~ 見えたよ~ (^^)/
Img_9743

.

.

.

股覗きもしたよ~

Img_9758←どう見ても天に昇る竜には見えませんでした。何度もやっていると頭に血が行っちゃうので止めて、誰も乗っていないヒマそうな観覧車に乗ることにした。

.Img_9746

.

.

.

.

う・・・ん 乗っても景色は変わらないな

.Img_9752_2

.

ここも客が少ない... 平日だから? 園内グル~と回ると編みニャンコの撮影ポイントが見つかった↓

.Img_9756

.

知恵の輪灯篭を模したもの→

山を下りるのにリフトも良いですな♪

.Img_9760

.

.

.

.

リフト・モノレール駅を出ると歩いて10分かからずに文殊堂:天橋立知恩院

Img_9763.

「三人寄れば文殊の知恵」の文殊堂 今更遅いけど知恵を授けていただきましょう

.Img_9764

.

.

.

.

Img_9767.

御線香代弾み、お賽銭弾み、御朱印いただいて、おみくじ引いたら「吉」

・願い事:高望みをするな
・行楽:外出を控え 読書や芸術に興じるのが吉

・・・もう外出しちゃっているんですよぉ (+_+).

.Img_9769

.

.

.

このおみくじは扇子←高級おみくじ(普通のもあります)

.Img_9765

.

松の枝に結び付けているので 私も~


Img_9775
.

.

そろそろ駅に向かうので文殊堂を出てちょいと松並木に入ってみた。並木の左右は海です。

ここで見たかったのは廻旋橋... 廻すのは不定期なんですって。

画像でイメージ (^^;  この橋が...

.Img_9782

.

.

こうなるんです↓

.Img_9780

駅に戻り、案内所のお姉さんにお礼を言い、昼食を買い込んで電車で食べようと思ってたところに上○さんから「お昼食べてないなら一緒に付き合うよ」と電話→ 飲み物だけで電車に乗る。

.Img_9787

.

.Img_9791


私の専用列車?と思うほど乗客がいない。乗り方・下り方に戸惑ったのは自動ドアではなくて自分で開閉ボタンを押さないとダメ。それから運転士ひとりのワンマン電車。

.Img_9792

.

ワンマン電車も経費削減で致し方ないのだろうけど、運転したり切符集めたり... でもこのガラガラ状態では焼け石に水でしょうな。

.Img_9811a

「私 車ばかりで電車には全然乗ってない」という地元民:上○さんの出迎えで まずはランチ♪ そして高齢者にとっては「舞鶴=引き上げ」だからと「岸壁の母」を味わわせてくれました。

.Img_9810

.
駅にも改札口を出ると引き上げ桟橋の手摺りや写真パネルが... 父の兄一家は満州からの引き上げをしているので、もしかすると舞鶴だったかも。

Img_9808_2
4つ上の従弟は中国残留孤児の肉親捜しの報道を見ると「自分も一つ間違えれば肉親捜しに来た側 他人事ではない」と言ってました。でも、時代はもうそんな事実があったことを知らない人も多くなりました...。

母や父が良く歌っていた「異国の丘」「岸壁の母」の歌詞の碑が... この歌の背景を知れば涙無くして歌えません。  しんみりした後は彼女の家で手料理の夕ご飯です♪ 新米も美味~♪

そして翌朝 鳥取の寺〇さんの所に行くには、電車や連絡が悪く8時前の電車でないとお昼過ぎに到着しないって ((+_+))   駅に朝7時半に集合!という事でホテルに送ってもらいました。

本日はここでお終い

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

出雲②

今朝の寒い事 ! これからもっともっと寒くなっていくのねWWW ((+_+)) 

ところで修正です。 

私は「雨女」ではございませんでしたよ。 

旅の前も、旅の最中も、天気予報では傘マークが並ぶので申し訳なさ(?)でいっぱいだったのですが (^^; 実際に傘が必要になったのはレストランに入るための1回だけ (^^)v 

あとは青空こそあまり覗かなかったけれど、暖かくて上着も不要な旅行日和~♪

.

そんな旅の最終日後半は、レンタカー返す15時まであっちこっちの目についた所に自由に寄りながら飛行場へ向かいます。

Img_0101_2
出雲大社勢溜の鳥居向いのスタバで喉を潤し、旧大社駅へ。

立派な建物ですねぇ。外観だけでなく内部も素晴らしい建築物!往時の繁栄ぶりが偲ばれます。

Img_0100しかし26年程前に赤字ローカル線に落ちぶれ廃線。駅舎は配線後も保存されることになり、重要文化財に指定され、古くはあっても大事に手入れされている建物でございます。

Img_0103
ここも平日のせいか ほかに観光客がおらずこの空間独り占めでーす♪

駅舎の中にはカフェがありましたが、平日は開いておらず... 裏のホーム側に回るとD51が! 山陰線を最後に走った本州最後のD51ですって。 約40年ほどの歳月で厚い鉄板もボロボロ... どちらも諸行無常を感じる場所でございました。

.Img_0106
また一の鳥居をくぐって 歌舞伎の祖 出雲大社の巫女の説もある 出雲阿国のお墓へ

Img_0109普通の墓地の一角にあります。自然石を墓石にし、周囲には歌舞伎や演劇関係者が建てた碑も。

道路挟んだ向こうには阿国の塔や阿国の草庵「阿国寺」など阿国関連の観光スポットがありますが、出生も没年も諸説あるのになんだかなぁ... 。

すぐに海岸に出ます。この浜が稲佐の浜で、国譲り神話の舞台だが、左に眺めながら島根半島西端へ♪


Img_0112_2
やっと着いたここは日御碕

天照大神を祭る下の宮、素戔嗚尊を祭る神の宮の二つがある日御碕神社です。

.Img_0113

.

二人の有名な神様がおわす厄除けや縁結びをご利益とした霊験あらたかな神社だそうです。 

.Img_0115

朱色の丹塗りの社殿が鮮やかです。ここも観光スポットの一つなのに観光客いませんねぇ。

.Img_0117

.

御朱印だけでなく、催促した人だけに出してくれる「砂のお守り」もいただきました (^^)/

後ろの石碑に砂守についての説明が彫ってあるんですが画像が小さくて読めませんね。

.Img_0122Img_0123


楼門の中に木製の狛犬? 狛犬が木製なのは初めて見ました。

.

次はちょっと離れているが、強力なパワースポット それも「最強パワースポット」と言われる須佐之男命を祭った神社です。

それにしても「スサノオノミコト」もあちこちに祭られているんですね(彼だけじゃないけど)

.Img_0124
.

先ほどの日御碕神社に比べるといたって簡素。

.Img_0125

.

.

.

.

手水場には屋根も付いてない

.Img_0129


「最強」って本当か?と思うほど地味で小さな社です。

.

.Img_0128


.

3つの「注連の子」をのぞかせた注連縄のスタイルはこちらのものなのでしょうか? 今まで出雲で参拝したところは皆 大きさは違っても同じスタイルです。

こちらの御朱印もいただいたら もうすぐに飛行場に向かわないと間に合わなくなってしまいます(^^; ナビに素直に従って空港のレンタカー会社の所へ急ぐ。

Img_0131_2
.

ん? 出雲縁結び空港だって? なんだその命名は (+_+) そういえば宍道湖の向こう側には米子鬼太郎空港、鳥取では鳥取コナン空港 だって。ふざけているんでしょうか (^^;

夕刻の便で無事に帰ってまいりました(^^)/  これにて今回の旅は終了ですが、まだ初日から何も書いてませんので まだまだお付き合いくださいませ~♪

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

ただいま~♪ 出雲①

11月になってしまいましたね ((+_+))

10月26日~京都・鳥取・島根の3県を回って昨日戻ってきました。

10月は神無月 出雲においては神在月の最終日から報告を (^^;

今年は我が家にも色々ありましてね、神様にお礼やらお願いやら諸々で出雲大社参拝でございますよ♪ 

一の鳥居は車で通り抜け、二の鳥居:勢溜の鳥居

Img_0056

そしてまっすぐ下る参道 

朝8時 まだ参拝客もまばらで 身も心も洗われるように清々しい!

Img_0057_2

「参道の真ん中は神様の道 人間は端に寄って進む」とな。

参道を下り始めると右手に小さなお社が...祓いの社(はらいのやしろ)といい、「ここでお参りをして心身を祓い清めてから神様の前に向かいます」 との知識を得て、お参りをしようとしたら チャリチャリチャリザザーッ!と興醒めの音と光景が ((+_+))

.Img_0058_2

ぬぁんと!大社職員がバケツにお賽銭回収作業中

.Img_0058a

.

.

.

これを見たら ポケットに沢山お賽銭用のお金を入れて来たけど お参りをする気が失せ、お祓いをしないでまっすぐ進む (^^;

太鼓橋の祓橋
そして松の参道の所で三の鳥居

.Img_0061_2

松の参道は左右に歩道となって真ん中は行けません。ガイドブックによっては真ん中も通れるとあったけど、柵を置いて通れないようになってました。

手水舎で心身を清める 
         銅製の 四の鳥居

.Img_0062

鳥居の向こうに拝殿・本殿が見えてきました。

見ると 参拝終わった白装束のお遍路さんみたいな方達が出て来たので 急いでシャッター切る (^^)/ ↓

.

Img_0065

注連縄の下に良いモデルさん達↑でしょ?

Img_0080_2本格的な?参拝は拝殿後ろの本殿ですべきなのでしょうが、お正月だけしか入れないとか...  なので、お礼とお願いを神様にしたら 御朱印をいただいて神楽殿へ移動です。

実は一番見たかったものは・・・これ↓

神楽殿の大注連縄(おおしめなわ)

Img_0070

Img_0067

Img_0073_2

Img_0071a
日本一(=世界一)の太い大きな注連縄だってことはTVでも写真でも見ていたから分かってはいたけれど、実際に目にするとその迫力に圧倒されます。注連縄の下の女性と比較すると分かりますでしょう?

前から... 後ろから... 横から... 大きさ 形の見事さにほれぼれ~♪ 藁で作ったものでありながら作りが丁寧で綺麗なのです♪

ねじった縄の間に挟まれた3つの束(?)がこのようになっているみたい↓

.Img_0135Img_0134

.

.

先端を三つ編みにして束ね、整えて、差し込んであるようなのです。

.Img_0133


←どのように差し込み止めているのかは分かりませんが、三つ編みが見えるでしょ?

( 取り付け方がここにありました( ..)φメモメモ )

.Img_0076

神楽殿でも御朱印をいただいて、神馬・神牛にもご挨拶をして、参道へ。

.Img_0075

.

.

.

こちらへ戻って驚いた!時間にして1時間ほどゆっくり回っていたら 9時過ぎには団体客がゾロゾロとこの人出!

Img_0081

Img_0082_2

Img_0083_2


Img_0084_3やはり早起きは三文の徳でございます。大勢の参拝客の中でなく、私ひとりだけのお願いが出来たので きっと聞き届けて下さるでしょう (^^)v

参道を戻ろうとすると脇に大きな出雲大社の祭神:大国主命(オオクニヌシノミコト)幸魂奇魂(サキミタマ クシミタマ)の神様と出会うムスビの御神像 が。←分かったように書いてますが、説明書を読んだからですの (^^; ホントはチンプンカンプン

「縁結び」とは男女だけでなく、人と人との出会いから全ての幸福になるご縁を指すとのこと 編みニャンコもあやかれあやかれ~

Img_0093

勢溜の鳥居の所で目に入ったのは… スタバですよぉ!こんなところに (^^)/ 早朝から歩いてのどを潤さねば!

Img_0095
.

.

.

.

そしてこの後は・・・ また明日ね (^^)/

幸魂奇魂守給幸給~ ご利益がありますよ♪

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »