« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

目的② ③

Img_7096富士山の向こう側に行った目的①は芝桜目的②5分の3しか達成しませんでした... 。5分の2は近い内に行ってきますわ。

.Img_7098


.Img_7107

.

.

目的② 5分の3の「3」とは、ホントは富士五湖全部を撮りたかったけど... 本栖湖・精進湖・西湖を画像に収めました (^^)/

.Img_7110Img_7108



.

.

.

.

.Img_7116

.

.Img_7113


.

.

.

.

.

精進湖の看板は見当たらなかったけど、これでオッケーです。 河口湖・山中湖は、また近い内に行ってきますわ。

.

Img_7117目的③ N女史ご夫妻が行った映画セットのような「癒しの里」が近くにあるので見てこよう♪

あら~ ちょうど枝垂れ桜が満開 (^o^)丿

.Img_7121

.

でも園内を全部回るには疲れそう... 入園料払って廻るには時間が足りずもったいない... なので外側から花見を楽しむだけにしました。

.Img_7122

あらま ↑は団子屋ですわ (^^)/ 

花より団子ですわ~♪

.Img_7118


.

という事で1串購入!

50年程前の台風による土石流で流されてしまった集落を茅葺屋根の集落:「癒しの里」としてよみがえらせたという記事を目にし、私には50年前のニュースの記憶が!((+_+)) ←多分この集落に親戚がいる人の話も加わっているのかも。

いわゆるかつての集落『復元』とは違いテーマパークかな? しかし美しい茅葺屋根の集落は見てみたいと思っていたが、見学はまたね~。

.

Img_7123
本日の富士山の向こう側へのドライブ:目的①②③はこれにてお終い。

近日中に②③と目的④を果たしまーす。

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

花見ドライブ

Img_7078
月曜日 ついでがあったのでTORAと この富士山の向こう側へ行ってきた。

.Img_7082

.

秀麗な富士の裏側(?)は意外にも男性的な姿。 目的①は、まだ5分咲きらしい本栖湖の芝桜。 芝桜は北海道の藻琴・滝上公園に行きたいのだが、なかなか花の時期と行くタイミングが合わずまだ行ったことが無い。関東にも各地に芝桜の見どころはあるがスケールが小さい(-_-;) でもそれを承知で本栖湖に向かった。

Img_7087
途中 鳴沢の沿道の赤松林の下がピンクの花に埋められている♪ 約1kmにわたってこんな景色(^o^)丿 自生のミツバツツジです。

.Img_7086


.

もちろん途中下車して寄り道ですわ (^o^)丿

「つつじ祭り」の幟旗が連なっていましたから、それ目当ての観光客も多い。ただ例年よりも開花が早いらしく予定の「つつじ祭り」は一週間前倒しだと言ってました。丁度良い時期に来合せたようです♪

散策路(100円)はペット駄目!なので横眼で眺めて本栖湖に向かう。

Img_7103
芝桜会場は湖から数キロ離れた林の中に...やはりここもペット駄目!なので、入場料600円払って様子見にサーッと回るだけにしました。

.Img_7105

会場の広さは期待はしていなかったけれど、画像よりも実際現地の様子の方が広く感じ、そして五分咲きとはいえ花はびっしり咲いて見えます。

驚いたのは… これ→

Img_7106
中国人カップルの結婚写真撮影。撮影スタッフも中国人((+_+)) 中国の観光地で沢山目にした光景だけど、まさか日本にそのまま入って来るとはね!背中丸出しの花嫁さんのレンタルドレスは薄汚れ、ファスナーは閉まらない...、靴はスニーカーで撮影移動の時はドレスの裾を太ももまでたくし上げ、あられもない姿でドタドタ駆け足 (^^ゞ お二人はシアワセ一杯なのだろうが、私は見たくないもの見た感じで引き上げてきました... せっかく奇麗な花を愛でに出掛けたのに。  

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

4/21 潜り仲間の陸上活動

Img_7044本日は、海の仲間の部活みたいなもの(?)へ

駅を出たら右の道、最初の交差点右が部活の定例会場でございます。

.

.Img_7045

それにしても外国人が増えましたね! 駅構内を抜けるまで色の黒い方・白い方・アジア諸国の方々に囲まれ「ここはどこ?日本?」と心細くなってしまいましたわ。 オリンピックに向けさらに増えてくるんでしょうか?

ま、我等もパスポート持って潜りに行くんですから、現地の人の目には『外人観光客』と見られているんだなぁと今頃気がつきました (^^ゞ

.Img_7047

さて、本日の参加者は今までで一番少ない15名。ですが『初参加』のお馴染メンバーさんがお二人。 この会には『初』でも、潜り仲間としては古い付き合い♪ 『潜り仲間』は海だけでなく、山でもゴルフでもスキーでも音楽でもダンスでも・・・ いろんな集まり(部活?)を作って楽しんでいますの。

.

.Img_7050

.

で、初参加の岡○さんに「乾杯」の音頭を... 相変らずのしつこい長話(^^ゞ しかしそんなのは「乾杯の催促」でストップさせられる付き合いなんですよ ^m^

.Img_7053

ワザと長話する方も、厳しく止める方も、それを楽しんでいるんだからOKなのです。

.Img_7049

.

.

複数回の乾杯をし、食べて飲んで、研究テーマ(?)に沿ったスピーチをそれぞれ持ち時間オーバーするくらいに発表します←部活ですから。

.

.Img_7056

もう一人の初参加 池○さん 療養乗り越えて潜りまくっているとのことで安心ですね。 なんと!去年フィリピンB島へ二人で行った一○さんも同じ療養仲間(@_@;) 全然気がつきませんでした。

.Img_7057

みんな揃って記念写真で~す→

次回は秋? それまでにブランクダイバー返上せねば!

| | コメント (2)

2016年4月25日 (月)

4/19 はこれで

Img_6963Img_6966
この日の着物はもっと明るい華やかなものにするつもりだったんですが、諸般の事情から9日の「盛装」の時の訪問着に帯を変えて出掛けました。

実は、この訪問着、お手入れに出すことにしたら「ケチ根性」がムクムクと湧いて、洗いに出す前にもう一度着ておかねば... ああ貧乏人根性丸出し 嫌ですわ (-_-;)

前回がこれ↓

.Img_6762





.

.

.

今回は、お茶席なので伊達襟は避ける(←お約束?) そしたら余計地味~に(=年相応)なってるかな?

.

.

《帯周り》

Img_6961Img_6962
.

.

「無月」の袋帯 ←当時うんと奮発したのです。でも今、時々オークションを眺めると帯やショールの出品があり、信じられないような値段で落札されている (-_-;)  いやいや 信じられないのは当時のお値段の方か... バブルでしたものね。

軽くて締めやすい帯でございます。

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

4/19 お披露目の会

Img_6968a
松○さんの宗名披露の茶会へ

茶の道を歩む方にとっては最初のゴールでしょうか? お家元より『修道を通じて資質を備えられた方に授与される』お茶の世界でのお名前(「宗名」とか「茶名」と呼ぶ)を披露する茶会です。

.Img_6986a


.

会場はさる旅館の離れのお茶室を借り(足りないお道具も)、お食事は旅館のお部屋でいただく方法で、松○さんの一世一代の晴れ舞台です。

Img_6976a.

かしこまった茶会ではありますが、社中の中での茶会なので終始和やかな雰囲気♪ お客も全員訪問着で華やか~。

Img_6996a訪問着が揃うのは初釜くらいですから、訪問着の虫干しも兼ねて... ね (^^ゞ

Img_7002a.

旅館の都合でお食事の時間が決められてしまったため、濃茶→移動して食事(点心)→後炭→薄茶と変則かもしれないけれどスムースに流れました。

水屋は同じお稽古のいつもの仲間がお手伝いしたが、事前に下見をし、作業の確認をし、さすが スムースに流れるはずです、抜かりはございません。

.Img_7010a

半東は笠○先輩、正客は師匠で... それだけでビビりそうですが、落ち着いたお点前で良いお席になりました。

.Img_6978a_2

記念撮影です。

.Img_7041a


.

.

去年は80代の爺と婆の弟子がいたのですが... 通うのに無理が出てきたようです。寂しいことです。

来年も もう1名茶名をいただく方がいるので「披露宴」やってねと催促、会場もここでOK♪ とまだお招きにあずかった訳じゃないのに、皆で盛りあがりました。

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

4/17 こねこね     

Img_6957a
今日は、こねこね しないで機械任せ~ (^^ゞ

初めての粉で初めてのパン(もどき)を焼いたらカチコチの縄文時代のパンのようなモノが出来上がりました↓

Img_6945_2.

しかしそれもまた面白~い♪ と楽しんじゃいます... だって 楽しむっきゃないでしょ ( ^^) _旦~~

縄文パン 結構美味しいですよ。なんだかんだ言いながらほとんど食べてしまいましたよ (^o^)丿

.Img_6948_3Img_6952

←こちらは抹茶シフォンケーキ♪ これも初めての粉で... 焼いて盛り上がって… そしたら 焼いている最中なのに沈み込んできちゃった! 焼けているようなので取り出して見たら、中に大きな空洞が ((+_+)) まだ温かくフニャフニャだけどお味を見なければなりません。切り難いのを切って味見... 美味でした (^^)/

本日は、粉による違いを焼き上がり・見た目・お味で比べた研究会でございました。いえ、失敗も乗り越え楽しんじゃう一日でございました (^o^)丿

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

前日、前々日のこと

Img_6904

『戦友会』の前日、前々日の事でございます。

四月は大事なものの支給月 はい 2ヶ月に一度の小さな贅沢(^^ゞ 年金ランチでございます。 コンセプトは“美味い”だけでなく、僅かな年金に相応しい“安い”ことが大事なランチでございます。

.

Img_6905右のプレートの前にコーンスープと前菜、後にデザートとコーヒーが付いて1500円ほど(^^)/ 嬉しい値段ですがもっと安くければもっと嬉しいわよね... の評価をする高齢者♀集団。

.Img_6907a_2

今回は、潰れた元くるくる回転ずしの店舗をリニューアルした和・洋混在の『食堂』です。 お洒落で奇麗な内装の店内なのですが、お寿司屋さんだった時のお寿司が流れたレーン(?)の名残がある不思議な店内空間です。

.

.Img_6906a

←そんな中でジャラジャラ小銭のやり取りしながら割り勘のお勘定精算 若い時にはしなかったなぁと思う光景でございます (^^ゞ

次は6月、また安くて美味しいお店を探すために食べに出掛けねばなりませんわ。

.

.

Img_6902a
年金ランチの前日はチクチクやっておりました。

作業も終わって片付けたらお茶でーす。 この日もお菓子が六種! 食い過ぎです(-_-;) 半分はお持ち帰り。

今「手作り甘酒」が我等のブームでして、木・・さんの炊飯器で作った作品=手土産ね。

Img_6895aそれからこちらは田・・さんの田舎から送られて来たタケノコ。 例年いただくのだが、「できれば・・・ 茹でてあった方が良い」「できれば… 味が付いていた方が良い」と図々しく言っているので(^^ゞ 茹でたのと筍ご飯にして持ってきていただきました=救援物資でございます。

←このタケノコが育った町は揺れ続けています((+_+)) 連日の揺れでとうとう実家建物にもひびが入ってしまったそうです。今後の揺れでどうなってしまうか案じられます。

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

4/16 戦友会へ

Img_6909←このモニュメントの下をくぐって定例会場(?)へ

年に2度ほど開催の ほ○らかさんの集まり:コツコツくらぶ は『戦友会』みたいなものでございます。

Img_6911.

前回は私の旅行(だったかな?)とダブって不参加でしたので一年振り~♪  先ずはお姉さんにビールを注いでもらい… 乾杯でーす(^^)/

.Img_6915

.

.

テーブルの皆様を見回すと… 私とほ○らかさんとで平均年齢引き上げているみたい... 否、 『いるみたい』ではなく 『いる』でございます m(__)m

Img_6923しかし、年はとっても 食べる量は若いモンに負けないよっ (^^ゞ と普段少食な私(ウソ)ですが、品数30種以上のビュッフェを何度も往復してんこ盛りのお皿を何枚も...
Img_6921

.

.

「これ美味しいわ」と聞けば 「あらそう? じゃあ」と取りに行き、「実演コーナー(今回はラーメン)が空いたわ」と聞けば「あらそう?じゃあ」と並び、開店11:30より閉店の蛍の光が流れる15:00まで飲んで食べて喋って基本1800円なのですから開店前に行列が出来るのも無理はありませんわ。

Img_6926企画してくれるだけでなく、早くから行列の先頭集団に陣取りテーブル確保してくださるほ○らかさんに感謝でございます。

そして食べ放題&飲み放題でこの料金!今後も継続してくださいねとお店に願っております。

「今度の店長*****ね」と評価が低かったのを訂正いたします。この記念写真をにこやかに撮ってくださいましたm(__)m 人は顔で判断してはいけませんね (^^ゞ

次は秋でしょうか?楽しみにしておりまーす (^o^)丿

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

片付けねば...

Img_6328熊本地震・・・まだまだ余震も収まらず一体どうなってしまうのでしょう。 余震が震度5とか6 !  3.11のときですら震度5弱が最大震度の我等にとって経験したことのない揺れが14日夜以来連日!現地の方々の恐怖 ((+_+)) 家に入っても片付けどころか休んでもいられず野外で過ごしているのに雨の予報では、さらに二次被害発生も... ただただこれ以上の被害の無いことを祈るのみ。

各地の災害ニュースを耳にするたびに我が家を見まわすと、いざ 地震!となった場合、ガラクタ落下で溢れ、逃げ道も無くなってしまうかも... なんとかせねば…と毎回思うのですが、喉元過ぎれば何とやらでいつの間にかウヤムヤ (-_-;)

Img_6693.

ひな祭りのお菓子作りで調理台周りは片付けてないもので溢れてる ⇒ ⇒ ⇒ ここを片付けるぞ!

で、15分後は・・・↓

Img_6697.

.

ここから移動(=処分)すべきモノはまだあるのですが、とりあえずはこれ以上モノを置かない事にした ←決意

画像中央下にある丸いのはパンです。

Img_6698.

処分したものの中にクルミやドライフルーツがあったので全部入れて焼いた(←あ、作業はスイッチ ポンだけね)断捨離パンです(^^ゞ

この調子で家の中を片付けて、目指せ!スッキリ生活♪

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

盛装の前日は

Img_6752
盛装の前日は、作業着姿でまたこんなことやってました。

簡単作業・シンプル道具でありながら美味しくなくてはならない「簡単和菓子製作研究会」です。

←美味しいけれど こんなにお砂糖どっさり入れるの?!とビックリの半生菓子:寒氷(かんごおり)

.Img_6737a


材料は・・・寒天とお砂糖とお砂糖とお砂糖 というくらいお砂糖どっさりの大変危険なお菓子です (^^ゞ  

作業は煮溶かすところから混ぜて混ぜて練って練ってだけのシンプルさ^m^ 疲れます。

 Img_6755
.

それからもう一つ 浮島

.Img_6754a_2

作成後のお茶が美味いで~す♪

寒氷には生姜味・レモン味・ブドウ味等いろいろ変化がつけられます。 今度お稽古の時に作って持って行こうと思います (^_^)v

.Img_6717

.

さて この研究会の前にはこんな所でランチ~♪

Img_6731さるリゾートの中華レストラン

.Img_6720

.

←お姉さんが美しい手で北京ダックをさばいてお上品に盛り付けてくれるサービス=高級ランチ

.Img_6730a

.

「今月中に使用しないと無効になっちゃうお食事券があるから」とビンボー・キナコを誘ってくださったお金持ちⅠ女史のお陰で贅沢なランチをしてました (^o^)丿

.Img_6716Img_6718

ありがたい事でございます 

.

本日(4/14)は、熊本は阿蘇の田舎から~と田・・さんがタケノコ&筍ご飯を持って来てくれ、夕飯は熊本産を味わったところに大地震のニュース! 大きな余震も続いており、田舎のご家族も無事だけど怖い思いをしているようです。
今回、薩摩川内市の仕事もあって九州と縁のある4月でした。明日明るくなって様子も分かって来るでしょうけれど、被害の少ないこと・皆さんの無事な事を祈ります。

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

4/9 はこれで

Img_6760Img_6762
4月9日のドレスコード・・・「盛装」となっていますが、「正装」ではありません。「気分盛り上げる着物」ならなんでもオッケー♪

私のこれは、結納の席に着用するために誂えた訪問着ですが、敢えて紋は入れませんでした。気楽に着る事を考えていたのですが、後から眺めてみれば、この柄ではあまりお気楽な場には合わず他の訪問着よりも着用率悪し。

来週もおめでたい席があるので、両日ともこの訪問着にしちゃおう(^^ゞ と、ケチな私は考えたのですが、来週の席はもっと明るい柄が合うのでこの着物ではなく別のにします→これでまた着る事もなく『古漬け』になってしまいます... もったいないなぁ。

10年程前 まだ50代(←かろうじて)だった時に選んだ着物にしては地味でしょ... 『落ち着き&貫禄を出さねば』と衣装の力を借りたんですな ^m^  効果のほどは分かりませんが。

Img_6758Img_6757
《帯周り》

この帯はまだ30代の時に購入。実はその年、大きな手術をしてその記念(?)に訪問着と共に求めたのですが、訪問着は派手になり、もう数年前に娘用にお直しをして娘に譲るケース入り。

そう考えると帯の寿命は長いですね。10年先でも締められそうですわ。

この日の集まりで、佐○さんのお母様80代の時に誂えたという見事な乱菊のお着物!あれを着こなしてしまお母様 にあやかりたいものです。

| | コメント (2)

2016年4月10日 (日)

4/9  今日は盛装で♪

 晴れ着姿がこれだけ! 壮観でしょ?

Img_6804
Img_6764

○富さんの企画(これで何回目?)で 全国から集まりました (^^)/  ご無沙汰10年以上の懐かしい方や、ベトナム旅行仲間とか、いつものお仲間とか...  皆きもの大好きな方達です。

.Img_6768_2


.

歴史ある建物で、美味しいお食事と落語を楽しんだりプレゼントゲットの大じゃんけん大会で大盛り上がりの一日でした。

Img_6771_2
.

Sさんが手にしているのは、しん○すけさんが取り上げていた名和好子の「きもの遊び」  N女史が会場まで持って来られ、テーブルメンバーで回覧で~す。

.

.

.Img_6779

←Hさんも10年振りかな?  

いえいえ挨拶の主役は青○の中の方なのですよ ^m^

.Img_6775

.

.

.

小さな着物姿のお人形 Hさんが作ったんですって(お人形本体は別)   
横に置いてある小さな小さな草履を見て。

さっきまで履いていた草履を脱いで・・・

.Img_6778Img_6777


.

.

正座するんですよ! 足首が動くから正座も出来る。 

それだけでなく手も指先の違うバージョンがあって交換できるんですって。 

私が作る着物ウサギちゃん 負けそう (^^ゞ 競争しないけど。

そして、落語でお腹抱えて笑ったり・・・

.Img_6784Img_6788Img_6787


.

.

.

.

.

.

.

Img_6792.

会場内はこんな様子ね →

.

そして最後にプレゼントのじゃんけん大会♪

でもね、私はダメなんです...  じゃんけん弱いの...   やはり初めのプレゼントは早々に脱落ですわ (-_-;)

Img_6820ところがねっ 奇跡がおきました!!

注:ジュディ・オングではございません。↓
  ん?注意は不要?

.
Img_6823

.

.

.

そーなんですよぉ!くじ運・ジャンケン運 どれも付いていない私、今年は八方塞のどん底:七赤金星の私が勝ち抜いて大島紬のこれ(ケープ状のコート?)をゲーット (^o^)丿

もしかするとこれは運気上昇の兆しかも?

そんな良い一日を過ごしてまいりました。

| | コメント (6)

2016年4月 8日 (金)

さくら さくら

Img_6649やっと桜が満開になったのに お天気が宜しくありません。

太陽光が無いと画像に収めても華やかさがありません... (-_-;)

それでも TORAと桜の下をお花見散歩しました。

.Img_6673


Img_6674Img_6667


.

.

.

. 

どれも我が家から100メートル圏内の桜です。 結構見事な桜がありますねぇ。

.Img_6677

今年は花見茶屋を催さないのでのんびり来年用の場所探し~♪

そしたらね、思わず笑ってしまう木を発見!

今まで何十回も通っているのに初めて気がつきました。分かります? ^m^.

.Img_6686


.

.

.

「ボク こういうものです」と名刺をくわえて自己紹介する木です↓

.Img_6687

.

.

.

.

ね? 可笑しいでしょ。 白モクレンの木です。

イチョウの木では良く見ますが、幹がまだ細い時に付けた名札(?)のきつい紐をぶち切らずに樹皮が覆いかぶさってしまったのね。

我が家のナントカ桃?も満開になりました(^^)/

Img_6665Img_6664a
お天気が良くなったら秋冬の鉢ものを春夏バージョンに替え、庭の雑草取りをしなくっちゃ (-_-;)  雑草の生命力に負けちゃいそうです。

来週は枝垂れ桜の花見ですわ~♪

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

花びら餅作製 覚書

Img_6625a花びら餅は、お正月限定のお茶のお菓子なのに何故この時季に?と思われるでしょう。

これには深~いわけがございまして一昨日(4/3)の記事にも書いておりますが、ついひとこと言ってしまった事から“私にも作れる”ことを証明せねばならなくなったのでございます (^^ゞ

ま、「私にも作れるよ」をアピールするのは他のお菓子も同じで、私が作った吊るし飾りを初めて見た方一様に驚かれるのと同様に、初めは半信半疑で口にされ皆様驚かれるのでございます (^o^)丿 何度も言ってますが、私がお菓子を作るなんて!私が吊るし飾りをチクチク作るなんて!考えられない「私」だったのですからね。

それでもこうやって回数重ねて皆様に私が作る事は認知されるようになってまいりました。しかし、花びら餅までは 信じられない!作って食べさせるまでは信じない!という疑り深い方のために作る羽目に... ((+_+))

作り方の説明の前に長過ぎる前置きでした m(__)m

でも簡単なんですよ~♪

花びら餅10個分の材料です

Img_6610牛蒡…花びら餅の直径(セルクルの直径)+5㎝の長さに細切り10本      ※太いのは無粋、長過ぎるのは出来上がりに切ればOK

  ①柔らかくまで煮る(私の場合約30分、牛蒡による)

  ②水100ccに100gの砂糖を煮溶かした鍋に牛蒡を投入…一晩放置、翌日再び煮立たせ冷ましておく。

・味噌餡…白漉し餡150g、白味噌30g、赤味噌5g、水あめ10g

  ①鍋に水50ccを入れ煮立ったら餡を混ぜる

  ②味噌を入れ良く混ざったら火を止め、水あめを混ぜる。

  ※仕上がりは、ごく柔らかめの味噌餡にしておく。

Img_6608


・ギュウヒ
(求肥) 白玉粉125g 水250cc 上白糖250g

   色粉(赤)  手粉用に片栗粉 セルクル8cm、5cm

  ①白玉粉に水を加えよく溶き、砂糖を加えてドロドロに溶く

  ②レンジで1分半加熱→ヘラで良く混ぜる→レンジ1分半→混ぜる→→→約9分くらい        の加熱をし、腰が出たら、水あめを混ぜる →ツヤと腰のあるギュウヒの完成

Img_6611↓たっぷり片栗粉を敷いた所に... この量では足りません!もっと真っ白になるよう敷く。下の画像を見て。

Img_6609更に片栗粉を上から振りまき平らに薄く延ばす。
求肥がくっつかぬよう麺棒にもたっぷり片栗粉を。そうすれば手にも付きません。

.Img_6612


.

.

平らに延ばしたらセルクル(径8cm)でくり抜き、残った部分をピンクの求肥にします。

Img_6613←残った部分の片栗粉を水で洗い流したらレンジで加熱1分 色粉で染める。
※白い求肥に透けるピンク・・・濃過ぎるくらいのピンクの方が透けると奇麗。薄いと透けて見えない。

Img_6614後は白と同じ作業でセルクル(径5cm)でくり抜く。

※残った求肥はまた水で片栗粉を落としレンジでチン♪平らに延ばしたら適当に全部切って無駄なくお菓子に出来ます♪

Img_6626a白い求肥の上にピンクの求肥を乗せ、牛蒡、味噌餡を乗せたら半分に折る

※求肥にたっぷり付いている片栗粉を刷毛で落としながら作業しましょう。ただし、作業台に接している下の部分は最後まで片栗粉はつけたままにし、器に盛る時にはらう方が楽です。くっついたら大変((+_+))

以上 花びら餅作製の覚書

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

お客様

Img_6590

どんなに素敵なイベント開こうとも 来て下さるお客様がいない事には始まりません!  お客様あっての雛祭りでございます。

.

.Img_6592a

来ていただいたお客様には 私の吊るし飾りを誉めていただきたい。 豚も煽てりゃ木に登る... そうすればモチベーション上がって来年も雛祭り開催しちゃう (^^)/ という つまりは 私のための雛祭りなのでございます。

Img_6598a_2.

そのために 誉めて下さったら美味しいお菓子とお茶を振る舞い 記念の手作り品を差し上げております・・・ ま、それを囮(おとり)とも言いますが(^^ゞ

.

.Img_6599a

.
今までの開催は、1日だけの時も、3日間ランチ付きの時もありましたが、今年は3日間午後1時~夕方の開催で、ランチ無しだから午前中はお菓子作りに使え余裕の3日間でした。

また「ご都合のよい時間にどうぞ」ですのに、3日間ほぼ同じ人数にバランス良くバラけ 上手くしたものでございます。

Img_6601a去年も書きましたが、問題は「手土産」...例年「持って来るな!」と言ってあるのですが、今年もほぼ半数がなにがしかを持って来られ「みんなで食べて~♪」と。 そのお気持ちは大変嬉しいのですが、私が出すお菓子(主菓子とその他)があるので おもたせを開いてもほとんど手を付けなかったり、開くタイミングを失ったり、皆様が引き上げた後に お菓子の箱があったり... 残っても我が家では消費しきれない量だから大変なのです (-_-;)  また、私が主菓子だけ準備すれば良いと言われもしたが、いつ誰が何を持って来るのか分からないのをアテにする事も出来ないでしょう? それをアテにしてて 持って来ない方ばかりだったら寂しい座になってしまうしね。

Img_6597a
来年は「手土産無用!どうしても持参したい方は小さな福沢諭吉の肖像画をお願いします(野口英世・樋口一葉は嫌い)」と招待状に書いておこう←去年も同じようなこと書いてたな(^^ゞ

.

Img_6605a_3

まぁ そんなこんなのひな祭り、還暦以上の婆さん達が大勢集まるんですから賑やかです。 時に爺さん(元オトコの子)が紛れ込んだりしますが、圧倒されてましたわ。

.

.

***2日目***

Img_6618a_3.

還暦以上のお婆の中で平均年齢引き下げて下さるお若い仲間もいるんですよ。
(注:娘の友達じゃありません!私の友達ですよ)

.Img_6617a

.

障害者席も、始めた頃は一人分でOKだったのに用意した3脚の椅子は空く時がございませんでした。 来年はもっと用意すべきかも... そのうち全員分が必要になったりするかも ((+_+))

.


Img_6621a.Img_6620a_2

.

.

.

.

.

Img_6619aImg_6622a_2.

.

.

.

.

.

.

***3日目***

この日は元オトコの子がお二人も♪ 

.Img_6634a_2Img_6637a_2

.

.

.

.

.

.Img_6640aImg_6642a

.

.

.

.Img_6638a

.

←オイラも参加するのだ!
 と やって来たTORA

撮り損なってしまった方も何名かいらっしゃるかも... m(__)m  それにしても よくまぁ大勢のお客様にいらしていただいた雛祭り♪ ありがたい事でございます(^^)/

残すところあと2回の雛祭り 来年も気持ち良く開催できそうでございます。
そのためにも今年は吊るし飾り製作に少しは励みましょう。

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

ひな祭り終了 作った菓子

Img_6583a1カ月遅れの旧暦に開催することにした我が家最大のイベント!3日間のひな祭りも無事に終わる事が出来ました (^^)/

3日間延べ40人近くものお客様に来ていただきました。どこで聞きつけたのか地元紙が『取材をさせて欲しい』等との連絡もありましたが、自宅に招き入れるわけですので不特定多数の人に知らせるなんて怖い怖いっ!丁重にお断りいたしました。

Img_6584ですから お招きするのはセレクトメンバー限定 (^^ゞ 同じお稽古仲間でもお招きしたくない方もいますしね、この歳になったらもう『お義理』『お付き合い』 しがらみとは無縁に生きて行きたいですから・・・・・ あ~らま 風雅な雛祭りには相応しくない俗な話題になってしまいました^m^

.Img_6586a_3

.

さてさて 初日は「桜きんとん」

Img_6630a

前夜に作る予定が遅くなり、当日午前中に作成しましたが、簡単だから余裕余裕♪ きんとんは桃ではなく、桜も見ごろになって来たので「桜」です。

菓子器の蓋をあけると「わ~ 綺麗♪」の声が (^^)/ でも 接写画像ではボロが表れますね... きんとん漉しを奮発しようかな?

.

2日目は「花びら餅」

Img_6625a初釜の席で花びら餅を食べながらお隣さんに「これに負けないくらいの花びら餅が作れる」と言ってしまい、初釜直後ではお味比べされちゃうので ほとぼりが冷めた頃作るわ♪と宣言←自分の首を絞める事言っちゃうのね、私って。

.Img_6626a

作った本人が言うのもナニだけど これが想定以上に上出来!作業は簡単なのだけど、片栗粉をたっぷり使うので作業手順がスムースに運ばないとお勝手が粉だらけになりますの... (-_-;)

ギュウヒ部分は当日作業で、前日までにゴボウを柔らかく&甘く煮ておくのと味噌餡を作っておけば、1時間かからずに20個作れまーす。
.

3日目は「黄身しぐれ」...綺麗にひび割れない失敗作((+_+)) 

Img_6632a
でも素材は変わらないから口に入れてしまえば同じよ!と身も蓋もない事を言いながら勧める (^^ゞ

←ひびは入っているんですが... 原因は材料の水分量? 火力?それから裏漉しした卵の黄身が餡と溶け合うように混ざらずに小さなツブツブが見える(←目の良い人には)んです。そんなもんなのでしょうか?

.

以上 雛祭りのお菓子三種 それぞれ15~20個作りました。作り方等は後日。

| | コメント (2)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »