« 着物deお出掛け | トップページ | こねこね 和洋二種 »

2016年2月23日 (火)

2/19 はこれで

Img_6116Img_6113気温は低くても 太陽の光は春めいてきます。 そうなると やっぱり春を感じさせるものが着たくなりますが、暗く重たい色柄の着物ばかり... 毎年この時期に慌てて着るのがこの結城。

本当に春めいてしまったら、ボッテリ感のある結城は寒い時こそ合う着物のように感じ、春は結城よりも大島に代わるのが私の着物生活です。

仕立てて10年以上が経ちますが、着せる女中がおらず、私がたまに着るだけではなかなかこなれず、まだまだゴワつき感があります。

結城独特の糊の効いた反物でしたので、仕立てる時「産地で湯通ししてもらう」と言ってました。 でも、「湯通し」してもらっても糊が効いた感じは残り、せめて他の着物よりも丸洗いの回数を多くして「女中」に着させているつもりです(^^ゞ いつになったらあのふっくら優しい手触りの着物になるんでしょう?

.Img_6117

羽織でも良いかな?と思ったけれど、防寒コートにしました。 2月までしか着れませんものね、今季の着納めのつもり。

これも年に5回も着用してませんから、1回あたりの単価を計算すると大変高いものになってます(-_-;) 着物だってそうですけどね。せっせと着ましょう!

.

   帯周り

.Img_6108_4Img_6109

.

.

.

.

←これもなかなか着用機会に恵まれず(?)この日がお初か、せいぜい2回目... 着用1回当たりの単価を下げるようにしなくっちゃ。

|

« 着物deお出掛け | トップページ | こねこね 和洋二種 »

コメント

やっぱりそうですね
糊・・・湯通しが納得いかなくて
一度着て・・・即洗い張りした着物があります
それでも・・・硬いんですよ
今年はまだ着ていません
3月になったら…無理ですが・・・
結城ってどこか立派で、コメダ程度じゃ無理なんですね

投稿: しんのすけ | 2016年2月25日 (木) 20時23分

・しんのすけさんへ

別料金の湯通しをしてから仕立てる時「ふっくら柔らかくなりますよ」と言われたけどウソでした (-_-;) 
この結城は亀甲模様の無い無地が気に入り、それも名のある織り手さん(とのこと)の手織りとかで今の私には考えられないお値段((+_+))でしたが... バブル時代の記念品です。
結城の本来の良さが現れるのはいつなんでしょう.... 。

投稿: キナコ | 2016年2月25日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着物deお出掛け | トップページ | こねこね 和洋二種 »