« 2日目 | トップページ | 6/7 爺婆倶楽部総会へ »

2015年6月 6日 (土)

3日目は

Img_2014早朝はほとんど雲も無く、これならロープウエーに乗って普賢岳・平成新山を間近に眺めてこよう!と、思ってたのに、朝風呂浸かって、朝食を済ませた頃には空全面雲... 行程変更です。

.Img_2013

雲の中へ入ってったって何も見えませんものね ((+_+))

.Img_2026


昨日は、部屋に黄い郎置いたまま歩いてたので、黄い朗にも雲仙地獄での記念写真をパチリ♪ 私もパチリ♪

.Img_2034

.

.

.

Img_2022朝食会場の外は地獄です ((+_+))

関東では大涌谷が、口永良部島では噴火が、それなのにこんな噴出口の際に建ててしまって大丈夫か?きっと床下ではボコボコ噴出してるんじゃなかろうかと思いながらのんびり食事♪

早目にチェックアウトして、島原半島ぐる~っと回るつもりが、天気悪くてはねぇ (-_-;) のんびりするしかございません。

本日はこのような行程にしました。

Img_2069雨ですから歩きまわれないし、眺望も無理ですから、島原半島の有明湾側をぐるっと回って空港へ。

普賢岳の噴火や火砕流、土石流の災害の跡を見に、道の駅みずなし本陣へ。ここに土石流被災家屋を保存している公園(?)が ↓ 被害の様子を目にすることができる。

.Img_2041

他に火砕流体験館もあったが、これは映像に合わせて椅子が振動するだけでおススメはしませーん。

.Img_2038

山裾の周囲は、今は整然と奇麗に片付けられ、当時の被災の様子を窺えるものは見当たらないので、この土石に埋まった家屋を見て、ここが現場だったのだと再確認。

ここを引き上げる時、普賢岳の姿がシルエットで現れた↓

.Img_2044

ここより5分ほど走った所の、雲仙岳災害記念館がまだすドームにも寄った。

看板の後ろのガラス張りの建物です。こちらも火砕流・土石流を疑似体験できる施設(道の駅のより大掛かり)があり、体験してきた。他に火山や防災について学習できるコーナーもあったが引き上げる時間になってしまった。 雨が強くなってきた。

.Img_2047_2

.

走行中、「←島原城」の標識を目にしたので、ちょいと寄ってみる。 でも雨が強いので、駐車場から見上げるだけ(^^ゞ

Img_2048
小さい城だが、周囲も奇麗に手入れされ、雨さえ降っていなかったら歩いてみたいお城です。

.Img_2052

.

お城の入り口で盛んに私を手招きする忍者の様なお姉さんがいる... ここに知っている人などいないはずと良く見たら、入館者が少ないから呼び込みだったのね(^^ゞ お断りして向かいの茶店へ。 「かんざらし」の幟旗に引き寄せられたのね。

これが かんざらし ↓

.Img_2051

.

島原出身の田・・さんが「美味しいんだから!」と子供時代のおやつの話をした時大絶賛してたのを思い出したのだ。

最高に美味しい店は代が変わって味が落ちた...と言ってたので、とりあえずどんなものか、お城の茶店で食す。冷たいシロップの中に小さく小さく丸められた白玉団子が。スプーンでシロップと一緒にすくって一口・・・ 美味しいです。 うーん でも、私は白玉あずきの方が好きだな (^^)/   
思わぬ白玉対決をして 一路空港へ。

諫早市内で渋滞があり、ナビの到着予定時刻が段々遅くなっていくのにハラハラしながら無事に空港到着。

はい これにて終了でございます m(__)m

|

« 2日目 | トップページ | 6/7 爺婆倶楽部総会へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2日目 | トップページ | 6/7 爺婆倶楽部総会へ »