« 見つけたもの | トップページ | ホヤ »

2015年6月24日 (水)

ウツボ差別

Img_0503
「ウツボ」って日本じゃどこにでもいるし(いない?)、色柄も地味だし蛇みたいで顔つき悪く、人気は無い(でしょ?)から、わざわざガイドに指摘してもらうようなモンじゃないのに、海外の海では得意げにガイドが見つけてくれるのね (-_-;)余計なお世話

穴の中から顔だけ見せているウツボ... 豚鼻で、2本長く伸びているのが管状の鼻孔→

でも是非とも見つけて欲しい、見たいウツボもいるんですよ。

Img_0214
.

ハナヒゲウツボは見たいウツボです(^o^)丿

奇麗でしょう? 右顔ね。

.Img_0216


.

.

左顔です→

美しいブルーの体に黄色いアクセントが効いてます。これはオス。 というか、子供時代は黒い体に黄色いラインで雄雌の違いは無く、成長すると青と黄色になってオス、もっと成長すると全身黄色いメスになります。つまり一匹が一生の内で雄も雌も経験するのですから面白い。

.Img_0217

←特徴あるのがこの鼻の飾り(?) 花弁みたいでしょ。また、下あごの先端にはお髭が... これらが名前の由来なのでしょう。

でも、英名は「リボンイール」 日本と英国とでは見方が違うんですのね (^^ゞ

今までに、子供時代の黒いのも、メスの黄色いのもカメラに収めており、どこかに画像があるはず... 見つけたらここにアップいたします。

姿かたちで差別してはいけないと学校で習ったけど、愛嬌の無い顔、蛇のような姿、このウツボ以外はどうも嫌い。 ウツボは苦手でーす。

|

« 見つけたもの | トップページ | ホヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見つけたもの | トップページ | ホヤ »