« 動かないもの① | トップページ | チョロチョロ動き回るもの »

2015年6月28日 (日)

動かないもの②

Img_0062

動かない魚もいます。

獲物を待っ ているのか、サンゴの枝先でじーっと待っている10cmくらいの小さなオニカサゴ

背びれに毒を持っているので触ると危険です。

これ↓も動かない魚。

.Img_0013

.

.

イロイザリウオ…ですが、10年程前に「いざり」が差別的用語だからと「カエルアンコウ」に改名されたようですが、私の記憶も図鑑も10年以上前のものなので、昔の名前で載せてます...小林旭(^^ゞ   
図鑑は1997年発行だから18年前ですわ。

今風に呼べば、イロカエルアンコウですね。

.

Img_0560Img_0603 けないもの・・・大きな二枚貝シャコガイですが、いつも口を開いてます。中側の外套膜の模様が妖しい。

目が付いているわけでもないのに、近付くとサッと閉じちゃうのには腹が立ちます(@_@;)

Img_0016_2巣穴の所で動かないのもいます。
エビさんが作った穴に居候する代わり、敵が近付くとエビに知らせる見張り番をしているハゼが色々います。

これは ニチリンダテハゼ

動かないけれど、背びれは閉じたり開いたり… 今までピンと開いた背びれがなかなか撮れなかったのですが、今回タイムラグの少ないカメラのお陰で撮れました (^_^)v

.Img_0405_3

いつも岩やサンゴに隠れるようにして餌をじーっと待っているカサゴの仲間 それが水中遊泳しているのに遭遇!

←泳いでいる姿は貴重なハナミノカサゴ

.Img_0518_2

.

小さくても いっちょ前に餌を待っているハンター:ネッタイミノカサゴの子→

.

植物です↓初めて見たかも。

.Img_0571_2

.

.

マンジュウイシモチがいたサンゴの所で気になった小さな生き物↓

.Img_0589

.

.

.

ログ付けの時に色々調べてもらい クサリミノウミウシと判明

.

.Img_0588

.

陸上では見向きもしないようなムシに、あーでもない、こーでもないと図鑑の頁をめくって楽しんでおりました (^o^)/

.

Img_0499.

動かないのがまだありました。

Img_0411_2ケヤリムシの仲間 色々な色がありますが、これは黒いバージョン→

左のは形が違うのですが... イソギンチャクの仲間かしら?

.

Img_0301Img_0178

イバラカンザシ これもいろんな色があってとても奇麗です。 

でも、どちらも危険を察知すると、サッと瞬間に穴の中に身を隠していまいます。

|

« 動かないもの① | トップページ | チョロチョロ動き回るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動かないもの① | トップページ | チョロチョロ動き回るもの »