« こねこね:スノーボール | トップページ | 甘酒も作ってます »

2015年3月13日 (金)

小倉しぐれ覚書

Img_0608
雛祭りの「黄身しぐれ」の材料(白あん)が無く、急きょ「小倉しぐれ」を作ることになったお菓子だが、黄身しぐれに負けず結構美味しいよ~♪

レシピ本には書いてない、製作作業での付け足しをした覚書です。

.

10個分の材料 

Img_0693
中の餡玉(12g×10小さめ)・・・こし餡120g+α

皮用のこし餡(22g×10)・・・・・こし餡220g+α

←フライパンで水分飛ばし。レンジでチンを繰り返すより焦げ付きの心配がない。水分が減るので餡の量は+αで。

.

Img_0696Img_0697
ゆで卵の黄身・・・L1個(Mなら2個)裏漉し

※他に生卵の黄身1個とレシピにあったが、餡が柔らかくなりすぎてしまうので次からは入れてない。餡のつなぎになるのでしょうか?
でも、
生卵黄を使用しなくとも出来上がりは大差ない。

.

Img_0700
ベーキングパウダー・・・ 1g

上新粉・・・・・・・・ 5g ←↑篩う

あれば濡れ甘納豆

.

Img_0704
①裏漉しした卵黄と水分を飛ばした皮用のこし餡を混ぜる。

その際こし餡も半量でも3分の1量でも裏漉しして卵黄と混ぜてから全体を混ぜると混ぜやすい。

Img_0705
②上新粉とベーキングパウダーも混ぜる。餡が柔らかい時は、上新粉をもっと加えて調整する。

.

Img_0707


③皮と中の餡を丸める。

皮25g 餡玉15g 
小さめが良ければ、皮22g 餡玉12g。 今回は小さめ。 

皮の水分が飛ぶように、皮は最後まで丸めてません。下は濡れ甘納豆 

Img_0708


水分が多いと皮が割れません。丸めて平たくした時、周囲がボソボソにひび割れるくらいが良い。

.

Img_0710
④皮で餡玉を包む。丸める前に濡れ甘納豆を数粒貼り付け、きれいに丸める。

⑤蒸気の上がった蒸し器に 乾いた布巾、クッキングシートを敷いた上に並べ、強火で8分蒸す。

Img_0716

⑦8分後・・・完成でーす。そのまま冷めるまで触らない!崩れるから。食べるのは 卵臭さが抜ける翌日ね。

ひび割れが少ない時は・・・秘密兵器:団扇  これで煽ぐといいですよ~♪

Img_0548材料も作り方もシンプル且つ簡単だし、道明寺粉で作る桜餅のように、冷めては出来なくなる 熱い内の作業が無いので、慌てずゆっくり作っていられる。 なので、次の桜の花見の茶菓子は小倉しぐれ黄身しぐれに決定。

.

.

Img_0717_2と、いうことで  出来上がった小倉しぐれを持って11日のお稽古Bへ♪

練習に疲れた頭と体を癒します(^o^)丿

 

.Img_0718

 

私、練習よりもこの時間の方のが好きでございます (^^ゞ  

|

« こねこね:スノーボール | トップページ | 甘酒も作ってます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こねこね:スノーボール | トップページ | 甘酒も作ってます »