« 小倉しぐれ覚書 | トップページ | 偽装お誕生会  »

2015年3月16日 (月)

甘酒も作ってます

Img_0506
「甘酒」は夏の季語なんですってね?

私にとっては冬の寒い時期のホットドリンク♪ 子供の頃、母の実家に行くとお祖父チャンが作っててくれるので行くのが楽しみだった。
新潟出身の婿さんだった(祖母は子持ちで再婚、祖父は初婚... この経緯も聞いておきたかったな (^^ゞ ) 祖父にとっては、孫は何人もいたが、私は実の娘の子(初孫)になるせいか、今思えば特に優しく可愛がってもらったような気がする。

ま、そんなことはどうでも良いのですが、甘酒は祖母は作らず祖父だけが作るものだった。
そしてその味は、その後あちこちで飲んだ甘酒よりも格別に美味しく、有名甘酒や高級甘酒も飲んだが祖父の味に勝るものは無い。ということで祖父亡き後はどれを飲んでも美味しいとは思えなかったため、甘酒を自分から求める事は無くなった。

それが昨年、洋○さんの家でごちそうになっている時、「田舎の味よ~」と甘酒を出してくれたのが『お祖父ちゃんの甘酒だ!』と思わず言ってしまった洋○さんお手製の甘酒。その後 何回も作ってもらったりしてるが、貴重品(?)なのでチビチビ飲んでいる (^^ゞ.....ガブガブ飲みたーい ⇒⇒⇒ 頼むよりも自分で作るか?!

「麹ともち米だけで簡単に作れるのよ」と洋○さんが言うので やってみた。(長過ぎる前書でしたm(__)m)

.

Img_0766
材料・・・ もち米 1合、麹 200g と水だけ。

作り方 ①もち米1合を4合分の水で炊く(お粥ね)

Img_0767
 その間に麹をばらしておく(袋を麺棒で叩くとバラける)←注意点:袋を破らないようにする ^m^

Img_0761


②お粥が出来上がり、70℃くらいに冷めたらバラけた麹を混ぜる。混ぜ難かったら、水(ぬるま湯)200mlくらい入れる。

Img_0763


②をヨーグルトメーカーに入れ、「60℃10時間」とセットしてON♪→10時間後出来上がり (^^)v

③飲み方 お粥みたいですがそのままでも良し、水や湯で好みに割っても良し、生姜のトッピングも良し。 私は、今回教えてもらった“牛乳と同量をミキサーでガーッ!”が気に入ってます。

.

※クックパッド等には炊飯器を利用する方法が沢山載っているが、鍋で炊く我が家には炊飯器が無い!でも、ヨーグルトメーカーはあるんですねぇ (^^ゞ 

※今回の費用は、麹(328円)ともち米(180円)の材料だけで508円。で、約1リットルの甘酒が出来ます。 
もっと安いもち米もありますし、麹の値段もお店によって違いがあるようです。
また、もち米ではなく御飯用のお米(うるち米)でもできるようだし、水の量を増やしたり、使う麹の量が少ないレシピもあるので費用は抑える事も出来そうですが、お味が落ちてはいけません... なので今後の調査研究課題です(^^)/

※「祖父の味」は特別なものではなく、麹ともち米だけのシンプルなものだったのだ。それなのにとーっても甘い♪ 

|

« 小倉しぐれ覚書 | トップページ | 偽装お誕生会  »

コメント

甘酒、好きなので作ります。

牛乳と混ぜるのは知りませんでした、カルシュームも
取れるし良いですね

投稿: botanikaru | 2015年3月16日 (月) 21時00分

・botanikaruさんへ
あらー 作ってらっしゃるの?
私は初めて作りました。
甘酒の米の粒々が好きな人には不評ですが、ミキサーで粒々を磨り潰してトロ~リ液体にするとまた良いです。
それを牛乳で割るのも良い♪「こんなのは『甘酒』じゃないっ!」と怒る方もいらっしゃいますが(^^ゞ

投稿: キナコ | 2015年3月17日 (火) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小倉しぐれ覚書 | トップページ | 偽装お誕生会  »