« 11/16 は帯替えて | トップページ | 師走になりました »

2014年11月29日 (土)

11/25 はこれ そして報告

前の羽織記事のきものおたすけくらぶつながりみたいな本日の着物です。

Dsc03629これは父が遺した大島の着物(アンサンブル)をきものおたすけくらぶで私用に仕立て直したもの。

何度も書いている事ですが、半世紀近く前までの多くの父親は、仕事では洋服でも、仕事が終わるとお風呂に入って着物に着替えてた。父もお風呂の後は食事や晩酌、町内の集まりにも着物で出掛け、寝間着に着替えるまで着ていましたから本当に「普段着」としていた。だから汚れも擦れもある着物ばかりでどれも『ゴミ』として処分しようと思ってたら、良く着こんでいたせいかこのアンサンブル着物は柔らかく手触りが良いので残しておいた一組。

Dsc03644Dsc03646そして私用に改造するための相談にきものおたすけくらぶに持ち込み、着物&袖無し羽織にしたのだ。

実はその2、3年前にも別の店でもう一組のアンサンブル着物を私用の着物&羽織に直している。男物の着物をお端折りのある女物に直すには丈が足りないので『胴接ぎ』をして丈を出すのだが、その時は羽織と着物にしようとしたので着物の丈が足りない!そこで着物には別布を接いで丈を出した。(この事は以前にも書いたかもしれないが今度着たらまた書きます)

.Dsc03641

.

.

今回は袖無し羽織(チャンチャンコね)にするので袖部分を胴接ぎに使うことにして着物にする事ができた。そして同じ生地なので接いでも目立たない (^_^)v

Dsc03640_2←ほら 袖が無いなんて見えないでしょ?普通の羽織でございましょ?(羽織紐がチョット上ね... 次は簡単に誤魔化しまーす(^_^)v )

.

.

ところで前回3月に着用した時と変わっているのですが... 分かるかな?(あら3月も同じ帯を締めていましたね)

ではこれを見て↓左は3月、右は11月のです。

.Dsc08622Dsc03641a


.

.

.

.

.

.

前で手を組んでいるのと広げているのとでポーズは違うけど、羽織の襟を見て!どうも着難いと愚痴っていた3月は襟先が前に突っ張り左右が合わさるの。それに比べて11月の方は襟がストンと下に落ちてます♪・・・さて、この違いは何?

はい それはですね 直していただいたからでーすヽ(^o^)丿
3月のボヤキを読んだきものおたすけくらぶさんから「もちろん直しますよー!」と嬉しい連絡があってお願いしました。
夏には出来上がって届いていたのですが、やっと着る機会が出来てお披露目と感謝のご報告です。 ありがとうございましたm(__)m

.

※オマケ※
3月にくりが違うと画像で指摘してたのは間違いだと知りました... 洋裁の「襟ぐり」と「繰り越し」は違うんですね! 採寸も仕立ても何も知らないでお恥ずかしい (^^ゞポリポリ

|

« 11/16 は帯替えて | トップページ | 師走になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/16 は帯替えて | トップページ | 師走になりました »