« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑤ | トップページ | は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑦ »

2014年10月14日 (火)

は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑥

モロッコ4日目 砂漠の朝日とトドラ渓谷

Dsc02696早朝5時出発です。今日の朝日観賞の為に遥々やってきたのですから寝坊する事は出来ませんわ。

4WDに乗って真っ暗な 原野を進むこと30分 ヘッドライトに浮かび上がったのは我等を待つラクダさん達。ここで4WDを下りてラクダに乗ります。(歩いて行きたい人は歩きます。ラクダ料金 約5000円)

車を降りたら凄い風!砂嵐か?!と思ったが、現地ではこんなもの大したことない何時もの事らしい(-_-;) 上着の前を締め、花粉対策用眼鏡をかけ、荷物をリュックにして背負い、ラクダさんの所へ行くとターバン巻いたお兄さんが「それに乗れ」と指定する。

Dsc02707どうか気の優しいラクダさんでありますように...と祈りながら、「鞍」とは言い難い手作りのマットのような座布団にT字の持ち手の付いた『鞍』にまたがる。

しゃがんでいるラクダさんの立ち方は、①後ろ足を立て ②次に前足を立てます。だから乗っている人は①の時は前につんのめり、②で後ろに振り落とされそうになりますので、しっかりT字の持ち手を掴んでないと落下の危険!あちこちで「キャー」とか「怖ーい」「下ろしてぇ」の悲鳴が上がりましたが、全員落ちずに出発できました♪ そしてまだ真っ暗で砂交じりの強風吹きまくる中を揺られる事30分。 周囲は明るんできましたが、まだまだ日の出の時刻ではありません。

Dsc02715朝日観賞ポイントで我らは下り、ラクダ達は砂山の陰で風を避けるように休憩。

我等にとっては「強風」だけど、「砂嵐」になるほどではない。でも、膝下は吹き飛ばされている微小な砂で凄い砂嵐です。上の画像は瞬く間に足跡が消されて行きます。下の画像は腰を下ろすように毛布を敷いてくれるのだが、数秒で砂に覆われてしまいます。

Dsc02714風と砂に耐えながら朝日を待つのですが、空はどんどん明るくなり、日の出時刻を間違えているのでは?と思い始めた頃 出てきましたヽ(^o^)丿

.Dsc02727

.

.

砂山の起伏が写真で見たように美しく浮かび上がります。

.Dsc02728_2

.

.

太陽にWBを合わせたので画面は暗いが、白い空に白い太陽です。(その時の条件によるでしょうけど)

.Dsc02729

.

.

.

.

.Dsc02746


さ、またこれに乗って帰ります。
こんな風にひかれていきます。歩いた方が早いけど砂に足を取られるのも大変疲れるので、乗り難いけどラクダの方が楽だ♪

.Dsc02751

.

.

行きは落ちないように両手でしがみついていましたが、帰りは片手にカメラ持って余裕です♪

Dsc02770←砂山に映った影 分かりますか?
これは私の影よ↓

.Dsc02765

.

.

.

風紋も目に焼き付けました(^_^)v 画像では砂の色が表現しきれていないのが残念...、赤…ピンク…ベージュ…を混ぜたような...、決して「茶色」ではない色で美しい。今まで写真で見た赤い砂漠の色は作られたものと思っていたので感動ものです。一日ここにいたらもっと色の変化も楽しめるのに... 引き上げねばなりません(ToT)/~~~

Dsc02775

太陽が昇ったら風も収まり、静かな砂漠をラクダで行きぃ ましたぁ~♪

出発点に戻り下りると、ラクダの鞍(?)や手綱が外され、ラクダ達は「あー 終わった 終わった-」とてんでにバラけて行きました(自由?放牧?)

.Dsc02779

.

再び4WDに乗ってホテルに戻ります。ホテルの外観はこんなだったのね。

.Dsc02781

.

出発までの短い時間に急いでシャワー・シャンプーをし、朝食を済ませて集合! 4DWにのってエルフードに戻り、観光バスに乗り込みます。 

本日もエルフード→ワルザザラード 347㎞ 途中トドラ渓谷に立ち寄り昼食をとる 7時間の行程です。

( 今日はここまでね m(__)m )

|

« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑤ | トップページ | は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑤ | トップページ | は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑦ »