« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑪ | トップページ | あらまっ 11月ですよ »

2014年10月24日 (金)

は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑫

モロッコ6日目 専属ガイド&通訳と専属ドライバーつけて観光ヽ(^o^)丿

Dsc03136時間が短いのにウロウロしてられません。無駄なく有効に過ごすためにとった方法は… ツアーのガイドさんに相談したら、フリータイムなのでガイドさんは暇しているそうなので「僕が案内するよ」となったんです♪
そして朝、約束の時間にフロントで待ち合わせ、ホテル前のタクシーをチャーターして出掛けようと思ったら何と!待っていたのは一昨日の日本語達者なマラケシュガイドさんの車ヽ(^o^)丿 「今日 休みだから乗っていきなよ」って... まさか法外な料金要求される事もないだろうから OK OK (^^ゞ ツアーのガイドさんに昼飯御馳走するつもりが倍になるけどOK OK (^^ゞ


Dsc03134で、向かってもらったのはマジョレル庭園

イヴ・サンローランが惚れて買い取り、晩年を過ごした庭だそうで“モロッコとは思えない場所”とガイドブックにあったし、ガイドさんも「綺麗で素敵」と言うからには行かねばなるまい(^^)/
と言うか、マラケシュ市内に観光スポットなるものがあんまり載っていないんですよ ガイドブックに。
 
50DH払って入ると、確かに周囲とは別空間ですわ!
.Dsc03137_2
.
.
.
竹林 水路 巨木 そして巨大なサボテン各種 植物園みたい。
.
Dsc03140
.
.
.
.
.
.
.
.
こういう庭をフレンチテイストと言うんでしょうか?中国風でもオリエンタル風でもあるし、よく分からないけれど マラケシュ市街の喧騒から隔絶したオアシスですわね♪
.Dsc03144


大変気持ちの良い空間です。
.Dsc03141
.
.
.
.
.
.
.
この庭にはサンローランの遺灰がまかれているほど愛した庭だそうです。Dsc03156
.
 
.
 
↓この青い建物は庭園内にあるサンローラン記念館で別料金(!) さらに払うつもりはなかったので通過。でも払ってでも入る価値のある作品(商品?)が見られるとか。
 
.Dsc03150
 
.
.
ま、私には彼の作品を手にしたいと思う事も無く、ファッションにも関心もありませーん。
それよりも気になったのがこの青い色
 
.Dsc03153
.
.
.
 
.
 
「マジョレルブルー」ですって。
この庭園の作者であり、最初の持ち主ジャック・マジョレル(仏人画家)の名をとった庭園であり、この濃いコバルトブルーの名称にもマジョレルの名を冠している。
.
Dsc02991
そこで思い出していただきたい。「は~るぅ ばるとぉ~♪10」の初めに『この青い色を覚えていて下さいね』と記したホテル玄関前の画像にもあった青と同じでしょ? でも、この青い色はこのホテルだけでなく色んな所で目にしました。
.
Dsc02834←アトラス山脈の向こうのワルザザードのホテルでも。
 海辺のエッサウィラでも↓
.Dsc03035Dsc03038

.
.
.
.
Dsc02345_2←遺跡のモザイクにも沢山使われていた印象深い青... でもこんな身近なとこでも目にしていました(^^)/
.Dsc03164
お連れのバッグ→
これは紛れもなく「マジョレルブルー」ですわ!



.
.
.Dsc03149
たまたま偶然同じ色なのですが、マジョレル庭園内のマジョレルブルーと共に記念撮影 ヽ(^o^)丿 そんなバカバカしい事やってました (^^ゞ 
サンローラン記念館をケチって 我等は無料の施設に入りました… トイレです↓
.Dsc03172

.
.
.Dsc03171

トイレの中もこの装飾♪さすがですわ~ ファッションよりも感激です。
.
.
この公園を出てマラケシュガイドさんの車に戻ろうとしたら、タクシーの所でツアー仲間3人がタクシードライバーさんと何やら交渉で揉めているのに出くわした。ツアーのガイド氏が事情を聞きに行ったところ料金が高過ぎるとかガイドブックに載っている所には行けないとか... 交渉は成立したらしいが、貴金属を買いたいお一人が我等に同行したいと乗って来た。だが我等は貴金属には関心ないので後半は別れる事に。
Dsc03180
2人のガイドさんは我等の希望を聞きながら案内するのはメディナのスークへ。ただ前々日に見て回ったスークよりもずっと良い品物を扱い、専門店街のよう。で、どんどん入って行った所は大きなカーペット屋さん... ん?魂胆が見えたぞ(^^ゞ
でも美味しいミントティーもサービスされたので見るだけ見てみよう。1階ではイタリア人ご夫妻が一生懸命大きな絨毯選びをしてますわ... 日本の我が家にはそんな大きなもの広げる部屋ありませーん(-_-;)
ガイドさんやお店の人が色々見せてくれるけど気に入ったのは無い... ふと見るとサイドテーブルのガラスの下に敷いてあるのが 私好き♪ 「これはヴィンテージもの(中古品?)で売りものではない」と言いながら奥の店主らしい人の所へ持って行き、戻ると「○○○DHなら良いです」「たっかーい!私貧乏 買えません」「安くします○○○DHではいかがですか?」「無理です。貧乏だから... 止めます」「それなら○○○DHでは?」・・・の交渉の結果 古くて 擦り切れたり穴があいて 色も褪せているのに大枚はたいて購入 ヽ(^o^)丿 ※
.
Dsc03194_2
そろそろホテルに戻らねばならない時刻になりました。マラケシュガイドさんは貴金属のお店を案内するのに分かれたので、我等はフナ広場を抜けてタクシーを拾います。
.
するとジュース売りのワゴン(屋台?)がズラーッと並んでいる所に... お昼を食べる時間も無くなったので、モロッコ最後のオレンジジュースを飲もう!
.Dsc03191
「ご馳走するわよ♪」と言ったら「男が買うものです」と言ってガイド氏は私達にジュースおごってくれましたヽ(^o^)丿
ホテルに着いたらチェックアウトをして荷物を出し、バスに乗り込んでカサブランカの空港へ約3時間のドライブ。途中のトイレ休憩のカフェでハンバーガーみたいなパンを購入し、バスの中で食す。美味!
.
Dsc03198_2これで やっとモロッコの旅も最後です。また丸丸一日かけて日本に帰ります。
ドーハで乗り継いで日本へ... 時折り窓際の人が覗く窓からただものではない神々しいまでの山々の姿を見て飛行ルートを確認すると、行きとは飛行ルートが違いヒマラヤのそばを飛んでますよ!昼間でも窓を開けさせてくれないのは何故なんでしょうかね?せっかくの景色なのに見ることが出来ないんですものね (-_-;)
Dsc03206荷物はろくに入っておらず土産用に緩衝材を詰めた大きな旅行バッグは、帰りも緩衝材詰めたまま帰宅 (^^ゞ ですが、砂漠や渓谷の見たかったものを見、本場タジンも味わい、オレンジのフレッシュジュースも極め(?)、心配した腰痛も、食あたりもせずに、長時間の飛行にも耐え無事にほぼ10日間の旅行が出来た事はメデタシ♪メデタシ♪
.
(※)ヴィンテージ・カーペットの土産…使い古したカーペットをそのまま使用する気にはなりません。ダメ元で浴槽でよーく洗い、干してファブリーズをシュッシュと掛け、綻びを繕い、安心して使えるようにしました(^_^)v

|

« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑪ | トップページ | あらまっ 11月ですよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« は~るぅ ばるとぉ~♪ ⑪ | トップページ | あらまっ 11月ですよ »