« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

9/19 9/20 はこれで

Dsc02139Dsc02136

例年だと9月の単は、暑さ対策に悩み いつ夏物と決別しようか迷うのですが、今年の9月はそんなことなくて、9月初めからすぐに単衣に切り替えられました。

それだけ夏が短く 『秋』が早かったのでしょうね.

春単衣でも秋単衣でも登場の着用率高いこれは蚊絣の本塩澤。

春と秋との着分けは帯で、いかがでしょ?と言ったって例年毎度の組み合わせ(^^ゞ

肌襦袢・長襦袢はまだ夏もので、襟も絽でーす。

.

.

.

.Dsc02131Dsc02133_2     ≪帯周り≫

毎度の組み合わせですが、紬の単名古屋です。色柄が秋っぽいでしょ?

帯締めも帯に使われている色を選びました。

.

.

.

Dsc02240Dsc02241_2翌日は茶会で、帯を替えて出掛けました。

この帯の色も秋っぽくて毎度の組み合わせでーす。

連日着用の理由は... 洗いに出すから と言うケチな着回し作戦です (^^ゞ

気になるのは 襟なのです。ちゃんとお風呂に入っているし、着ている最中も襟に肌をこすりつけること等ないと思われるのに着方が悪いのかな?

長襦袢の襟が着物襟を守ってくれるはずなのに10㎝くらいの筋を引いたような汚れ(シミ?)がうっすら出来るのです (-_-;)

来年まで放置したら落ちなくなるかもしれないから あと1回着て出そう!←ビンボー!

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

お茶会へ

Dsc02244
9/20(日本橋川クルージングの翌日ね)
お茶の「いつものメンバー」で“いつものお茶会”をいたしました。

「お昼の食事は、簡単に松花堂(?)でお弁当ね」と言われてたのに全然「簡単じゃない」お弁当でございました。

.

.Dsc02243


.

お茶会の時間は短くても3時間・4時間はかかるのですから贅沢な遊びですよね。

Dsc02249ただお茶いただくだけなのに4時間!?そんな暇はない!と呆れるお忙しい人もいらっしゃいますが、私も嘗てはフルタイム以上働く暇無し人間でございました。

それなのにお稽古に通ったのは、仕事でヒィーヒィー言ってたのに茶室に入ると時間の流れが違い気分もリセットされたからなのかも。

忙しくストレスいっぱいの時こそこんな時間に身を置くこともストレス処理になるんだけど... 「それだけの時間があったらアレもできるコレもできる!」と思ってしまうお疲れのアナタ ま、お茶でも一服いかが?

Dsc02268金は無いけど「時間持ち」で、ストレスフリーな生活を送れる『高齢者』も良いもんだと思います。 そこのアナタ 早く歳をお取り遊ばせ♪

本日は、1名お客様を迎えて楽しんだいつものメンバーです。

| | コメント (2)

2014年9月27日 (土)

も一つクルージング♪

Dsc02027日本橋川のクルージングの前に ここでも船に乗って豪華客船が接岸する大桟橋を横目に、夜の湾内をグル~ッとクルージングしてましたヽ(^o^)丿

9/17の事でございました(危うく忘れるとこ(^^ゞ )

.Dsc02028

光が灯され始めた タワーの下の公園に続々と集まる老老男女  そう 潜り仲間の爺婆懇親会♪

Dsc02035_2
集まる爺婆は「並」の爺婆じゃございません!恐ろしく元気な後期高齢者達なのです。

目の前の爺様は84歳! 昨日八丈島の潜りから戻ったばかりとの事。 またその向こうの立っている爺様は潜りばかりでなく、世界一周のクルージング(これが本当のクルージングね)を何と!5回も! 

.Dsc02067
こちらのクルージングは個室(?)を借り切って我等だけの空間で飲めや歌えの 飲んで食べて楽しくおしゃべりのディナークルーズ。 お兄さんお姉さんのバンド演奏もあり、60年代の我等には懐かしい、だけどお兄さんお姉さんには馴染みのない曲目を選んで演奏 大いに盛り上がります♪

でもね、せっかくのディナークルーズだというのに 外の景色に関心ない方が多く(←何度もやってるからね) これならわざわざ船に乗らずとも駅前の居酒屋でやっても同じじゃないかなぁ... と思ったのでございます(^^ゞ

では素敵な夜の光景を どうぞ~♪

.Dsc02086

.

.

.

.

.Dsc02055

.

.

.

.

.

| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

クルージング 続き

Dsc02185_2.


隅田川を少し往復し、都会の光景を堪能させてくれます♪ 

.

.

江戸情緒味わえる屋形船に、宇宙戦艦ヤマトの松本零士デザインの未来型船が行き交うのも面白い。

.Dsc02179Dsc02183

.

.Dsc02192


再び日本橋川に戻り道路の下をくぐります。

橋は手が届くどころか満潮時(海の影響受けます)には頭を下げないと危険((+_+))

.Dsc02196

船着き場に戻りクルージングはお終い。船長さんの気分で45分よりもオマケがありました♪(日本橋船着き場を利用したクルーズ船は8社ほどが企画しているようですので 私達が乗ったのはほんの一例です)

Dsc02206さ、お昼にします!

船を下りる時から気になってた船着き場向かいの、川に張り出したテラス席「豊年万福」へ。趣のある室内の席もあるけど我等はここよ♪

目の前は高速道路 その下に日本橋川 向こうに今下船した船着き場が見えます。いろんなクルーズ船が通るので手を振って船の客の反応を眺めるのも面白い。

Dsc02210各種あるランチメニューからすき焼き御膳をチョイス これがお安いの!ローカルではやって行けない料金設定(-_-;) さすが千客万来の都会のお店ならでは。

.

Dsc02214

↓膨れたお腹を抱えて次なる目的地はここ
Dsc02217

ライオンさんが門番しているデパートで毎年恒例のこれ↓

Dsc02215
陶芸 工芸 染色 ・・・中でも染色や織物の「着物」が気になり拝見させていただきましたわ。それにしても衣服の、それも「普段着」に属するものなのに考えられないお高いお値段がつけられているのは、その大変な作業工程等から当然なのかもしれないけれど... 

.Dsc02222

技術を追い求め、着る人が求めているのはそんな技術ばかりじゃないのに...。「普通の人」には買えそうもないものでは、着物離れが加速する(-_-;)    でもここは最高の技術を御披露する「工芸展」なのだからそんな事言ったって仕方ありません。

でもね、技術は素晴らしいのだろうけど「着てみたい」「欲しい」と思える着物はありませんでした... ヒガミ?

美しいものを見ると疲れます→ お茶... だけじゃなくてケーキも注文して来月の相談し、解散したのでございました m(__)m

| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

クルージングよ♪

Dsc02141豪華客船で世界一周のクルージングもあるけれど、帆船で外洋に出るわけでもないけど、小さなボートで川をぐる~っと回って来るのだって『クルージング』と言いますのよ。

というか、この船の会社が「○○クルージング」と名付けているから『クルージング』なのですっ!

Dsc02202はい 9月19日いつものお茶べりのメンバーで そんなクルージングをしてまいりましたヽ(^o^)丿

先月「こんな所に船着き場があるわ!」→

と気付いたのが本日の船旅(?)のきっかけでございますから 犬も歩けば棒にあたるでございますね... 関係無いか(^^ゞ

Dsc02142_2ミステリー「麒麟の翼」で中井貴一が息も絶え絶えにダイイングメッセージの為にやってきた場所に集合し、1時間程の日本橋川の舟遊びを楽しんできました。

Dsc02143.

45分1500円 60分2000円のチケットは朝11時半に全便売り出されるので、チケット買ったら乗船する時間まで時間つぶしです。

「時間つぶし」は我等にとって得意中の得意!橋を渡ってスタバで時間までお喋り~♪

.

Dsc02146_3チケットは整理券でありまして、乗船10分前に並びます。指定席ではなく、好きな席を早いもん順でとります。

.Dsc02149

.

雨や日射しが強い時も傘をさす事は出来ませんが、船には麦わら帽子が置いてあり借りられます。

.Dsc02159

神田川から別れ隅田川に合流するまでのほとんどを高速道路に蓋をされ、空が無い川:日本橋川を進みます。

.

.Dsc02157


高速道路に覆われ、見えない所に工事中の石の橋が出現 東京最古の石の橋:常磐橋  既に車道橋としての役割はないのだが解体修復して「遺産」とするのでしょう。

.Dsc02166

「遺産」と言えばこれも→

橋の裏側の石が剥がれているのです。「危険じゃないか!こここそ修繕を」と思ったら 関東大震災で焼かれ石も剥げ落ちた火災の凄まじさ修繕しないで残すことも「遺産」ですね。

.Dsc02177

隅田川に出ました。
スカイツリーが出迎えてくれました ヽ(^o^)丿

ここまで来る間も頭上は道路 交錯する高速道路に空が見えなかったのがやっと頭の上が解放されました。

.

Dsc02185都会だね~ と、ローカル人はこの光景に大喜びでございますが、川の水の色には「これは川じゃない 本当の川の色じゃない」と思うのでございます(-_-;)

.

今日はここまで m(__)m

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

老人老人老犬

Dsc01993昨日は9月15日(祝)

他人様の事を「老人老人…」などと言える程若くもございませんが、我が社中の恒例となりました出演依頼(←有料よっ)のさる自治会の「敬老会」に行ってまいりました。

.Dsc01991

去年は非情にも台風で中止となってしまい、二年振りの我等を楽しみにしていたお客様(←多分)の歓迎の拍手(←多分)を受けステージにヽ(^o^)丿

.Dsc02006

そして絶賛の拍手(←多分)で見送られ、昼飯は社中の上品な『豪華懇親会』開催も恒例となりました。

.Dsc02011

.


来年再びお呼びがかかるかは不明ですが、「人気」よりも「自治会予算」に左右される身(-_-;) ま、今年も無事に演奏することが出来ましたので カンパ~イ♪

.Dsc02018

肉・魚料理に最後は6種ものデザートに満足満足♪

.Dsc02023


.

このテーブルのメンバーの平均年齢は、別格にお若い大学生もいますが60は超えているんじゃないかと思われ、締めは「皆さま敬老の日おめでとうございました。来年もこの日を無事に迎えられるよう健康長寿と稽古に励みましょう!」

.

実は我が社中にもボランティアでの出演依頼が各種施設からあり、都合つく時にはなるべく参加するようにしております。(中には積極的にユニット作って施設を回っている仲間もいます) その様な依頼は「敬老の日」など関係なくありますが、今回は2カ所の介護施設で続けて「敬老の日」を祝う日でした。

Dsc01935下見(?)も兼ねた出演をしてまいりました。

.Dsc01950


.

自力で歩ける方はほとんどおらず、車椅子やストレッチャーで運ばれ、聞いているのかいないのか反応も分からないお客様ですが、合の手を入れる所で反応があると疎かに気を抜いた演奏をしちゃいかん!と引き締まります。

Dsc01963こちらも同じく介護施設。どちらも若い方(特に男性)が一生懸命お世話をしている姿には本当に嬉しくなりました。

ここでは長寿のお祝いがあり、最高齢や白寿、卒寿には一緒に祝いの拍手を送ってたが、古希の方もおられたのには複雑な気持ちで拍手いたしました(-_-;)

Dsc01973この日は久し振りにおチビちゃん達の唄もあり、我等の演奏もおチビちゃんに喰われてしまいました (^^ゞ  子供の成長はスゴイ!体が一回りも二回りも大きくなっているのはもちろんですが、格段に歌が上手くなっているのヽ(^o^)丿

ハイ そんなわけで介護施設下見見学(?)を兼ねた演奏も無事終了♪ しかし、お客様達が部屋に引き上げる様子も見る事になったのですが、2つある大きなエレベーターでも乗れる車椅子は2,3台で100人を超す人数はなかなかさばき切れないのです ((+_+))  火事・地震・・・何かあった時には動きもとれなくなるのではないだろうか?エレベーターが正常に動いていてもこうなのですから、非常時には諦めて、若い介護者を避難させてやらねばなるまい...等と思ったのでございます。

Dsc01977
さて、
家に帰ると我が家にも13歳の老犬が。

私を追い抜き、人間ならそろそろ古希でございますよ。体毛(特に顔周りと腰部分)はすっかり白くなり、歩き方もヨタヨタと...そして低い段差も乗り越えられない時があります。そして今年になって急激に耳の聞こえが悪くなり、後ろで呼んでも大きな声でないと反応しなくなりました(T_T)

.Dsc01974


敬老の日だからお祝いのオヤツをあげましょうね♪  でもその前に「おあずけ」で楽しませてもらいました。

目が「虐待だ!」と訴えておりますが、気がつかない事にしまーす。

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

9/2 のお出掛け

ありゃりゃ 出掛けた先の事ではなく着ていったものを先にアップしてましたわね。 ま、どっちが先でも後でも大勢に影響無しの道楽ごとでございます (^^ゞ 

Dsc017718月は暑いからお稽古(月稽古はね、イベントは別)も夏休み♪のお稽古A  9月になったらまた始まるのですが、そのお稽古始め前の9/2に催していただいた『飯後の茶事』

←本日お点前するSさん「こーするの?」「こーでいい?」と、最終確認している賑やかな待合

前日は雨だったので心配していたお天気も快晴!そして気温も爽やか!迷っていた単で出掛けました。

Dsc01775_3
『飯後』も、朝食後というよりは昼前どきの10時半なのでおしのぎの『吸物・八寸』

.Dsc01776_2

←どれも師匠の手作り: 鯛のお造り 枝豆真薯

一献 いただいたら...次は

Dsc01780

あらためて燗鍋と八寸を持ち出して「千鳥の盃」ですよ~♪

Dsc01785食事が済んだら 初炭点前 炉中拝見 

Dsc01787.

お道具が素晴らしい!竹の炭斗 虫籠の香合

.Dsc01791

.

.

5㎝もない小さな虫籠の中で鈴虫が羽を擦り合わせてます(竹製)下の部分が香を納めるところ。芸が細かい!((+_+))

.Dsc01800

炭点前、主菓子は重陽の節句にちなんだ「着せ綿」をいただいて、濃茶と続き薄茶...で、終わるはずの茶事ですが、それで終わらないのがお料理とお茶事が好きな師匠の事。

.Dsc01812

「お昼は簡単にお弁当を用意するから、Kさんの茶籠とSさんの茶箱のお点前を楽しんでいってね♪」とKさんの手作り茶籠で色紙点て、Sさんの月点前を2グループに分かれ、私はKさんチーム。

Dsc01839_2.

←『簡単な』お弁当がこれ (^^)/ お昼も美味しいお酒が運ばれ、飲兵衛には嬉しいランチです。

.Dsc01838

.

.

↓小間でKさんの茶籠で色紙点て♪

.Dsc01822

.

終わったら早速 「どれどれどうやったのこれ?」と製作や、ぴったりサイズの道具の見つけ方等でKさんに嬉しい質問を浴びせます。

.Dsc01829

.

私達チームの方が先に終了ヽ(^o^)丿するとSさんチームが賑やかなので コッソリ(堂々?)覗くギャラリー達↓

.Dsc01853


もちろんSさんの優雅なお点前も拝見(覗き?)いたしました。

.Dsc01851

.

「また9月からのお稽古に励みましょ♪」のお茶事も美味しく賑やかにたっぷり楽しみました。

他のお教室によっては全然お茶事を催さない所もあるそうで、友人に「貴女の所は恵まれているわよ」と言われ羨ましがられてます。が、反対に私の方が「えーっ お茶事やらないの? なに!主菓子はいつも羊羹ばっかりですって?!」と驚いてます。家元制度のお稽古ごとでは簡単に教室(師)を替える事も出来ないようで、入門する時にはその様な事を知る術も知識もないのだから教室選び(=師匠選び)も難しいですよね。

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

9/2はこれで 単

Dsc01763Dsc017629月2日 着物ルールでは『単衣シーズン』ですが、例年暑くてこの時期は単など考えられませんでした。

でも今年は8月終わりからぐっと涼しくなって盛夏ものではなく単の方が良いのではないか... といつもと逆に迷ってしまいました (^^ゞ

1日は雨... 2日未明まで雨... でしたが、朝は爽やかな快晴!雨支度も考えていたのにこれで堂々と(?)単で出掛ける事にしました。

もちろん肌襦袢や襦袢や足袋は麻でね。(茶席では、連客が普通の足袋の中で麻の足袋では見劣り(←私の個人的感想)がすると思うので替え足袋は普通のを用意)

何だかんだ言ってても同じような取り合わせで変わり映えもないモノなのですが、これでお稽古Aの茶事へ♪

Dsc01754Dsc01756
 ≪帯周り≫

帯揚げは絽ですが、帯締めも夏物ではナニなので色で決めました。

帯揚げや帯締めは、「夏用」は夏だけだが一年中使えるものだと昔聞いたことがあるが着物ルールでOKなのでしょうかね?他人様に迷惑かける事ではございませんが気になりますわ。

「袷用だ」「盛夏用だ」なんて贅沢な事言ってられなかった物の無い時代には普通で当たり前のことが、 日本の一般庶民が豊かになって物が買えるようになると細かいルール(?)作ってもっと沢山買わせようとする業界の陰謀にのせられて不安で自信が無くなってるのかなぁ等とも思っているのでございます。着物で育ってきた祖母・母世代がいなくなってしまうと、これからは「着付け教室」や「着物の着方ルール本」のお約束事から外れた着方を認めなくなってしまうのだろうか... 衣服なんだから好きなように着れば良いのに「着物」だと気になるのよね(-_-;)

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

こねこね:食い物作り

Dsc01745もう中断して数年の「こねこね」の再開...ではないのですが... ま、そのようなもんです(^^ゞ

介護生活に入ってしまった講師:Sさんは、喜ぶべき事にお姑様元気でまだまだ再開は無理なご様子(-_-;) そんな折にお若いYさんが教室(?)開校(!) なので激励の意味も込めてオバチャン達もパンやピザやケーキやクッキー等々 食い物作りに励むことにいたしました。

Dsc01748この小さなピザパンは見覚えあるでしょ? 8/6のお茶にも登場のこれ 2回目の製作でございます(我等のリクエストにも応じてくれるのね)

本日 初参加のKさんは、出来上がったパンを午後からの集まりに手土産にするんだ♪と張り切って作製ヽ(^o^)丿きっと皆を驚かせたことでしょう。 なにしろ「料理は放棄」と宣言してたKさんですから (^^ゞ

Dsc01747先生Yさんは休みなく動いているのですが、我等生徒達は発酵タイムに、ベンチタイムにと寸暇を見つけては休憩 (^^ゞ

そしてパンが焼き上がったら昼食にするというのに、休憩している時にはクッキーやらYさん試作のパン2種をお茶と共に腹の中へ。 黄色○の中はその残骸 (^^)/

Dsc01749でも これっぽっちで焼きたてパンが食べられなくなるような軟な胃袋ではございません!ちゃんと美味しくいただきましたわ♪

これからもこんな食い物作りを月一程度は楽しもう!となりましたが、誰も家で自分で作ろうとは思っていないのでございます。ここに来て材料揃えてもらい、道具・用具があるから『ここで作る』ことを楽しむのであって、『作れるようになりたい』とは思っていないのです。 そんな我儘婆さんを受け入れてくれるYさんに甘えておりますが、皆の空いている日を見つけるのが一番の問題ですわ。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »