« お茶会へ | トップページ | こねこねしてます »

2014年9月29日 (月)

9/19 9/20 はこれで

Dsc02139Dsc02136

例年だと9月の単は、暑さ対策に悩み いつ夏物と決別しようか迷うのですが、今年の9月はそんなことなくて、9月初めからすぐに単衣に切り替えられました。

それだけ夏が短く 『秋』が早かったのでしょうね.

春単衣でも秋単衣でも登場の着用率高いこれは蚊絣の本塩澤。

春と秋との着分けは帯で、いかがでしょ?と言ったって例年毎度の組み合わせ(^^ゞ

肌襦袢・長襦袢はまだ夏もので、襟も絽でーす。

.

.

.

.Dsc02131Dsc02133_2     ≪帯周り≫

毎度の組み合わせですが、紬の単名古屋です。色柄が秋っぽいでしょ?

帯締めも帯に使われている色を選びました。

.

.

.

Dsc02240Dsc02241_2翌日は茶会で、帯を替えて出掛けました。

この帯の色も秋っぽくて毎度の組み合わせでーす。

連日着用の理由は... 洗いに出すから と言うケチな着回し作戦です (^^ゞ

気になるのは 襟なのです。ちゃんとお風呂に入っているし、着ている最中も襟に肌をこすりつけること等ないと思われるのに着方が悪いのかな?

長襦袢の襟が着物襟を守ってくれるはずなのに10㎝くらいの筋を引いたような汚れ(シミ?)がうっすら出来るのです (-_-;)

来年まで放置したら落ちなくなるかもしれないから あと1回着て出そう!←ビンボー!

|

« お茶会へ | トップページ | こねこねしてます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お茶会へ | トップページ | こねこねしてます »