« 3/9 こんな所へも | トップページ | 一足早く♪ »

2014年3月18日 (火)

3/9 はこれで

Dsc08273Dsc08274毎年春めいてくると慌てて「着る時期を逃しちゃう!」と着ている寒い時用(?)の着物です。

紫がかったグレーの結城紬 無地です。結城紬らしい亀甲模様が無いのが気に入ったので、反物に織った人の証紙やら無形文化財とかの証紙もペタペタ貼ってあったけれど無視。仕立ての時に呉服屋に「どうします?」と聞かれ「いりませーん」と答えたのを今は残念に思います。

仕立ててから20年、ホントはもっと着こなして柔らかくホッコリした肌触りになるのを待っているのですが... 我が家には着古させる「女中」もいないので、私一人で年に複数回あれば上出来の着用率ではとうてい無理な話かな?(-_-;)

そんなまだ着方の足りないのでも、見た目は、ツルツルの大島とは違い、着用時期は暖かい時よりは寒い時季だろうなと思われます。

.Dsc08265 Dsc08262

     ≪帯周り≫

毎年着納めの時期はを待つときなので、この帯を締めること多し。

桜?と思われるでしょうけど、これ桜の花びらなんです。言わないと分からない程度の「桜」なので締める時期は選ばない染めの名古屋帯。

この「着用時季」というのも贅沢なことで、今真っ盛りの花の図柄は野暮だとか何とか... 人に迷惑かけるわけじゃなし、いいじゃん と思ってます。きっと呉服屋と結託して作られた“着物ルール”ではないかしら?

. Dsc08276

←ウールの羽織を着て出掛けました。

毎回説明してるけど「黒羽織」じゃないんですよ。 画像では真っ黒に見えますが、黒地に細かい霰(白と茶)が全体に染められてます。 

襦袢を注文しに行った去年12月にも着て出掛けていたけど、アップしてなかったのでついでに付け足し↓                                                                                                                                                      

. Dsc06313Dsc06317

.

.

.

.

.

結局今期の着用も12月3月の2回だけです...(-_-;) 女中に着せてこなれてきたら主人が着る良いと言われている紬なので、現在はまだ「女中」が着ている状態でしょうね。

.

.

  ≪帯周り≫ 12月↓                     

Dsc06291Dsc06295 .   3月↓

Dsc08265.

.

.

.

|

« 3/9 こんな所へも | トップページ | 一足早く♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/9 こんな所へも | トップページ | 一足早く♪ »