« 12/29 佳い年を迎えるために | トップページ | 海の報告② »

2014年1月 2日 (木)

海の報告①

やーっと海の報告をします。

自分でも12月に行ってきたのかどうか不安になるほど遠い出来事になってしまいましたが、私の記録でございますのでアップします。

小物(マクロ)編

Pc090014 仲間の中には、ダイナミックな地形や群れを楽しむ人、大モノが好きな人、とにかく珍しい物を求める人や、小モノが好きな人いろいろです。 私は… 何でも良い、魚よりも海中を漂っている無重力感が好き♪

←ファンダイビングにしては深場の30mまで一気に潜行した先にある赤いソフトコーラル  ここに魚がいる! ほら 分かりませんか?
黄色矢印の先に何かいるでしょ?↓

Pc090013

なのですが、ガイドしてくれるショップによっては非常に小モノに詳しく探すのが得意な所もある。

今回のショップがそうで、1ミリあるかどうかのも見つけてくれるが、哀しいかな“改造老眼鏡付きマスク”でも それを確認する事は出来ない... でも取り敢えずカメラを向け撮っておき、画像拡大して初めてその小さな生き物を見る事が出来るのです(-_-;)

Pc090011 ←1~2㎝の小さな小さなタツノオトシゴ(シーホース)の仲間 ピグミーシーホース

後ろ向きに写っていては証拠になりません。何とかオメメが写り込んだ横顔か正面を撮りたいものだけど、ポーズとってくれるわけじゃないからね... 何枚もカメラに収めたのに... この画像が唯一ピグミーの証拠画像です。

下の画像2枚はエビなんだけどあまりにも小さく且つエビらしい体型ではないから 教えられても「どれ? 何がいるの?」となりますが、画像確認するとちゃんとエビなんですねぇ。

.Pc090150 Pc090045

.

.

.

.

.

.Pc100209
それでもエビらしい部分を確認できたから分かりますが、そうではないとなんだかさっぱり分かりません。

Pc100211

.

.

.

.

↓ウミシダの中にもエビがいますが、ウミシダに擬態した色柄で見つけるのは大変!    ですから自力で見つけた時は嬉しい↓

Pc090168Pc090166 .

.

.

.  

.

Pc100194 似ているのに ほんのちょっとした違いで別種のエビもいます。 小さなエビの小さなオメメ目の先がとがっているかどうかで見分けるのです。

そんなのどーだっていいじゃん と、思っていたのですが、そんな違いを知ってしまうと「お前は何エビだ?」と一生懸命確認しちゃうんですよ。

.Pc100216

←この脚長蜘蛛みたいなのもエビらしいんですよ。頭(中心部)に二つ突き出たのは目、足先がハサミのように分かれているように見える... 3cmくらいの生き物です(ホシゾラワラエビ?)。

.Pc100219

.

これはエビなのかカニなのか... それとも貝なのか... ヤギに着いていたものですが何でしょう?

こうなると普通にエビの姿をしている↓のようなのが安心してられますわね。何だか分からない? イソギンチャクを中心に小さなコロニーが出来てます。

Pc110343 Pc110345.

.

.

.

.

.

.Pc110437

上の右画像の黄色矢印はイソギンチャクモエビを指しています。その左下には小さな魚(幼魚?)の集団がいますが可愛いでしょう。小さくても一生懸命生きてるんだなぁと愛おしい♪

←これは初めて見た可愛いの♪ 背鰭に特徴があるんだけど... 何の幼魚でしょうか?

それにしても小さくてねぇ 老眼の視覚障害者にとっては辛いものがありますわ。

|

« 12/29 佳い年を迎えるために | トップページ | 海の報告② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/29 佳い年を迎えるために | トップページ | 海の報告② »