« 12/25 自然薯で♪ | トップページ | 海の報告① »

2014年1月 1日 (水)

12/29 佳い年を迎えるために

Dsc06863_2 平成23年 まだやり残している事沢山あるのですが、新年明けちゃいましたので.....

あけましておめでとうございます!

本年もよろしく m(__)m

今年の願望?豊富? ま、平成26年、今年も元気に楽しく過ごせたらいいな♪ と物欲も無く至極控えめな願望しかございません。

Dsc06870そんな私ですが、新しい年を迎えるための準備は、年末の普通なら大掃除やらに大忙しの時期に大掃除など放り投げて取りかかりました。それも、お飾りの取り付けや餅つきにも避けるという29日に“新しい良い年を迎えるための準備”に集まって工作したのでございます。

.

集まった所は洋○さんのお家 それも防寒対策をしっかりして 朝9時集合です。

Dsc06808先ずは竹選び 長さ・太さの違う竹をどう選んだら良いのか分からないけど(^^ゞ マイ竹が決まったら綺麗に拭きあげます。

上の節を抜いて倒れないように固定したら長~い柳3本選んで作業準備完了!

.Dsc06818

.

部屋の隅には暖房効果の無いストーブ(?)の上に蒸し器がのってます。中には紅白のこれ↓

.Dsc06812Dsc06817

.

.

.
団子粉を蒸して餅花=正月飾りにします♪

Dsc06822Dsc06829去年 洋○さん邸の餅花飾りに感激し、毎年作っていると言うので「作り方教えて」「一緒に作らせて」と11カ月も先の予約をしてたのだ。それを忘れず「支度が出来たから防寒対策して来てね」と連絡が入り、やる気満々で押し掛けて来たのだ。

.

.

Dsc06835Dsc06832「どんど焼きのお団子と同じよ」と言われるが、その様な伝統行事には無関係に生きてきてしまった我等... 作った事無いのよぉ (-_-;)

丸めるお団子用よりも柔らかく、はじめは皆手こずっていた餅花も段々要領良くなりました (^^)v そしてお庭(裏山?)からどっさり切って来た松・笹・水仙・南天・・・を素材に餅花の柳の根元を飾って完成でーすヽ(^o^)丿... 餅花は、ね。

Dsc06845Dsc06844休憩のお茶をしたら、餅花乾かしながら次の作業です。

せっかく取って来た素材は沢山あるので、折り紙や市販の飾りをつけたして「お飾り」に作り上げます。

どのように仕上げたら良いのかサンプル作品があるわけじゃなく、「人の真似するよりご自分のイメージで」との洋○さんのお言葉ですが、肝心のイメージが描けず四苦八苦…それでも何とか形になって来ましたよ♪

.Dsc06852Dsc06854

.

.

.

.

「大変良く出来ました」のお言葉いただいて本日の工作の時間は終了!そして美味しいうどん(牡蠣の汁の引っ張りうどん?)をいただいて引き上げる時はもう陽も沈んでました。

という訳で最初の画像は我が家の正月の玄関を飾っているものです。

Dsc06859そして玄関を開けると…→

Dsc06869.

.

.

.

.

.

←床の間ではこれが 歳神様をお迎えいたして居るのでございます m(__)m

神様喜んで 良い年にしてくれるかしら?

|

« 12/25 自然薯で♪ | トップページ | 海の報告① »

コメント

ここ数年、花もちは高山で年末に買っていますが
柳に小粒っていいですね
来年はやってみようかな・・・・
今年の高山は色とりどりでちょっとなぁって感じだったんですよね
アイデアありがとうございます

投稿: しんのすけ | 2014年1月 5日 (日) 23時13分

・キナコ
初めて作ったのです。
豪華な盛花よりもお正月気分を盛り上げてくれます。
来年のお正月も持ち花で飾ろうと思います。

投稿: キナコ | 2014年1月 6日 (月) 21時45分

今頃ですが、ご挨拶を。今年もよろしくお願いします。
上の方で餅花が飾ってあったので、下の記事に下りてきました。
いいですね〜。今年は別府温泉で年越しでしたけれど、ホテルでもほぼ同じような餅花のお飾りでした。やってみたいけれど、竹や柳をどう調達したらよいのかしら・・・と。

投稿: ROCO♪ | 2014年1月13日 (月) 19時13分

・ROCO♪さんへ
お久し振り~
私も初めての挑戦でしたのよ。
材料の柳は花屋さんに注文を出しておくのだそうです。
竹もそうなのですが、幸いこちらのお宅は大きな竹林もあり、旦那様が一生懸命切ってくれたので経費ゼロ円(労力には我等の笑顔で(^^ゞ)です。

投稿: キナコ | 2014年1月13日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/25 自然薯で♪ | トップページ | 海の報告① »