« 単衣 5/24 | トップページ | 贅沢山上茶会 »

2013年6月 6日 (木)

単衣 6/2

.Dsc02576 Dsc02580   

単衣シーズン突入です♪

(この1ヶ月間に何回着る事が出来るかしら?6月も後半は『盛夏もの』を着るだろうし...)

これは紫の地に白い大小霰の江戸小紋... 居敷き当てを付けた単衣。

居敷き当てが有る無いで縫い目に対しどれほどの違いがあるか分からないけれど、着る身にとってはお尻部分の生地が一枚余分にある事は『安心』です。

.Dsc02574

.

.

やはり着物が薄くなれば下着やお尻の弛みがもろにひびいちゃったりするものね... 自分では見えないから、その様な人を見ると自分も?と心配です。

帯はリサイクルショップで見つけた白地に膨れ織りで白い葉、オレンジ色の花?実?が織り込まれた短めの未使用名古屋帯・・・二分式にしよ♪と購入。 やはり短くて、前帯に柄を持ってくるために手先部分は切ってお太鼓に取り付けた。

 Dsc02571Dsc02570≪帯周り≫

帯もお太鼓の分と一重でも二重でも胴に巻ける長さがあればOK♪ 昔の引き抜き帯だって二分式にすれば柄が逆さにならないように結べる(=結んだように見える)のでOK♪ すごく気楽に考えて楽しんでます。

…だから脱いだ時の帯を見ると「ナニコレ?」と思われるかも (^^ゞ

|

« 単衣 5/24 | トップページ | 贅沢山上茶会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単衣 5/24 | トップページ | 贅沢山上茶会 »