« 1歳は大きい | トップページ | 3日目は »

2013年3月11日 (月)

前期高齢者2日目

Dsc00729 一つ歳をとった翌日 着物で上京♪

目的はN女史とお勉強会へ ( ..)φメモメモ

朝から夕方まで一日かけた中身は…
「エンディング」がテーマ ((+_+))

.Dsc00732

.

.

縁起でもない とか まだ早い とか 考えたくない方もいらっしゃいますが、今の私には一大関心事です。

50代の時には考えもしなかったのですが、60代になって先が見えて来たら「自分の始末」について目を背けずに考えざるを得なくなった。

 

Dsc00731_2出来るだけ すっきり サッパリ さばさば と 明るく逝きたい ものだがこればっかりはどうなるものか…  よく言う「ピンピンころり」と逝ったとしても遺った者に面倒なことは残したくない。だからこそまだ元気な内に出来ること備えるべきことはやっておきたい。

...と、考えてはいるが 何をどうすべきなのか?備えとは?施設一つとってもどんなものがあり どのくらいの費用がかかるのかも分からない事だらけなので 取り敢えず知ることができる機会があったら参加してみようと言う軽いノリで気軽な参加です。

Dsc00724 重いテーマであるけど軽~く参加した2人は、数年前にも別の有楽町の会場で「認知症」についてのお勉強会にも来たことあったわねぇと、参加率ほぼ8割ほどの会場の席に着く。

午前2つ、午後2つの講演のセミナーです。
(内容については4月上旬新聞に掲載されるそうです)

内容? 2つは参考になり明るく前向き(=開き直れる(^^ゞ)な内容だったが、あとの2つはどうもね... 介護施設にも力を入れてる協賛社の意向に沿ったような感じだし、相続の実際(ドロドロも含めて)を経験されている年代の参加者を前にして経験もないような若い講師のテキスト通りの話では上滑りで迫力がない。

.Dsc00723

ランチは外に出ず、階下に降りてローカロリーなランチです♪…画像眺めると大したモノのってないのに結構な代金取られたのねっ(-_-;)

Dsc00721 .

.

あら N女史のカメラの先は… お約束のお人形でございますわぁヽ(^o^)丿

面白かったのは「繁殖を終えたら 医療に頼り過ぎるな」と「医療」に振り回されず、老いを認めて受け入れ、「老いる姿・死に逝く姿を見せる」最後の責務を果たすのが心得という生き方。

つまり繁殖を終えた「老人」は、生き物としての賞味期限が切れた存在として後半の生き方を考え、アンチエイジング等無駄な抵抗はしないのが肝要。

Dsc00734_2 セミナー終了後は、やっぱりお茶して乾いた喉を潤します。

Dsc00735_2 特に 限界があり、老いと死には無力の「医療」は限定利用を心がけ…と面白可笑しく説く(?)『大往生したけりゃ…』著者の講師の話は、多いに納得。
でもね、難しいこと考えるよりも 先ずは家の中をスッキリ片付ける事に着手するのが今の課題ですわ (^^ゞ ←隠居になって約十年、ずっと言い続けてます(^^ゞ

.Dsc00738

結局 具体的に何を得たセミナーなのか良く分かりませんが (^^ゞ  終末期に向かっても暗く落ち込む事は無さそうな我等でした。

「前期高齢者」となった2日目に相応しい一日でございました (^^)/

|

« 1歳は大きい | トップページ | 3日目は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1歳は大きい | トップページ | 3日目は »