« 激安プラン いろいろ | トップページ | 桜 三題 »

2013年3月30日 (土)

激安プラン5日目 最終日

Dsc01378 最終日 ホテルを11時半チェックアウト 再びマイクロバスに乗って空港に向かうのだ。それまでは部屋も風呂も自由に使えるのでホテルでゴロゴロしてても良し... ですが、天気も良いし、朝食後 路線バスを利用して絶景風景を楽しめる露天風呂に行って来た♪

Dsc01377 バス時刻表を眺め、ゆっくり朝風呂・朝食を済ませ荷物もまとめてから 8時半にホテルを出て路線バスに乗って眺望の良い温泉に行き、そこからホテルチェックアウトの時刻までに戻って来られる路線バスの時刻を調べたら…温泉滞在時間40分確保できる!ではないか。

ということで朝食後雪道を歩くため朝一でお風呂♪しっかり足腰温めてから朝食。そしてタオル1本だけを持ってバス停に向かう... その前にフロントへ私の行動を説明し、万が一バス故障等で定刻までにホテルに戻れない時には迎えに来てもらって帰りの飛行機に乗れなくなってしまう事の無いよう細心の注意を払っておく (^^)v

普段グータラ過ごしているのに何故こんな分刻みの行動をして出掛けたかというと、お風呂からこんな景色↓を眺めたかったからなんですよ♪

.Dsc01321

Dsc01324←露天風呂の縁を入れるとこんな見え方

この露天風呂に浸からないと↑の景色は見ること出来ません。↓は内風呂です。

.Dsc01325

.

残念ながら内風呂の窓からは田沢湖を見降ろせないんですよ。

料金500円払いましたが、浸かっていられるのは25分だけ!

Dsc01336急いで上がって着替えてバス停へ行ったら、どこからやって来たのかバスを待つ人の行列が出来ている ((+_+))  これまでこのバス停には4回停まったがろくに昇降客はいなかった。そして私がやって来た時にも誰もいなかったバス停なのにバス1台分くらいの人数がいるのだ。乗り切れるだろうか不安を感じ始めた時 乗客疎らのバスがやって来た。

Dsc01340 .

順に乗っているが荷物があったり、なかなか中へ進まない客がいたりして運転士さんはバスを下りて外から「もっと中へ入って」と呼びかける。私も「皆が乗れるように詰めろ!」と言いたかったですよ(-"-)

並んでいる時の私がドアのガラスに↓

.Dsc01341

やっと最後の私が乗ったのは2段のステップの上、身体をひねってやっとドアが閉まる。5分ほど遅れてバス発車... 帰りのマイクロバスの時刻までには十分ゆとりはあったけど、それから汗汗汗… お風呂に25分浸かっていた身体に防寒具を着たので汗がダラダラ…バスを降りてホテルまでの15分の道のりも汗を拭き拭き、もちろん肌着もグッショリになってホテル到着。すぐにチェックアウトできるように荷物はまとめていたのに想定外の着替えですよぉ (@_@;)

.

発車時刻までに着替えもチェックアウトも済み、やれやれとロビーに腰掛けていると例の鬱陶しい爺さんが盛んに何やら呼びかけている。

激安プランの為か、空港への送りはしてくれるものの空港到着時刻は早く 飛行機の待ち時間は3時間!あの小さなローカル空港でどうやって時間をつぶすかと思っていたが、鬱陶しい爺さんも同じで「3時間の待ち時間は辛いし、ホテル→空港直行で途中の見所や寄りたい店も素通りではもったいない」と行きと同じメンバーの4人の爺さん達に話しているのだ。

Dsc01351しかし他の爺さん達は「そうですね」と言うだけでバスに乗り込んでしまう。そこで「そうですよ♪寄り道してもらえるか交渉しましょうよ」と横から口を出して鬱陶しい爺さんをけし掛ける (^_^)v バスが発車し、運転士さんの空港までの行程と時刻の説明の時に 鬱陶しい爺さんが寄り道が出来ないか運転士さんに交渉すると「私は時間の自由があるので大きく外れなければOKですが、他の皆さんはいかがですか?」と運転士さん。

他の爺さん達は賛成でもなく反対でもなく「……」なので、「賛成でーす!嬉しいわ♪お願いしまーす」と私が大きな声で言ってしまえば反対意見が無いので寄り道決まりヽ(^o^)丿

Dsc01369鬱陶しい爺さんの提案のお陰で角館・味噌屋・に寄れ、空港での待ち時間も半分以下になりました (^^)v  角館に着いてバスを降りた時「お陰でプランにはない寄り道が出来ますね♪ありがとうございます♪」と礼を言って持ちあげておいた。鬱陶しい積極さは案外役にたつもんだと思いました…最初は。 武家屋敷や塀沿いの道を歩いたり、土産物屋を覗いだりする時には 色々話し掛けて来てやはり鬱陶しいことこの上ないお方でありました (^^ゞ

角館の武家屋敷街で約1時間半の散策・見学時間を貰って自由行動♪そして味噌屋に寄ってショッピングタイム♪を楽しむことが出来ました。

Dsc01379味噌屋で鬱陶しい爺さんに「運転士さんに何か温かいものでも御馳走しましょうよ」と言ったのですが、それには他の爺さん達も無反応… ♂ってこんなものなんでしょうかね。 ケチな爺さん達は無視して私の財布で豚まん買って、運転士さんに「私からのプレゼント」と渡しましたよ (-_-;)

ま、こんな帰り道でしたが無事空港到着し、定刻出発の飛行機まで時間潰しに困ることなく激安プランの旅を十分に楽しんで 桜満開の地へ帰ってまいりました。

|

« 激安プラン いろいろ | トップページ | 桜 三題 »

コメント

>何か温かいものでも御馳走しましょうよ」と言ったのですが、それには他の爺さん達も無反応…

鬱陶しい爺さんはそこまでの人だったのね。
運転手にしては余計な仕事をしたわけで、それに対して感謝の気持ちを持てないというのはそれだけの人よ!
物をあげるあげないの問題ではないけれど大事な事は感謝の気持ちを持つかどうかだよね?ここが人の分かれ道・・・軍配はキナコさんです。

投稿: くまのみ | 2013年4月 1日 (月) 20時44分

・くまのみさんへ

そうですよねぇ わざわざ余計なことしてくれるよう頼んだのに知らん顔は無いでしょ。
賛成も反対もしなかった爺さん達だって角館見物楽しんでたし、集合時刻10分も遅れ心配させた爺さんもいた!謝るより言い訳は「バスが見えなかった」だとさ。
ま、爺さん達それぞれだったのよねぇ... そんな爺さん達と一緒にされたくないわっ!

投稿: キナコ | 2013年4月 2日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激安プラン いろいろ | トップページ | 桜 三題 »