« 早春賦 | トップページ | 正午の茶事へはこれで »

2013年2月21日 (木)

これは冬用

Dsc00300Dsc00303毎年春の兆しが感じられる頃になると慌てて「着なくっちゃ」と引っぱり出すのがこれ…結城紬

大島とは違い寒い時にこその肌触り と言いたいとこだけど、柔らかくこなれるまで着せておく女中もおらず、自分一人で年に1、2回の着用では到底結城のほっこり感が出るようにはなりませんわね。

仕立てる前の湯のしも産地に運んでやってもらって 丸洗いも2度やっているけど糊の落ちが悪いのかゴワっとした感じがあるんです。

これでお稽古へ♪.

.

.

≪帯周り≫

Dsc00298Dsc00297ゴブラン織りの帯も寒い時に良さそう と決めており、潜り仲間の新年会に出してたので「もう一回♪」の登場です。

しんのすけさんが二分式帯の締め方を纏められてたので私もこの帯の締め方の工夫を書いておこうかな?と思うが画像に残すのを忘れちゃうの。言葉だけでは伝わらないのでホントは動画の方が分かりやすいけど出来ませーん。

|

« 早春賦 | トップページ | 正午の茶事へはこれで »

コメント

私の場合、動画はどうも・・・色々見苦しくってダメです
でも、知りたいな・・・

投稿: しんのすけ | 2013年2月21日 (木) 18時38分

・しんのすけさん

言葉での説明は適確な表現にならず…
画像も上手くポイントを押さえて撮れず…
なかなか難しいもんですね。
きっと動画なら と思うのですが
それはそれで、「うまく撮れない」と頭を抱えるんでしょうね?

投稿: キナコ | 2013年2月22日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春賦 | トップページ | 正午の茶事へはこれで »