« 潜り納めて参りました | トップページ | 潜り納め② 海へ »

2012年12月26日 (水)

潜り納め① ホテル

0196月と違うのはホテル 

今回はビーチ沿いのリゾート・コテージP.ではなく、空港近くの普通のホテルB.(日本の上級ビジネスホテルってとこかな?)にした。

.001

ここは初めての利用だが、潜り仲間達は良く利用しているので ま、安心。部屋の広さはP.に負けるが、一人で利用するには十分(二人では狭く感じるだろな) 

先ず料金がP.よりも安く、レストランが同じ館内にあるので移動が短くて済み、雨でも 夜でも楽チンです。

.018

.

.

.

←ミニバーの左はクローゼット・金庫   反対側に洗面トイレお風呂(P.はシャワーのみ)

.021

.

.

.

石鹸・シャンプー程度のアメニティ、タオルはバスタオル・ハンドタオル フェイスタオルは無し... だけどどれも2枚ずつあるので贅沢に使えます(^_^)v

. 

013. 

B.がバスタブ付きなのは良いが、P.同様どちらもお湯の供給が不安定... 湯になったり水になったりで40度程度のお風呂にもならず海から戻った体をしっかり温めることできず(-_-;)

テレビはNHKワールドが受信でき、日本語のニュース等を見ることが出来るのはありがたい♪ NHKお子様番組もしっかり見ちゃいましたよ。

レストランは朝6時から24時まで営業、ルームサービスもしてくれます。メニューの数は多くないが取り敢えずの料理があるからOK

006朝食のフードコーナー  P.の2種類しかないモーニングプレートよりも、一応ビュッフェスタイルで数種類の料理から選べる

.007

.

.

.

.

003a ここで一番気に入ったのはこのシャンデリアみたいな飾り物 何で出来ていると思います?プラスティックのスプーンとフォークなんですよ→ 

後で玄関ホールの天井のシャンデリアもアップするが、それも面白い。

朝食の料理がいろいろあっても、私が食べるのはこの程度↓

.003

朝から揚げものやごった煮等はいりませーん。糖質制限食を心がけて(?)左上のお皿は蜂蜜たっぷりかけたパンケーキ1枚とバナナを焼いたもの1個←これ美味♪ 

.

036レストラン客席側はこんな感じ

ツリーが飾られた階段を上ると2階だけど部屋は3Fとなっている。日本とは階の呼び方が違う国があるけど、エレベーターもG・L・3・・・ となっているのにG階はボタンだけで無いのね...良く分かりませーん。エレベーター待つより階段の方が早い(^^ゞ

.001a

.

.

.

.

.

008 そうか クリスマスシーズンなのね♪と思わせる飾りは9月10月あたりから飾られ、日本では考えられないくらい長~いクリスマスホリデーが続く現地です。

だからビーチは平日でも昼間からバーベキューや何やらのイベントで大賑わい... 連日夜通し騒がれるのでは、やっぱりホテルを変えたことは正解でしたね。 

.

2日目の夕食はこれ↓

.004

ショップの「一緒に食事しましょうか?」のお誘い断ってオバチャン二人はM女史のお部屋で晩餐会です。

非常用及びおやつ用そして飛行機から持ってきたパンやケーキがあるので無駄にせず、それを主食にしてお料理を3、4品お部屋に運んでもらって立派なディナーですわ。

3日目の夕食はホテルから歩いてすぐの日本料理屋

ショップのCさんのオメデタ&Tさんパパにのお祝い、私の500本記念の祝賀会♪あとは何でもかんでも祝っちゃおうとオバチャン達の大盤振る舞いヽ(^o^)丿←大ではなく小盤かな? 残念ながら画像無し(~_~;)

B.ホテルから歩いて行ける範囲にレストランがあるのもP.とは違って良い点ですわ。向かい側にもレストラン(最終日に利用)があり、これからはこのホテルでOKですわ。

038ただね、幹線道路に面した部屋だったので早朝以外朝から深夜までけたたましいクラクションの合奏が気になるので部屋は道路から遠い部屋を頼むことにしよう(^^)v

私の部屋からの夜の眺め →
道路中央に何やら人影が写っているでしょ?毎晩のように鼓笛隊のパレードが往復しているのだが、交通誘導する人もおらず疾走する車列の中を目立たない格好で行く命知らずの鼓笛隊です。

009それからもう一つ 部屋の灯りが暗い!読書も目が悪くなる(@_@) ましてチクチクやろうとする私にはとっても無理な照明環境… 次からはスタンドを持参することにしよう。

←3Fエレベーターホールのマリア様

キリスト教の国らしく街のあちこちにキリスト降誕の像や絵が飾られ、ジプニーの車体にも描かれたのが走っていた。

|

« 潜り納めて参りました | トップページ | 潜り納め② 海へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潜り納めて参りました | トップページ | 潜り納め② 海へ »