« 連日の茶会① | トップページ | 哀しい買い物 »

2012年11月28日 (水)

連日の茶会②

018 27日は雲ひとつない快晴の空!

昨日の雨がウソみたいに暖かくて気持ちの良い、安心して着物で出掛けられる茶会日和でございます。

.017

.

.

.

.

見事な紅葉の楓はBONSAIでーす↑
広いお庭にはものすごくお高そうな盆栽がズラ~っと並んでおります。
         左の屋根が茶室、右が待合↓

.025

茶人の棟梁宅での茶会には数年前にも伺ったことがあるが、茶室の屋根も古くなり取り壊してバーベキューガーデンにしちゃおうか…と言う棟梁の言葉に「その前に茶会を開いて呼んでくれ」との我等の要求に負けて(?)、我等の為に「簡単な昼を挟んで昼前に濃茶を、昼食後は皆さんに薄茶を点ててもらう気楽な会だからね」とお声がかかった♪

.021

「茶室拝見が目的の押し掛けなのだからお昼の用意を奥様にさせちゃ申し訳ない。 お昼は持参するから」との申し出に 「何言っとるか!変な気を使わず来い」のお言葉に素直に出向く (^^ゞ

. 

016 茶室はちょっと変わっており、道安囲い(壁)で点前畳と客畳と仕切った小間で、亭主は壁の向こう側で茶を点てる。足の悪かった道安(利休の長男)が、客人に見苦しい所作を見せないための工夫で出来たものとか... 棟梁のレクチャーは楽しい。

しかし、ただの壁ではなく襖にして開くと火灯口のようになったり、中央の柱も襖も取り去ることが出来る等工夫いっぱいの茶室…さすが建築家!

.015

.

←茶室から蹲(つくばい)を見る

        露地を見る↓

.010

.

.

.

待合↓

.033

.

.

棟梁のお手前でたっぷり濃茶をいただき、茶碗に残った茶に湯を注してもらって薄茶でもいただいちゃう我等 自由に楽しんでおりました。

「昼食の支度が出来た頃だから」と母屋に行ってびっくり 簡単どころかきちんと用意されているではありませんか!

.028

「きゃっ ナイフ・フォークの置き方が逆!」もご愛嬌♪ お食事は前日のレストランに負けない本格的なもの!「娘がやってくれるから運ぶだけ」と言われるが、レストラン顔負けのお料理・食器・カトラリー… 押し掛けた我等はここまでのおもてなし等考えていなかったので「あんな水屋料では申し訳なかったわねぇ」とお互い頷き合いながら 最後のデザートまでどれも完食ヽ(^o^)丿

039 其々のお宅で其々のおもてなしを受けてきたが、本格的にワインサービスまでされたのは初めてで皆も感激♪ 娘さんはお料理とかレストランのお仕事をされているのかしら?と思うのでした← 答えてくれないから。

昼食後は再び茶室へ行って Hさん・Yさんのお点前で薄茶をいただく。 

.040 

.

.

.

私? ウチは茶室も道具もないのだからある人が練習!練習!と客人に徹する (^^ゞ

.

023_2 .

.

お料理もたっぷり、お茶もお菓子もたっぷりいただいたのに「余ったお菓子はみんな持って行ってくれ」とお土産までいただいて本日の茶会終了ヽ(^o^)丿

明後日も茶会です♪

←沢山の柿の実をつけたのも小さな盆栽

|

« 連日の茶会① | トップページ | 哀しい買い物 »

コメント

個人宅ですもんね・・・すごいなぁ・・・
むかーしこんな風に招かれてすごいなぁって事があって・・・
ほどなくそのお宅は文化財指定
宝の茶室でした・・・・
2畳くらいの厳しいくらいお席でしたよ

投稿: しん | 2012年11月30日 (金) 09時51分

・しんのすけさん
個人のお宅なんだけど 建てるのはお得意!
でも文化財となるにはちょっと無理ね。
秀吉の黄金の茶室を模したのもあるんですよ...作業小屋に。
今で言うプレハブ茶室だったとかで 棟梁も野点の会場にパタパタと組みたてて皆をびっくりさせたのだとか。
今度は「それをくれ」と言ってみようかしら?

投稿: キナコ | 2012年11月30日 (金) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連日の茶会① | トップページ | 哀しい買い物 »