« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

渋谷へ

.002

こんな集まりもありましたわ♪

22日4時頃の渋谷です。

006 .

.

集合時刻には少々あったので、この春開業したオトナの空間とかのコピーもあったので十分オトナな歳を重ねているオバチャンとしては一応覗いてみることに。

場所は昔のプラネタリウム・東急文化会館があった所だし、駅構内に小さなヒカリエの進路表示があったので簡単に行けると思ったのにただでさえ迷路みたいな渋谷駅構内ウロウロ…仕方ないので地上に降りて道路を渡れば良いかと思ったらダメ(-_-;) 

.004a

←建物は見えているのに2階連絡通路に行けない...再び駅に戻って進むとやっと連絡通路の大きな表示を見つけなんとか辿り着けましたよ・・・ローカル人には迷路です。

5階までのショッピングフロアを歩いたが、確かに客の平均年齢は109より若いかな、店内のBGMも大人し目かな・・・でも、物欲の無くなった私には縁のない場所でした。しかしトイレに寄ってびっくり!トイレのイメージ一新の洗面所付きの休憩室ね。特に独立した休憩室は東急のカードを持っていれば入れるようなのでカード作ろうかな?と思ってしまいそうなお洒落なお部屋♪各階のフロア毎に変化のあるトイレ・休憩室拝見にもう一度来てみたいです。

.

013 集合時刻が近づいたので急いでヒカリエを後にし集合場所へ(^^)/~~~

015 .

.

.

目的は潜り仲間のオジサン&オバサンの合コンみたいなものかな (^^ゞ  「寄る歳なみ、衰える体力気力に負けずいつまでも潜り続けるには」をテーマにした飲み会ね。

←全然お洒落じゃないテーブルだけど賑やかにやっている雰囲気は分かるでしょ?

022 .

.

お店のBGMが我等のお喋りに邪魔だからボリューム下げさせ、オーダーの仕方や時間制限についても、まるで孫みたいなスタッフのお兄さんに色々注文つけたり... と、結構言いたい放題の高齢者集団の客でした。 

021そして お一人3分以内のスピーチタイムも守る人は誰もおらず、会運営のプロまで作成してたのに三分の一しかこなせず次回に送る…とまあ還暦以上・古希以上のメンバーとは思えない元気さです。
注:還暦未満のメンバーも数名いらっしゃいまーす(お叱りを受ける前に言っておかなくっちゃ)

.025

居酒屋での一次会終了後もすんなり帰ったりしませんで、近くの喫茶店で二次会です♪←アルコール抜きなのが健康的ね。

話題はあちこちの海のこと魚のこと…お店のお姉さんは「このトシヨリ達は何の集団?」と思ったことでしょう(@_@;)

私は最終電車が出ちゃうのでここで失礼したけど、後頭部の髪が引っ張られましたわ。

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

お裾分け

010 徳島のTさんから荷物が届いた♪

私への土産に持って来てくれたのに「重たいから持てないよぉ」→宅配で送ってもらうことになった彼女の畑の生産物

箱を開けると緩衝材に詰められた新聞紙が「徳島新聞」 なんか徳島の香りがするわ~(^^ゞ

013aa 中身は干しシイタケ・スダチ・カキ

それにしても我が家には多過ぎる分量!小分けして翌日からのいくつかの集まりには彼女を知っている人もいるので「Tさんからよ♪」とお裾分けすることにした。

001 現職中も休日に彼女が実家に帰った時にはよくスダチを土産にいただいた。その当時はスダチもカボスも区別が出来ず『カボスをありがと』等と言おうものなら「カボスとは違うの!あんな図体のでっかいのとは違い 味も香りも上品でかわいいのっ」とムキになって説明していた事を思い出します。

お稽古帰り@昭和のレトロ喫茶店で

003a_2 .

私は2年前に止めたお稽古Cだが、止めても時々お稽古帰りのお茶タイムに参加してまーす。

.004

テーブル椅子もインテリアも昭和時代のまま... お世辞にも「カフェ」などと呼べない店だが、今どき1杯300円のコーヒー・紅茶&長居が出来る店ですヽ(^o^)丿

お値段はもっとお安い190円で飲めるカフェもあるけどここのが落ち着けますし、我等もこの古びた空間にしっくり溶け込んでおりますわ。

右上は「お裾分けした証拠写真を送るんだから」と言ってとらせたポーズの記念写真。

.

002a_3 年金ランチ@10月へ

「カボスとスダチとの違いはなんだろうね」と神妙な面持ちの年金メンバー様

.006a

.

この日はお昼は年金ランチ、お茶は田○○邸にての集まりがあり、かけ持ち参加ですよ←律儀でしょ?

.

お茶@田○○邸にて

011 買い出しやハイキングに一緒に出掛けた木○○さんとは顔なじみなので、彼女の近況報告をし、暫し昔談義。このメンバーとは20代の頃からの仲間なのでお互い友人関係も絡み合って「世間は狭い」を実感。

.013a

だから悪口は言えませんわ…と言うより「ここだけの話ね」とここだからこそ悪口言えるドス黒い仲間でーす(^_^)/~

貴女も知っている△△さんと付き合っていたよねと言うと、それなら知ってるわ!と盛り上がるお茶タイムでした。

三つの集まりで配ってお裾分けは完了(^^)v

秋刀魚にはスダチ♪を合言葉に 深まる秋を其々各自味わう事にしてお開きとなったのでございます。(←スダチだけ?サンマは?と言う図々しいのがいるからね)

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

栗林公園へ

006 四国から帰ってもう2週間!
この間いろいろあるのに「四国の旅まとめ」で手一杯。画像ばっかり溜まってます...。もうここら辺で四国は切り上げないとタイムラグあり過ぎて自分でも分からなくなっちゃうわ←何しろ記銘&記憶力に問題が起きているので(-_-;)

.

朝食のテーブルの向こうは瀬戸内海♪

010 .

.

.

.

.013

和の朝食も良かった。画像の他に炭火のコンロをワゴンにして干物類を焼きながらテーブルを回り、客が好きな物を好きなだけとるというのも良いな( ..)φメモメモ
問題は、目が欲しがりついついとり過ぎ=食い過ぎてしまうこと (^^ゞ

.

014最終日 本日は車を高松駅に向け乗り捨て返却するだけ。
高松へ向かう沿岸をのんびり走りながら和三盆が香川県の特産品(徳島もね)であることを道路沿いに建っている沢山の看板で知り、お茶でもよく使われていた和三盆の干菓子『和三宝』の本店・工場があるので立ち寄る。何もここで買わずともこの商品は我が街の近くでも購入できるのだが、製造している“本店でわざわざ買う”事に意味があるのよ←自分だけに。本当は「わざわざ」行ったわけではなく「たまたま」通りがかっただけなのだが そこら辺はまぁまぁ(^^ゞ 近々に「紅葉の茶会」を開く友人・先生への土産と自分用に季節のお干菓子:秋尽くしをお買い上げ♪

036 あとは駅に向かうだけだが、高松駅の近くには有名な栗林公園があるではないか!

返却と電車の時刻までに2時間はゆっくりしていられるが、「日本最大級の庭園」ではどれくらい時間がかかるか分からない... 入り口で貰ったマップに「車いすコース」「60分コース」がモデルコースとして掲載されていたのでもちろん『60分コース』を選択。

.022

.

さすが代々の殿様が丹精込めて作り上げた(作らせた)お庭です!手入れされた松の見事さ!

.051 

.

.

.

.

池と山・空 そして池を鏡に映し出された山と空に挟まれたお庭は絵ですなぁ... イングリッシュガーデンとかあちらものが持て囃されている昨今ですが、たとえ権力者が贅を尽くして作り上げた庭であっても日本庭園が好きだな・・・と歩いていると「栗林公園!お前もか」という看板発見((+_+))

029『幸せのハートのつつじ』だと (゚Д゚)ハァ?

正面の島のつつじの一つが剪定作業でハート型になっているとのわざわざのお知らせ看板┐(´д`)┌ヤレヤレ  たとえハート形でもダイヤ型でも見た人が「あら~ハートの形だわ♪」と思えば良いことで、まさか植木屋さんがウケを狙って作為的にハートに刈り込んだのではあるまい←もし、そうならガッカリですよ。

043 山や岩や木等の形を何ものかに似ているからと、それを見立てて「○○岩」と名付ける事は各国にあるが、そういうのは苦手です。

文句言いながら歩いて行くと あそこで茶会を催しています♪ こんな場所での茶会 良いなぁ 着物にぴったりじゃん…と不純な称え方をしながら茶店に行ったら「本日は貸切」だって。 

047 仕方ないので物産館や盆栽展(市?)を眺めでぶらぶらするもお腹が減らない。折角「うどん県」に来ているのに宿で出されたうどんしか食べていない。それどころか名物の類は全然口にしていないのよね... 若い時は何でも食べていたと思うが、宿でたっぷり朝食をとったら夕方まで全然減らず毎日二食ですよ。←それでも痩せず太って帰りました(*_*; そこで土産に売られている各メーカーのうどんを各種買い込んで家で食べ比べの品評会をすることにした←自宅土産です(現在のところ甲乙つけがたくどれも美味い♪)

053 今治から借りた車を返し、高松駅へ。
そうか、
ここは「うどん県さぬきうどん駅」なのね↓

.059

.

.

.

.

062 水不足県 香川の讃岐うどんをこね・ゆでる水はどこの県のを使っているのだ?と揶揄もありますが、ま、それは置いといて(^^ゞ 快速電車の始発駅なので指定もグリーンもとらず席は選び放題♪ 駅員さんにどちら側に座るのがお勧めか尋ねると「瀬戸大橋渡るのに上り(下り?)は右手に反対の線路があるので、何もない左側」と言ったがどちら側でもOKでした。 と言うよりこのような富士山のような山を見た辺りから記憶が途切れがち…(-_-)zzzでしたので。

066 岡山で乗り換え時間に駅ビルのスーパーに駆け込み、初日にいただいた岡山土産の桃太郎葡萄を買う♪ 奮発するつもりだったのに、桃太郎組合に所属していないのでブランドが付かない同種のジャイアントを買う←それでも我が家にしては最高級品よ!

これにて旅の目的は全て果たし(?)、あとは新幹線で・・・寝る。

.
これから帰ってからの溜まっている画像を整理し、早くリアルタイムに近づけないと (-_-;)

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

徳島市・眉山へ

098_2 徳島駅に着いた。

鳴門大橋の所から1時間かからず。

.100

.

.

お互いに「変わり果ててるわよぉ。会っても分からないかも…」等と言い合っていたが本当に分からなくなっていたらどーしよー (^^ゞ

17年前 故郷に帰ることになったKさんは、25年位前に仕事で一緒になり、バーゲンの買い出しや食事会等良く遊んでいたのだ。そう、見合いもさせた事があったのだ (^^ゞ←成功しなかったけど。

103待ち合わせのカフェに着いたら彼女が迎えてくれた…確かに老けてはいるけど彼女に間違いない!(あちらもそう思っているに違いない...) しかし第一声で昔に戻っちゃった♪シワも白髪も増えたが(脂肪も)、昔と同じ喋り方&表情で、話題も17年間の空白はとび越えて昔のことをつい最近のように話す(^^ゞ ついでに苦労した嫁姑問題についても彼女流の笑い飛ばし方で喋る喋る!2時間の逢瀬を1秒たりとも無駄にしないかのように。

嫁ぎ先が兼業農家とかで、畑仕事をしている彼女の手はしっかりお百姓さんの手になっており17年の歳月を感じる。で、テーブルの上の袋は彼女の畑で収穫した農産物…「こんなに重いのは持って行かれないよぉ」と言うと「車と言うから自宅から車だと思っていたの... 帰宅日に合わせて送るわ」ということになり、お互い元気な様子を確認し、「またね 今度会えるのはいつになるかな?今生の別れにならぬようにしようね」と言いながら別れたが、これが本当に最後のご対面になるかもしれないのはお互い分かっている。

.110

次 眉山ロープウエーで山頂へ♪

別に映画に思い入れがあるわけじゃないけど 徳島に来たからには登ってみたいヽ(^o^)丿と言う単純な理由ですが なにか? それにしても駅の目の前にそびえており、駅からまっすぐ進むとロープウエー乗り場の「阿波踊り会館」。確かに映画でも言ってたように市内のどこからでも見える山ですわ。

山頂駅から徳島の市街、向こうの紀伊水道を眺めたらすぐ降りる。

123 「阿波おどり」にはあんまり関心ないけど折角だから、阿波おどり実演40分間もお勉強と身体ほぐしに楽しむ。

.125

.

この後はどこに出掛けるにも夕方が近く中途半端なので、宿に夕食の予約はしてないから帰り道で早目の夕食をとりながら宿に向かうことにした... が、名物は何かと探したら「徳島ラーメン」ばっかり。
131 ラーメンは嫌いじゃないけど“ご飯のおかずになる”“ご飯にかけて食す”等と出てはどうもね… 「ラーメンライス」は学生食堂で貧乏学生の食事のイメージがあるから他にないか?等と探している内に宿に着いちゃった。
  阿波おどり会館で↓

134 .

仕方ないのでフロントに「予約していないけど和・洋・中何でも良いから食べられる所を探して」と言ったら、一番早くて20時半の和((+_+))

お昼を食べていない我等だから、そんなに待たせられたら暴れだしちゃうよ!

と言うことで、海岸沿いにあった土産物屋か魚屋みたいな店に「食堂」の看板があったので急遽そこへ行くことにした。

141 143.

.

.

.

夕暮れの海沿いの道を進むと5分ほどでその建物が現れたが、周囲にやけに車がいっぱい。駐車は出来たので店に入ってびっくり!どこからこんなに人が集まって来るの?と言うくらい広い食堂のテーブル・お膳には人がぎっしり。1階だけでも100人以上はいるんじゃないか?もちろん皆相席です。 私達はすぐテーブルに着けたが、その後から来た人たちは順番待ちです。

147 テーブルには湯呑が置かれ、お茶はテーブルにあるやかんに入っているのを自分で煎れる…黄色いお湯でした。

 
148_2香の物:たくあん漬けの小皿が置かれその大胆な盛り付けに驚いたが、美味しいものを食べさせてくれる雰囲気があるんです♪

.150

まるで魚市場のような雰囲気で威勢が良いオ兄サンやオバチャン達です。

お刺身はどれも分厚く、タコなどは食らいつかねばならないほど大きな切り身のお刺身。揚げもの・お椀ものもどれも美味~い♪

149 このお店もたまたま入った(←他にないからね)わけで、お値段は決してお安くはありませんが大当たりでした((^^)v  食べログなどの情報を見ると評判店なのね“食事時は長蛇の列”とか... 並ばずに入れたのはラッキー♪

この夜も満腹…(@_@;)

| | コメント (0)

鳴門渦潮 観潮

朝6時 空は雲に覆われているが、右手(東)から明るさが増してくる。

001

004 本日は朝食後 鳴門の渦潮→徳島市内の昔の友人に会い→さだまさしの映画「眉山」の山へ♪とスケジュールが割と詰まっているのだ (^^ゞ

しかし 今晩もこの宿に連泊なので朝食が済んだら荷物もそのままで出掛けられるので 出発時刻までゆっくり朝食をとってられる (^^)v

  .010007

.

朝食後ものんびりお庭散策なども楽しんでいられる (^^)v

017 .

.

この光景 シンガポールのあのホテル マリーナベイサンズのプールを想起しませんか?(行ったことないけど…) 瀬戸内海に流れ落ちているかのような宿のプールです。 

014013  .

.

.

.

もうプールのシーズン終了なので、今度(?)夏に来たら絶対泳ぎますわヽ(^o^)丿 等とのんびりし過ぎちゃいけません!
一番渦潮の発生が良い時間の船を予約してあるので船着き場へ急ぐ。

018 今回のことで初めて知ったのだけど、渦の発生は一日中巻いているわけではなく、大潮のとき前後が(特に春の大潮)渦の巻きが大きく多くなり、そして一日二回干潮満潮の時が見頃なのだそうだ。また渦は、瀬戸内→太平洋に流れている時は鳴門側に発生し、反対に太平洋から→瀬戸内海へと流れ込む時は淡路島側に発生する事や、渦の多くは右巻きで、渦を作っている時間は数秒から数十秒のあっけない時間だと言う事等いろいろお勉強しました。

021 そういえば 以前鳴門へ旅行した友人が「渦潮なんて全然ちっぽけなのよぉ」と言ってたのは渦潮発生の時期・時間を考えずに行ったからなのだと判明いたしましたわ。

そのような失敗をしないように満潮の時間を見計らって(チケット売り場に明記してある)本日の見時の船を押さえてありまーす(^^)v

027 .

.

大型船(415人乗り)は1530円、小型水中観潮船(46人乗り)は2200円とお高いのだが奮発いたしましたわ。

035.

船内の様子↑ 船底がガラス張りで“海の中も見る事の出来る観光船”です…なのですが、走行中は透明度が悪くて魚一匹見えません。渦潮の所に来たら渦の泡で何が何だか分かりませーん。見続けていると気持ちが悪くなります。

.048

.

.

ということで早々に船底から引き上げ、甲板や屋上に行きました。700円も高かったのに、海中を見る価値は700円分もありませんでした(-_-;)

.042

.

外は気持ちいい~♪ 

渦は海中で見るより船の上から見るべきですわ。

.051

.

.

.

054 .

.

058 .

.

.

迫力ある大きな渦も沢山見る事が出来、観潮クルージングもそろそろ終わり。

港へ引き上げます。

062良いもの見たね~♪と満足したのだが、橋の上からも見よう!と本日の予定に大鳴門橋見学を割り込ませる。(これが行き当たりばったりの良い所♪)

淡路島にかかる大鳴門橋の道路の下は450mの遊歩道「渦の道」で、渦を上から眺める事が出来るのだ。

車を移動し、図のPに置いて点線が歩いた所↓

.095

064観潮船の会社は3社あり、それぞれ港が違って私が利用したのが一番大鳴門橋に行くには遠かったが 5分ほどの移動で、駐車場も楽々に置けた。

展望できる塔や博物館(?)もあったけど大橋目指してまっしぐら!←黄色い点線ね。

なぜなら渦潮の発生はピーク時間の前後1時間…渦潮が無くなっちゃったら来た意味がないものね。

067 この日のピークは午後4時ごろにもあるので、渦が少なくなっているようなら午後にしようかチケット売り場のお姉さんに確認すると。

「まだ渦がある今の方が良いです。午後の渦は大橋から遠くなる(淡路島寄り?)ので、眺めるには位置が良くない所に発生する」と・・・それを聞いたら即チケット購入!

←鳴門大橋の遊歩道 頭の上は道路です。

072 .

外を見ると なあんだ渦がなく静かになっているではないか... と思ったら、ものすごい流れに船も動けないのだ。スクリューの白い泡でエンジン全開のようだが全然進めず止まっているように見える。

081

.

下を見ると まだまだ渦健在ですわ♪ 観潮船も良かったがこの渦の45m真上から眺める鳴門大橋も一見の価値あり でございます。ただし時間を見計らって下さいね。

. 091

.085

.

.

.

.
客が少ないから こーんなことして遊べます♪

この後は17年振りのご対面がある徳島駅に向かう。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

大歩危・うだつの街並

046 金刀比羅さんに登って本日の「元気」を使い果たしてしまったら今宵の宿(鳴門)に直行するつもりだったが、何と!まだ「元気」があるんですねぇ。

話には聞いていた「大歩危・小歩危」の景勝地へ行けそうです。時季としては紅葉の時のが良いのだろうが、そんなこと言ってられません。行けるときに行けるこのチャンスを逃してはもう行けないかも…(^^ゞ

077ということで車を鳴門とは反対の内陸に進め、香川県琴平→徳島県は吉野川上流・大歩危峡へ 約2時間で到着♪

で、何をするか?

大歩危遊覧船に乗りまーすヽ(^。^)ノ

←遊覧船乗り場はここ (@_@;)

国道の駐車場・チケット売り場の直下!足元は断崖絶壁!真下の船着きまで階段を下ります(高低差50m?100m?)…この日はなんて階段に縁があるんでしょ。

.111

帰りの登りの階段の事は考えない事にして下って下って…「船が出るぞ~」で急いで乗り込む。

082 .

.

日本三大秘境!平家落人伝説!吉野川が刻んだ渓谷美! ゆったり船に揺られて造山活動でめちゃくちゃに曲がり畳まれた地層(岩壁)を眺められるのもここに来てこそ。

.109

.

.

.

往復30分ほどのクルージングでございました。

116この日は穏やかな吉野川でございましたが、両岸の高い所まで浸食された岩肌を見ればどれだけ激しい流れになるのか想像が出来ます。

数年前の台風時の増水はここまでという表示がチケット売り場の階下にあり、国道も水没してしまいそうな交通の難所であるのは今も昔も同じだが、そのような土地だからこそ平家落人が逃げ集落を作って生き延びる事が出来たのであろう。

そそり立つ山の斜面にへばり付く様な集落が各所に見え、何もそのような不便な場所を選んで住む事もなかろうにと眺めてたが、やはり落人伝説の集落でした。(機会があればここにも足を延ばしてみたいものだ)

.

そろそろ午後3時 もう鳴門に向かわねば宿到着が遅くなります。ナビをセットするとほとんど高速のせいか意外にも2時間ほどで到着予定。 ならば途中でどこかに寄ってみようと高速脇町ICを下りてすぐの「うだつの町並み」に寄ることにした。

121うだつが上がらない…」等と言葉では使われるけど「うだつ」ってなあに?という方は画像の部分と下の解説をご覧くださいな。

「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことで、これを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができませんでした。 すなわち「うだつが上がる」ということは富の象徴であり、脇町に残る「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。

123各家々のうだつには家紋や細工が施され、その豪華さが商人の権威を表しています。それは見事な芸術品といってもいいほどの手の掛け様で、脇町には、こうしたうだつの上がった商家が400mにも及び軒を連ねています。この町では、図書館を始め学校、郵便局、スーパーまでもが本瓦に塗籠め壁、うだつを上げた建物で造られています。これらは近年新しく造られたものですが、ここに暮らす人々の文化を守る姿勢がうかがえます。

余り立ち寄り時間はないので藍商人の吉田家の一角を眺めただけで再び高速に乗って鳴門を目指す。(短時間の立ち寄りでしたが、馬篭・妻籠の街並に似てるが造りが豪壮な家々でした…◎)

.135

宿は瀬戸内海に迫った山の上 まるでお城のようにそびえ建っておりました。海沿いを走る国道にある宿の門から2kmも綺麗に手入れされた進入路を進みます。バブリーな建物です(^^ゞ

140a .

.

.

.

.

136_3 部屋に入るとこんな感じ→

大きな窓いっぱいに瀬戸内の海が広がっていまーすヽ(^o^)丿

部屋の造りは四畳ほどの畳コーナーが付いており落ち着けます。

.145_2 

.

この日の夕食は宿でとることにしていて良かった。周囲には何もない山の上、山を下りても町らしきものは遥かに遠い。

鮮やかな夕焼けは望めなかったが、まずまずね。連泊した翌日の夕焼けよりも良かったです。

.132_2 

.

.

食事は中華レストランを選んでおいた(←宿泊の予約と同時にレストランも予約するシステム... 予約していなかった翌日は大変なことに)

.140 141 143 

.

.

.

どれも美味しく満足満足♪

.144

. 148 147

.

.

.

.

満腹のお腹を抱え、部屋に戻ってバタンQ…夜中に目覚めてお風呂に入り再びベッドで気絶 (-_-)zzz  

明日の朝の景色が楽しみでーす♪

| | コメント (2)

2012年10月23日 (火)

金刀比羅宮参拝

032_2  宿は参道に近くて便利な場所で選んだが、施設も新しくお料理・スタッフもまずまず(フロントは減点ね)。チェックアウト後も車はそのまま宿の駐車場に置かせてもらい、本日午前中は金刀比羅さん参りです。

785段の階段と聞いただけで タクシー(途中までしか行かない)や 籠(上り5300円、往復6800円)も考えたが、無理しないで行ける所まで行って、あとはお連れに「代参」してもらって帰って来るのを待てば良い♪と気楽に考えた。

004夕べの行列を考えたら 衣装を着けず、重たい荷物を持たずにマイペースで登れる私は何とお気楽な事か。

ということで荷物は持たず、杖はノルディックウォークよろしく二本借りて両杖で歩くことにした。

それにしても登り口でさえ目の前にそそり立つような階段の壁!

.006

.

.

足元だけを見るようにして前進前進…もう結構登っただろうと看板見るとまだこんな所なのっ?!と気持ちが萎える。

.007

.

.

.

.010

.

.

.

.

平らな所があるとホッとしますわ♪

.017

.

.

まだまだ大丈夫です!

.022

.

.

前後にろくに人がいないので自分のペースで歩いても急かされることもなく快調♪

.

024 .

着いたー!と思ったらここは「旭社」 地図を見るとまだまだ先がある…((+_+))

着いたと思って緩んだ気持ちを引き締めて前進!←意外に元気です。自分でも驚き。

.

さあ、最後の階段です。修学旅行の中学生(?)が元気よくやって来ますが、彼らの若いエネルギーは別格、対象外ですわ。

.029027

  .

.

.

.

.

.

.

.

034_2 とうとうやりました!

785段の階段を登り切り
本宮に到着いたしましたヽ(^o^)丿

中学生達はさらに奥社(1368段目ですって)に向かって往復1時間の登りに挑戦して出掛けたが、中には若いのにオバサンぽい子もいてハナから諦め仲間を見送っているので「ここまで登って来ただけで偉いぞ」とねぎらったり、松葉杖でギブスの子もいた(!)ので誉めちぎり「松葉杖のお陰で自分だけでなく仲間にも絶対に忘れられない修学旅行になるはずよ」等といつものお喋り仲間とは半世紀もの隔たりのある若者とのベンチでのプチ交流も楽しいものでした。

045 .

展望台からは讃岐富士や讃岐平野を望むこの絶景! 登った者だけが見る事が出来るご褒美ですな (^^)v

記念の土産は…金刀比羅さんは海の守り神でもあるのね、いただいたのは「潜りに出掛ける私を守ってね」と奮発して海上安全のお札(海安全のは無い...)

052 .

.

.

お守りの授与所(←売り場じゃないのね)に黄色いお守りがズラーッと一番数多く並べてあったが、私は他に「交通安全」のお守りをいただいただけ。そしたら、その黄色いお守りが本宮限定で授与してくれる「幸福のお守り」なんですって。←後から知ってももう登れませーん。

.060

昨夜の行列に使った道具をしまっている宮司さん達を横目に本宮左手に歩いて下りの階段へ(上り下り別になっているのはここだけ)

旭社に下り、もう一つ階段を下りると目の前にカフェ&レストランの看板♪ こんな所にお洒落な資生堂パーラーですよ。

.063_2 

もちろん入店して現地調査ですわ♪ 疲れた身体にこってり甘い元気薬です。

.070

.

.

.

.

元休憩所だった所をカフェに改築したようで綺麗な建物&お洒落なトイレ…さすが資生堂!香水のサンプルがトイレに置いてありました。カフェには売り場も。

074この門から急降下階段なのだから見えているのは下界の風景です。

階段の左右はお店が並んでいるのだけど覗く気も起きず駐車場へ直行です。

.075

.

.

階段はどこまでも どこまでも続きます。

「足元注意!」は登りよりも下りですね、膝は笑うし、踏み外したら大変!下まで転げ落ちて行っちゃいそうです ((+_+))

行けるとは思ってもいなかった本宮まで行け参拝を果たして本日の目標達成できたのですが、まだお昼。

大歩危まで行けそうですわ(^^)v

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

夜 見たものは…

見たものは金刀比羅さんの最も重要なお祭り:例大祭

あとで調べてみると、10月10日は「おとうか」とか「おさがり」と言って、一年に一度 神様が本宮から御神輿に乗って麓の門前町の御旅所に下りてくる御神幸(おみゆき)と言う行事だ。そして11日は御旅所から本宮へおさがりとは反対にお戻りになるのだそうだ。どちらも夜の9時から3時間ほどかけて本宮←→御旅所 約2kmの距離を500人以上の平安絵巻さながらの古式ゆかしい行列が行くお祭りでした。例大祭そのものは各種神事が1ヵ月以上も続く長いものだが、そのクライマックスを満腹の腹ごなしに外に出てたまたま偶然覗いたのでした。

宿から参道へ出ると人気が無いので階段登るよりも下ろうとしたら、参道の入り口あたりで何やら暗い中に人が大勢見える…気味が悪いので道を変えようかと思ったときに蕎麦屋(民宿?)の店先にいた方(女将さん?)に「ここにおいで下さい」と椅子を勧められた。良く見ると4、5人が店先に座っているので、聞くとこれから神様がお帰りにる行列が通るのだと言う。我等もそこに座らせてもらい行列が来るのを待つ。

なかなかやって来ない...やっと奴さんが棒(傘?)をバトントワリングみたいにくるくる回したり投げ上げたりしながら灯りのない暗い参道を登って来る。間を置いて一人ずつそれぞれの芸(?)を披露しながらなので進み方が遅い。

.102118

.

.

.

.

.

しかしそんなことに驚いてちゃダメ、これでお終いか?と思ったら次に 毛槍を持った奴さんが対になって毛槍を投げる・受けるをしながらやって来る。また数本の毛槍をインディアンのテント張りの芯のように立たせてその周りで奴さん達が歌って踊る。←その歌の内容をよく聞いてみると何ともシモネタで卑猥な歌詞(*^_^*) 春歌と言われる類だろうが神様は大らかだったのねぇ。

123_2

098.

.

.

.

.

その後も行列は続く 続く ・・・総勢5、600人の行列と言うから凄い!
しかし、静かなのだ掛け声はなく静かに静かにゆっくりゾロゾロ歩いているのだが、見物している私達も静かにしていないとダメで、奴さんの芸(?)には拍手をしても良いが、拍手禁止&お喋り禁止 で注意をされる。 もちろんカメラのストロボも発光禁止...異様に静かな大行列で、他所は知らないが見物客も私達がいる階段下では我等と向かいに数人だけ...お祭りなのにこんなものなの?

139

130
 

150148 

142137 

151行列には馬が何頭も、そして籠やら葛篭や御神輿もあり、それらがこの先786段の階段を上って本殿まで行くのだ!スタート地点から2kmを3時間かけての行列だと言うが、ただでさえ上るのが大変なのに衣装を着け、重い荷物を持って行くのだからすごい事です!

数百年の歴史ある行事を通りすがりの見物人の目で見ちゃいけませんね、金刀比羅宮のHPの例大祭のページ(平成23年)を見て下さい。

http://www.konpira.or.jp/about/event/10/taisai/taisai_2010.html

http://www.konpira.or.jp/news/2011/014/index.html ←23年版

158 結局全然歩かずに座っていたわけですが、良いものを見る事が出来満足満足♪ 宿に戻ってもフロントの人は客に「見てきたか?」とも尋ねず、こんぴらさんで食っているんだろうにそれはイカンぞと指導したくなったけど止めて風呂ですわ♪

露天風呂はみかんを浮かべたのと薔薇の花…もちろん薔薇の花風呂に入りました。時間が遅いからか他に人はおらず パチリです。
おやすみなさーい(-_-)zzz

| | コメント (0)

松山城・砥部・金刀比羅さんへ

054_2 宿を出たら松山城に向かう。

市内は一方通行が多く、交差点・道路標示が今一分からずナビが教えてくれるのだが行き過ぎたり...行きつ戻りつして(=迷子)デパートの駐車場に車を置き、ロープウエー乗り場に向かう。
その道を「ロープウエー街」といい綺麗に整備された歩道の両脇には覗いて見たくなるようなショップが並ぶが、まずはお城!

ロープウエー乗り場に着いたら、ロープウエーと並んでリフトがある♪天気は上々&混雑なし&同じ料金(往復500円)ならリフトを選び、空中散歩6分間(ロープウエーは3分間)を楽しみます。          天守閣は遥か後方!↑

059 しかし、到着した地点はまだお城には8合目... まだまだ歩かねばならない((+_+))←まだ歩いちゃいないけど。

天守閣は遠い!「ロープウエー駅から10分」というのは若い元気な方の所要時間、全然若くないのですから倍の時間をかけてゆっくり登る。

.060

.

.

いくつもの門をくぐりやっと天守下の本丸広場に到達→

もちろん天守閣に登ります!が、階段が狭い&急こう配で客が少ない時期だったので両手で手摺を持って上り下り出来たが、客が多い時は狭い階段を半分ずつ使うことになり足元の危うい方には怖いですよ。

.062

しかし世が世なら鎧甲冑を身につけて手摺もなく駆けあがったり下りたり…弱音を吐いちゃいられません (^^ゞ

小天守に登りましたヽ(^o^)丿 東西南北360度 はるか下の街並 遠く瀬戸の海を殿様気分で眺め、これで終わりにしようかと思って大天守の方を見るとここよりずっと高い位置にあり、ここまで来て大天守に登らないで帰らりょか... 登りましたよー!
小天守から大天守を見上げる↓

.068

.

天守閣で居合わせたオバチャン数人のグループの会話がいやでも耳に入って来るのだが、何と我がローカル街の地名や話題…世間は狭いのでございますわね。 感じ良い方達なら声をかけたかもしれないけど…無視してました(^^ゞ

石垣で有名な城だが、手作業で切り出し、運び、積み上げた見事な石垣だが「立派ー!」と思う前に石工達の命とプライドを掛けた仕事に頭が下がる。
石工達の自分の仕事証明に彫った銘や印を見たかったが、今度ね。 

360度の景観をゆっくり眺められる空いている時で良かった♪ 見て~ ヽ(^o^)丿

067069 071 画像の中央部 山の裾が道後温泉↑

.

073

.

.

.

.

075 帰りも もちろんリフトを選びました。

ロープウエー街のお店を眺めていたら気に入った焼き物(砥部焼)を見つけ、現地に行けばもっとあるかも…と工房を確認し、次は砥部焼の里に決定。

076 .

市電の走る大街道に出たら1時間に1本走っているという坊ちゃん電車が行く…カメラが間に合わず(T_T)/~~~

.077

.

.
車を置いたデパートに戻って愛媛のミカンジュースで喉を潤す♪ 朝食を普段以上にたっぷり食べて(=食い過ぎ)いるのでランチは入らない... いろいろ名物を食べたいと思っていたのに残念。

078 .

砥部町に到着
道路の白線が砥部焼の紋様:唐草文ですよ!

松山市内から30分ほどで「砥部焼の里」「砥部焼陶芸館」に着き、そこで色々な窯元の焼き物を眺め、直接工房を訪ねたい所をいくつか選ぶ。ロープウエー街で見つけたのもその一つで、まずはそこへ行く…ところがお目当ての茶碗(大○陶芸Kさんの)は置いてない((+_+)) 焼き物だけでなく織物でもそうだったが、製作している工房にはあまり品物は置いてないのよね(T_T) 繁華街やデパート等良く売れる所に品物は行っちゃうのよね。「すぐ作りますよ」と言うけど2,3カ月は待たねばならない...今が欲しい時なのよ。「あれを買っておけば良かった」と思ってももう遅い。
085_2
←その工房のギャラリーでお昼寝中のニャンコと♪

  逃した魚は…と言うけど、買いそこなったあの茶碗がやけに良いものに思えてしまうが気を取り直して「伝統産業会館」を覗き、20人ほどの作家さんの競作展示「技能士会展」を眺めると 好みの器が2種あったので買う!←正確には「買ってもらった(^^)/」 
出会ったときに買わねばまた買いそこなってしまうかもしれないからね。 買ったのは、昔ながらの砥部焼とはちょっと雰囲気の違う作風の器だったので そこも訪ねることにし、寄り道したりお茶を振舞われたり衝動買いを楽しんで その工房(西○工房)に行くと、やはり並べてあるものは「見本」が多く、売り物は限られている。その中に先程買ったものがあったので「今これを買ってきたとこ♪」と言ったら、工房でなら2割引きにするんだとか(-_-;) ガッカリさせられてしまったが、工房には置いてなかったと思うことにしよう。

 083

産業会館
駐車場脇のお社でお昼寝中のニャンコと♪→

砥部町での画像は全然撮っていませんで…猫だけしかありません(-_-;) 街の様子も訪ねた工房も何も撮っていませんでした((+_+))

もう1ヶ所工房(陽○窯)を訪ねたかったが、これから琴平まで走らねばならないので「またいつか…」と心を置いて松山に向かい松山自動車道・高松自動車道を走って夕方 金刀比羅宮参道近くの宿に到着

先ずは夕食♪

.087

お昼をとっていなかったのでお風呂より御飯でございますわ~(^^ゞ 腹八分どころか満腹になるまで詰め込んでしまうのが困ったものですが、夕食後 腹ごなしの散歩に出たから“一年に一度のお祭り”を見る事がで来たわけで何が幸いするか分かりません。

それにしても宿のフロントに散歩の見どころを訪ねたのに夜のお祭りについて何も知らせてくれないのは不親切なのか、それとも当然知っているものと見なされたのか…フロントの人自身よく知らないのかも。

.091 093 094

.

.

.

.

見たものは金比羅さんの最も重要なお祭り:例大祭

それについては 次に( ..)φメモメモ

| | コメント (2)

2012年10月19日 (金)

道後温泉

081 道後温泉本館へ

あの道後温泉のシンボル「道後温泉本館」の建築文化財を眺めたくて本館の近くに宿をとったのだ。

道後温泉に到着したのは夕方5時 宿には日本海側の松江から本州横断・岡山から瀬戸大橋渡って四国の上辺を横へと大移動してやって来た同行者が既に到着しており、やれやれとお茶なんぞをしていると向かいの本館屋上:振鷺閣の赤いギヤマンの灯りが強くなり「刻太鼓」の時刻になって準備をしている。もう辺りは真っ暗なので部屋の窓から見物。
            岡山からの土産:桃太郎 初めて味わう葡萄 美味!↓

064 赤い窓を開け、太鼓を6回打ち6時を知らせると再び窓を閉め お終い:刻太鼓(音も軽くあっけなく終わった)

その作業を宿の部屋から一部始終眺められ、宿のキャッチコピー『本館を一望できる』に偽りなく良い立地の宿をとった♪とVサイン (^^)v

060_2奥左はトイレ、奥右はお風呂、ベッド手前は畳に椅子の部屋

七室しかない小さな宿でHPを見ただけでは少々不安だったが立地は合格。
宿の部屋には本館と同じ温泉の内風呂が付いているが、大浴場はないので向かいの本館:神の湯を利用する。本館の風呂にも一度は入ってみたいもの、竹で編んだ湯籠を持って宿の草履を履いて歩くのも温泉客気分満点♪ でも昔みたいに旅館の浴衣で歩く客はおらず、本館周辺は綺麗に整備され、周囲のホテル旅館もお洒落な意匠を凝らした新しい建物になって、40年前の姿とはだいぶ変わっておりました。

082玄関を入った下足箱 ここから先は撮影禁止→

宿から貰ったチケットで本館:神の湯(女)に入ったが料金は400円(風呂のみ)らしい。立派な建物の銭湯といった感じで想像してたのよりも小さなお風呂、私が入った時は入浴客10人くらいだったが20人も入ったらいっぱいでしょう。

湯は透明の単純泉で、効能(神経痛・胃腸病等)はともかく ゆーっくり のーんびり浸かっていられ 運転に疲れた身体に心地良い。

085お風呂の後は夕食ですが、宿ではなく近くの食事処へ(←車の移動なので到着時刻が読めないので宿の夕食は予約せず) 宿周辺には飲食街があり「伊予」を味わえる食事処に入る。
←鯛のお造りをお茶漬けに 

087海が近いから魚介が豊富なのでしょう 鯛だけでなく太刀魚のお刺身も♪ これら全部をお腹に入れ満腹!

.088

腹ごなしに宿の姉妹店まで足をのばし、いただいた「飲み物半額券」を使い飲み物だけを注文のケチな客でございました (^^ゞ

みかんジュース普通、みかんサイダー残しました(-_-;)

.075

.

←夜の本館

宿に帰って内風呂もたっぷり堪能し、バタン グー(-_-)zzz 早く寝たお陰で目覚めたら6時前 ↓

 

A .
6時前 
既に朝の支度をしている本館→

まだ開業していないのに一番風呂を目当ての客・住民が続々とやって来ています。

振鷺閣の赤い窓が開けられ朝の刻太鼓が鳴らされます。

B.

太鼓を六つ叩いたら灯りを消しました。太鼓の音は「ドドーン」ではなく「トン」と思ったよりも軽い音。 朝6時開業、正午、午後6時、一日3回打ち鳴らす太鼓です。

.C

.

.

.

.

お部屋からこのように眺められるだけでなくお風呂からも眺められます。

.016

窓全開で(見えやしないもーん)朝風呂を楽しみ小原庄助さん気分♪

お風呂は砥部焼のタイルの浴槽・壁(好みじゃないけど...)↓

061 .

.

.

.

.

D部屋の窓からの眺めヽ(^o^)丿

本館の裏手になります。右の小さな入口は皇室専用浴室の又新殿(ゆうしんでん)。
金箔の貼られた襖・天井、黒漆のトイレ…250円で説明付きで拝見できるそうだが興味なし (^^ゞ 約60年前に昭和天皇が使って以来利用されていないそうです。

.

朝食です♪ これにデザート飲み物付き。

E  F.G

.

.

.

チェックアウトする前にもう一度本館周りを歩く(←見納めかもしれないでしょ)

IH  .

.

.

.

.

JK  .

.

.

.

.

宿からは山(勝山?)の上に建つ松山城が招いているように見え、こりゃ行ってやらねばなるまいとナビをセットして宿を立つ♪

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

10/10~ 四国へ

北海道・九州・四国の内 四国が一番縁遠く、これまでに2回しか訪れた事がない(それも40年前と15年も前にちょこっと)ので「どこへ行く?」…「四国に行ってみよう!」と単純に決まったが、さてどこに行こうか?

飛行機は使わずに電車で行くとなると、四国入りは①神戸→淡路島から、②岡山→瀬戸大橋から、③福山→しまなみ海道からの3つのルートがある... 新幹線で通過するだけで まだ一度も福山で下りた事が無いので③に決定。今治でレンタカーを借り愛媛・香川・徳島県を走る。(高知県が抜けてしまうが、欲張ると忙しい日程になるので次の機会とする) 宿は道後温泉・金刀比羅宮・鳴門2泊をとって、徳島にいる古い友人に会うことを決め、あとはどこに寄るかはナビと気分次第♪

.

002 福山駅に下りてびっくり!改札口出たらお城の石垣ですよ!  
       駅構内の屋根とお城の石垣→
  
(注:高速バスは反対側の改札口)

これは寄らないわけにはいきません。しまなみ海道を走る高速バスに乗る前にお城:福山城見学です!

011 .

どなたの居城だったのかも知りませんが、目の前にお城が見えたら一応登ってみなくっちゃ... ツアーじゃない行き当たりばったりの旅ですもん (^^ゞ

.009_2

『1662年 新規の築城としては近世城郭で最も新しい城で、備後福山藩の藩庁かつ藩主の居城であった。形式は輪郭式の平山城で、かつては2重の瀬戸内海へ抜ける運河を持ち五重の天守と7基の三重櫓を有する大規模な城郭であった。昭和初期までに城北側にある堀をかねた吉津川以外の全ての堀が埋められ、三の丸は大半が市街地と化すなど遺構の破壊が進み、石垣も概ね本丸と二の丸の大部分と三の丸のごく一部に残り櫓は1基が現存するのみとなっている。三の丸南側はJR福山駅が東西に貫き新幹線福塩線のホームから間近に本丸を望むことができる。』

.010_2

.

.

←今回のお伴の編みニャンコは黄い朗でございます。

所要時間約40分!のお城駈け足見学でしたが、福山の城下を見下ろし良い気分でございました。何しろ駅から近いのでお勧め♪

.

018

.

.

さて、お城を下りて反対の改札口に回り、高速バス「しまなみライナー」のチケット購入 
お昼を食べに店に入るには時間がない…そんな時はこうです ↓

019“お弁当買ってバス停のベンチで一人で食べる”なんてこと若い時には絶対しなかったと思うが、歳とるのはありがたいもので平気で~す (^^)v

連休明けで客が少ないのかバス停でも人は少なくベンチ一人占め♪、高速バスの乗客も私を含め三組だけの貸し切り状態です♪ 一番前の席に陣取り左・正面・右の三方の景色を楽しめたが、誤算は景観の良い所で減速したり停車したりの観光時間をとらない「高速バス」でした... 。観光もさせて欲しいな。

.027 024

.

.

.

.

034今治駅到着♪
(高速バスは駅の反対側に到着)

こちら側も向こう側も特に大きな建物もなくいたってのんびりした駅周辺。 ここでレンタカーを借り、返却は高松駅に乗り捨てとする。

さて、どこへ行くか…夜までに宿に到着すれば良いので、四国の地図眺めると愛媛県の左(西)にビューンと伸びている長い半島:佐多岬に行ってみようとしたらナビが遠過ぎてダメだって(^^ゞ

.045

「今治」と言ったら「タオル」よね、タオル美術館というのがあったのでそこへ行く。 出発したら右手にお城!今治城が見えたけど道路が車線変更できず... 諦めた。

036 .

.

しかしこの美術館市内から30分以上走っても着かないよ~。 どんどん山に向かい、帰りは海側を通って松山市内に入る予定なので心配になって来た。

山間にお城みたいな美術館が現れた。急いで入場券買って入るも1階も2階も3階、4階も売店…なんじゃあ こりゃ? 
5階でタオルの製造工程は初めて目にし、一つお勉強になりましたが肝心のタオルアートはどこ?

046 .

.

何故かここにムーミン一家が... ムーミンの世界展(←企画展)ですって。

.048

.

.

壁面を彩るタオルを作る色糸が綺麗 (^^ゞ
タオルアートは少々期待外れ... 友人にはお勧めしませんわ。

.

054053 .

.

.

.

.

056 早々に引き上げ、駐車場で松山・道後をナビにセットしていると駐車場のオジサンが「今から今治市内を走ると来島ドックの退社時間になって渋滞発生するから時間がかかるよぉ」と言う。ナビも市内を通って海側の道路よりも内陸に進み高速に乗って行くように勧めるので真っ暗になった知らない道を走るよりも明るい内に目的地に到着するナビの推奨コースで道後温泉に向かう。

最初から予定通りに進んでないけど大丈夫かな?あ、大体ちゃんと予定が立ってないのだから目的地に到着出来ればオッケーですわ。

| | コメント (2)

2012年10月17日 (水)

8日はこれで

002003a 袷シーズンだがまだ袷を着るには暑い... 自分の体感で決めました。

単衣の本塩沢に、下はステテコ(^^ゞ。 襦袢も盛夏ものでと思ったが、単衣の本麻が袖口から覗くとなんかチグハグ...なので袷用の襦袢。

体に沿う着用感はやはり袷を着てこそのものよね~と、大して分かりもしないけど袷シーズン到来毎に感じています。

襟も夏場は薄かったのでぷっくり厚めの襟元も「これからが着物の季節ね♪」と感じさせてくれます…その割に着ちゃいないけど(-_-;)

.

.004 003 

≪帯周り≫

柄が気に入って購入したひな○の芯が入ってないようなテレテレの名古屋の染め帯

余りにも柔らかいので呉服屋に頼んで芯を入れてもらったけどやはり柔らか過ぎて締めにくい。 なので自分でハサミでチョッキン!と二分式帯に改造してから数度の着用(^^)v

でも、やっぱり締めた時は良いけど動いていると胴周りにヨレヨレ感が…(-_-;)

ダメ元で三度目の改造:自分で接着芯を貼ってみよう!と考えた。上手くいかないときは筆柄の小袋を沢山作りますわ (^^ゞ

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

6日はここへ

028_2 朝6時に集合して 遠路遥々やってきたのはここ

目的は…タクシー遠足ね←主目的

.033

.

.

.

.

.

.

第2目的は三味線演奏を聴くこと

.025

さる流派のお家元の何十周年かの演奏会で、そうそうたるメンバーのお弟子さん達の競演と華やかなものらしいが、良く分からない私も誘われたのはタクシー借り切るには人数が必要だからね (^^ゞ  

044 .

一日借りきっても人数が揃えば新幹線グリーン車とトントンかそれより安い♪ ので2、3年前からの我等三味線仲間の遠足に利用しています。

.055

肝心の演奏会は見事なもので 神業みたいな指遣いのカマシに痺れました。

やはり身につけるには 一に練習、二に練習、三四が無くて五に練習なのでしょうね。

.065

先ず「練習嫌い」で「上手」を目指そうとしても そりゃ無理な話ってものよね と努力することを忘れたオバチャン達は反省するのでありますが... すぐ忘れちゃうのがオバチャン達の特色。

069終演時刻は盛り上がって予定よりもだいぶ遅れ、我等はシンデレラにならぬよう夕食も高速のサービスエリアでとることにして帰りを急ぐ...遠隔地ですから。 

.

032 *** おまけ ***

毎日発表されている線量が我が街よりも高いが、実際どのようなものか家の庭を測っている同じ高さで調べてみた←参考程度ね。
会館周囲の平均はほぼ倍以上(家では平均0.05以下です)でした。

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

ただいま~♪

066 チョイと出掛けておりましたが お天気にも恵まれ予定変更もなく無事戻ってまいりました。

きっと金刀比羅さんのご加護か平常の行いの良さのお陰でございましょう。(ってことは石垣の2日短縮は行いが悪かったのか?)

これから画像整理しながら どこへ行ったのか(^^ゞ どこを走ったのか(^^ゞ 何を見てきたのか(^^ゞ 旅の思い出に浸りながらの確認作業ですので(=時間がかかります)先ずは帰った報告、そして出発前の事をアップいたします m(__)m

| | コメント (2)

2012年10月13日 (土)

今頃は・・・

009 連休明けからちょっと出掛けておりますので コメントがありましても戻ってからになります。

はい 四国へ巡礼 ドライブ旅行しております。

今日あたりは鳴門の渦潮見物して 古い友人と会い旧交を温めていることでしょう。

もうじき帰ってまいります... が、今回は前回のように早めて帰って来る事もなかろうと思うのでございます(^^ゞ

旅の無事を祈って 南無・・・

| | コメント (2)

2012年10月12日 (金)

8日は

028 8日 東京の人と東京見物に♪

いつもの着物のメンバーといつものランチ&お喋りです。

新しくなった東京駅を見よう!大丸を見よう!と集まったが、オープンしたばかりで見物客も多いのだろうが、3連休だという事を忘れてた!駅は人でごった返しておりました(-_-;)

007 ランチもせっかくだから12階から眺めながらと思ったら全然窓もないお店でございまして、「地下で食べているのと変わらないよね」と言いながら中華の焼きそばランチ。

焼きソバの餡がクセモノでして跳ねるんですよね、注意 注意。

015_3  .

.

レストランは12・13階なのだが、この日の13階は3店舗貸し切りで結婚式((+_+)) 連休中の昼時の貸し切り料金の額を想像するに大変なものよねぇとオバチャン達は頷き合うのでした (^^ゞ

この後ろでは賑やかな結婚式→

.011_2 

←12階のトイレからの眺め

ビルの下に埋まるようにある東京駅駅舎ドームがかろうじて見えますわ♪ 分かります?

丸の内側へ行くのは次回にし、デパートのフロア見物しながら1階まで下りて、まだ成長を続けている駅を外から眺める。

.022

ショーウインドウ前でパチリでございます。

その後は〆のお茶♪

.030

.

本日は袷シーズンに入っているけど皆さん単、次は袷ですね。涼しくなってやっと着物を着るのが気持ち良いシーズンになりました。 

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

いろいろ

南の島から戻ってからの忘れちゃいけない事を…

004a_2 28日 朝のニュースで早く帰って来た事が正解と分かりホッとしたらお腹がすいたのでⅠ女史に暇なら「ランチしよう♪」と連絡するとOK♪

散歩を兼ねてランチ場所まで歩いて行くと、これからやって来る台風17号の影響の風が強く車にすりゃ良かったと思いながら定刻到着。

2日も早めねばならなくなった残念な気持ちと、現地にいたら今頃大変な目に合っているはずで安堵の気持ちとが入り混じった愚痴を吐き出し、美味しいランチで腹を満たす♪

「歩いて帰る?車に乗って帰る?」のありがたい申し出に「くるまー!」 帰りは楽チンに送っていただきました。(新米のお土産付きで♪)

2日 時々ちくちくシャツ作りを完成(←半袖) 正確には「作った」ではなく「ほとんど作ってもらった」と言うようなもんだがお喋りしながらのお楽しみです。

次は何作ろ…?と考えるはずだったのに先生の方の都合でしばらくお休みになってしまった。2日に完成してもらって今季まだ着る事が出来ますわ♪

012a 4日 約1年の問題が解決した最後の仕事

東京駅で投函する必要があってポストを探し投函… 周囲の人が私にカメラを向けているので何事か?と思ったら私にじゃないのね、レンズはポストに向けられてました (^^ゞ

分かりますか?1日にグランドオープンした駅舎を乗せたポストです。

次 ここ↓へ行って終了 (^^)v

.015

.

予定より早く終了したのでお茶にでもN女史を誘っておけば良かったなと思ったが、ただ帰るのはもったいないので高島屋でやっている辻村ジュサブローの人形展を覗く。

.018

.

.

.

行って良かった♪ 見て良かった♪ 見応えのある人形展です♪

.004

.

.

.

『平家物語縁起 清盛 その絆と夢』 平家物語を題材に創り上げた人形達は、私が「平家物語」をもっと分かっていれば“寿三郎独自の解釈”も理解できたのだろうが、そんな知識や理解も不要! 人形達の姿・衣装を拝見するだけでも十分です。

.001

.

.

.005

.

.

.

.

.

「寿三郎人形教室」のパンフレットがあり、「私も作ってみたい♪」と手に取ったが...諦めて戻しました。

006 ←戻した理由はここ ((+_+))

全国から泊りがけでも学びにやって来て 直々に指導を受けているのだそうです。私ごときが作ってみたい等と... 浅はかでありました (-_-;)

014_2 5日 久し振りの我が家でのチクチク&お茶

製作に励んでいる画像がありませんが、無駄口もたたかずに2時間 熱心に「人形作り」(←前日の人形とは大違いですが)に励み、お茶でーす♪

.012_2 

.

.

.

.

お茶うけは また大阪からのこれ↓

010 .

               ごちそうさまでした♪

.

6日 茨城県ひたちなか市へ

三味線仲間とジャンボタクシー1日借りて 乗り換えなし&自宅玄関まで横付け♪ 人数が揃えば新幹線等の交通費とトントンで賄えるこの方法が我等はクセになってしまいました(^^)v

この日の事はまた後日。

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

陸上編②

001冷たいもので潤すはずだった喉と身体ですが、港近くのお店の閉店で当てが外れてしまい走りながら良さそうなお店があったら寄ることにし、自販機には手を出さずに島の左側を北上。

しかしお店が見つからない… 仕方ないので岬の先端にあるリゾート(黄矢印)に行けば確実なので、石垣島の有名観光ポイント川平湾を右に見ながら黄矢印のリゾートまでやって来て、ゲートのオジサンにお茶しに来たことを告げると、申し訳なさそうに「メンバーじゃない方の時間は過ぎました(←5分前に)ので…」と。我等があまりにもガッカリしょげたせいか、オジサンは親切にもフロントに電話を入れてくれた。が、「もうディナータイムなのでお茶だけではダメ」とのこと。

039_3 親切なオジサンに「今度来るときはメンバーになって来るからね」とウソ言いながら走り始めたが、陽も傾き始め“西端に立つ”のは“西北端に立つ”に変更いたしました (^^ゞ

042.

←西北端到達の記念写真です。

リゾート内の照明の上に様々なシーサーが乗っているので編みニャンコ:草太はシーサーに乗って記念写真です。

047051さ、のんびりしている時間はございません!急がないと宿に着く前に真っ暗になってしまいそうですが、私のお気に入りの場所には立ち寄ります。

このシーサー工房には何度も来て 何度も同じ写真を撮っているけど今回も飽きずに同じようなの撮っています。(お店の営業時間はとっくに終わってまーす)

055_2.054_2056

.   

.

.

.

.

宿には真っ暗になる前に戻ることが出来ましたが、なんと!「台風が来るから来るな」と洋○さんに言われてもやって来てしまったSさん(我等の潜りの会のメンバー)が出迎えてくれ、夕食は3人で。また、この日からやって来るはずだった海○保○庁の隊員さんは、休暇が突然の出動となり潜ってられなくなったとキャンセル・・・翌朝のニュースで問題の島に中国側の漁船が何百艘も来るとかで日本の国土を守るべく威嚇・警告のお仕事している報道に「あの中にいるんだ」と盛り上がりました (^^ゞ

007予定通りに27日に帰るKさんと、予定を早めて27日に帰る私は。空港までのお見送りは断ってレンタカー返却しなが空港に向かう。しかし時間に余裕もあるので寄り道しながらね。

.006

.

.

鬱蒼と生い茂るヤシの自然林も今まで行った事がなかったので 寄ってみました。

008.

ヤシだけでなく道路傍にバナナが実っているのを見ると南国だなぁと思いますが、それにしてもこのバナナどなたかが栽培しているのかしら?畑とは思えぬ土地に1本だけ… 花(苞)の中をめくって見るとバナナがグローブみたいな形で一段一段実るのかが分かりました (^^)v

. 010_2

.

.

.

.

Kさんとは石垣空港で別れ、現地集合&現地解散の潜りの旅は終了ヽ(^o^)丿

帰りの那覇空港やその後の台風については27日に書いたのでここでお終い (^^)/~~~

001_2 .

見送ってくれるSさんと3人で記念写真

27日は風が強くなってはいたけど、ビーチ内で潜れたそうですが、翌日は暴風雨 ((+_+))
どのように過ごされたのでしょうか?

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

陸上編①

013a 潜った後すぐ飛行機に乗る事は『潜水病発症』の危険があるので禁止です。
できれば24時間は空けたいので帰る(=飛行機に乗る)前日は、午前中に潜り納めて午後はゆっくり窒素の排出をしてます (^^ゞ
             今回の足→

今回は悔しい事に“台風17号直撃&台風18号東京接近”の予報で2日も早めて帰る事にしたので25日夕方、26日午後をいつものように走り回ることにした←レンタカー借りてあります (^^)v

013 ただ今回いつもと違うのは、現地集合&現地解散のKさんに「つき合う?」と声かけをした手前あんまり支離滅裂な走り(?)は出来ず、一応どこへ行くか目的地を設定して『計画性のある私』をアピールしなくっちゃ・・・で、決めたのは25日は地元スーパー:マックスバリューでお買物 26日は島の北端と西端に立つこと。

「買物」と言ってもいわゆる観光土産の類ではなく、地元で販売されている食材から探すのが好き♪ でもね、流通の発達で『地元名物』が日本全国に出回り、どこでも手に入るようになってしまいつまらなくなりましたね。

005 ちょっと前までブームになってたラー油も、石垣島のペンギン食堂が火付け役でしょ?嘗てそれを土産に買った者としてはブームを追うようで もう買う気が無くなりました...(-_-;)

そんなこと言いながら、買い物帰りに“東シナ海に沈む夕日を眺める”予定が...私もKさんも店内あちこち眺め回っている内に夕日はとっくに沈んでしまい、慌てて宿に帰って夕食。

宿に着いたら、これから台風がやって来るから来ちゃダメと言われたのに押し掛けてやって来てしまったSさん(同じ潜り仲間のメンバー)が出迎えてくれ、夕食は3人で♪(その後Sさんはどうしたのかしら?)

002a004 26日 器材を洗って干したら北に向かって出発!

北端の平久保崎(赤い矢印)を目指します。

.022

.

.

途中このお方が経営されてたカフェの横を通ると、経営から手を引いたはずなのにまだ立って案内されてましたわ (^^ゞ

.012

目的地に到着しましたがものすごい強風!私は先端まで行ったら吹き飛ばされちゃうかもしれないのでKさんには「見ておいで」と行かせ、私は編みニャンコ:草太と車で留守番。

それでもやって来た証拠の画像を撮ろうと外に出て、草太が飛ばされても安全な所に置いてカメラを向けシャッターを押す間もなく風で飛ばされちゃう ((+_+))

風だけでなく厚い雲で海も空も見分けがつかず、おまけに雨も降りだしたので早々に引き上げ(雨は先端のみでした)ながらのんびり走っているとこんな看板発見↓

018これじゃ何だか分からない?も少し引いて撮ると・・・.

.020_2

地図の一番細くなった部分(黄色い矢印)で陽が昇る太平洋、陽が沈む東シナ海の両方が眺められる公園です。

風で落ちそうな草太を助けようとするKさん↑

そこから数キロ進むと展望台があるので『観光』だから寄る。

028黄色い矢印の5mm下あたりの玉取り展望台で『観光』をする。ただし画像に見える吾妻屋(展望台)までは「Kさん 行って見ると良いわよ♪」と送り出す (^^ゞ

そんな“Kさんを観光させるドライブ”をしながら南下し、宿にあった無料ガイドマガジンに載っているお店(台湾スウィーツとかで変わったかき氷を食べさせてくれるらしい)をナビにセットして快調にドライブ♪

ところが島の一番下辺りにある目的地に到着したのにお店が閉まってる... 定休日も外してあるのに変だなぁとお店を覗くと…がらんどう!開店して1年も経っていないのに潰れてました ((+_+))

冷たいもので喉と身体を冷やそうとしていたのに… 仕方ないので再び島の左側を北上しながら途中で良さそうなお店に入ることにして出発。    ー ②へ続く ー

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

海中報告⑤

昨日、イソギンチャクを住処とする透明なエビをアップしましたが、イソギンチャクを住処とするヤツは色々いるんですね。

154_3イソギンチャクエビです。
♂は5cm、♀は3cmもあり、私でも見つける事が出来ました。

156 .

.

.

.

実はこのエビが住処としている直径30㎝のイソギンチャクは ちょっとしたコロニーになっています。

142_2成魚となったらだれも振り向いてくれない地味なヤツになってしまうけど幼魚は可愛い♪1㎝から3㎝の幼魚が集団で過ごしてます。

中にクマノミの幼魚も2匹紛れ込んでました。

.144_2

ミツボシクロホシスズメダイが悠々と住処から離れて遊んで(?)たのに、私が近づくと警戒して段々群れは小さく固まり、いつでもイソギンチャクの中に逃げ込めるようにしてるのね。

.

196 .

? 何がいるのか分かんないでしょう。分かる人にはちゃんと見えるの... 私?分かりません。

.021a

.

.

ヒラムシとウミウシの違いも良く分かりませんが... 平べったいヤツです(^^ゞ →

タカラガイはツルツル磨いたように綺麗でよく貝殻も売られているが、生きているのを初めて確認。 ウサギガイのように外套膜に覆われて、それが少し開いてツルツルの貝殻が少しのぞいています。

074外套膜はまるでオニカサゴの皮弁のようです。ちょうど産卵中でしたが、卵を狙って魚がつまみ食いに来ます。弱肉強食です。

.075

.

.

.

.

小さな物ばかり取り上げてきましたが巨大なヤツ(60cm)もいました。

048ナマコの仲間です。 あんまり動き回らないでじっとしているから良いけど、気味が悪いでしょ?

050

.

.

.

これイカの仲間のコブシメです。

177 同じ個体なのですが体色模様をどんどん変え、まるでネオンの広告塔のように色も模様も変化し続けてます。

181 .

.

.

別のイカみたいでしょ? でも同じ一匹のイカなんですよ。↑から→に変わるのに数秒です。

.182  183

.

.

.

.

.

私に警戒しているのか、移動している場所に同化して敵から身を守っているのか、瞬時に体色や模様を変える技は見事です。

187 ここはイカが多いのか、見上げると頭上にはアオリイカの群れがいました。

.

045 次は可愛いホヤをどうぞ♪

パッと見 ウルトラマンのマスクっぽくありませんか?→

021_2 .

.

.

.

パッと見 デストロイヤーのマスクっぽくないですか?(なに?デストロイヤーを知らないって?知っている世代限定の質問です)

134 .

よぉーく見て 笑顔に見えるでしょ?→

123 .

.

.

.

最後はヤドカリさんで「海中報告」終わりです。次は「陸上報告」ですが、急がないと帰って来てからの事が溜まってしまいます。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

海中報告④

156_2 海で出会うのは魚だけじゃないんです。
ウミウシ、エビ、カニ、貝・・・ いろいろいますよ。

.

.

珍しく綺麗に撮れたアカフチリュウグウウミウシです↓

.111

.

オレンジ色に見えるけど、ただのオレンジじゃなくくっきり濃いい蛍光橙色で体の黒と緑色に映え鮮やかです。

.

ビヨ~ンと体を伸ばして隣の岩へ移動です。

114113 .

.

.

.

.

.

.193

コイボウミウシ

どこにでもいるし、地味だし、あんまり被写体にしたくなるようなウミウシじゃないけど…パチリ

.

.110

.

←これも ↓これも極小サイズ

162 .

.

.

.

どのくらい小さいかと言うと・・・ このくらい小さい!人差し指は洋○さんのです。

.160

「老眼だから3㎝以下はダメ」と言うのにちっちゃいのを見つけるマニアックなガイドです。
見て下さいな (^^ゞ

078 .

.

.

.

.079

.

こんなのを見せられても見えやしません。
とりあえずカメラを向けてオートフォーカスでパチリ。驚くのはどんなに小さくたってちゃんとウミウシの形しているんですよぉ(だからウミウシなんだろっ)
そしてこんな小さなのを沢山見つけるガイドの眼力には脱帽←帽子被ってないけど(^^)v

.086

小さいどころか見えないものまで見つけちゃう眼力!見えますか?指の先にウミウシカクレエビが2匹いるんです。

小さい&透明なエビなんです→

住処と借主は大体決まっているので 「このサンゴには○○がいるはず」と探すと見つけやすいかも。

| | コメント (0)

海中報告③

またもや記事アップのクリックをしたら
記事も画像も跡形もなく消滅 ((+_+))
あの数時間はなんだったの?!時間を返せー!
・・・というわけで虚脱&不抜けて数日 (T_T)/~~~
「こまめに下書き保存」とアップ前に「コピー」しておこう!

さ、気を取り直して 自分の為に記録です( ..)φメモメモ

050 前回書いたように 海の魚達の中でも気に入らないヤツ・虫が好かないヤツっているもんです。
反対に魚達にとっても気に入った人間がいるようで「相性」と言うものがあるのかもしれません。

←可哀想なくらい不細工なフグです。10㎝程度の幼魚も成魚と同じようなドロボー顔  
でもね、
それが可愛いの(^o^)丿

ガイドの洋○さんがこのポイントの海底で石をコツコツと打ち鳴らすと どこからともなく現れる大きなモヨウフグ。どうやら洋○さんを気に入って慕っているのかこの辺りを離れるまでずーっと我等の周りを付きまとい、まるで犬みたい♪

067 .

081.

←正面顔  横顔↓

.076_2

.

.

.

.073_2

.

まるでKさんのカメラに向かってポーズをとっているみたいでしょ。

※洋○さんが言うには、ここで盛んにオニヒトデ退治をしている時 餌にしていたらしい。だから洋○さんが海底をコツコツやると「オニヒトデが食える♪」とやって来るんじゃないか?とのこと。餌付けみたいになってしまったのかもね。

.090_2

.

これは泳ぐ気が無く海底でふせっているモヨウフグ(上とは別の個体です。模様が少し違うでしょ)

この様子を初めて見たAさんは驚いてカメラに収め、ボートに上がってから「瀕死のフグがいた」と心配してたけど、ただ泳ぐ気が無いだけで良く見る姿です。

.094_2

.

人間が襲わない事を知っているのか舐めているのか、カメラとの距離50㎝↑でも動きません。

←30㎝程に近付いたらサーッと逃げちゃいました。

.

どこでもいるシマキンチャクフグかと思ったけど逃げないし何か模様が違う… 調べると別物でした。今回初めて見たハナキンチャクフグ

.154_2 158_2

.

.

.

.

.

姿がヘビみたいで顔つきが悪くてあまり好きじゃないウツボの仲間 性格はおとなしいようです。

.079a_2 124_2

.

.

.

.

.

背びれに毒の棘を持ち 近づきたくないオニカサゴだけど目は可愛いんです。顎のビラビラ(皮弁)も立派(?)でしょ?

.099_2 098_2

.

.

.

.

.

| | コメント (4)

2012年10月 4日 (木)

海中報告②

040 毎回同じようなお魚達ですが何とか写っているのでアップします!←これからもね (^_^;)/ 

この2匹 仲良しに見えるけどどちらか(多分ギチベラ)がズルイ奴なのね。
砂地を長いアゴ髭でほじほじして餌を見つけるヒメジにくっついて、自分では砂地を掘り起こさずに餌を横取りしようとしてるんです... きっと。

.023

もくもく煙のように巻き上げられているのは、ヒメジが餌探しをして砂地をひっかきまわしている砂。

凄まじいもんでしょう?

ま、必死に餌探しをしているからでして、このように掘り返した場所には砂地の中にいるエビなどの小動物・微生物も巻き上げられているので色んな魚がそれを目当てに集まって来ます。

「仲良く」と書いた↓けどベラが図々しくつきまとっているのね。

019「オジサン」なんて名前を付けられているのはヒメジの仲間のこれ↓

.020

.

.

.

.

.066

.

誰が命名するのか...「夜叉」なんてのを付けられてますが特別に恐ろしい顔しているわけではありませんよ。

095 .

.

.

♂ かもしれないのに「娘」だって...

067 .

.

「タレクチ」もひどいよね、たらこ唇なだけよ。

063 .

.

.

「禿げ」だって(^m^)↓

037 .

.

ギチベラは口に特徴があります。

.032

.

.

画像では普通の口に見えるけど、餌を採る時やあくび(?)する時には筒のように口がビヨォーンと長く伸びるんです。
その顔はグロテスク ((+_+))
すぐ引っ込めちゃうので画像はないがいつか撮りたいものです。

.147017

.

.

.

.

.

.070 062

.

.

.

.

.

089093  .

.

.

.

.

.102 084

.

.

.

.

.

.

188072  .

.

.

.

.

.107 176

.

.

.

.

.

ギンポの仲間はどれも可愛いが、イシガキカエルウオのつぶらなオメメがあどけなくて好きです。 ほらアナタも虜でしょ?

174a116 .

.

.

.

.

.

  079.140

.

.

.

.

.

右上のゴマモンガラとかキヘリモンガラは凶暴性のあるヤツだけど、今は繁殖シーズンではないので大人しいんだそう... だけど顔が極悪魚の顔してます。私はフィンを齧られたけどお尻を齧られたKタンは痛みと青痣…怖いけど怯えちゃダメだって 「やるか?」と闘う姿勢を見せないと襲ってくるとか。

029 繁殖シーズンは小さな魚でも襲ってくるし、普段でもクマノミみたいな強気の魚っているのね。だからクマノミの仲間は好きじゃないのよ。

.026_2 

.

.

でもね、こんな小さなクマノミベビーは別格に可愛い♪ ただし チョロチョロ動き回るから撮りにくいんですよ。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

海中報告①

030 先にお断りしておくが… ピントが合ってなくても色が悪くても対象物が何だか分かる人にしか分からないような物でも私用の記録ですので クレームは受け付けませーん (^^ゞ

私が使っているカメラはオリンパスμ725SWというだいぶ古いコンパクトデジカメ(新機種購入予定は無し...) 「もっと上手に撮れ!」と言われる方は撮り方教えてくださいね。

.

.

見事な群れなのに 群れを撮るのが一番苦手で撮れません (;´д`)トホホ…

008 068 098

199

118ボケボケだけど海の雰囲気は分かってくれるかな?

それにしてもあの見事なサンゴがどこもガレ場のようになってしまったのは非常に寂しく残念だ。 オニヒトデの食害が原因らしいがこの島の魅力がなくなってしまう…復活するのだろうか。

.

まずはチョウチョウウオの仲間です。

011057 .

.

.

.

.

.

. 108 106_3

.

.

.

.

.

.192 209

.

.

.

.

.

.

009_2 .

この他 ウミヅキチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ。

.

.140_2

.

.

これもチョウチョウウオの仲間です。

画像無いけどフエヤッコダイも仲間なのですね。

 

.

次は近いところで キンチャクダイの仲間

033125  .

.

.

.

.

.205206

.

.

.

.

.

.

094091  .

.

.

.

.

.021

まるで歩く魚類図鑑のようなM女史のようなお方もいるが、覚えたつもりでも「・・・なんだっけ?」のような私みたいなのもいるんですよね。

でも画像整理しながらのこの作業で毎回「なんだっけ?」とがっかりするのだが、図鑑開いて「ああそうだった」と楽しい作業なんですねぇヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »