« 戻っているんです | トップページ | 越南国へ① »

2012年5月12日 (土)

いいもの見てきました

002 いえ いえ まだ越南国話題ではなく 昨日のことなんでございます。

午前中はこんな所に居りました。

帰国した日はまだ仕事モードに戻っていないので作業効率悪く、久し振りの徹夜作業... だから普段でもアルツ気味の脳みそは働かないまま午前中の仕事を片付けて午後の仕事に向かおうとしたら...キャンセル(T_T)

.004

.

.

午後の用事が無ければN女史と旅の反省会をしようと思ってたのを止めたのに...クッソー(あら ハシタナイ)

睡眠不足だから早く帰ることにしようと東京駅に向かい、どうせなら都会の景色を眺めながらランチしよ♪と行った先から100年前の創建時駅舎に復元工事中の東京駅を眺めることに。
外観は創建時のままに、しかし内部は最先端建築技術と免震工法!更にそれを“居ながら工事”するんですから我が国のゼネコンの力量は大したもんですねぇ!

008後ろの大丸の方が目立ってしまうけど これならどうかな?

009以前来た時はシートに覆われドームしか見えなかったけれどほぼ全体が見えてきています。でも横幅いっぱいはカメラに収まりません。

012 今年の秋に完成予定だそうです ヽ(^o^)丿

新しいけれど『古い』駅舎を眺めたらすぐ帰ろう... とエレベーターに乗ったら気になるポスターが目に入る。

場所は2つ隣のビル ついでだから行ってみよう♪(ハイ 私の行動は行き当たりばったりなんですの)

016 .

.

.

.

ほら 気になるでしょ?→ → →

見たくなるでしょ? (ならないですか?)

.022

.

.

←このビルのお隣の美術館で5/27まで開かれているKATAGAMI Style 

.017

.

.

.

KATAGAMI(型紙)は日本の染色技法の「染めの型紙」に表されたデザインが欧米の芸術に与えた影響を“私にも分かる”ように解説しています。

流出した型紙は、日本では染めの消耗品であり、そのデザインは芸術なんかじゃなく生活・遊びであったのね。

019 .

それにしても見事な紋様 精緻な彫り!

浮世絵と共にもっと価値を認められても良かったのにと歯がゆい思いも感じたが、流出したそれを認めた欧米の芸術家・工芸家がいたから現代に受け継がれKATAGAMIとして生きて来たのだ。

「いつの世でも良いものは良い」と言うけど認められずに粗雑に扱われてしまう物や廃れてしまう物は多く時代の流れには抗えない。

←美術館中庭 坪いくらの土地に作ったのでしょ

.A

着物の型染めで生きてきた技法も着物離れの日本ではどうなってしまBうのだろう...きっと もう着物が生活着に戻ることはないだろうし、 着る事も出来ない&着物を持っていない人が増え続ける日本を憂うオバチャンでありました。

C .

.

新しいけれど『古い』東京駅舎に引き続き 古いけれど『新しい』KATAGAMI展を見、本日は二つも良い物を見てまいりました。

帰りの電車は爆睡でございました (^^ゞ 

|

« 戻っているんです | トップページ | 越南国へ① »

コメント

昨日は私もドタキャン多く、くっそーの連続でした
ヒトの時間をなんて考えてるの!!なんてプンプン~
いい展示ですねえ・・・週末東京でした
気付いてたら行ってたでしょうね
イベントチェックもお江戸は多すぎてグルグルします
そして・・・本当にもったいない技術がどんどんなくなっていますね  私は久留米とお付き合いがあるのだけど
織手もくびり手も・・・採算度外視できる工芸家、芸術家しか生き残れないんですね  家内工業で、○○家の絣・・・と言うのはもう壊滅です  さびしいこと・・・

投稿: しんのすけ | 2012年5月13日 (日) 06時46分

・しんのすけさん

事前情報は何もなくたまたまポスターが目に入ったからなんですよ。
ま、ドタキャンのお陰でもありますわ。
とても素晴らしい展示会でした♪

採算度外視して芸術品工芸品としてしか生き残れないのね...。
だって紬の着物1枚に何十万何百万もの値札がついてたらのけぞりますわ。
作業工程人件費を考えれば当然のことなんだけど「衣服」とは思えない値段ですものね。
それがますます「着物は高い」と着物離れを生んでいるんでしょうね。

投稿: キナコ | 2012年5月13日 (日) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戻っているんです | トップページ | 越南国へ① »