« 越南国へ② | トップページ | 越南国へ④ »

2012年5月16日 (水)

越南国へ③

2日目前半 ハロン湾へ♪

002 でもその前にホテルの朝食ビュッフェですわ 

←沢山のお料理が並んでいるところに飾りのスイカに彫られた薔薇の花(?)のフルーツカービング

このような飾り物が料理によく添えられているんですね。

.004

.

.

 

前日夕飯を食べ過ぎたので少し控えておこうとほとんどのお料理には手をつけずカロリー自粛したチョイスのはずが、「普段我慢しているから...」とパンにたっぷりバターとジャムそしてカリカリベーコンをとったのでは...意味ございません (^^ゞ
ほとんどのお料理はパスしたのに…→

この日はハロン湾のクルージングで船に宿泊なのでホテルはチェックアウト、荷物を持ってお迎えのピックアップを待つ(翌々日には再び泊るんですけどね)

フロントには既にトゥンさんが来ており、私達の荷物はJ○Bの車に積まれ、まるで二人でガイドさんと車&ドライバーをチャーターしたような豪華な旅の始まりでーす。

ハロン湾まで途中トイレ休憩を入れて約4時間のドライブです。(←ノンストップでも片道3時間以上はかかるんですから、「日帰りクルージング」の企画もあったけれど止めて良かった)

006.

しかし出発の8時は時折り陽は射すものの土砂降り・・・((+_+))

←車もバイクも 雨なんかへっちゃらのスピード

007でも行く手は明るく 雨も小降りになってきた♪ 車は快調に走るけど、時々こちらの走行車線を平気で走ってくる対向車にひやひやさせられたり、こちらの車も平気で対向車線走ったりしているんだから越南の交通ルールはあるんだかないんだか... よく分かりません。 日本を出発する前にあった格安深夜バスの大変な事故が気になりドライバーさんが居眠りをしていないか気をつけていたが私の方が寝てしまいました。

約2時間後、トイレ休憩にサービスステーションみたいな大きな店に到着

008トゥンさん 「店内にはトイレだけでなく刺繍の工房や物産品のお土産もあるので見ながらゆっくり休んでください」…と。 買い物は押し付けないと そうきたか! でもオバチャン達は買う気満々なのよ~♪

.

店内に一歩入ってびっくり!すごい人数の刺繍女工さん達!

010一人ひとり図柄の違う物を刺繍していて壁には完成した作品(商品)がズラーッと飾られ圧倒させられる。

ポスター写真かと思うような刺繍絵、まるでモノクロ写真かと見紛う無彩色の糸だけの刺繍絵、どれも一針一針糸を刺して表現しているかと思うと気が遠くなる。

ただね、右の作品のように 折角これだけの表現をしているなら何故全部の葉を同じ黄色や緑にしちゃっているの?と残念に思う。

.012

←だって色糸はこんなに絵具以上に種類多くあるのだから色を選んでもっと奥行きのある表現にして欲しいな。 これでは平面的で安っぽくなっちゃうよ... 売れるかなぁと心配するのであります。

買う気満々のオバチャン達は財布握りしめて広い物販コーナーの方に行きましたが... どれもホーチミンで散々見て来たものばかり。 刺繍の袋もの 洋服類 漆塗りの器 ・・・ ハノイらしいものはないのぉ? 「ここの特産はスタールビーです」と言われたけどそれを買う気は起きません (^_^;)

015 ま、ガイドさん達の顔(?)もあるだろうから... 仲間への配布用のお土産に小袋を数枚と私用のブラウス一枚を買ってあげた(←最終日に街で買った方が安いと思ったけどね)心優しいオバチャン達でありました。

そして再び車に乗ってハロン湾を目指します。(ポコポコした山はまだハロン湾じゃありません→)

014 途中「これはとても珍しい事です 列車が走っているのをなかなか見ることはできません」と一日数本(2本?)のベトナム鉄道との並走もカメラに収める。車の方が余程早くディーゼル列車はすぐに遥か後方へ。

016 .

ようやくハロン湾クルーズの船着き場に到着。 トゥンさんは一緒に乗船、車とドライバーは戻らずに陸のホテルだそうです。

ここは大々的にリゾートアイランドとする計画らしく まるでヨーロッパのリゾート地のような別荘・マンションや遊戯施設、ゴルフ場等が建設中だった(今までのホンガイ港から この橋でつながる小島(トゥアンチャウ島?に先月移動したとのこと)  各国からの大勢の観光客が来ており英語だけではなくフランス語、スペイン語、どこの言葉か分からない色々な言葉が飛び交っている船着き場のチケット売り場でした。

.018

.

港に面したここで冷たいお茶をサービスされてお迎えの船を待ちます。

.020

大型クルージングのジャンク船はここには接岸できず 港からクルージングの船へは小型のボートで送迎

奥の連なった建物はリゾートマンション(建築中) 反対側(左)にも建築中のマンション群がズラ~♪

021 .

クルージング用の船、個人所有のヨットなどがびっしり並んで繋留されています↓

024 .

.

.

.025

.

左側の船が私達が乗り込むバーヤ4号 赤い絨毯(?)が敷かれ、乗り込んだ客に上からバラの花びらが撒かれるフラワーシャワーの歓迎♪ 冷たいお絞りとお冷が渡され船内レストランへ通されます。

034船内のスタッフ勢揃いで歓迎のご挨拶とアトラクションや船内ルールの説明らしい←後からトゥンさんの通訳

スタッフは皆若い!全員20代30代です。

.027

.

右手コーナーにランチビュッフェが用意されているので挨拶よりそっちが気になるわ。

.033

.

.028

.

.

どれも美味しいので困っちゃいます(^^ゞ

食事がすんだらお部屋を確認↓

050 ランの花1輪が添えられた明るいツインベッドルーム

想像していたより広く 窓も大きなお部屋 ベッドの向かいにオープンの洗面所↓

.055

.

.

.

.

←左手にシャワールーム 右手にトイレがあります(狭いトイレをさらに狭くする大きめなゴミ箱が置かれていて方向変換も大変(>_<)

.054

窓が大きく こんな具合にハロン湾の景色が眺められますが、ダイニングルームのデッキや屋上のデッキで風を感じながらゆったりのんびり景色を眺めているのが良い♪

波やうねりは全然ありません。この地形が波を消すのでしょうが、あまりにも静かなので海だという事を忘れます。 波のある時は欠航でしょうね?

では1泊2日の船旅についてはまた明日ね。

|

« 越南国へ② | トップページ | 越南国へ④ »

コメント

いよ、待ってましたぁ!思い出すな〜、ハロン湾。
富は、着いた日に移動してハロンの陸地ホテルに泊まりました。
船のホテルは気になるところです。
明日楽しみです。

投稿: 富 | 2012年5月16日 (水) 14時50分

・富さん

船で泊まりは酔う心配があったのですが、全然揺れず海の上だと感じさせません。
海が荒れる事もあまりないようですね。
ハロン湾が荒れる時は船も欠航ですもんね。
ハロン湾 いいですねぇ~♪
船は静かに島を巡り、絶景がどんどん変化しているのを眺めているだけで楽しいです。
雨季なのにお天気にも恵まれたのはやはり日頃の行いが良いせいね(^^)v 

投稿: キナコ | 2012年5月16日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越南国へ② | トップページ | 越南国へ④ »