« 平成24年度 | トップページ | 花見① 花見茶屋 »

2012年4月 2日 (月)

歯医者で

待合室に大きな水槽があるこの歯医者に3カ月振りに行きました。

驚いた!

1 全然臆病じゃないシモフリタナバタウオです。

全身出しているだけでなく、ネコザメやハコフグの所に行ったり来たり…泳ぎ回っています。

「身を隠す」ことを忘れたのでしょうか?ちゃんと隠れる場所は今まで通りあります。

今までの臆病なシモフリタナバタウオはどうしたのでしょうか?

もしかして... 個体そのものが変わってしまったのかも?(T_T)/~~~

水槽生まれの水槽育ちでは外敵の怖さを知らず、遺伝子も変わってくるのかしら?

.

魚や店頭に引き続き、待ち合い室水槽からのお魚話題でした。

|

« 平成24年度 | トップページ | 花見① 花見茶屋 »

コメント

水族館や水槽の魚達はもう自然ではないからかなりおかしくなっていると思います。
つまり命の源である餌採りを必要としなくなった生き物は堕落するだけなのでは?
魚の痴呆症状態かも・・・よくよく考えると怖いです。身を守る事も忘れた生き物はこの先どうなるんでしょう。
これを人間に当てはめたら~~、もっと怖い?

投稿: くまのみ | 2012年4月 2日 (月) 17時18分

・くまのみさん

3か月前まで非常に憶病だったのは昇天し、これは新しい個体だと思います。
それにしても私が待合室にいる間は一度も隠れずに泳ぎ回っているんです。
堕落か、痴呆か、いずれにしても鑑賞魚販売業者にとっては
見た目が良い魚が泳ぎ回るのですから売るのには都合良いことですよ…悲しいけど。

投稿: キナコ | 2012年4月 4日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成24年度 | トップページ | 花見① 花見茶屋 »