« 訪問着で「普通と意外」を訪ねる | トップページ | 節分です »

2012年2月 2日 (木)

帯替えて

002a003qa6日の新年会のために引っ張り出したこの訪問着も着ないで数年…の古漬けなので虫干し代わりにH邸の新年会にもう一度着てから仕舞うことにしといた。

着つけ方…う~~~ん

毎回ウウ~ンと思い気をつけようと思うけど学習しないのね。

気になる所をどうやって直せばよいのか(後ろ中心は分かるけど背中・脇・お端折り…)分からないのね。

「着物教室」ではそんな所を教えてくれるのかしら?

私は祖母や母、日本舞踊(花柳流)のお稽古で子供の頃覚えたものだから「こうすると…こうなる」「こうなった時は…こうする」というような 事分かっていないのです。

オトナになってからの学習の場はデパート呉服売り場での実演販売でしたから...。

.004 002q

  《帯周り》

自分では6日のが合うと思うけど、この帯もまだ5年で1回しか締めてないから使うぞ!と引っ張り出す。

着物が訪問着なのにまるで色無地みたいだからせめて帯で色を添えようと思いまして。

ドアtoドアだからコートもいらないと思ったらまさかのオープンエアみたいな田舎屋敷... コートを着てくれば良かった。(←汚れ防止のためにも、足袋は最初から諦めた)

|

« 訪問着で「普通と意外」を訪ねる | トップページ | 節分です »

コメント

着付け教室三ヶ所通いました・・・
自己流で着ていたけれど、綺麗に着たかったから。
背中も脇も、おはしょりも今度会った時に、教えますね。

自分も分かっていても、皺が出来ますね。
動いているんだから、当たり前ですよ。
写すときに、ちょっと手を加えると、それなりに。

私は写して着姿を見るのも、反省出来て良いと思っています♪

投稿: 中ざくら | 2012年2月 2日 (木) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訪問着で「普通と意外」を訪ねる | トップページ | 節分です »