« 22日はこれで | トップページ | 24日はこれで »

2012年1月25日 (水)

24日の新年会

042前夜からの雪! 

大して積もらしないけれど凍ったら大変!

溶けてべちょべちょの道路も困ったもの... ですがお茶の新年会『初釜』ですから着物でなくっちゃねぇ。

←先生のお宅の紅梅 去年は満開だったのに…

こんな日は着物より草履の方が心配 ((+_+))

021 なので見かけは「草履」の下駄で行く (^^)v  ただし、玄関で脱いだらサッサッと仕舞い、格上のお草履とは一緒に並べません。

.     支度しています→

明かりをつけず、暖房も入れず、シュンシュンと沸くお釜の湯の音に耳を傾け、白い湯気の動きを楽しみながら凛とした空気の中で先生の点てる濃茶と花びら餅で新しい年を迎えたことを祝うのだ。

床の飾りやお花やお道具も撮りたいのだけど、今日はそういうわけにはいきません。

020 広間で濃茶、小間で薄茶…と茶事は続くのだが、略式で♪と、先生の濃茶の席が終わったら「お稽古初め」のつもりで小間で薄茶、洋間で立礼で薄茶を亭主交代しながら気楽に楽しむ。

.038

.

たった三席だけでもお菓子は花びら餅に生菓子2種、お干菓子3種もいただいちゃうのですから(←残しても良いのに)茶道って痩せるわけがない…(^_^;)

046 .

料理上手な先生の懐石料理も本当は楽しみなのだが、今年は準備していられないからと近くの料理屋へ移動。

←車だから10ccだけで乾杯

平日の今日はお仕事のある若い人は居らず平均年齢60くらいの元気なオバサン15名+先生

.051

↑お釜は固形燃料1個でお米から炊く「炊き込みご飯」美味♪

食事の後は、お稽古日が違い初めて顔を合わす方もいられたが、そこは同じ社中 初対面の垣根なんぞはございません。和気あいあいにお喋り お喋り~♪

058← 舞台で記念のポートレート撮影会

このあとは部屋を変えてティータイム♪ 陽が西の山に沈むまで終わりませーん。

帰る時はスモールライト点灯で戻ってまいりました。

|

« 22日はこれで | トップページ | 24日はこれで »

コメント

賑やかな初釜ですね。大きなお社中のようで羨ましいです。
大小の茶室、お道具類、お庭、とやはりお茶をするなら日本の先生の方が断然いいですねぇ。当然のことですが。。。

お菓子は、お店のお遣物でしょうか、それとも先生の手作りでしょうか?

日本では高齢で廃業(?)されるお茶の先生が多いと聞きます。後継者がいないと、お道具類も流出、茶室のある家も取り壊しと、ため息ものです。

投稿: Miwako | 2012年1月26日 (木) 08時41分

・Miwakoさん
日本の先生でも色々ですよ… 掛け物・お花にもお座なりであまりにもひどいので止めて私達のお稽古場に入門した方は、お菓子は羊羹しか出たことなかったと毎回感激しています(^^ゞ 

お稽古の主菓子はほぼ先生の手作り♪
花びら餅はお菓子屋に作ってもらったのです。
先生の高齢化・後継者問題は私の最初のお教室の先生がまさにその通り。
先生の急死後、残った旦那様も施設に入所。
お茶を継ぐ人がおらずお教室は空中分解。
ちり一つ落ちていなかった門前も、植木の手入れもされずに荒れています。
お庭も蹲も 雨戸が閉め切ったままのお宅もどうなっているのか…
あのお道具類はどうなってしまうのか…

今の先生は、同じ先生に習っていた姉弟子です。

投稿: キナコ | 2012年1月26日 (木) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22日はこれで | トップページ | 24日はこれで »