« 怖いもの知らず | トップページ | 第二日目 »

2011年4月21日 (木)

第一日目

001q 今回の旅行は12月からのほぼ引きこもり状態からの脱出!社会復帰!のためであり、単なる物見遊山じゃあございませんのよぉ・・・とかなんとか口実をつけ、3日間の日程確保し合ったのが3/5(それぞれお忙しい方達だから) その直後の3/11にあの大震災 交通機関に道路状態もメチャクチャになり、おまけに肝心のホテルも被害を受けながら被災者を受け入れて(←3月末まで)営業は休止。

こんな状態では旅行中止!と誰もが思うが、2人は「決定はもう少し様子を見てからにしよう。せっかく忙しい中3日間も確保したんだから。」と、“ほぼ暇人”の私は口を挟めず4月になるまで静観 (^^ゞ

大きな余震は続き、放射能の濃度は我が県の10倍以上の現地なれど、4/1ホテル営業再開(←縮小で)新幹線全線開通(←臨時ダイヤ)のニュースに「こりゃ行ってやらねばなるまい」  周囲の「止めたらぁ」「危ないよ」「物好きね」の声に負けず決行いたしました。

それに 私にとっては3/12~のS国へのお遊び旅行 視察旅行が、3.11大震災で飛行機が飛ばず涙の中止...の憂き目にあっていたので この旅行までもキャンセルするのは悔しかった (^^ゞ

001_2 ・・・なんだかんだ理由くっつけてますが、出発しました。

.

第1日目

☆余震…前の晩にもあったよwww

☆新幹線…前日調べた時刻と違うじゃん!危うく乗り損ねるところでした。

☆ホテル…「営業を縮小しご不便をおかけしますので料金を下げます」と丁重なおことわりが ⇒ どんな『ご不便』をかけられるのだろう ((+_+))

026a_2 不安材料満載だけど東京駅でお弁当買い込み、久し振りの「遠足」にウキウキのオバチャン達は、今回 目的駅に着いてガラ~ンと人気の無い駅前ロータリーに立った時、そして我等だけの為にお迎えのホテルの車に現実に引き戻されてしまった。(今までの3回には無かったこと!)

ホテルまでの30分の車窓に見える瓦屋根にブルーシートを掛けた家々に、はじめは「こんなに沢山建築中の家があって景気が良いのね」と思ったお気楽さ。

「建築中」ではなく、地震で屋根が崩れ、資材不足・人手不足で震災から1ヶ月以上たつのに屋根の修復工事もままならない現実を目にする。

008a ホテルに着いて ホテルの縮小営業(プールの休業・レストラン限定営業・お風呂やエステ等の営業時間短縮etc.)を説明されるが我等には概ね影響なし。

お部屋はいつものTさんにチケット譲ってもらった会員限定の広~いビップルーム♪ 大きな窓からの眺めをセレブ気分(←あくまでも気分だけ)で楽しんでいると上の階で ガリガリ トントン ガガガーッ の音!

007 その内ピンポーンと工事人がやって来て説明と部屋の点検(チェックイン時にフロントが説明しろ!) 聞くと13階(←最上階レストラン 我等は12階)の厨房はメチャクチャだとか。そして下の11階も壁に亀裂など被害があるが、我等の階だけは無事なのだそうだ... それも心配よね。

005窓からは雄大なお山と裾に広がる高原が眺められるのだが、お山は厚い雲に覆われ「明日は雨」を予告している... 「いいのよ のんびりしに来たのだから」と言うお二人に「うん そうね♪」と“何時ものんびり”の私が返事 (^^ゞ

明日雨だとしても移動手段の無いここでは車(レンタカー)がないとコンビニにも行けないわ とフロントへレンタカーの予約を入れると、ホテルに常駐しているはずのレンタカー屋は閉めちゃってるって!でも利用は明日の昼からなので連絡とって運んで来てもらうことに(今日の利用ならどうなってたの?)

045 と、言うことで出掛けてもろくなことがないだろうと早目にホテルのレストランのビュフェスタイルの晩飯とする。

ビュフェ…に期待をしていなかったのに、これが大当たりのお食事!品数豊富(デザート含めて50種以上)でどれも美味しい♪ お客が少ないから料理を取りに行くのも並んだりせず好きな時に好きな物を取りに行ける=お皿にあれもこれも詰め込む必要無し (^^ゞ

.049

.

少々のアルコールを注文し、営業時間6時~8時の2時間全部使ってゆったりのんびり食事を楽しむことが出来ました♪ でもお料理の半分も制覇出来ずくやしい!

.

その後 マッサージ1時間 お風呂を楽しんで    
    オバチャン達の遠足一日目終了です

|

« 怖いもの知らず | トップページ | 第二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖いもの知らず | トップページ | 第二日目 »