« ぱっくんポーチ | トップページ | TORAのためだから »

2010年8月30日 (月)

粉から作る 炸醤麺

006 昨日の中国事情研究会は「粉から作る 炸醤麺(ジャージャーめん)を作ってもらって食べよう♪」という楽しい企画ヽ(^o^)丿

材料は強力粉100gに水50ccの割合でこねたら→寝かす... それだけ!

.009

「粉も強力粉の方が美味しいよ。だけど、薄力粉でも構わないね」と大雑把な感じでいいみたい。 

一人前は150g程で150×6=900g なので1㎏をこねこね... ←秋○先生が。(1人前150gは多いので 100gでもオッケー )

.

.010a

しばらく乾かないように寝かせてからのしますが、場所と道具の関係で3回に分けてのしました。

ここにはガスと水場はあるものの長机2台とパイプ椅子のこの部屋は調理には向きませんが... 我等はやっちゃいます!のす時に打ち粉をふるうので粉が飛ばないように新聞紙を敷いて作業で、のしたら切ります。(蕎麦よりずっと太い2㎜ほど)

.016

茹でます 茹であがったら盛りつけます。

麺はかん水を使わないのでうどんのようで、茹でても滑りを取るだけで水にさらして冷やしたりせずに盛りつけます。

トッピング(?)はキウリの千切り沢山 茹でたモヤシ 鞘から出した枝豆(←日本では使わないよね)を準備したが、トマト・錦糸卵・白髪ネギ・ザ―サイ等何でもオッケーだそうです。

炸醤麺画像はここまで…食べることに忙しいんだもの 

021 ***炸醤麺の炸醤は「肉味噌」という意味で、秋○先生の故郷:北京発祥の食べ物だそうです。「炸醤麺は混ぜて混ぜて全体に味噌が絡むようにしないと美味しくないよ」と綺麗に盛り付けても全体をかき回せと命じ、見かけはグチャグチャ...大陸的だ。また味付けも今まで食べたような甘味はなく塩辛さの方が強い味「日本のは甘くて炸醤じゃないよ」と。***

.

↑「食べきれない!」と言いながら炸醤麺完食♪その後すぐこれです...

018 019

本日は半分お祝いも兼ねていたので杉○さんがケーキ2種も作って来たっ!→

お庭で収穫したブルーベリーを飾ったショートケーキとナッツを上にも中にも沢山使ったチョコレートケーキ

「こんなに作って来ちゃ駄目よ~♪」等とお喋りしながら、これらをも全て腹の中に入れちゃったのだから恐ろしいことでございます。そんなわけで今年の夏の締めは 恐怖の食い過ぎパーティー(?)でございました。

023 .

※炸醤麺の炸醤材料は豚ひき肉・長ネギ・テンメン醤・トウバン醤の他に絶対欠かせないのが黄醤(ホワジャン)だそうで9月の北京帰りに土産に買ってきてくれるそう♪

|

« ぱっくんポーチ | トップページ | TORAのためだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぱっくんポーチ | トップページ | TORAのためだから »