« 老境にて | トップページ | 戦略 »

2010年2月 6日 (土)

豚の角煮にはまってた

この2ヶ月間、毎週のように豚バラのかたまりを買って「角煮」に挑戦!                

しかし、私、お肉の脂身は大っ嫌いなのだ。

だから三枚肉と言えども脂の多すぎるのはダメ!素材を選んで挑戦。脂身嫌いの私でも食べられたあの美味しい角煮を自分で作れるようになりたい、とレシピを参考にあれこれ作ってみた(⇒食べた)。

目標は、さる蕎麦屋の一品料理の「角煮」...そば屋のだよ!

更に、このそば屋のメニューにはそば屋にあるまじき料理 「スパイシーチキンカレー」も並ぶ変なそば屋です。ここの若旦那が「自分が好きで作ってたカレーを、店に出せとお客さんに言われて...」と自分用にスパイスからこだわって作ってたカレーです(お子様向きではありません)。

ここの角煮はネギや生姜に中国茶(プアール茶)も加え、灰汁や脂分は丁寧に取り除きじ~っくり柔らかくなるまで煮るそうで、脂身は脂が抜けたコラーゲン、お箸で持つと崩れそうに柔らかく美味しいのだ。

.081030060

表面を焼き付けてから煮込む 最初の煮汁は湯でこぼし新たに水を替えて煮込んだが硬くパサつく。画像も見るからに不味そうね。卵も煮込んでしまったので黄身の色が黒い煮卵...。

    前回の味が薄めだったのでこってりと煮詰めた 艶はでたが...↓

.081030065

.

.

.

↓表面を焼きつけ圧力鍋を利用した(以後柔らかくするまでは圧力鍋を利用)

.081103045

.

味をつけたら大根や椎茸と煮込み、最後に煮汁だけ煮詰めてみた④  煮卵は煮ないで煮汁に漬けるだけなので黄色い綺麗な黄身↓

.081110019

.

.

.

あれま 画像のサイズが違ってたわね

.081118019

生から煮込み、軟らかく煮えたら煮汁は漉して使う。崩れるほど柔らかだが味の染み込みが足りない....

焼き付けてから煮込む なんだか段々あっさりな味付けに...↓

.081120023_3

お肉はふっくら柔らかく、味はしっかり染み込んだ角煮を作りたいのだが...上手くできないよー!

レシピを見ると、生のまま水から茹でるのやフライパンで六面全部を焼き付けてから茹でるのがあり夫々やってみる...焼き付けてた方のが私には合う。圧力鍋利用の方がパサツキが少なく、煮しめたように真っ黒けにならないような気が...する。

081109008_2 まだまだ発展途上の角煮だがここら辺で小休止...500g程度のかたまりで作ったのではお裾分けするほどの量ではなく、毎回全部自分の腹の中へ。このままでは私が豚になっちゃいそう...と言うか いい加減飽きたよー

←最初の煮込みはネギ・生姜そして鉄観音茶(プアール茶のが良い)を投入し、水から茹でる。 アクは丁寧に取るが最後に灰汁取りシートを乗せるのを忘れちゃダメ。←アク取りシートは我が家の必需品♪

|

« 老境にて | トップページ | 戦略 »

コメント

凄いです。
だんだんと美味しくなっているのがわかります。
ここまで凝って角煮に挑戦するって、私には豚(とん)でもないことです。

投稿: 若葉 | 2010年2月 6日 (土) 17時11分

・若葉さん
私レシピ通りに作るのが苦手でついつい適当にやっちゃうんです。
でも美味いものは食べたい!
作ってくれる人がいないから自分が作るしかないの。
でも目指す味には程遠い...

投稿: キナコ | 2010年2月 9日 (火) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老境にて | トップページ | 戦略 »