« 戻りました | トップページ | 食い物:スペイン »

2009年12月19日 (土)

スペインへ♪

091218005 たまたま新聞広告で目に入った格安ツアー&飛行機がエコノミーではないと言うだけで決めちゃったけれど初めてのスペインを楽しんでまいりました。

←乗り継ぎのアムステルダム空港にて

旅の一番は元気!と天気! と言うけどそのどちらにも恵まれ、異常大寒波に見舞われた当地でありながら我等の旅には影響なく、返って通常ではありえない雪景色を眺め、冬季オフシーズンの寒さは覚悟の出立だったので「たいした事ないじゃん」と余裕。

091218004 心配した11時間以上の飛行機もエコノミー以上ビジネス未満のプレミアムエコノミー席のお陰で腰を痛めることなく行くことが出来た♪ シートは背中部分が倒れるのではなく、「倒れる」と言うより前に滑り出す感じで足をレッグレスト・フットレストで支えられ、腰は伸ばせないけれど脚は前方に思い切り伸ばすことができるので疲れが溜まってきた時には非常に楽♪&シートの幅にもゆとりがあり横向きポーズが取れる♪

091218015そして何よりも左右の両肘掛が確保されているので隣の人を気にせず肘掛が使える(中側シートの時、両側の人に肘掛を使われてしまうと気の小さい人間には辛いのよ) 背中のシートに後ろの人の膝や足が当たらず、自分の膝や足も前の席に当たらない(後ろからグイグイおされて不快でも文句が言えなかったり、前の席に当たってはいけないと気を使ったりするストレス無し)という精神的な疲労も少ないシートです。

もし再び長時間の飛行機に乗る(ことがあったら...)ときはもうエコノミーではなくプレミアムエコノミーを選びます!←ただし お金があったらね、もっとお金があったらビジネス、もっと...そんな事ないない

と、いうわけで成田→アムステルダム ロンドン→成田を割りと快適に過ごすことが出来ました。乗り継ぎの3時間4時間も昼間でお店が開いていて持て余すことなく、アムステルダム→マドリッド&バルセロナ→ロンドンの2時間半のエコノミーは楽勝!

091218164091218158  バスでの移動時間が毎日何時間(5~9時間以上)もあったが大型バスに22人(シニア夫婦9組・親娘1組・我等2人)なので一人で二人掛けシートを占領しても余る...なのにほとんどの夫婦は離れずに並んでいるの!仲が良いのねぇ。 だからバスも楽々♪

 スペインの新幹線AVEでの移動も2時間弱なので、スケジュールを見て虚弱な私に耐えられるか不安なツアーでしたが心配無用の旅でございました。

また、高速で長時間移動の万が一の緊急事態発生の対策:ミニトイレも準備はしたけど使うこともなく...というかシニア客主体の為、我等若手には多すぎるトイレ休憩を取ってくれ、私ってこんなにトイレに行けるんだ!と感心するほど行きました。

091218036 お天気 降水量を見ると東京と同じくらいなので一応傘も詰め込んでおいたが1回も使うことなく素晴らしい青空と霧と雪景色を楽しみました。

.091218063 

.

観光初日(12日↑)は素晴らしい青空の下からスタート...なのにトレドへ移動すると濃霧 トレドの丘から下の街を眺めるはずが、昼食を挟んで2回試みるもダメ...見えません。

091218084091218070  .

.

.

.

.

.

.

.

091218145_2

朝7時までは真っ暗。でも真っ暗な中通勤?の車はビュンビュン走ってます。博物館やその他見学場所はキンコンカンコン鐘が鳴ると同時にピタッと門を閉めちゃうけど、朝暗い内から、夜は深夜まで、スペイン人も働いている人は働いているのね。

.091218230

.

.

.

.

. 091218308 091218272

.

.

.

.

.

.

.

.

.091218436

↑14日快晴のセビリア→グラダナに向かうと空は段々暗くなり今にも振り出しそうな雲、風は冷たく吹く中 アルハンブラ宮殿へ。その頃、北の地方では雪だったんですね。翌15日 ラ・マンチャへの峠を登ると雪景色!

.091218430 091218422

.

.

.

.

.

.

.

.

.091218469

「宙吊りの家」のクエンカも雪だったんですね。編みニャンコには命綱をつけて撮影...落下させた前科があるから。

091218545 .

.

バレンシア→バルセロナへ4時間半のバス移動の途中 ウルデコーナの絶壁にある洞窟壁画見学へ(←雪だったら行けませんよ) 

.091218581

世界遺産10箇所を巡る欲張りな旅もお天気に恵まれ一応全部見学することが出来ました←頭の中はゴチャゴチャ...

ただね、移動時間&見学時間でびっしりスケジュールが埋められ自由時間が無いのは羽を縛られた鳥みたいで窮屈...とは言うけど自由時間があればあったで何して過ごしたらよいか持て余したかもね。

お食事 ←料金考えたら期待してはイカン!と思っていたので毎回の食事はそれなりに...いや、あまり美味しすぎるのもダイエット・メタボの大敵です。お陰で出発前の体重維持で帰って来ることができましたわ♪それについてはまたね。

 

|

« 戻りました | トップページ | 食い物:スペイン »

コメント

凄い♪
超特急でスペインに行って来た様子が凄く分ります。

お天気にも恵まれて、日程にも恵まれて、事故も無く、病気にも成らなく、盗難にも会う事無く、無事に帰国出来て、次回もし行けたら、是非プレミアのP社が良いと思いました♪

キナコさんバージョンと、青ネコちゃんバージョンでアップ期待しています。
私はちまちま記録ブログで、暮れの掃除もしないで、アップしていきます。

投稿: 中ざくら | 2009年12月20日 (日) 11時03分

おかえりなさい!
見覚えのあるレストラン。
ラマンチャでの昼食のレストランは、私が行った時もここで戴きましたよ。
ツアー客でしっかりと商売してるんですね。
お聞きかもしれませんが、スペインでは苦い想い出があるんですの。
キナコさん達は無事で何よりでございました。

投稿: 若葉 | 2009年12月20日 (日) 15時42分

・中ざくらさん
画像の山を眺めるとどうやって整理しようか頭が痛い。
おまけに整理している時間がない...。
やはり家事の時間を犠牲にしなければいけませんわ←口実

・若葉さん
レストランのオジサン&オニイサン達の日本語の達者なこと!
やっぱり大事な日本人客を獲得するには必須のマニュアルになっているのかもね。
ここで食べたパイに乗せたアイスのデザートが美味しかった♪
『苦い思い出』聞きましたが、よく帰ってくることができましたね。
運が無いのではなく「強運」の持ち主だったんですよ。

投稿: キナコ | 2009年12月21日 (月) 00時36分

スペインはバルセロナオリンピックの時に
3Mの招待で行ったことがあります。
食べ物もイギリスなどと比べると日本人の口に
あいますし富としてはヨーロッパの中で一番好きな
ところです。マドリッドにスカラ劇場というのがあり
舞台が突然氷に変身してスケートをやったりして
ビックリした覚えがあります。
今回はパートナーが気の合う人でよかったですね。
また、おしゃべりに明け暮れたのでしょうね。

投稿: 富 | 2009年12月21日 (月) 10時05分

・富さん
オリンピックに行った友人が素敵な街だと言ってましたが
自由時間の無いツアーで車で通過するだけでは体感できません...
せめてと朝、ホテルの周辺を歩いたのですが
街路樹の歩道・周囲の建物どれも絵になりますね。
お連れさんとのお喋りは本当によく話が尽きないものだと感心するほど!

投稿: キナコ | 2009年12月21日 (月) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戻りました | トップページ | 食い物:スペイン »