« 昨日のお出掛けは | トップページ | 取り替えっこで »

2009年3月22日 (日)

一昨日はこれで

090321114090321109  着物は小さな蝶が舞う深緑色の紬に桜模様の全通帯(ポリ)

←蝶は大嫌いだけどリアルな蝶ではないから許す。

蝶柄のため春限定の着物になっているが季節なんか気にしないで着たって良いと思うのよね。

桜の時季に桜は野暮だとか、季節の先取りが粋とか、柄と着用時季をうるさく言うようになったのは何時から?誰が言い出したの? 明治以前はもちろん明治以後の庶民だって、着る物に対してそんな贅沢言える状態では無かったと思うし、上流階級の奥様お嬢様のお洒落を庶民に取り入れさせようとしたんでしょうね。誰が?何の為?もちろん売り上げアップの為ですよ!

.

「ある物を着る!」は「まだ着ていないのを着る」って事でもあり、仕立てておきながら(購入しておきながら、お直ししておきながら)まだ仕付けもとっていない未着用の箪笥の肥し状態のが分かっている(?)のだけで6枚はある... 帯も考えれば「バカバカ!」と言いたくなる。

090321094

この帯もそう...買って10年近く経つのだが今回締めてみると、あ れ?これはなんだ? ラベルがついたままって事はまだ一度も締めていなかったのだ...。

ポリだけど締めやすくて着用回数も増えると思うが、小さいとはいえ全面桜模様ではやはり季節を考えちゃうな...先程のお説は何だ?

090321096090321107 《帯周り》

お太鼓の画像で分かるだろうか、左右で地の色調が違うので胴部分も茶色っぽいのと銀色っぽいのと二通りに使える。

画像の胴は茶色っぽい方が写っているが実際に締めたのは銀色っぽい方。

却下したもの↓

.090321099_2

帯の候補には右の白い髭紬を引っ張り出しただけだが、帯締め帯揚げでもどれにしようかな?と迷う...迷うほどの物じゃないんだけどね。これが迷った物 ↓

.090321103 090321104

.

.

.

着物も帯びも暗い色なので帯締めや帯揚げで明るく桜に相応しくと思ってみたのだけど...どうでしょ、なんかね。

.

今日は春の嵐です。一昨日からの気温とお湿りで桜の芽がぐんと膨らんできました♪ 今年は花見のイベントを考えてます。

|

« 昨日のお出掛けは | トップページ | 取り替えっこで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日のお出掛けは | トップページ | 取り替えっこで »