« 980円ランチ | トップページ | この年の瀬に... »

2008年12月26日 (金)

昨日は?回目の忘年会

昨日はお稽古Bの忘年会...師匠が最近はまっていると言うチョット変わったお店を貸切でやる(ま、ギューギューに詰めて10人も入ればいっぱいの小さな店なの)

.081225009 081225008

本業は別にあるという趣味(=こだわり)のお店だけど、只者ではない店の雰囲気♪

地の野菜・山菜・鶏を食わすが、一番はこのシーズンの自然薯 大和芋や栽培自然薯なんかではなく伊豆の山で店主自らが採ってくる正真正銘の自然薯♪ だから材料があるときだけの限定メニュー

081225001言っちゃぁ何だが自然薯...否、山芋(←ジネンジョなんて後から聞いた名、子供の頃はヤマイモと呼んだ)についてはちぃとばっかし詳しいのよね、私。

実家は山にあり、山もあったから、父は秋になると休みの日は山芋掘り用のクワと収獲した山芋を入れるゴザを持ち、母に押し付けられた(?)子供達を連れて芋掘りに行ったのだった。(父の趣味は他に魚釣り、鳥撃ち、パチンコ...実益の伴うものばかり=戦後の食糧難はそれで生き抜いた)

子供にとっては山芋掘りなんて面白くもないことで手伝ったわけではない(手伝いにもならない)が、山芋掘りの大変さや山芋の見つけ方、根の残し方などは見ていた。

だから店主の掘ってきた山芋を見て「立派! 芋掘り名人!」と誉めた(山芋掘りする人は収穫物を自慢したがる...父もそうだった)

081225004お料理が運ばれるテーブルを見て驚いた!

印刷された折敷かと思ったら女将さんが作った押し葉を貼った贅沢ランチョンマット

.081225002 081225003

.

箸置は店主が黒文字の枝に削って作った花をつけたもの

.

081225013081225014つき出しは薄味に柔らかく煮た大根と菜花それに冬苺(野草?残念画像無し)、そして次は自然薯の茶碗蒸し

卵と二層になっているので食べるときは混ぜ混ぜしてトロ~リ味わう

.

081225012続いて真っ赤に熾した炭火のコンロが運ばれ鶏肉・レバー・心臓を焼いて塩で食す...心臓(ハツ?)がこんなに甘く美味しいとは!(焼き過ぎちゃダメ!の指示)

いよいよ登場本日のメイン 自然薯

ただしその前に儀式が...あたり鉢と柔山椒のすりこ木が置かれ鉢にすりおろした自然薯が入れられた・・・自分でスリスリするのだ 20~30分も!

.081225017

すごい粘着力!鉢をひっくり返しても落ちない 横にしてカメラを構えたりしてるとやっと垂れてきた

はじめは「疲れたよー」と右左持ち替えたり抱えたり...「この店はお客に働かせるのぉ」と文句を言ったりしている内に段々滑らかになって抵抗が少なくなってくる。

081225018それでもこんなよ→

.

そしたら出汁を少~し少~しずつ加えながらさらにスリスリして出来上がり♪

081225019 麦ご飯に労力の成果をトロ~っとかけて、最初の一口にだけ薬味を乗せてガーっとかき込む 美味いよ~♪ 四杯お替り(!)してもとろろ汁はたっぷりあるので最後は飲んじゃった。

.081225021

久し振りに本当の自然薯を味わいました...お金を出しても買える物じゃないですもんね、幻の味よ(オーバー?)

その後、軽く美味しい揚げ物が2、3種出て終わり...時計を見てびっくり!もう11時です!

.081225022_2

実に5時間の宴会でございましたがまだまだ喋り足りず、次の新年会で喋らせてあげる事にしてお開き。お稽古にかかわる話題は師匠の始めの言葉にあっただけで不肖の弟子からは反省の言葉も何も出ませんでした...。

請求金額はチョット高目でしたが、幻の味だからいいか。

忘年会もあと28日の我が家でやるいつものが残るだけ...体重計には怖くて乗れず。

|

« 980円ランチ | トップページ | この年の瀬に... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 980円ランチ | トップページ | この年の瀬に... »