« 法要の席で | トップページ | 甘夏パーティー♪ »

2008年4月14日 (月)

一昨日はこれで

やっと着ました、いわくつきの着物です。

数年前の浅草○物まつりでゲットしたままずっと仕舞い込んでたのを、一念発起して仕立てに出したら湯通しで染(大島だぞ!?)がむらむらに落ちるという悉皆屋も想定外のトラブル発生の縞大島 → 悉皆屋持ちで 銀色みたいに艶のある灰色を希望の暗緑色に染める → 無事仕立てあがって半年(以上?)初下ろしの着物です。

080412011080412013.

.

染め上がった時には、まるで喪服みたいに黒いわ...と思ったけど着て外に出たら色味を感じて喪服とは思われないでしょう。

でも、夕方以降はダメでしょうね、きっと喪服に間違われそうです。

.

.

.

.

.080412019 080412016

春なのに黒っぽい着物に重たい羽織ではナンなので、先週馬喰町で破格値で手に入れたレースの塵除けコート(←もちろん正絹ではございません、ポリ100です)

良い買い物でございました♪

.

.

.

.

.

 《 帯周り 》

.080131018 080131023

←帯揚げ この色では春っぽくないわ...と水色に換える

←帯締め 去年Ⅰ女史の家でやった「取替えっこ会」で手に入れたもの

←猿柄の袋帯 ※

.

080412007.  

《 猿の柄について 》

前回この帯を使った時、羽裏に同じ猿がいることを書いたが、その羽織です→

紫織庵で「羽裏」ではなく「襦袢の端切れ」として売ってたものだけど袖の部分をインチキにすれば使えそうなので購入♪

.080412006 080412003

.

←どなたかの絵だそうだが失念 誰が描いたかしらないけど可愛いでしょ?

.

080412002 その時ついでにこれも購入→

同じく猿柄の八掛け...なのですがこれも襦袢の端切れのようでした。

ちょうど申年を迎える年の暮れだったので「いい記念になるわ♪」と、何の記念だか分からないけど口実つけてお買い上げ。

|

« 法要の席で | トップページ | 甘夏パーティー♪ »

コメント

いわくつきの着物? って思いながら読ませていただいて、
そんなことがあるのと、ビックリ! しました。
でも、待たされたけれど希望の色に染めかえられて、ラッキーだったのでしょうか?
大島には艶があるので、喪服には見えないでしょうし、
今回のように帯で楽しめそうな気がします。

それから、猿がかわいいですねぇ~
見たことのあるお猿さんのようには思うものの、私もどこで見たのか.. 分かりません。

投稿: むかし桜 | 2008年4月17日 (木) 07時50分

キナコさま、はじめまして
いつも楽しく拝見しています。そして何よりも同じ誕生日なので、勝手に親近感note当方はキナコさまの5歳若輩者でございます。
住まいも同県の東西かと。またまた勝手に親近感。

ところで差し支えなければ教えていただきたいことがございまして、
昨年より、母から着物が届き始め整理に追われていますが
中でも、羽織、コートの身丈が短いののでどうしたらいいのやら。
キナコさまは上手に長くして着ていらっしゃる様子。
当方着物暦浅く、また貧乏暇ときどきの身、お知恵拝借できればと、
思いきってコメントさせていただきました。confident

投稿: ジュニア | 2008年4月17日 (木) 13時08分

・むかし桜さん

そうなんです!そんなことってあるの?と言う代物だったんです。
  ↓
http://kinako-douraku.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_7324.html

紬って先染めでしょ?
その段階で染が不十分だとしか考えられないんです。
悉皆屋も大島紬の問屋や織り元に問い合わせたりして
「こんなこともあるんだな、勉強になりました」だって。


・ジュニアさん

はじめまして♪ 
「いつも」見るような内容ではなくてスミマセンね。
同県の東と西の交流ですね。

問題の羽織ですね?
「着物に流行はない」と言うけどウソです、柄も丈も流行がありますね。
とくに戦後~昭和30年あたりの短い羽織は古さを感じ着るには勇気が要ります...。
長く出来るかどうかは、中にどのくらい生地が折りこまれているか、生地はあっても焼けなどの変色がないか等を調べないと判断できません。
そして襟は先ず生地が足りないはずですので途中で接いでもOKかも大事なポイントですし、羽裏も取り替えないと足りないでしょう。
と、問題は数々ありますし、ご自分で仕立てが出来るのなら良いのですが、仕立て直しを頼むにはお金がかかります!←一番の問題点
ですからお金をかけても良い大事な大切な着物にしかお直し出来ません。
そしてその判断(私は裁縫ダメ)は悉皆屋とか、お仕立て業者に見てもらい見積もりをとってもらいました。

これから自分がやろうとしているのは、ここにも良く来てくださる「しんのすけさん」の袖なし羽織(=羽織の袖を取っちゃうだけ)です。
これならお尻あたりの短い羽織もチャンチャンコみたいに気軽に羽織れる上っ張りになります。

投稿: キナコ | 2008年4月18日 (金) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法要の席で | トップページ | 甘夏パーティー♪ »