« 雛の番 | トップページ | 問題解決 »

2008年2月13日 (水)

昨日はこれで

080212002 お正月の にわか着付け教室で引っ張り出した、父の大島アンサンブルを直した着物で行く。

.080212003

父が良く着ていたもので柔らかくこなれ、しなやかで軽い着物です。

色は真っ黒けの喪服みたいに見えるけど実際は藍色↓

.080131009

.

.

.

.080212004

.

.

.

白黒の絞りの上っ張り(道中着?茶羽織?)は母の羽織で作ったもの。

昭和30年代に大流行の羽織は丈が短い!それを着丈80センチの上っ張りに直したので見えないところは接ぎ接ぎです。

父の着物に母の羽織を着る...っていうのも洋服では出来ない芸当です、ビバ着物!

.

これで出掛けようとしたけど外は雨...

.080212005 080212006

.

.

駐車場から50m歩くので大きな傘をさしても裾が心配。

←分かります?雨対策(右)です

二部式の雨コートの下の部分を帯の上に巻きました♪

でも帰りの格好は...↓

.080212026

.

.

.

.

上から巻いたほうが完璧でーす→

.

帯周り

.080131010 080131011

.

.

|

« 雛の番 | トップページ | 問題解決 »

コメント

>父の着物に母の羽織を着る...っていうのも洋服では出来ない芸当です、ビバ着物!

着物って本当にスゴイ!
思い出も一緒に纏えるって、素晴らしいですよね♪
私には両親の着物などないので、羨ましいです。
父は家ではいつも着物だったのに、どこにいったのかしら?

投稿: むかし桜 | 2008年2月13日 (水) 11時17分

でも帰りの格好は...↓

ごめんなさい・・・笑っちゃいました。
スクロールしてこの画像が出て来たから。

二部式の下だけって便利ですよね。
持って居ないのよ。

大判ビニールの風呂敷(有るかしら?)作らないかしら?
防水生地を買えばいいのね。
裾よけだものね

投稿: 中ざくら | 2008年2月13日 (水) 16時19分

こんばんは、さくらです♪
お父様の着物をサイズ直しをして、また纏われるなんて素晴らしいですね。
わたしも伯母の形見の大島のアンサンブル、ぎりぎりサイズ直しをしてきていますが、気持ちまで温かくなります。
二部式雨コートは持っていませんが、こんな使い方ができるとはナイスアイデアです。
裄の長い二部式のを探してみようと思います。^^

投稿: さくら | 2008年2月13日 (水) 20時19分

・むかし桜さん

私の父は仕事から帰ってくると着物に着替えていましたし、パジャマというものも持っておらず浴衣の寝巻き(冬はネル)を着ていました。
その時代のお父さんの多くはそうだったと思います。
隣のオジサンはパンツなんかはけるかってフンドシ締めていました。
いつも長く白い布が物干しに干されてたので
子供だった私や友達が顔つけて遊んでたのを思い出すと、気持ちが悪い...。

・中さくらさん

上っ張りの下に巻くより、絶対に上に巻いたほうが雨から着物を守れます。
誰に迷惑かける訳じゃないので、帰りはそのようにしてきました。
大判の風呂敷の利用...いいでしょうね。
紐だけつければオッケーかな?

・さくらさん

土砂降りでなければ、傘さえあれば裾の方だけ濡れないように気をつければ大丈夫です。
二部式コートを買わずとも防水生地で下の腰巻部分を作ればオッケーですよ。
男物→女物にするには丈が足りない(お端折りが作れない)のでアンサンブルの羽織の袖を足して胴接ぎしています。

投稿: キナコ | 2008年2月13日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雛の番 | トップページ | 問題解決 »